マジェント POS:オムニチャネルエコシステムの欠落部分

オムニチャネルは最新の小売モデルであり、前面にいる顧客がスムーズにショッピングを体験できるように、背面にすべての販売チャネルを統合する必要があります。現在、簡素化された小売システムは、少なくとも1つのオンライン販売チャネル(eコマースウェブサイト)、1つのオフライン販売チャネル(実店舗またはポップアップストア)及びこれら2つのリンク間のすべて(倉庫、配送サービス、レポートなど)。

マジェントは、世界で最も強力なeコマースプラットフォームの1つであり、最初頃からオムニチャネルの概念を取り入れてきました。マジェントは、その柔軟性と拡張性で非常によく知られています。ビジネスの特定の要件に合わせてカスタマイズでき、ビジネスの成長に合わせて簡単に拡張できます。但し、前述したように、Webストアはオムニチャネル小売システムの一部にすぎません。従って、マジェントは、アカウンティング、配送、カスタマーサポートからマーケティング及びレポートまで、完全なシステムに必要な他のすべてを提供するエクステンションを備えたエコシステムを構築しました(すべてのエクステンションはマジェントマーケットプレイス で入手できます)。それでも、記入する必要の要素があります。それは、実店舗向けのオムニチャネルの考え方で設計されたマジェント Point Of Saleです。

オムニチャネルPOS 

マルチチャネルの時代には、実店舗はWebストアに接続する必要がなかったため、スタンドアロンのPOSを使用しても問題ありません。現在、統一された商取引システムは重要な利点であり、マジェントとデータ、特に製品と在庫を完全に同期できる新しいPOSを見つけたいと言って、多くの小売業者が私たちのところに来ています。これにより、管理における多くの時間と労力を節約し、チャネル全体で情報の一貫性を確保し、ショップのオペレーターと顧客の両方に優れたエクスペリエンスを提供します。

それに加えて、顧客の行動は変化しており、買い物の旅と行動をしっかり理解することはこれまで以上に重要です。従来のPOSは、フローが途絶えるポイントでした。顧客情報を逃したり、それらを識別できなかったりするため、店内の行動や好みを他の人のデータにマッピングできませんでした。マッキンゼーが実施した調査によると、「買い物で顧客を特定できないこと」は、小売業者が依然としてオムニチャネルシステムの構築に苦労している主な4つの理由の1つです。

しかし、オムニチャネルPOS画期的な製品です。POSとマジェント間のリアルタイム同期のおかげで、既存の顧客を識別でき、POSに追加された新しい顧客はすぐにマジェントに更新されるので、顧客を見逃した場合でも心配する必要はありません。新世代のPOSは、顧客情報のキャプチャと同期だけでなく、顧客の行動を分析しやすくするレポートを備えています。

マジェントがしばしば遭遇する1つの障壁は、オムニチャネルシステムはシステムの大きさではなく、コンポーネントがどれだけ適切に接続されているかについて、「オムニチャネル」を「複雑で高価なシステム」に関連付けることです。また、小型でありながら真のオムニチャネルシステムをリーズナブルな価格で実現するのに役立つマジェント POSがいくつかあります。

Connect POS – オムニチャネル用の高速マジェント POS

マジェントでの8年の経験により、マジェントエコシステムを完成させ、オムニチャネルに100%対応する高速のPOSを構築することを目指しています。

ConnectPOSは、CEとEEの両方であるM1及びM2と互換性があります。これは、API(コネクタ)を介してマジェントに接続し、AngularJS、NodeJS、及びWebSocket通信の最新テクノロジーを使用して、POSとマジェントの間でリアルタイムでデータを同期します。

同期されたデータベースにより、カートをオンラインのウィッシュリストに送信したり、ウィッシュリストのアイテムをカートに取得したりするなど、オムニチャネル機能を開発できます。クリックアンドコレクトは2018年7月にまもなく提供されます。

更に、従来の機能は、たとえばリワードポイントやギフトカードなど、次のレベルに移行します。従来、ポイントとギフトカードは、それらを獲得または購入するために以前に使用された唯一のチャネルに限定されます。これらの機能がWebストアとConnectPOSの両方に統合されたので、設定で統合オプションをオンにするだけで、顧客はチャネルを混合したい場合でも、ポイントを使用して獲得したり、ギフトカードを好きな場所で購入して利用したりできます。

複数の店舗を管理する場合、複数の倉庫の在庫が商人の頭痛の種となる最大の問題です。マジェントを使用すると、マジェントはグローバルレベルでのみ在庫を管理できます(すべての店舗の在庫を意味します)。マジェントにインストールされている複数の倉庫の在庫エクステンションの助けを借りて、さまざまな倉庫を用意し、それぞれに在庫レベルを設定できます。その後、ConnectPOSはマジェントから情報を引き出すことができ、それに応じて実店舗ごとに個別の在庫があります。

加盟店が複数の店舗をより適切に管理できるように、ConnectPOSには20以上のレポートが用意されており、ビジネス全体のパフォーマンスだけでなく、各店舗やレジのパフ​​ォーマンスも把握できます。すべてのデータが1か所にあるため、手遅れになる前に理由を追跡し、状況を改善するための決定を行うのは簡単です。

また、ConnectPOSのレポートはすべて現金に基づくため、顧客の払い戻しや交換が必要になった場合でも、販売履歴やレポートがごちゃごちゃになることを心配することなく、選択した注文に対して直接行うことができます。

ConnectPOSに対して私たちのシステムに追加すること、我々は今、あなたにオンラインとレンガとモルタル店の両方のための完全なマジェントのソリューションを持参させていただきます。販売チャネルは、シームレスなショッピング体験と簡単なマルチストア管理のために、リアルタイムで統合及び同期されます。私たちのソリューションは、オムニチャネルのトレンドを受け入れ、それを最大限に活用するのに役立つと確信しています。

Link source: 

https://www.smartosc.com/insights/magento-pos-the-missing-piece-in-omnichannel-ecosystem