Magento EnterpriseとCommunity:どのような違いがあるか?

Magentoは常に機能を更新しています。Magentoには、Magento CommerceOpen sourceの2つの異なるエディションがあることはよく知られています。また、Magento Community EditionとMagento Enterprise Editionとも呼ばれています。

Magento Community Editionは、オンラインストアを構築したい人なら誰でも無料で利用できるオープンソースのプラットフォームです。Magento Enterpriseは、Magentoの有料版で、無料ではない分プレミアム感があり、より高度な機能やオプションを備えています。常に進化し続けているMagentoを考えると、その違いを完璧に判断することは難しい。さらに、Magento 2.3の新リリースも大きな一歩です。この新バージョンは、機能の更新、最適化、バックエンド技術の強化など、多くの進化を遂げたウェブ開発の最新技術となるはずです。

1.Magento EnterpriseとCommunityの比較:ビジネス規模

Magento コマースは、オープンソース版と比較して、中規模および大規模なビジネスに焦点を当てています。

Magentoオープンソースは、市場を絞っていませんが、オープンソースなので簡単に移行できます。Magento Commerceは、よりインテリジェントに動作するため、成長期のビジネスや中堅・大企業に適しています。

Magento Open Sourceは、主に中小企業のオンラインストアの構築を促進します。

2.Magento EnterpriseとCommunityの比較:コードの移行

Magentoオープンソースでは、ある代理店から別の代理店へとコードを移すことが可能です。オープンソースなので、すべてのソースコードが公開されており、誰でもアクセスすることができます。

Magento Commerceは、オープンソースのコーディングというよりは、ビジネス用途を指します。そのため、オープンソースを利用している人は、サプライヤーの変更やウェブサイトのカスタマイズが容易にできます。

しかし、電子商取引システムで構築されたウェブサイトは、制限されており、1つのパーティーでしか構築できません。そのため、メンテナンスにも限界があり、また、コードを別のプラットフォームに移植してカスタマイズすることもできないため、コストがかかってしまいます。

3.Magento EnterpriseとCommunityの比較:パワー

Magento Commerce は、Magento Open source よりもはるかに強力です。Magento Open sourceよりもはるかに多くの機能やユニークな機能が搭載されています。

大企業がMagento Commerceを好むのは、彼らが求める仕事の種類に合わせて拡張可能であり、明らかに巨大な商業ビジネスが求める仕事の量と質を満たすことができるからです。

4.Magento EnterpriseとCommunityの比較:ホスティング

大規模なビジネスにはMagento Commerceで対応するのが良いでしょう。しかし、Magento Open sourceはサードパーティのクラウドシステムでホスティングしなければならないので、サイトの速度は比較的遅くなります。

また、Magento Open Sourceではデータベースのクラスタリングができないため、大規模な注文には対応できません。

5.Magento EnterpriseとCommunityの比較:サポートされる機能

Magento Open Sourceは、統合されたチェックアウト、世界中での販売能力、商品カタログの管理、テンプレートのモバイル/タブレットへの最適化、モジュールマーケットプレイスへのアクセス、サイト検索と同様に迅速な購入など、一般的に期待される機能を多く備えています。

一方、Magento Commerceは非常にパワフルで、卓越したインテリジェントなシステムを備えています。また、Magento Commerceは、エンタープライズレベルのパフォーマンス、レポート機能、スケーリング機能を備えています。

6.Magento EnterpriseとCommunityの違い:バリエーション

Magento Open sourceは、M1ではMagento Community editionと呼ばれていましたが、現在のM2のMagento Open sourceは無料です。

一方、Magento Commerceは、Magento Commerce StarterとMagento Commerce Proの2つのバリエーションがあります。

7.Magento EnterpriseとCommunityの比較:価格

Magento Commerceは、より強力で高性能であることを考えると、明らかに価格が高いです。

また、Magentoは、Magento Commerceに追加の設備とサポートサービスを提供しています。

8.Magento EnterpriseとCommunityの比較:スケーラビリティ

Magento Open Sourceで構築されたサイトは、大きなスケーラビリティを持ちません。取引額が大きくなったり、販売額が大きくなったりしてプラットフォームが手狭になった場合は、Magento Commerceへのアップグレードパスがあります。

Magento Open Sourceには、Magento Commerceと同様の機能がたくさんありますが、それでは大規模なビジネスでは、誤った経済性やギリギリの生活を強いられるリスクがあります。

以上が、Magento Open sourceとMagento Commerceを区別する主な機能です。

9.Magento EnterpriseとCommunityの比較:Magento 2.3.2バージョン

これとは別に、上述したように、より新しいバージョンであるMagento 2.3.2がリリースされました。

Magento 2.3.2は、プログレッシブウェブアプリケーションのように、より速く、より信頼性の高いエクスペリエンスを提供する機能を備えています。

Magento 2.3.2は、他のMagentoのバージョンと比較して、GraphQLによる読み込み速度の向上を実現しています。Magento 2.3の宣言型スキーマは、簡単にインストールでき、新しいバージョンにアップグレードできます。最新のMagentoバージョンをダウンロードするためのガイドはこちらからご覧いただけます。

他にも、メッセージキューによる非同期通信、2要素認証、reCAPTCHA認証、アップグレードされたWYSIWYGエディタ、ページビルダー、エラスティックサーチ、キャッシュ管理など、様々な機能があります。

10.結論

このように、Magento open sourceとMagento commerceはどちらもそれぞれのレベルで効率的であり、どちらが良いかはビジネスとしての要求に応じて決めるべきだと思います。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて