Eコマースの自動化:eコマースビジネスを自動化するには?

Eコマースビジネスの規模が大きくなるにつれ、ビジネスプロセスの要求も高くなります。かつては効率的に機能していたシステムも、注文の増加、繰り返し、複雑さが増すにつれて、故障したり、非効率になったりします。

一方で、Eコマースビジネスのオーナーは、100以上のタスクを処理しなければなりません。マーケティング、在庫、出荷から決済まで、Eコマースの自動化なしにトップを維持することは不可能です。

さらに、デジタル市場は急速なペースで進化・成長しており、ストアオーナーとしては、最新のビジネストレンドを確実に把握し、迅速に導入する必要があります。

Eコマースビジネスのオーナーとしては、衝撃に強く、スマートなテクノロジーを取り入れる必要があります。デジタルストアを効率的に運営するための最も多様なツールの1つが、データ統合と自動化です。

デジタルストアのオーナーとしてこなさなければならない複数のタスクとは別に、Eコマースストアのオーナーは、手動で処理しなければならない様々なワークフローの合理化に苦労することがよくあります。電子商取引の自動化により、店舗のバックエンドを簡素化することができ、より重要なことに集中できるようになります。

実際、今日では多くの企業が、コストと時間を節約し、顧客体験を向上させるために、Eコマースオートメーションを導入しています。

しかし、ここで100万ドルの質問がやってきます。”eコマースオートメーションとは何か?””なぜデジタルストアに必要なのか?”

その答えを知りたい方は、ぜひお付き合いください。このガイドでは、Eコマースオートメーションとは何か、Eコマースビジネスを自動化する方法、そして最後にEコマースオートメーションがデジタルビジネスにどんなメリットをもたらすかについて詳しく説明します。

1.eコマース・オートメーションとは?

ShopifyPlusでは、Eコマースオートメーションを次のように定義しています。

「eコマースオートメーションとは、お客様のビジネスにおけるタスク、プロセス、キャンペーンを、必要なときに正確に実行するインテリジェントな自動化に変換するために構築されたソフトウェアです。それは、ビジネスが今あるものでより多くのことを行うことができる方法です。」

分かりやすく説明するために、例を挙げてみましょう。お客様がショッピングカートを放棄した場合、CRMに放棄されたカートの記録を残しておけば、お客様にフォローアップメールを送信して、より多くの売上を獲得することができます。

今では、手動でのデータ入力の手間を省くために、簡単に設定できるeコマースオートメーションのワークフローの一部となっています。

簿記の自動化、在庫管理、Eメールマーケティングキャンペーンの成功など、Eコマースオートメーションはデジタルビジネスのあらゆる段階で必要不可欠です。

従業員がビジネスのより重要な側面に集中するようになった今、Eコマースストアのオーナーは、通常は従業員が担当しているありふれたワークフローを完全に自動化する必要があります。

自動化は究極の成功への鍵であり、遅れをとることはありません。Bigcommerce、Shopify、WooCommerceのようなEコマースプラットフォームでさえ、自動化をダイナミックに優先しています。

信じられないことですが、Shopifyは自動化アプリ「Kit」を構築しました。この自動化アプリにより、「Shopify」のストアオーナーはビジネス広告を自動化することができます。

しかし、ここで疑問が生じます。この誇大広告を裏付ける証拠はあるのでしょうか?

Shopify社によれば、それは間違いなくイエスです。

昨年のブラックフライデーセールでは、Eコマースの自動化によって20億ドル以上の収益を上げました。さらに、あるEコマースストアが新しいアパレルラインの立ち上げを自動化したところ、驚くべきことに、1時間で15万ドル以上のROIが得られ、人気商品をわずか2分で売り切ることができたそうです。これはすごいことですよね。

収益を上げるのは簡単なようですが、デジタルストアにeコマースの自動化を設定するには時間がかかります。例えば、Eメールマーケティングキャンペーンの自動化を計画している場合、最初のステップは、Eメールのレイアウトやコピーをテストして、リードを生み出すために何通のEメールを送信しなければならないかを把握することです。

結果が出たら、この戦略を恒久的に実施し、メールマーケティングキャンペーンを成功させましょう。

さて、次はEコマースビジネスのどの部分を自動化できるかを考えてみましょう。

2.eコマース・ビジネスを自動化するには?

