来年に向けてのB2B Eコマーストレンドチェック

b2b-ecommerce

B2B ECommerce Trend

B2B eコマースのトレンドは、すべてのB2Bビジネスが発展に追いつき、顧客の要求を満たすために知っておくべきものです。このようなトレンドは、お客様の期待値の変化により、毎年少しずつ変化していきます。

2021年の第1四半期が終わろうとしています。そして、遅れを取らないために、今年のB2B eコマースのトレンドを深く知る時が来ました。このブログでは、そのトレンドとは何か、言い換えれば、レースに勝つためによく準備する必要があるものは何かを考えていきます。

1. 最近のB2B ECommerceはどのように成長してきたのでしょうか?

B2B business

B2Bは、特にB2B eコマース市場において、以前に比べてはるかに一般的になっています。B2Cと並んで、B2Bモデルは企業に大きな利益をもたらし、企業間の関係を作ります。

以下の統計は、B2B eコマースについてより深く理解するのに役立ちます。

  • 米国のB2B Eコマースボリューム:9兆ドル(Digital Commerce 360、2019年)
  • 米国のB2B市場は2023年までに1.8兆ドルに達し、B2B売上全体の17%を占めると予測される(Statista社)
  • デジタルB2Bの売上は2019年に10.9%、前年比18.2%増加したが、B2Cは3.8%にとどまる(Digital Commerce 360、2020年)
  • 年複利成長率は、今後5年間で10%増加すると予測されている(Statista社)
  • B2B eコマース市場はB2C市場の6倍の価値がある(Statista社)

B2Cのオンライン販売量はB2Bのそれ(6,017億5,000万ドル)をまだはるかに上回っていますが、B2Bの方が早い成長を遂げています。つまり、B2BのEコマース市場は比較的ポテンシャルが高く、主要なビジネスモデルの一つになる傾向があります。

さらに、ジェネレーションシフトの発生も変化をもたらしています。ミレニアル世代はB2B eコマースに大きな変化をもたらしており、ミレニアル世代の73%が意見を述べ、34%が顧客(意思決定者)となっています。したがって、ミレニアル世代はいくつかの新しいトレンドを生み出すことに貢献しています。

2. 2019年、2020年のB2B ECommerceトレンド

この2年間で、B2B eコマースの世界を形成する多くのトレンドが現れました。そして、これらのトレンドは現在も発展し続けているので、それらを無視してはいけません。

2.1. オンラインB2Bマーケットプレイスの発展

B2Cに関しては、Amazon、Alibaba、eBayなどの一部のオンラインマーケットプレイスが大きな売上を牽引しており、2018年の世界のオンライン小売売上の50%以上を占めています。そして、この傾向はB2Cセグメントでも起きています。

B2Bのバイヤーは、オンラインB2Bマーケットプレイスを、調達費用のための優先的なオンラインチャネルとして認識しています。そのため、B2B企業は自社の商品やサービスを提供し、サードパーティのマーケットプレイスでどのような役割を果たしたいかを決め始めています。

2.2. シームレスなオムニチャネル体験の創造

今やオムニチャネルは必須です。企業は物理的にもデジタル的にも強力なブランドを構築することができます。そのため、顧客はウェブサイトにアクセスしたり、オンラインマーケットプレイスに行ったり、あるいは直接実店舗に来てニーズを探したりすることができます。

オムニチャネルのeコマース戦略を欠いていると、競争の中で不利になります。他の企業は、できるだけ多くの顧客にアプローチするために複数のチャネルを展開しようとしており、それを拒めば負けてしまうのです。

2.3. 自動受注管理システムによる迅速な受注処理の実現

激しい競争の中で、迅速なオーダーフルフィルメントの必要性が不可欠になっています。そして、市場での競争力を高めるためには、迅速な配送が必須です。

過去数年間で、ミレニアル世代の半数以上が即日発送を期待しています。そして、この傾向に対する1つの解決策は、配送サービスを迅速化し、人件費を削減するための自動受注管理システムの開発です。

2.4. 顧客パーソナライゼーションの成長

Sapio社の2019年の調査によると、多くのB2B顧客にとってパーソナライゼーションは最重要課題の一つです。最近では、予測注文や人工知能(AI)など、顧客の意思決定を支援する機能が最優先されています。

顧客のパーソナライゼーションは、閲覧行動や人口統計を組み合わせた利用可能なデータを分析することで、顧客体験を向上させます。そのため、顧客は、企業が自分のことを理解してくれている、自分が求めるものを提供してくれると感じるようになります。

2.5. B2Bボイスコマースの始まり

2020年はボイスコマースの始まりです。iPhoneのSiriやGoogleのAIに代表されるように、Eコマースにおける音声検索が普及しています。ユーザーにとっては、検索バーへの入力に時間がかからないというメリットがあります。そして、B2Bのボイスコマースも今年に入って第一歩を踏み出しました。

B2Bの特徴の1つに反復性があります。そのため、ボイスコマースはB2Bに課題とチャンスの両方をもたらします。

一方で、B2Bの購入者は、購入の意思決定が業績に影響するため慎重になる傾向があり、そのために詳細な画像や情報が必要となります。しかし、繰り返しの注文という点では、もはや長い説明文は必要ありません。この場合、ボイスコマースが役立ちます。

2.6. プログレッシブウェブアプリケーション(PWA

PWAは、対応デバイスに応じたエキストラの提供、オフライン機能の提供、プッシュ通知、Nativeアプリと同様の外観と速度、ローカルリソースの保存などが可能なWebサイトアプリケーションです。このアプリケーションは、ユーザーと企業の両方に多くの利益をもたらすために生まれました。

