Sitecoreのコンテンツマネジメントとコンテンツデリバリーのインスタンス

sitecore

sitecore

この記事では、Sitecoreで使用できるさまざまなデータベースと、SitecoreのCM(Content Management)、CD(Content Delivery)インスタンスの使用について説明します。

1. Sitecoreのデータベースの違い

簡単に言うと、SitecoreはIISにインストールされた複雑なWebアプリケーションでもあります。これは、IISにSitecoreのWebサイトをインストールして確認するとわかります。他のWebアプリケーションと同様に、Sitecoreは膨大なWebサイトのデータと設定を持っています。このデータはSQLサーバーのデータベースに保存されます。このデータはSQL Serverデータベースに保存されていますが、Sitecoreはこのデータを別のデータベースに保存しています。以下は、Sitecoreの異なるデータベースと、そこに保存されるデータや設定の種類です。

sitecore database

コアデータベースコアデータベースは、CMSの設定に関連するすべてのデータを保存するために使用されます。これには、デフォルトのCMSウェブサイト(デスクトップ、コンテンツエディタ、ページエディタモードのすべてのボタン、リンク、ラベル、タイル)が含まれます。これらを変更、追加、削除するには、コアデータベースに接続する必要があります。

マスターデータベースCMSコンテンツ管理システム)では、各データアイテムの複数のバージョンを管理する必要があります。Sitecoreでも、Sitecoreはデータのバージョニングを行うため、異なるバージョンのデータを管理する必要があります。これらの複数のバージョンのデータはマスターデータベースで管理されます。

Webデータベース各データアイテムには複数のバージョンが存在しますが、ライブのWebサイトではいつでも唯一のバージョンが使用されます。このライブバージョンまたは公開バージョンのデータは、Webデータベースに保存されます。したがって、Webデータベースは常にマスターデータベースのサブセットとなります。

  • 必要なバージョンのデータをマスターからWebデータベースにプッシュすることをパブリッシュといいます。
  • Sitecoreには「公開」と同様に「転送」というオプションがあります。

2. コンテンツマネジメント(CM)インスタンス

CM インスタンスは、Core データベースと Master データベースにのみ接続されます。このインスタンスは、主にコンテンツ作成者がログインして、コンテンツエディタやエクスペリエンスエディタで変更を行うためのものです。このサーバーは、エンドユーザーが本番のWebサイトにアクセスしてもヒットしません。

3. コンテンツ配信(CD)インスタンス

CDインスタンスは、CoreとWebデータベースに接続されます。このインスタンスは、ライブWebサイトのユーザーのためのものですが、Sitecoreのコンテンツオーサリングのためのものではありません。CDインスタンスからは、Sitecoreのログインページやコンテンツエディタを開くことはできません。このインスタンスは、エンドユーザーがライブWebサイトにアクセスしたときにヒットするサーバーです。

アプリケーションをよりスケールアップするために、以下のアーキテクチャに示すように、複数のCDおよびCMインスタンスを用意することができます。