2.1.eコマースの販売と在庫管理

eコマースビジネスの運営は、特に在庫を手動で管理しなければならない場合、非常に困難です。手動での在庫管理は、かなり時間のかかる作業です。在庫リストを何時間もスクロールしたり、商品価格を更新したり、古い在庫リストを破棄したり、在庫切れの商品を再注文したりすることに、ストアオーナーとして慣れていなければなりません。

在庫管理とは別に、店舗オーナーはすべての顧客を管理しなければなりません。顧客は、店舗をどのように見つけたか、どの販売チャネルを使って購入したか、注文した商品の数、注文頻度などに基づいて分類されます。

しかし、この顧客管理はこれだけでは終わりません。

競争の激しい市場で優位に立ちたいのであれば、獲得した顧客データを賢く活用して、ロイヤルカスタマーへの自動割引の設定や、リスクの高い注文をカスタマーサポートに通知するなど、ビジネスプロセスをシームレスに効率化する必要があるのだ。

販売管理や在庫管理は日常的な業務ですが、すべてのビジネスに欠かせない要素です。しかし、この作業を自分や誰かのタスクリストに追加する必要はありません。

販売・在庫管理のワークフローを自動化することで、時間を節約し、他の重要なことをこなせるようにしましょう。

2.1.1.販売・在庫管理の自動化とは?

Eコマースビジネスにおいて、自動化を利用できる場所はいくつかあります。

  • 商品の在庫管理
  • 商品パフォーマンスの分析
  • 商品の在庫切れを警告する
  • データに基づく在庫管理

2.1.2.販売管理と在庫管理を自動化するには?

商品の在庫が少なくなったことを在庫管理責任者に通知し、品切れになる前に在庫を確保できるような特定のプロセスを設定することができます。さらに、在庫の少ない商品の価格を上げて、需要を活用し、よりスマートに稼ぐこともできます。

最も人気のあるEコマースプラットフォームのひとつであるBigCommerceは、在庫の一元管理を可能にします。これにより、商品の在庫状況を把握したり、在庫不足の商品を警告したり、顧客に情報を提供したりすることができます。

欲しい商品が手に入らないとがっかりすることもありますが、お客様は常に最新情報に登録し、商品が再入荷したときにお知らせするようにしています。

2.2.eコマース Eメールマーケティングオートメーション

メールマーケティングは、古くからある、しかし効果的なマーケティング戦術です。Eメールマーケティングは、すべてのEコマースストアのオーナーが常に注目しています。顧客が進化するにつれ、パーソナライズされたコンテンツを求めるようになり、一般的なコールドメールでは何の利益も得られないことがわかっています。

今日のマーケティングの世界では、メールマーケティングは顧客との関連性が高く、パーソナライズされたものでなければなりません。それぞれの顧客に合わせたメールを送信する最も優れた方法は、Eコマースメールマーケティングオートメーションです。

市場のトップレベルのEコマースストアは、すでに自動化されたEメールを活用して、顧客の行動やトリガーに基づいて様々な目的のEメールマーケティングキャンペーンを成功させています。

このようなメールマーケティングキャンペーンには、有効期限の切れた割引キャンペーンのお知らせ、購入に興味のある商品のクロスセルやレコメンド、放棄されたショッピングカートのお知らせなどが含まれますが、その数はごくわずかです。

自動化されたメールを使えば、店舗オーナーは、より多くのクリックと売上をもたらすメッセージを送ることができます。

2.3.メールマーケティングの自動化とは?

メールオートメーションを利用すると、買い物客一人一人に合わせたコンテンツを作る手間が省けます。その分、お客様の行動を分析したり、キャンペーンの戦略を立てたりすることができ、より多くの売上を上げることができます。

以下は、EメールによるEコマースオートメーションが利用できるいくつかの場所です。

  • カート放棄の回復
  • 商品のクロスセル、アップセル
  • 製品/サービスの推奨
  • ロイヤリティプログラムの推進

Eコマースのメールマーケティングを自動化するには?

Eメールマーケティングキャンペーンを自動化するためのアプリケーションはたくさんあります。Gmail、MailChimp、Zoho、Hubspot、Salesforceなどのアプリケーションを使って、メールマーケティングキャンペーンを成功させ、より多くの収益を自動的に得ることができます。

Shopify IntegrationとMailChimpをセットアップして、商品、注文、放棄されたカート、そして顧客をわずか数分で同期させることができます。WooCommerce、BigCommerce、Magentoに任意のメールマーケティングアプリを統合して、すべてのプロセスをシームレスに自動化します。

2.4.カスタマーサポート管理

すべてのお客様が貴社のEコマースストアで素晴らしいショッピング体験をするためには、優れたカスタマーサポートシステムが不可欠です。

Dimensional Research社によると、約52%のお客様が、優れたカスタマーサービスを提供している企業のサービスや製品を継続して利用しています。一言で言えば、カスタマーサポートは、あなたのEコマースビジネスの成長と成功を左右するものなのです。

しかし、カスタマーサポート管理のすべての側面を把握することはほとんど不可能です。提起されたチケットの管理から要求された変更の実行まで、これらすべてのタスクを効率的に処理するためには、優れたカスタマーサポートシステムが必要となります。

例えば、製品のカスタマイズを可能にする製品ページにアクセスできないという苦情がお客様から寄せられた場合、サイト開発者に連絡してこのエラーを修正しなければなりません。

一方で、1日に多くのお客様からのリクエストを受けていると、いくつかのリクエストを見逃してしまう可能性があり、それに気づいて連絡したときにはすでに手遅れで、お客様を失ってしまうかもしれません。

しかし、このような状況は、最高のカスタマーサポート管理アプリを導入して、カスタマーサポートシステムを自動化することで、簡単に回避することができますのでご安心ください。

2.4.1.カスタマーサポート管理を自動化するには?

eコマースのカスタマーサポートシステムには、自動化できる部分がいくつかあります。

  • サポートの提供
  • 放置されたカートの回収と削減
  • 製品のアップセルとクロスセル
  • 製品の推奨

2.4.2.Eコマースのカスタマーサポートプロセスを自動化するには?

