Magento 2のMarketplaceエクステンションのメリット

オンラインマーケットプレイスを開設しませんか?ここでは、CMのMulti-vendor Marketplace Extensionを使用するメリットをご紹介します。

マルチベンダー・マーケットプレイスとは、サードパーティの販売者(ベンダーやサプライヤーなど)が商品を一括して販売するためのオンラインストアです。

多くの方がマルチベンダー・マーケットプレイスを利用する理由は、複数の販売者からより多くの種類の商品を販売することができ、これらの販売者が在庫、価格、商品の詳細、配送などを担当するからです。

Magento 2のMulti-Vendor Marketplace Extensionは、EコマースストアをAmazonのようなオンラインマーケットプレイスにする簡単な方法です。

このエクステンションの特徴としては、メンバーシップオプション、ベンダーのスケジュール決済、出荷管理オプション、ベンダー登録ページなどがあります。

このエクステンションでは、ベンダーは完全に独立したベンダーポータルとダッシュボードを持ち、すべての商品を管理することができます。

ベンダー用に個別の登録とログインページを設定し、各ベンダーが追加したすべての製品のリストを表示することができます。

さらに、CSVファイルを使った商品の一括アップロードや、各注文の配送用に高度なトラッキングコードを提供します。管理者はベンダーを承認する必要があり、ベンダーはカスタマイズされたプロフィールを持ち、商品ページに表示されます。

すべてのサプライヤーは、配送方法とコストを簡単に管理することができます。また、あらかじめ定義された配送方法を顧客に選択させることもできます。

毎月のベンダーへの支払いを整理するために、請求書を簡単に追跡・管理することができます。また、サプライヤーの売上換算や売上レポートを作成することができます。

1.ベンダーとドロップシッピングの高度なオプション

Magento 2 の Multi-Vendor Marketplace Extension は、ベンダーやマルチベンダーにも対応しています。これにより、ユーザーは在庫を抱えることなく、オンラインで商品を販売し、サードパーティのベンダーから購入者に直接発送されるというサプライチェーンを構築することができます。

これは、サプライヤーが商品を大量に卸売りや小売に販売することで商品価格を下げるドロップシッピングのケースで非常に有効です。

2.配送オプションの独立した価格設定

Magento 2 の Multi-Vendor Marketplace Extension の明確な利点のひとつは、サプライヤーが商品の配送を追跡・管理できることです。

サイト管理者がこのオプションを有効にすると、販売者はサイズ、重量、購入した商品の量などに応じて配送料を設定することができ、販売者にとって実際に利益が出るようにすることが容易になります。

さらに、どの商品が最も売れているか、誰がどの商品を買っているか、どこに配送しているかなど、詳細な統計レポートにアクセスすることができます。

商品が購入されると、販売者やベンダーに通知が送られ、ベンダーは商品の発送を担当します。

3.ストア管理者がECサイトを完全にコントロール

  • 自分のウェブサイト上のアカウントを管理するために売り手を承認または解雇するかどうかを選択したり、自分のウェブサイトに表示されるから特定の製品をブロックします。
  • すべての販売者アカウントに適用される永続的な機能を定義するか、または各販売者が独自に機能をカスタマイズできるようにします。
  • 販売者または購入者の活動ごとに、どのようなクエリを表示するかを決定することができます。
  • 商品ごとに販売者をグループ分けすることができます。
  • サイト内のすべての買い手と売り手の活動に関する詳細な統計レポートを取得し、マーケットプレイスの管理を成功させることができます。

CreativeMinds社のMagento 2用Multi-Vendor Marketplace Extensionは、オンラインでマルチベンダーマーケットプレイスを始めようとしているサイト管理者や、大規模なEコマースプラットフォームで製品を販売したいと考えているベンダーに大きなメリットをもたらします。

4.サプライヤーにとってのメリット

  • サプライヤーは、製品、製品の説明、画像、メタデータを簡単に追加でき、CSVファイルを使用して製品を一括でインポートすることもできます。
  • 設定可能な商品に関連商品を作成したり、既存の商品を利用することができます。
  • 本番稼働前にフロントエンドで商品をプレビューすることが可能です。
  • サプライヤーは、サプライヤー製品フォームに新しい要素を追加することができます。
  • 選択した輸送会社の要件に応じて、出荷情報を簡単に印刷・保存することができます。

5.管理者にとってのさらなる利点

  • ベンダーが自分のマーケットプレイスで商品を販売することを承認または却下する機能
  • ベンダーがアップロードした商品は、デフォルトでは保留されているため、オンラインで公開する前にサイト管理者による承認が必要となります。
  • ベンダーとカスタマーの両方が利用可能なオプションを完全にコントロールできます。
  • 商品の表示方法を完全にコントロールすることができます。
  • ベンダーと商品を特定のショップカテゴリーに分けることができます。
  • すべてのドロップシッピングは、ベンダーが責任を持って管理します。
  • オンラインでの注文に関する定期的なレポートと統計
  • すべてのEコマース活動を制限および追跡する機能
  • 管理者用コントロールパネルへの専用アクセス

6.自社製品を販売するベンダーのメリット

  • 管理画面にログインすることなく、フロントエンドから商品の編集、プレビュー、有効化、無効化が可能です。
  • 注文、価格設定、配送手配をそれぞれ独立して管理することができます。
  • 出荷価格を完全にコントロールすることで、ベンダーと顧客の両方にとって利益のある販売を実現します。
  • デジタル製品など、あらゆるタイプの製品を作成、更新、管理、追跡することができます。
  • ドロップシッピングを目的としたサプライチェーンの構築が可能です。
  • ベンダーインターフェースを利用した出荷の追跡と管理が可能です。
  • 商品の詳細なレポートで売上を追跡します。

7.まとめ

Multi-Vendor marketplace extension for Magento 2を使うと、在庫を持たずにニッチなオンラインマーケットを簡単に作ることができるというメリットがあります。

ベンダーの販売手数料を設定したり、個々の販売者にカスタムのコミッションレートを提供することも可能です。

複数の売り手のプロファイル、出荷手配、製品情報、およびサプライヤーの機能を承認するような管理者のモデレーションのための複数のオプションがあります。

詳細な販売レポートを受け取り、カテゴリー、サプライヤー、顧客グループなどで結果をフィルタリングすることも簡単です。

マルチベンダーマーケットプレイスでは、完全に統一されたカートシステムがあり、すべての支払いを処理し、手動と自動の両方でベンダーに支払います。

Multi-Vendor Marketplace for Magento 2は、サプライヤー、ベンダー、ウェブサイト管理者がオンラインビジネスを成功させるために有益です。在庫から発送、請求、レポートに至るまで、このエクステンションはビジネスを円滑に進めるための有益で整理された洞察を提供します。

►►►サービスについて