2021年にデジタル・プレゼンスを高めるための5つの方法

Digital presense in 2021

1.デジタルプレセンスとは?

デジタルプレゼンスとは、簡単に言えば「オンライン上で自分のビジネスをアピールすること」です。誰かがあなたのビジネスをオンラインで検索したときに、デジタルプレゼンスが重要になります。デジタルプレゼンスの確立は、ウェブサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、ビジネスディレクトリへの掲載、カスタマーレビュー、その他のオンラインソースなどのリソースを利用することで、実に簡単に行うことができます。

1.1.デジタル・プレゼンスの構築に役立つものトップ7リスト

  1. オンラインサイトの作成
  2. ソーシャルメディアの活用 (Facebook, Twitter, LinkedIn, Instagram, Pinterest, TikTok, Reddit and more…)
  3. ビジネスリスト (Google My Business, Yelp, Better Business Bureau, Trustpilot, and more..)
  4. 事業所一覧 (Google Maps, Apple Maps, Bing Maps and more..)
  5. オンライン質問応答サイトへの参加 (Quora, StackExchange, Yahoo Answers and more..)
  6. ローカルディレクトリへの掲載 (YellowPages, Whitepages, Foursquare, and more…)
  7. デジタル広告 (Google Ads, FB-Insta Ads, Twitter Ads, Bing Ads, AdMob and more…)

検索エンジン最適化(SEO)に携わったことのある人なら、この業界が常に変化していることを知っているでしょう。主要な検索エンジンは常にアルゴリズムを更新し、変更しています。GoogleやBingなどの検索エンジンは、検索者に最高の体験と最も正確な検索結果を提供するために、抜け道や改善の余地を探しています。

現代のデジタルマーケティングには、確固たるSEO戦略、アクティブで魅力的なデジタルプレゼンス、そして多大な努力と忍耐が求められます。新年を迎えるたびに、新たな混乱が起こるような気がします。

ブランドがしっかりとしたデジタルプレゼンスを確立したいのであれば、デジタルマーケティングへのアプローチを見直す時期に来ているのかもしれません。試行錯誤してきた方法でも結果は出るかもしれませんが、デジタルマーケティング戦略を改善する方法はたくさんあり、意外な結果が得られることもあります。

2.すでにやっておくべきこと

すべての検索エンジンの黄金律は、ユーザーの検索に対して最も正確な結果をできるだけ早く提供することです。検索エンジンは、様々な方法を用いてユーザーの検索条件に最も適した検索結果を提供しています。検索エンジンの背後にあるアルゴリズムは、より良いユーザー体験を提供するために、常に微調整され、改善され、調整されています。検索エンジンの機能を活用するためには、自分のサイトやブログに、理想的な顧客にアピールするような、よくできた価値あるコンテンツを掲載することが重要です。

デジタルマーケティングの黎明期、多くの悪質なコンテンツマーケターは、人間がほとんど読めないようなキーワードを詰め込んだコンテンツをアップロードしていました。このようなコンテンツは、初期の検索エンジンボット(オンラインコンテンツをクロールして、キーワードやリンク、その他のデータポイントを見つけ、ユーザーの入力に合わせるプログラム)の注目を集めることを目的としていました。これはすぐにトレンドになり、Googleのような主要な検索エンジンは、キーワードスタッフィングやその他のブラックハットSEO戦術にペナルティを課すための迅速な行動を起こしました。

現在、Googleは、ターゲットとなるニッチに訴求する関連性の高い高品質なコンテンツを公開するウェブサイトに報酬を与えています。人間の読者を対象とした高品質のSEOコンテンツを作成するために必要な時間と労力をすでに費やしているのであれば、時代の先端を行っています。

3.2021年にデジタルプレゼンスを高めるための5つの方法

現在の目標を達成するためのデジタルマーケティング戦略は確立されていると思いますが、マーケティング戦略の将来性を高めるためには、時間と労力をかける価値があります。

2021年に向けてコンテンツマーケティング戦略を策定する際には、以下のヒントを参考にして、ターゲットとなるオーディエンスとつながる新しい方法を見つけてください。

Customer Persona

 

