MagentoでO2Oビジネスを成功させる4つのヒント

O2Oビジネスモデル(Online-to-Offline model)とは、企業がオンライン上で顧客を説得し、最終的に実店舗で購入してもらうことを指します。近年の電子商取引の発展に伴い、この手法が多く用いられるようになりました。

オンラインマーチャントの間では、Magentoは信頼性の高い強力なプラットフォームとして、今日ではインターネット上の1.2%のサイトを動かしています。このプラットフォームの人気を知った上で、この記事では、MagentoでO2Oビジネスを成功させるためのヒントをご紹介します。

1. ローカル広告を出す

ターゲットとなる消費者を惹きつけるためには、ローカル広告を出すことが有効な場合があります。つまり、アプローチされた人々を実際の顧客にするためには、広告の内容を絞る必要があります。理由は簡単で、実店舗の近くに住んでいる人は、実店舗に行くのにそれほど時間がかからないため、実店舗に足を運ぶ可能性が高くなるからです。

Googleが提供するローカルインベントリ広告(LIA)は、オンラインストアをサポートしながら、店舗へのトラフィックを促進するための、手っ取り早い方法です。この広告は、開店時間、近さ、価格、小売店/ブランド、入手可能な在庫などの情報を買い物客に提供します。目的は、適切なお客様に適切なタイミングで広告を見てもらうことです。

run o2o business Magento - running local ads

2. クリック&コレクトの実現

米国では、約70%の消費者が「オンラインで購入し、店舗で受け取る」という方法を利用したことがあるという調査結果が出ています。クリック&コレクトは、オムニチャネル・ショッピングに欠かせないサービスとなっていることは間違いありません。

お客様は、在庫状況に応じて、翌日または当日に商品を受け取ることができます。これにより、お客様は商品を受け取ることができ、(1)商品を受け取り損ねることはない、(2)商品が気に入らなければすぐに返品することができる、という信頼感を得ることができ、お客様にパワーを与えることができます。これらすべてが、より良い顧客体験につながり、O2OビジネスをMagentoで運営することは有益なことかもしれません。

click and collect

3. 複数拠点の在庫管理

お客様は、店舗数の増加により、いつでもどこでも買い物ができるようになりました。しかし、ある商品が、ある場所では販売されていても、他の場所では販売されていない場合があります。そのため、お客様はオンラインで注文をして、その商品を受け取りたいと思っています。しかし、お客様の最寄りの店舗には、今のところ在庫がありません。

もちろん、どの小売業者も、受け取り場所で予期せぬ在庫切れが発生したことを顧客に知らせたくはないでしょう。

run o2o business Magento - inventory management

しかし、このような状況は、マルチストアやマルチウェアハウスの管理ツールを強化することで防ぐことができます。この場合、管理システムにおけるリアルタイムの同期が非常に重要で、店舗オーナーは異なる場所にある在庫の状況を把握し、タイムリーな調整や顧客への通知を行うことができます。その結果、カーブサイドピックアップのプロセスが急に変わることなくスムーズに行われるようになります。

4. POSシステムの導入

ビジネスが拡大すると、すべてを手作業で処理するのはもはや十分ではないかもしれません。O2Oビジネスという考え方から、オンラインとオフラインの両方のチャネルに対応できる強力なPOSシステムが必要になってきたのは必然と言えるでしょう。例えば、リアルタイム同期機能やクリック&コレクト機能を備えたPOSは、オンラインとオフラインの世界での販売活動を結びつけるのに役立ちます。

Magentoでは、様々なPOSエクステンションが用意されていますが、O2Oビジネスを完全にサポートする優れたオムニチャネル機能を備えたエクステンションはごくわずかです。オムニチャネルに特化したPOSシステムをお探しであれば、ConnectPOSをお勧めします。このPOSには、一流のオムニチャネル機能と多店舗管理ツールが搭載されています。お気軽にチームにお問い合わせいただくか、14日間の無料トライアルをご利用ください。

connectpos

5. 結論

最近のECコマースは、小売業を中心に以前にも増して急速に発展・成長しています。それに伴い、MagentoでのO2Oビジネスの威力も目に見えてきています。何よりも、この記事がMagentoでのO2Oビジネスをより成功させるために多少なりとも役立つことを願っています。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

►►►サービスについて