2021年に離陸した8つのウェブサイトデザインのトレンド

技術の進歩やスタイルの変化は、必ずウェブサイトのデザイントレンドに反映されます。Webページのデザインや構成は、時流、ファッション、ニュース、製品のリリース、文化的なイベント、消費者の需要などに常に影響を受けています。

今日のWebサイトデザインのトレンドは、近年のモバイルデバイスの使用に向けた大規模な動きを反映しています。2015年以降、テクノロジーユーザーは従来のコンピューターよりもスマートフォンやタブレットを好むようになり、モバイルユーザーの数は大幅に増加しています。現在、世界には推定12億人のモバイルユーザーがおり、欧米ではユーザーの25%がモバイルのみを利用していると言われています。110億個近くのアプリがダウンロードされており、現在製造されている全デバイスの85%がウェブにアクセスできます。

レスポンシブデザインは、モバイル機能を求める消費者の要望に応えるため、進化を続け、さらに直感的に操作できるようになってきました。しかし、レスポンシブデザインは、興味深く、やや予想外のデザイン展開も引き起こしています。

ここでは、ビジネスサイトのデザインにおけるトップトレンドを8つ紹介します。

1. シンプル及び真直

モバイル時代になると、画面が小さくなり、視聴者の注目度がかつてないほど低くなります。そのため、コンテンツや要素をミニマルにする傾向が強まっています。サイトやウェブページのメッセージはしっかりと残しつつも、デザインははるかに合理的でエレガント、かつ効率的なものになっています。デザイナーはより少ないものでより多くのことを伝え、ユーザーはよりスムーズなブラウジング体験を得ることができるのです。

ソース: WWF Website

2. より多くの画像、より速いローディング

2021年のWebサイトデザインのトレンドとして、シンプルさや上品さが挙げられますが、画質やグラフィックも大きな進化を遂げています。Apple製品のRetinaディスプレイをはじめとするモバイルデバイスの画面は、かつてないほど鮮明で明るくなっており、この進歩を利用してより鮮やかなカスタムグラフィックが作成されるのは当然のことです。

レイジーロード(遅延読み込み)技術は、必要な部分だけを読み込むようにシステムに指示する技術で、以前からWebページの読み込みを高速化する効果があります。また、今年に入ってからは、背景の動きを前景に比べて遅くすることで奥行きを感じさせるパララックス・スクロールの人気が高ま

っており、小規模なサイトでも、より効果的で新鮮な演出が可能になっています。その結果、ウェブ上でのユーザー体験がよりシームレスになりました。

3. フラット化

過去5年ほどの間に、GIFファイルやアニメーションの複雑さとフラッシュが臨界点に達しました。今日、モバイルの普及を考慮すると、「少ないことは多いこと」です。シンプルでフラットなデザインは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、派手なGIFに取って代わるものです。フラットでベーシックなグラフィックは、GoogleやFacebookのようなインターネット界の大御所のサイトで見られますが、ネット上の他のサイトも、ビジネスサイトのデザインにおけるトップトレンドのひとつとして、これに追随しています。2021年以降もアニメーションを目にすることは間違いありませんが、これらの作品にもフラットデザインのトレンドが反映されていることでしょう。

ソース: The Australian Trade and Investment Commission

4. 動画の背景

フラットデザインのトレンドを補完するものとして、Webページの背景に動画やアニメーションを使用する動きがあります。このトレンドの結果、Webブラウジングの体験は、よりインタラクティブでダイナミック、そして没入感のあるものになっています。インターネットの高速化とロード時間の短縮がこの傾向を後押ししており、ウェブデザインの可能性を押し広げています。

ソース: St Margaret’s Anglican Girls School

5. タイポグラフィの進化

画像やグラフィックがモバイルデバイスの画面や技術に合わせて進化してきたように、タイポグラフィのルールも新しいレイアウトを最大限に生かすために変化しています。高解像度のRetinaディスプレイを活用するために、より鮮明なスタイルやセリフの多いフォントに注目してください。

その他のタイポグラフィのトレンドとしては、タイプがよりエッジの効いた芸術的なものになっていること、カスタムテキストやフォントを混ぜてインパクトを与えることがこれまで以上に流行っていることなどが挙げられます。しかし、カスタムフォントやドラマチックなフォントの使用は控えめにしましょう。タイポグラフィのルールを破る前に、ルールを守ることをマスターするのが一番です。

6. Googleマップのカスタマイズ

Googleマップをサイトに埋め込むことは、ビジネスサイトのデザインにおける最近のトレンドの代表例です。今年になって、これらの追加要素は同質的で一般的な雰囲気を持つようになりました。青とグレーの線が入った黄色っぽい地図に赤いピンが入っているものは、どこにでもあるように見えます。2021年に向けて、経験豊富なウェブデザイナーは、オールドスタイルのGoogle Mapをカスタマイズして、より魅力的で、シームレスで、注目を集める方法で各ウェブサイトのデザインに統合することの価値に気づいたのです。

7. 3D化

3Dデザインは、幾何学的な形に命を吹き込みます。この傾向は、これまでの「スキューモーフィズム」、つまり、裏地のついたメモ用紙や実物大のテクスチャーなど、リアルなページ要素に取って代わるものです。このリアルさはかっこいいのですが、なぜか最先端を感じさせませんでした。2021年のウェブデザインでは、洗練されたフラットな幾何学的形状にエレガントな陰影をつけて、奥行きや遠近感、場合によっては動きやムードを与えるレイアウトが主流になっています。

8. 芸術的でエッジの効いたウェブサイトデザイン

シンプルでフラットなデザインとは対照的に、人目を引くエッジの効いたデザインがトレンドとなっています。このトレンドでは、意外性のある要素をクリエイティブに使いこなす才能が鍵となりますが、効果的に使えば、ユーザーを魅了し、飽きさせないWebサイトにすることができます。大胆でポップな色使い、文字の飛び散り、斬新なグラフィックは、どんなウェブサイトも次のレベルに引き上げるのに役立ちます。ただ、このようなデザインの決定をするには、時と場所をわきまえる必要があります。

すべてのデジタル・イノベーションと同様に、ウェブデザインも常に変化し、進化し続けています。テクノロジーや文化の要素、ユーザーの好みや要望に影響されます。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

ソース

►►►サービスについて