米国における決済ゲートウェイのトップ5

 

米国における決済ゲートウェイ

ここ数年、米国ではオンラインショッピングが流行しており、10人中7人近くが一度はオンラインで買い物をしたことがあると言われています。Eコマースプラットフォームでは、2020年に米国の消費者の27%がオンラインゲートウェイを利用しており、あらゆるオンラインビジネスの成長にとって最も重要な要素の一つとなっています。米国におけるペイメントゲートウェイプロバイダーの多くの選択肢の中から、その中のトップ5とそれに対応する機能をご紹介します。

高速で安全なペイメントゲートウェイは、ビジネスにおけるカスタマーエクスペリエンスの向上と収益の増加に貢献します。どのようなビジネスにおいても、その利点や価格を踏まえて慎重に検討することが重要です。

1. PayPal

paypal - best payment gateways in the us

PayPalは、米国で最も認知度の高い決済ゲートウェイのひとつで、60.18%のシェアを誇ります。全世界で約3億6,100万人のアクティブユーザーに広く利用されています。このような人気を誇るPayPalは、間違いなく、米国の多くのユーザーに信頼され、利用されています。

PayPalでは、デビットカードやクレジットカード、Android/Apple Pay、ビットコインなど、さまざまな支払い方法に対応しています。100種類以上の通貨に対応しており、米国での国際取引に大きなメリットがあります。また、17カ国語で24時間365日のカスタマーサポートを提供しており、最も国際色豊かなオンライン決済の一つとなっています。

設定料、月額料、ゲートウェイ料は無料ですが、PayPalは取引ごとの手数料が比較的高くなっています。 米国の人は、2.9% + $0.30/トランザクションの手数料がかかり、3つのプランがあります。

  • PayPal Standard-月額料金なし。
  • PayPal Express Checkout-月額費用はかかりません。
  • ペイパルプロ-$30/月

2.Stripe

stripe

Stripeは、多くのアメリカのビジネスで信頼されている次の決済ゲートウェイです。アメリカでは、成人の90%が企業から商品を購入する際にStripeを利用したことがあると言われています。特にオンラインビジネスで人気が高く、何百万もの企業がオンライン決済プラットフォームとして選択しています。APIベースのクラウドペイメントゲートウェイであるStripeは、ユーザーが支払い方法の選択を完全にコントロールすることができます。

関連投稿:Magento 2 デフォルトのチェックアウトページを最適化する方法

また、世界の135以上の通貨に対応しており、統合されたチェックアウトやモバイルインターフェースなどの機能も充実しています。

Stripeは、設定費用や月額費用はかかりません。ただし、1回の取引につき、2.9%+30セント(現金/デジタルウォレット)、国際カードの場合は3.9%+固定手数料(プラス1%の通貨換算)がかかります。

3. Authorize.Net

Authorize.Net best payment gateways in the us

Authorize.Netは、米国で最も優れたペイメントゲートウェイのひとつです。主要なカード(Visa、MasterCard、American Expressなど)に対応し、高度なFraud Protection Systemを備えていることで広く知られています。さらに、アカウント更新機能やe-checkプロセッサーも備えており、米国の人々にとって柔軟な決済ゲートウェイとなっています。

Authorize.Netは最新のインフラを備えていますが、唯一の難点はユーザーインターフェースがあまりフレンドリーではないことです。しかし、その柔軟性と高いセキュリティから、多くの中小企業に信頼されています。

ゲートウェイのみの価格設定の場合、Authorize.Netは、セットアップ費用は無料、月額費用は35ドル、トランザクションごとに0.30円となっています。

4. Amazon Pay

amazon pay

アマゾンは長い間、米国で最も影響力のあるブランドの一つであり、モバイル決済ウォレットでその評判を活用しています。Amazon Payを使えば、ユーザーはAmazonアカウントで簡単に支払いができるため、カート放棄率を下げることができます。すべてのクレジットカード/デビットカードと、一部の加盟店のAmazonストアカードに対応しています。

Amazon Payでは、ウェブサイトでの直接決済のほかに、他の外部ウェブサイトやアプリでも、安全に支払いを行うことができます。

設定料や隠れた手数料はなく、米国在住の人がウェブやモバイルで取引を行う場合、2.9% + 0.3ドル/回の手数料がかかります。Alexaを介して支払う人の場合は、4% +0.3ドル/トランザクションとなります。

5. 2CheckOut

2checkout

2CheckOutもまた、米国のベストペイメントゲートウェイのリストに入っているペイメントゲートウェイです。最近、アメリカのeコマースおよび決済ソリューション企業であるVerifoneに買収されました。現在、2万以上のアクティブなクライアントを持ち、世界に4つのオフィスを持っています。

関連投稿:Magento 2 の支払いにカスタム決済を追加する方法

2CheckOutは、29以上の言語で45以上のオンラインおよびオフラインの支払い方法を提供する、さまざまなプランを選択できます。さらに、200以上の国と地域からの支払いにも対応しています。このような多様な支払い方法により、2CheckOutは、国際的な取引を頻繁に行う企業や個人に適しています。

同社は、以下の4つの料金プランを提供しています。

  • 2 Sell: 3.5% + $0.35/成功した販売額
  • 2 サブスクライブ 4.5% + $0.45/成功した販売額
  • 2モネタイズ 6.0% + $0.60/成功した販売額
  • エンタープライズ:カスタム価格

6. まとめ

自社のビジネスに最適な決済ゲートウェイを選ぶことは、チェックアウト体験を簡素化し、より多くの売上につなげることができるため、成長するための重要な要素のひとつです。今回の記事で、米国の最適な決済ゲートウェイをご紹介しましたが、皆様のご検討のお役に立てれば幸いです。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

►►►サービスについて