Sitecore Content Hubがコンテンツマネジメントを変える5つの方法

適切なコンテンツマネジメントシステム(CMS)やデジタルアセットマネジメントDAM)ソリューションへの投資は、コンテンツマネジメントの実行方法だけでなく、コンテンツマネジメントに対する意識をも変える、真のゲームチェンジャーとなる可能性があります。 昨年リニューアルされた統合型DAMであるSitecore Content Hubは、デジタルチャネルに効率的なコンテンツワークフローをもたらすだけでなく、コンテンツ提供者のコミュニティを新たに活性化することで可能性を広げることができます。

Sitecore Content Hubは、デジタルアセットマネジメント、コンテンツマーケティングプラットフォーム、マーケティングリソースマネジメント、プロダクトコンテンツマネジメントの4つの機能を備えています。「Marketing Resource Management」と「Product Content Management」です。

ここでは、Sitecore Content Hubがコンテンツマネジメントを変革する5つの方法についてご紹介します。

1. デジタルアセットがコンテンツの中心になること

効果的なDAMプラットフォームを持つことは、画像、動画、ファイルなどのデジタルアセットの検索と共有がより容易になることを意味します。これはコンテンツに大きな影響を与えます。コンテンツ提供者がアセットを可視化し、簡単に入手できるようにすることで、コンテンツの中心、さらにはクリエイティブなプロセスの中心にアセットを置くことができます。デジタルアセットは、もはや周辺部にあるものではなく、単なる後付けのものでもありません。

コンテンツに与える影響は非常に大きいものです。例えば、ストックフォトに頼るのではなく、より適切でインパクトのあるイメージをコンテンツに盛り込むことができるようになるかもしれません。インフォグラフィックスやビデオでは、アセットが主なコンテンツであり、テキストは副次的なものとなるでしょう。また、投稿者がソーシャルメディアチャンネルでの共有を可能にするようなイメージを考えるようになるかもしれません。全体的に見て、コンテンツは「リフトアップ」され、新しい可能性やフォーマットを模索することで、より魅力的なものになります。

2. キャンペーンとカレンダーが起点になること

Sitecore Content Hubには、非常に効果的なコンテンツマーケティングツールが多数搭載されています。特に、キャンペーンとコンテンツカレンダーの機能は、幅広いグループの編集活動を調整するという点で、非常に有効です。また、ビジネスラインなどの中心となるキャンペーンの認知度も格段に向上します。

これまでプロ仕様のエディトリアルカレンダーを使用しておらず、メールやスプレッドシートに頼っていた場合や、初めてカレンダーに参加する人が増えた場合には、その影響は大きくなります。カレンダーは、コンテンツのスケジューリングやコンテンツ制作の出発点として、「唯一の真実の情報源」となります。複数の関係者が可視化されていることで、関連するアクションに対する説明責任が高まります。突然、人々はコンテンツ制作に真剣に取り組むようになり、中央のマーケティングチームからの管理や監督が非常に容易になります。以前は抵抗感があったり、混乱していたコントリビューターも、コンプライアンスを重視するようになりました。

3. 複雑なワークフローに明快さとスピード提供

ひとつのコンテンツのワークフローは、ライター、エディター、コピーライター、管理者、翻訳者、複数の専門家、第三者、ローカルチーム、セントラルチームなど、非常に複雑なものになります。また、コンテンツの種類によってもワークフローは異なります。

このような複雑さに対応し、明確な情報を提供できる効果的なワークフローツールがない場合、通常はメールに頼ることになります。その結果は決して良いものではありません。コンテンツは失われ、ボトルネックが発生し、公開までの時間が延びて、マーケティングの勢いが失われます。ステークホルダーは自信を失い、自分のことは自分でやるようになります。

Sitecore Content Hubには、適切なワークフロー、レポート、柔軟性のレベルが備わっています。基本的には、社内外の複数の関係者が関与する複雑なパブリッシングワークフローを管理するために必要なすべての要素が揃っています。これにより、コンテンツがパイプラインのどこにあるのかが明確になり、信頼性が高まり、効率化、障害の軽減、公開までの時間短縮につながります。複雑な組織で働いていて、厳密に管理されたキャンペーンを提供したいと考えているなら、Sitecore Content Hubは真の違いをもたらします。

4. コンテンツ管理の信頼性を高めること

Sitecore Content Hubの優れた点の1つは、コンテンツコミュニティに自信を持たせることができる点です。コンテンツハブは、集中的なプロセスとワークフローを導入し、説明責任と透明性を高め、アセットの検索性を確保し、コンテンツ管理にガバナンスをもたらすため、ローカルコンテンツチームの努力を初めて「プロ化」することができます。

これにより自信が生まれ、ステークホルダーはより多くの貢献をし、コンテンツマーケティングに対してこれまでとは異なる、より徹底した態度を取るようになります。もちろん、一部のパブリッシャーがゲームを始めれば、他のパブリッシャーも追随します。

5. 創造性、コミュニティ、コラボレーションの触媒として機能すること

すべてのSitecore製品の核心は、デジタルチャネルとコンテンツを通じて素晴らしい顧客体験を提供することにあります。Sitecore Content Hubも例外ではなく、顧客第一主義を目指す企業にとっては、非常に有効なツールです。顧客第一主義の組織になるための前提条件は、様々な人がメッセージングや顧客との外部タッチポイントに対してより多くの責任と配慮を持つことです。

コンテンツマーケティングにプロセスと自信が持てるようになれば、実際にパブリッシングコミュニティが存在するという感覚を持つことができます。コンテンツハブには、誰もがコラボレーションできるツールが含まれており、可視性を提供し、複数の関係者がアクセスできる中心的な場所でもあるため、実際にこれまでとは異なる動きが生まれています。細分化されたマーケティングプロセスに内在するサイロを取り除くことで、より広範なコミュニティと責任の共有という意識が生まれます。

これにより、アイデアの共有や形成、コンテンツの共同制作、さらには創造性の刺激など、エキサイティングな可能性が生まれます。このように、コンテンツハブは、熱心なコンテンツマーケティングコミュニティを確立するための触媒の役割を果たしています。

コンテンツ制作の方法を変える必要がありますか?

Sitecore Content Hubは、コンテンツワークフローの効率化とパブリッシャーとの連携を同時に実現し、コンテンツ制作の方法を変える必要がある方にお勧めです。扱うたびに、どんどん可能性が広がっています。もし、Sitecore Content Hubがコンテンツマネジメントを変える可能性があるとお考えでしたら、ぜひご連絡ください。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて