2021年のeコマースの未来の予測

 

Ecommerce trends 2021

COVIDの影響を受けた2020年は、Eコマースにとって非常に大きな年となりました。パンデミックの影響で、いくつかの業種で変化が加速し、2021年以降もこの加速はある程度続くと予測されます。

1. ワンクリック注文

2021年のモバイルユーザー向けeコマースのトレンドの1つは、eコマースサイトでのワンクリック購入です。オンラインで注文をする場合、これまでは顧客からかなりの情報を要求されてきました。買い物客の名前、クレジットカード番号、クレジットカードの有効期限、配送先の住所、請求先の住所、電子メールアドレスなどです。これらの情報をウェブサイト上で購入するたびに手作業で入力することは、非常に煩わしく、結果としてカート放棄率を高めることになります。

最近の調査では、モバイル端末からのカート放棄率が最も高く、約82%であるのに対し、パソコンからのカート放棄率は約75%となっています。

ワンクリックオーダーは、買い物客が1回のクリックで購入プロセスを完了できるため、ECサイトの放棄率を下げることができます。

2. PWA

プログレッシブウェブアプリPWA)は、お客様が接続先やデバイス、OSを超えて商品を購入できるようにするものです。将来的には、PWAがウェブアプリやネイティブアプリに取って代わる可能性があります。プログレッシブウェブアプリは、オンラインショッピングをスムーズにするものであり、Eコマースビジネスの展望を支配し、変化させるものと予測されます。

アリババのサイトであるAliExpressは、コマースにおけるプログレッシブ・ウェブ・アプリケーションの応用の先駆者であり、PWAプラットフォームを通じて優れたモバイル体験を生み出すことで、Eコマースサイトの3倍の速さで成長することができたと主張しています。EコマースサイトをPWAに対応させるには、いくつかの方法があります。

プログレッシブウェブアプリ(PWA)Eコマースサイト用に作成する。PWAはウェブサイトよりも読み込みが速く、訪問者が以前インターネットなしで閲覧していたページを見ることができます。
スマートフォンでサイトを訪問するお客様のために、AMP(Accelerated Mobile Page)を導入します。

3. ボイスコマース

ボイスコマースは、顧客層の拡大、顧客維持、満足度の向上に役立つため、急速に普及しています。OC&C Strategy Consultants社のデータによると、ボイスコマースの売上は、2022年までに500億ドルに達すると予測されています。ボイスコマースを活用するには、以下の方法があります。

  • コンテンツを最適化して、音声検索に表示される機会を増やします。
  • AlexaやGoogleの音声アシスタントデバイスに新しいスキルを追加します。
  • Eコマースのウェブサイトやモバイルアプリで、音声によるナビゲーションを提供します。
  • 音声コマンドを使った簡単な操作で商品を購入できるようにします。

4. オムニチャネル・ショッピング

オムニチャネル・リテーリングとは、チャネルやデバイスを超えて、お客様にシームレスで一貫した体験を提供することです。多くの企業は、お客様が複数の方法でコンテンツを見る必要があることをすでに認識しています。タブレット端末、携帯電話、デスクトップはその始まりに過ぎません。

Amazon Pinpoint」と「Amazon Personalize」は、Amazon Web Services(AWS)の2つの製品で、ブランドがユーザー体験を向上させ、複数のチャネルで顧客とコミュニケーションをとることを可能にします。シームレスなオムニチャネル体験を提供するための効果的な方法をご紹介します。

  1. eコマースサイトをモバイルデバイス向けに最適化する。予算に余裕があれば、モバイルアプリやPWAを構築しましょう。
  2. 可能な限りすべてのステップで顧客体験をパーソナライズする。
  3. SAP Commerce Cloudなどのツールを使用して、エンドツーエンドのオンライン小売プロセスでパーソナライズされた包括的なEコマース体験を実現する。
  4. 以下のような様々な購入オプションを提供する。

・オンラインで購入し、店舗で受け取ります。
・店頭で購入、宅配を選択します。
・オンラインで購入し、ドアステップ・デリバリーを利用します。

5. AR/VR

拡張現実AR)と仮想現実(VAR)は、2021年のEコマースのトレンドとして、Eコマース関係者の間で話題になっています。企業はARを使って顧客体験を向上させるだけでなく、顧客が実際に買い物をするときと同じように商品を試したり検討したりできるようにしています。IKEAがやっていること、あるいはそれ以上のことを学ぶことができます。例えば、口紅の商品ページでは、”カートに入れる “ボタンを “試す “に変更することで、AR体験に余裕を持たせます。お客さまが商品の試用を選択すると、自分で色を塗ったり、デフォルトのモデルを使ったりすることができます。この時のAR機能は、Snapchatのフィルターに似ています。

6. ダイナミック・プライシング

ダイナミックプライシングは、E コマース時代の重要なマーケティング戦略となります。ダイナミックプライシングを導入することで、オンラインベンダーは、現在の市場要件をより詳しく把握し、ライバル企業や買い物客の行動を完全に把握することができ、コンバージョンを高めることができます。

世界で最も優れた製品を販売していても、価格が正しく設定されていなければ、十分な売上を生み出すことはできません。

商品の価格は、適切なものを選ぶようにしましょう。「適正」というのは、商品が売れる機会が最も多く、かつ最大限の利益が得られる金額のことです。

ダイナミック・プライシング・ソフトウェアを使って、商品に最適な価格を設定しましょう。これらのツールは、競合他社の価格、市場の需要、商品の知覚的価値などをリアルタイムに把握し、最適なコストを見積もることができます。

7. ビジュアルコマース

ビジュアルコマースとは、商品ページだけでなく、ウェブサイト全体に画像を使用して、訪問者の興味を引き、コンバージョンに結びつけることです。例えば、Boseのような大手小売企業は、すでにビジュアルコマースを利用して顧客の購買意欲を高めています。彼らはホームページに高品質の画像を使用し、製品を直接購入するためのショートカットを用意しています。

  • デフォルトの製品をJPGからJPEG2000またはWebPフォーマットに変更すると、画質と読み込み速度が向上します。
  • 売れ筋商品の360度画像や動画を作成します。
  • 買い物客が画像を使って商品を検索できるビジュアル検索ツールに投資します。
  • ユーザーが作成したコンテンツを商品ページに再利用し、興味を持たせます。
  • Pinterest(ピンタレスト)でビジュアルショッピング広告を作成し、ウェブサイトへのトラフィックを集めて売上を伸ばします。

8. 新しい支払方法

支払い方法は、お客様が特定のブランドを選択する大きな理由の一つです。顧客の希望する支払い方法を提供しなければ、Eコマースストアから購入してもらえません。ほとんどのEコマース事業者は、デビットカードやクレジットカードとは別に、デジタルウォレット(Google Pay、SamsungやApple Pay、PayPalなど)を受け付けています。暗号通貨、特にビットコインは、取引手数料が低く、逆取引がないなど、オンラインショップのオーナーにとって多くの利点があります。

9. セルフサービスのプラットフォーム

2020年は物語を変え、中小企業やソロプレナーがいかに早くデジタルピボットできるかを示しました。最初から高額な費用をかけてEコマースストアを立ち上げるのではなく、短期間で立ち上げられるプラットフォームを探してみましょう。

すでにビジネスが確立されている場合は、製品の使用方法や業界でよくある問題への対処方法など、顧客がすぐに理解できるようなテンプレートのコンテンツを作成することを検討してください。

10. ソーシャルメディアでのショッピング動画広告

2021年もソーシャルメディアの消費は衰えず、企業はTikTokやInstagramなどのチャンネルでさまざまな方法で広告を出し始めるでしょう。すでに多くの企業が、InstagramやSnapchatなどのアプリのストーリーに広告を掲載することで多くの価値を得始めており、これはソーシャルメディアでの販売が進化した次のステップに過ぎません。

 

 

 

►►►サービスについて