Sitecore SXAとSitecore JSSの違う

1. 定義:

Sitecore SXA

Sitecore® Experience Acceleratorは、再利用可能なテンプレート化されたUXレイアウトやコンポーネントを提供し、短期間での運用を可能にします。

Sitecore JSS

Sitecore JavaScript Services (JSS)は、Sitecoreと最新のJavaScript UIライブラリやフレームワークを使用して本格的なソリューションを構築することができる、JavaScript開発者向けの完全なSDKです。

Sitecore JSSはSDKであり、Sitecore SXAはあらかじめ組み込まれたコンポーネント、テンプレート、レイアウトのセットです。

Sitecore SXAを使用すると、ドラッグ&ドロップで簡単にページコンポーネントを変更することができます。組み立て済みのコンポーネント、テンプレート、レイアウトを再利用できます。コンテンツチームは、直感的なツールを使用して、少ないリソースで短時間にWebコンテンツを作成し、編集し、チャネル間で展開することができます。

Sitecore JSSでは、ヘッドレスのSitecoreアプリケーションを構築したり、エクスペリエンスエディタを継続して使用したり、Sitecore Experience Platformが提供するすべてのマーケティングツールを使用することができます。

2. どのようにレンダリングされているのか?

Sitecore JSSは、JavaScript(Node.js)を使用して動作します。

Sitecore SXAはMVCレンダリングで動作します。

3. どのような場合にこの2つを利用すべきなのでしょうか?

私はSitecore JSSの大ファンなので、Sitecore JSSから始めることをお勧めしますが、その理由は以下の通り:

  • Sitecore JSSは、JavaScript開発者のための完成されたSDKです。
  • Sitecoreがインストールされていなくても開発を始めることができます。つまり、開発者はSitecoreインスタンスをインストールすることで忙しいことを伝えずに、アプリケーションの開発を始めることができます。これはコードファーストワークフローと呼ばれています。
  • フロントエンドアプリケーションをLinuxで動作させてコストを削減したい。
    A/Bテスト、アナリティクス、パーソナライゼーションなどのSitecoreマーケティングツールをマーケティングチームに残しておきたい。
  • ヘッドレスアプリケーションを作りたい
    PWAを作りたいと思っている。
    ウェアラブルデバイス、IOTデバイス、キオスク端末向けのアプリを構築し、すべてを一箇所で管理し、すべてのオムニチャネルをパーソナライズしたい。
    React、Angular、VUE、React Native、Svelte(Sitecoreの公式サポートではありません)の中から選択できます。

そんなことはどうでもいい」とお考えの方に、SXAをご利用いただく理由をご紹介します。

  • Sitecore SXAは、Sitecoreの上にインストールする必要のあるコンポーネントです。
  • ツールボックス – コンポーネントやレイアウトがあらかじめ用意されており、再利用することができます。

ここまでで、この2つの違いを理解していただけたと思います。この2つは互いに競合するものではなく、Webサイトを構築する方法としては全く異なるものだからです。

一方は、Toolboxに構築済みのコンポーネントを使用し、もう一方は、NodeJS上で動作するフロントエンドアプリケーションを構築することができます。

 

►►►サービスについて