3.1. 顧客ペルソナ調査への投資

自分のコアな顧客をどのくらい知っていますか?到達したいと思っているが、まだ強く結びついていないタイプの顧客について、心当たりはありませんか?顧客ペルソナ調査は、2021年のマーケティングにおいて最も価値のある投資のひとつになるかもしれません。効果的なユーザー調査を行うことで、ターゲット市場の欲求やニーズをより深く理解することができ、彼らの興味や目標に向けてより正確なコンテンツを開発したり、ニッチにおける自社のポジションをより明確に理解したりすることができます。

アンケートや調査、ユーザビリティテスト、A/Bテストなどは、ターゲットとなる顧客についての貴重な洞察をもたらします。これまでに収集したデータをもとに、いくつかの顧客ペルソナを作成し、どのような顧客がいるのか、彼らがどのようにオンラインで過ごしているのか、そして効果的なマーケティングキャンペーンで彼らにアプローチするための最適な方法を決定します。

Social medical platform

3.2. 新しいソーシャルメディア・プラットフォームへの展開

ほとんどの企業がFacebookのプロフィールを持っていると思いますが、他のソーシャルメディアもさまざまなオーディエンスとつながるためには最適です。InstagramやSnapchatは、新製品を紹介したり、動画をアップロードしたりするのに理想的な場所です。また、写真コンテンツにも適していますし、Twitterは話題の記事や最新のニュースを発信する場所として最適です。

ターゲットとなるお客様がどこでソーシャルメディアを利用しているかを把握し、2021年には新しいプラットフォームでフォロワーを増やしていきましょう。そのためには、お客様のプロフィールを明確にし、どのソーシャルメディアがお客様にとって魅力的かを見極める必要があります。このように、徹底したユーザー調査は、戦略を立てる上で非常に有効なツールなのです。

3.3. ブランドの権威を高めること

オーディエンスは、業界の最新情報を得るために、頼りにしていることを知っていますか?また、ブログ記事がいかに有益で価値のあるものであるかを伝えるために、定期的にコメントしてくれていますか?ブランドの権威は、オーディエンスとの関係を深めることで築かれます。常に適切なコンテンツを視聴者に提供し、自分が何を言っているのかを知っていることを証明すれば、本質的に権威を築くことができます。

ブランドの権威はSEOにも大きな影響を与えるため、業界のリーダーとしての地位を証明する機会を探しましょう。例えば、ブログにコンテンツを掲載する際に、寄稿者を「スタッフ」とだけ記載し、詳細なプロフィールを作成していない場合、権威性を高め、EATアップデートで簡単にSEOポイントを獲得できる大きなチャンスを逃していることになります。

3.4. 音声検索の活用とNLP SEOの計画を開始すること

検索エンジンはますます賢くなっており、Googleの最新のアップデートには、BERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers)が含まれています。この新しいシステムは、ユーザーの検索をより正確に解釈するために設計された自然言語処理システム(NLP)で、特に音声検索ではロングテールキーワードやフィラーワードが多く含まれます。

Web制作やコンテンツ制作においては、すでにモバイルファーストの考え方を取り入れていると思いますが、その教訓を生かして、急増する音声検索に備えましょう。ロングテールキーワードや、ユーザーが音声検索の際に端末に向かって話すであろうフィラーワードを含むより詳細なキーワード列など、より多くのNLP SEO要素を取り入れる方法を探し始めましょう。

3.5. 動画コンテンツ制作に投資すること

SEOを成功させるには、やはりコンテンツが重要な鍵を握っています。しかし、自社で制作しているコンテンツは、他のブランドが提供しているものと比べると、少し陳腐化しているかもしれません。動画コンテンツは、どんなブランドにとっても大きな可能性を秘めています。ハウツービデオ、製品のデモンストレーション、施設見学、「チームに会いに行く」インタビュー、舞台裏の紹介など、あらゆる可能性があります。また、動画コンテンツはシェアされやすいので、ソーシャルメディアでの存在感を高めるのにも最適な方法です。

ブランドはそれぞれ異なり、市場のニッチもそれぞれ異なります。
消費者の嗜好や行動は常に変化しており、急速に変化するSEOのルールや市場の需要の変化についていくのは消耗戦のように感じられるかもしれません。前もって計画を立て、次の動きを予測することは、必ずしも実現可能とは思えないかもしれませんが、先に述べた提案は、2021年以降に向けて、より柔軟で適応性の高いSEO戦略を構築するために役立ちます。

ソース

 

 

 

►►►サービスについて