2021年にB2BからDTC Eコマースのインフォグラフィック

b2b dtc

b2b dtc

企業間販売(B2B)から消費者への直接販売(DTC)への移行は、メーカーにとって簡単な決断ではありません。しかし、専門家の予測によると、記録的な数のレンガとモルタルの店舗が今後も閉鎖されるとのことです。

消費者との直接取引への移行

デジタルコマースの台頭により、消費者が商品を購入したいときにブランドのウェブサイトに直行することがこれまで以上に簡単になりました。

多くの消費者はすでにブランドのウェブサイトを訪れ、購入を希望しています。例えば、BrandShopの2018年消費者嗜好調査によると、オプションが与えられた場合、87%の消費者がオンラインでブランドから直接商品を購入することがわかりました。

パンデミックの影響で、多くの消費者がオンラインショッピングへの移行を加速させたことは間違いありません。実際、2020年8月の調査「DTCと新しいブランドロイヤルティの機会」では、過去1年間で消費者の55%近くが、定期的に使用する消費者包装品(CPG)や生鮮品の購入にDTCチャネルを利用したことがあることが明らかになっています。

この傾向を後押ししているのはミレニアル世代の買い物客で、67%がブランドのウェブサイトや店舗を利用してCPG製品を購入していると報告しています。また、興味深いことに、多くの買い物客(70%)が、パンデミックが終息した後も、これらの新しい習慣を継続する予定です。

CPG事業者はDTC eコマースサイトを率先して立ち上げていますが、メーカーはまだ投資を躊躇しています。実際、2018年の時点で、消費者に直接オンラインで販売したいと答えたメーカーは54%に過ぎません

メーカーのためのDTC Eコマースへの投資のメリット

DTCを販売することで、メーカーにとっては新たな収益源を生み出すだけでなく、いくつかのメリットがあります。

1. 商品を見つけやすく、購入しやすくする

DTCウェブサイトがあれば、貴社の製品を購入する準備ができているより多くの潜在顧客にリーチする機会があります。Retail TouchPoints の調査によると、買い物客の 33% が、購入を検討する際に最も影響力のある情報源としてブランドメーカーのウェブサイトを検討していることがわかりました。

顧客がオンラインで購入できないために販売を失う可能性があるのではなく、DTC の e コマース・ストアを利用すれば、顧客にすぐに購入してもらうことができます。

2. カスタマージャーニーをコントロールできるようになる

DTCを販売することで、顧客がウェブサイトを訪れた瞬間から商品が届くまで、そしてそれ以降のカスタマージャーニー全体をコントロールすることができます。

最近見た商品に基づいて商品を推薦するなど、ウェブサイト上で顧客中心の体験を作ることができます。また、Eメールを送信して製品の感想を収集したり、購入した商品の使い方のヒントを送ったりすることもできます。

3. ファーストパーティの顧客データをキャプチャ

メーカーが受け取るデータの大半は、小売店を経由してフィルタリングされたもので、そのほとんどが取引に関連したものです。しかし、消費者に直接販売する場合は、消費者の行動に関する様々な第一次データを収集することができます。

小売店からの取引データや自社サイトのデータと組み合わせることで、顧客をより深く理解することができるようになります。このデータを活用することで、商品開発からパッケージ、価格設定まで、戦略的なビジネス上の意思決定を行うことができます。

DTC Eコマース戦略の立案と実行方法

思い切って DTC eコマースサイトを立ち上げようと思っても、最初から計画を立てる必要はありません。私たちは、あなたが直面するであろう最も一般的な課題を解決するのに役立つ、やるべきことの便利なチェックリストをまとめました。

The-Direct-to-Consumer-Checklist-for-Manufacturers_Infographic

DTCの売り方について詳しく

消費者に直接販売することは、メーカーにとって不可能なことではありません。小売業者との連携のための明確な戦略、eコマース運営のための柔軟な技術、バックオフィス・ロジスティクスの計画があれば、DTCウェブサイトの立ち上げを成功させることができます。

出所リンク

►►►サービスについて