Automate.io を使用して、Salesforce、Intercom、Hubspot、Freshdesk などの主要なカスタマーサポートアプリと統合することができます。これらの統合により、カスタマーサポートシステムを強化し、顧客満足度を高めることができます。

スプレッドシートへのチャットセッションの記録から、チケットの発行、さらにはライブチャットセッション終了後の電子メールの設定まで、あなたのストアのライブチャット機能を自動化することで、あなたの E コマースビジネスの顧客管理をより体系的かつ効率的にすることができます。

例えば、チケットが発行されると、HubspotやSalesforceなどのCRMツールに登録されているすべての顧客データが自動化によって取得され、サポートチームは顧客の必要な情報をすべて把握した上で、作業を進めることができます。

2.5.ソーシャルメディア・マーケティング・キャンペーンの管理

ソーシャルメディアプラットフォームは、すべてのお客様とコミュニケーションをとり、強固な関係を築くための最良の方法のひとつであることは間違いありません。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストは、店舗オーナーが様々な方法で顧客と関わるために使用できる最も人気のあるソーシャルメディア・プラットフォームの一部です。

一般的に、店舗オーナーはソーシャルメディアのページにオーガニックな投稿をして、既存のお客様の関心を維持する一方で、有料のマーケティングキャンペーンを実施して新規のお客様を獲得します。

そのためには、ソーシャルメディアのアカウント管理に役立つソフトウェアが必要です。さもなければ、すべてのチャンネルにメッセージを送るために多くの時間を費やすことになります。

さまざまなソーシャルチャネルのペイドとオーガニックの両方から得られたデータを処理するのは非常に面倒です。しかし、この作業を自動化すれば、ビジネスに大きな利益をもたらすことができます。

2.5.1.ソーシャルメディアによるEコマースの自動化で何ができるのでしょうか?

以下のようなことができると考えています。

  • フラッシュディスカウントキャンペーンの実施
  • 放置されたカートの回収
  • ストア訪問者のリターゲティング

2.5.2.ソーシャルメディアキャンペーンを自動化するには?

Bufferのようなアプリを使えば、ソーシャルメディアキャンペーンの自動化が以前よりもずっと簡単になりました。Bufferは、Foster Coffee Companyのような人気のある店舗では、様々なソーシャルチャネルにコンテンツを投稿することを考えるよりも、パフォーマンスやコンテンツに集中することができるようになりました。

また、Automate.ioのようなアプリを使えば、Facebook Leads Adsと簡単に接続でき、すべての有料広告を効率的に管理するのに役立つでしょう。

2.6.帳簿管理と支払いの自動化

支払い管理は、ストアオーナーが最も苦手とする管理作業です。完全に機能するEコマースストアを運営している場合、財務管理には他のどのビジネスタスクよりも多くの時間がかかります。

従業員の支払い管理から、使用しているプラットフォームやアプリへの支払い、メーカーへの支払い、顧客から送られてくる支払いの記録と追跡まで、手作業による帳簿管理は大きな悪夢です。

Stripe、PayPal、FreshBooksなどの決済ソフトウェアを使用して、すべてのデジタルアカウントを追跡し、領収書でいっぱいのフォルダを管理しないようにすることを強くお勧めします。財務要件を統合して、請求書作成、会計、および請求書発行の自動化ソリューションを提供する必要があります。

2.6.1.簿記と支払いで自動化できることは?

この電子商取引の自動化では、次のことが可能です。

  • 新規顧客アラートの送信(チャットアプリ、メール、サポートツール、プロジェクト管理
  • 新規支払い、支払い期限のアラート
  • 請求書の自動作成

2.6.2支払いや簿記を自動化するには?

Automate.ioでは、選択した財務ソフトウェアを簡単に統合して、すべての取引を1つのダッシュボードに表示したり、毎月のキャッシュフローを把握したりすることができます。

3.結論

最後に、自動化されたワークフローは、より少ない労力でより多くの結果をもたらすプロセスを設定するのに役立ちます。

また、在庫管理やマーケティングの自動化を考えている場合は、ワークフローの自動化を画一的に行わないようにしましょう。むしろ、お客様のタイプに応じて自動化を調整してください。

このガイドが、Eコマースの自動化のコンセプトと、Eコマースビジネスでの自動化の方法を明確に理解するのに役立つことを願っています。

 

►►►サービスについて