Adobe Commerce バージョン 2.4.3

adobe commerce 2.4.3

adobe commerce 2.4.3

来るべきホリデーシーズンに向けて、多くのブランドが最高の結果を出すためにリソースを強化しています。このような状況を踏まえ、Adobe CommerceおよびMagento Open Sourceのバージョン2.4.3が正式にリリースされました。これにより、ビジネスオーナーの皆様は、多くの技術的進歩とQ3のエキサイティングな機能強化により、この重要な時期を有効に活用することができます。

この記事では、SmartOSCチームが、ホリデーシーズンに向けてハイパフォーマンスとセキュリティを確保するための注目すべき点をすべてご案内します。

1. アドビ コマース 2.4.3

2021年8月、Adobe Commerce 2.4.3では、パフォーマンス、セキュリティ、プラットフォームの改善など、さまざまな面で機能強化が図られています。今回のリリースでは、コアコードに370以上の新しい修正が加えられ、33のセキュリティ強化が行われています。Magento 2.4.2で確認された既知の問題が、このリリースではすべて修正されていることを知って興奮しています」と述べています。

今すぐにアップグレードできない場合は、少なくともセキュリティパッチのバージョンであるAdobe Commerce 2.4.2-p2またはAdobe Commerce 2.3.7-p1のいずれかをインストールする必要があります。

2. インフラ整備

Adobe Commerceでは、フレームワークや機能領域の品質を向上させるために、以下のような多くの改善が行われました:

  • カスタマーアカウント
  • カタログ
  • CMS
  • OMS
  • 輸入/出入
  • プロモーションとターゲティング
  • カートとチェックアウト
  • B2B
  • ステージングとプレビュー

3. プラットフォーム品質

以下のような膨大な数のプラットフォーム品質の修正が導入されています:

  • プロセスの高速化:商品価格とカタログルールのインデックス作成時間が短縮されました。マーチャントは、カスタマーグループ/共有カタログからWebサイトを除外できるようになりました。これにより、インデックス作成のためのレコード数が減り、インデックス作成時間が短縮されます。
  • 俊敏:GraphQL APIの拡張により、ギフトレジストリーやより多くのB2B機能をカバーできるようになりました。
  • 新しいPayPal Pay Later支払いオプション。PayPalとの連携により、購入時に全額を支払うのではなく、2週間ごとに分割して支払うことができるようになり、売上の向上につながります。

4. ライブサーチ

「アドビ先生」を搭載したライブサーチは、人工知能機械学習アルゴリズムにより、直感的な検索体験を提供します。これらの機能は、集約された訪問者のデータを深く分析することができ、企業の経営者が顧客のオンラインプロフィールを構築し、それに応じてマーケティングキャンペーンを設定するのに役立ちます。

5. セキュリティ

Magento 2.4.3 リリースでは、いくつかのセキュリティ問題が解決され、以下のような多くの機能強化が行われています。

  • スパムや悪用から保護するために、Web-APIにReCAPTCHAのセキュリティを拡張しました。
  • DDOS攻撃からウェブストアを守るための、ウェブAPIのレート制限機能の追加。
  • 依存関係の混乱を防ぐための新しいComposerプラグイン。

6. B2B

Magento 2.4.3は、Magento B2B v1.3.2から改良された部分を活用するためのものです。主な機能は以下の通り:

  • 期限切れ、または期限切れ間近の交渉可能な見積書への自動メール送信。
  • ユーザーが顧客のカスタム属性値を編集・更新できるようになりました。
  • Webサイトレベルの権限しか持たない制限付きアカウントの管理者が、Webサイトとは異なる通貨を使用する会社を作成できるようになりました。

7. 他のQ3アップデート

7.1 プログレッシブウェブアプリケーション

PWA Studio 11では、カテゴリーページやカートページから直接ウィッシュリストに商品を追加することで、商品の保存や追跡が簡単にできるようになりました。また、欲しいリストから直接「カートに追加」できるようになり、欲しいリストからの購入がとても簡単になりました。これらの改善は、お客様のサイトのコンバージョンを大きく促進します。

アドビコマースでは、Adobe XDで構築されたPWA Studioのユーザーインターフェース(UI)キットを紹介しています。あらかじめ設定されたアセット、シンボル、テンプレートを使用して、直感的でモバイルファーストなサイト体験を作成できるように最適化されています。キット、ドキュメント、チュートリアルにはこちらからアクセスできます。

また、Adobe Experience Manager(AEM)は、AEMのコンテンツフラグメントをPWA Studioのストアフロントで活用できるようにする新しいヘッドレスエクステンションをリリースしました。この拡張機能により、コンテンツマネージャーはAEMの強力なツールで管理しながら、コンテンツ主導の追加要素でPWAストアフロントを豊かにすることができます。

例えば、詳細情報ページを持つ商品には、お客様の声やチュートリアルビデオなどのマーチャンダイジングコンテンツを追加することで、商品の見どころや使い方、特徴やメリットなどをお客様に伝えることができ、商品の価値を高めることができます。

7.2 アップグレード対応ツール

アドビ コマースは、互換性ツールをアップグレードし、操作性とワークフローを改善しました。これにより、マーチャントは:

  • コアファイルの変更を検出し、検証します。
  • レポートを.jsonファイルで出力します。
  • VertexやdotdigitalなどのVBE(Vendor Bundled Extensions)を検証します。
  • エラーコードを表示し、問題の特定と解決に役立てることができます。

SmartOSCは、Magento(現Adobe Commerce)のコミットメントパートナーとして、Magento関連のあらゆる情報を定期的にお届けしています。Magento関連のニュースに加え、Eコマースの世界の最新情報をお届けするブログをご購読ください。

また、Magento 2のインストールやMagentoの活用方法については、当社まで直接お問い合わせください。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

 

►►►サービスについて