B2Bビジネスでは、PWAを使用することで、顧客満足度を高め、通常のモバイルアプリやウェブサイトでは提供できないような優れた顧客体験を実現するために、多くの大きなメリットを得ることができます。

  • オフラインでも利用可能
  • ウェブサイトよりも優れたスピードとパフォーマンス
  • 優れたセキュリティ
  • ホーム画面への追加機能
  • 通知のプッシュ
  • 直帰率が低い
  • モバイルアプリとWebサイトのギャップの解消

3. 2021年のB2B ECommerceのトレンド

今回のメインテーマである、来年のトレンド予測をしてみましょう。Eコマースの世界がどのように動いているのかを理解すれば、B2Bウェブサイトの開発に何が必要なのかが明確になります。

3.1. いくつかの古いトレンドの継続と強い発展

2020年は、Covid-19パンデミックの影響で、すべてのビジネス活動が遅延しました。その結果、上述したいくつかのトレンドは予測通りにはなりませんでした。そのため、2021年は、オムニチャネルeコマース戦略、パーソナライゼーション、オンライン・マーケットプレイスなどのトレンドが継続しています。

特に、2019年以降に登場したものもありますが、B2BのEコマースに大きく貢献するほどには発展していませんでした。それらの中には、まだ第一歩を踏み出したばかりのものもあり、それゆえ、B2B顧客はそうしたトレンドの強力な発展をより強く求めています。

例えば、B2Bボイスコマースは、2020年にトレンドになると推定されていました。しかし、ここ数年はボイスコマースの始まりに過ぎませんでした。B2Bのお客様にはまだ広く使われていませんでした。しかし、いくつかの理由により、ボイスコマースは400億ドルにまで高騰すると推定されています。

  • 音声コマースは、人間とテクノロジーの関係を構築し、人間のような関係になります。
  • タイピングははるかに時間がかかり、3.7倍も遅いです。
  • 70%のユーザーがEコマースで音声検索を好んで利用しています。

3.2. AR&VR(Augmented & Virtual Reality)アプリケーション

ARとVRは、ここ数年で第一歩を踏み出しました。これにより、お客様は決断する前に製品をプレビューしたり、サービスを体験してみることができます。この傾向は、特にCovid-19のパンデミック以降、実店舗に足を運ぶことが困難になったことから始まっています。そこで、バーチャル・リアリティのeコマース・アプリケーションが役立ちます。

Virtual Reality eCommerceは、Sephora、Quiver、Shopifyなど、いくつかの大手企業で採用されています。しかし、現状ではそれほど有名ではありません。

2021年以降、AR&VRはB2Bビジネスに大きな利益をもたらし、最大で600億ドルになると予測されています。ということが証明されています。

  • 61%のバイヤーは、AR&VR技術を提供するウェブサイトでの購入を希望しています。
  • 購入者の63%が、AR・VR技術を利用した方が意思決定がしやすいと回答しています。
  • 45%のお客様が、ARやVRによって時間を節約できたと回答しています。

3.3. アナリティクス、AIの活用について

B2C企業と比較して、B2B企業は高度な分析ツールの導入が遅れている。B2B企業は通常、内部プロセスのために分析を行い、顧客行動の分析には使用しません。

しかし、最近ではB2B企業も分析ツールの有用性に気づき、分析ツールに投資する企業が増えています。B2B企業のマーケティング担当者の50%は、先進的なマーケティング分析を用いた成功とROI(投資収益率)を認めています。

しかし、B2B企業のマーケティング担当者の35%は、複数のプラットフォームやデバイスを通じて一貫した顧客体験を構築することに課題があると答えています。そのため、企業は自社の業務範囲内で発生するすべてのことを単一のビジョンで把握する必要があります。

その改善のために、2021年にはアナリティクスやAI(人工知能)、機械学習の活用が強力に展開されるでしょう。トレンドを見つけ、結果を分析し、解決策を導き出すために、アナリティクスはデジタルリソースを使用します。一方、AIは人間の知能をシミュレーションしたもので、パーソナライゼーションや製品レビューなどに役立ちます。

これらは今後、データ分析やビジネス上の意思決定を向上させるためにも徐々に利用されていきます。そのため、現在では小規模な企業から大企業まで、市場分析のソリューションを提供する企業が増えています。

エクステンションは、B2CビジネスやB2Bビジネスに最適なソリューションです。今日では、既成のソリューションを使わずに手動でウェブサイトを最適化するのは難しく、コストもかかります。そのため、B2Bエクステンションを使用する傾向が強くなっています。

拡張機能には、最も効果的なウェブサイトを作成するのに役立つ最適な機能が非常に多く含まれているため、企業はすべてのB2Bバイヤーを満足させることができます。

市場には様々なプラットフォームに対応した多くのソリューションがあります。例えば、今回のケースでは、Magentoは世界で250以上のウェブサイトで使用されている最も人気のあるプラットフォームの一つです。

もしあなたがMagentoのB2Bウェブサイトを運営しているなら、このMagento 2 B2Bエクステンションパッケージを見逃すことはできません。ワンタイムペイメントで、6つのカテゴリーに分けられた様々な目的のための15種類のエクステンションを手に入れることができます。

  • アクセス制限
  • 顧客管理
  • 価格管理
  • 注文プロセス
  • 時間短縮のための返金
  • クイックリオーダー

4. 結論

以上、最近の注目すべきB2B eコマースのトレンドをご紹介しました。ビジネス分野の発展に遅れを取らないためにも、これらのトレンドをすべて考慮することを強くお勧めします。

B2B eコマースで何が起こっているのかを明確に理解し、ご自身のビジネスに簡単に適用できることを願っています。願わくば、あなたが自分の分野で成功することを願ってやみません。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて