29 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
顧客行動や消費者インサイトに関しては、「変化は唯一の不変である」という言葉がぴったり当てはまります。あなたがマーケティングの分野に属していたり、このテーマについて研究しているのであれば、マーケティングの基本的な定義、つまりビジネスプロセスとしてのマーケティングとは、顧客のニーズとウォンツを特定し、予測し、満足させることであるということを最初から理解しているはずです。 つまり、マーケティングとは、進化する顧客データを理解・消費し、分析スキルを駆使して価値ある洞察を得て、それに基づいて情報に基づいた意思決定を行う継続的な活動であり、マーケティング担当者や意思決定者が適切な製品を適切な人に適切な時に適切な場所で提供するのに役立つものなのです。 1.サイトコアソリューション – 現代のマーケティングの神髄 従来の顧客行動研究は、一般化、直感、予測に基づいていましたが、現代のマーケティング支援は、クラウドコンピューティング、データ分析、機械学習などの強力な技術に支えられており、マーケティング担当者が実際のパーソナライズされた消費者データに基づいた消費者行動のインサイトを得ることを支援します。マーケティングを活性化するだけでなく、データ分析とクラウドコンピューティングにより、デジタルプラットフォームの訪問者全員に満足のいくパーソナライズされたデジタル体験を提供する最高のマーケティングオートメーションツールをお探しなら、それはサイトコアバージョン 9デジタルソリューションでしょう。 サイトコア オンプレミスに導入されたソリューションとサイトコアとの比較 Sitecore Experience Cloudに展開されたソリューション: 旧バージョンのサイトコアソリューションは、主にオンプレミスのサーバーで開発・展開されていました。サイトコアはトレンドセッターであり、最高のスケーラビリティと柔軟性で完全なデジタルトランスフォーメーションを可能にする、シームレスに統合されたデジタルエコシステムの必要性を想定していたため、2017年にSitecore Experience Platform (XP)のバージョン9、Sitecore Experience Commerce (XC)、およびその他のサポートするサイトコアソリューションとともにSitecore Experience Cloudを発表し、サイトコアを真のクラウドベースで独立したものにしました。 Sitecore Experience Cloudでは、サイトコアソリューションがクラウド化されただけでなく、このクラウドプラットフォームには、強力な機械学習エンジンであるSitecore Cortexが搭載されており、マーケティング担当者はリアルタイムで自動化された消費者インサイトを得ることができます。また、Sitecore xConnectにより、マーケティング担当者は他のデジタルソリューションをSitecore Experience Cloudとシームレスに統合し、一元化された顧客データベースを作成することができます。Sitecore Experience Cloudにサイトコアソリューションを導入することで、以下のようなメリットが得られます。 2.Sitecore Experience Cloudを採用するメリット 2.1.強力なヘッドレス機能 Sitecore Experience Cloudでは、開発者は展開ごとに異なるシステムやプラットフォームを作成する代わりに、フロントエンドとバックエンドを切り離すヘッドレス機能を採用し、デジタルプラットフォーム、IoT、ウェアラブル、モバイルプラットフォーム上でパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスを提供することができます。 2.2.一元化された安全で統合された顧客データベース Sitecore Experience CloudとSitecore Connectは、サイトコアソリューションとCRMソリューションを統合し、すべての顧客データを一元化された機械学習機能付きのSitecoreデータベースに集めることができます。Sitecore Experience Cloudを使用することで、マーケティング担当者は貴重な顧客インサイトを得て、1つのプラットフォームで情報に基づいたマーケティングの意思決定を行うことができます。 2.3.柔軟で手頃な価格のスケーラブルなデジタルソリューション Sitecore XP9とSitecore XC9は、.NETテクノロジーで構築されています。これらのデジタルソリューションの最新バージョンをSitecore Experience Cloudに導入すると、レガシーコードを持たない完全に独立したシステムを手に入れることができ、完全にカスタマイズ可能で手頃な価格になります。 2.4.ローメンテナンスでハイパフォーマンス すべてのWebサイト、デジタルプラットフォーム、サイトコアソリューションが単一のSitecore Experience Cloudプラットフォーム上でホストされている場合、企業はオンプレミスシステムのインストールとメンテナンスにかかる費用を大幅に削減できるだけでなく、すべてのソリューションがシームレスに統合されているため、プラットフォームは高速で効果的、かつエラーのないものになります。 以上がSitecore Experience Cloudの技術的なメリットですが、クラウドベースのサイトコアソリューションを採用することで、運用面でもメリットがあります。以下は、世界70カ国以上に展開するインドの大手自動車メーカーにSitecore XPと複数のWebサイトをSitecore Experience Cloudで導入した事例です。 3.Sitecore Experience Cloud導入のサクセスストーリー 3.1.クライアントのプロフィール お客様は、インドで最も成功している有名な二輪車メーカーで、その革新性、献身性、顧客中心の行動で知られています。 3.2.お客様の要件 お客様はすでにオンプレミスのサイトコアソリューションをお持ちでしたが、70のWebサイトとサイトコアソリューションを単一のSitecore Experienceクラウドに展開できるサイトコアのエキスパートを採用したいと考えていました。 3.3.アダクトのソリューション SmartOSCジャパンは、サイトコア認定の開発者、アーキテクト、デザイナー、テスター、Sitecore MVPからなるチームを、この大規模プロジェクトに派遣し、サイトコア開発、サイトコア移行、実装サービスを提供しました。Sitecore Experience Cloud上にSitecore Experience Platformを実装するとともに、パーソナライズされたブランドモジュールと国別のWebサイトソリューションを提供しました。また、カスタマイズされたテストドライブフォームを作成し、マーケティングオートメーションツールを設計することで、メールマーケティングの自動化を実現しました。 この取り組みにより、デジタルプラットフォーム上での売上が25%増加し、販売間接費も45%削減されました。また、Sitecore xDBインサイトを使用することで、問い合わせ件数が63%増加し、プロジェクト全体のROIは44%という驚異的な結果となりました。Sitecore Experience Cloudへのデジタルプラットフォームの導入を支援してくれるサイトコアパートナーをお探しの方は、経験豊富で信頼性の高いSitecoreエキスパートのチームを擁するSmartOSCジャパンにご相談ください。 SmartOSCジャパンは、Sitecore Commerceの導入以外にも、サイトコアインテグレーション、DevOps、サイトコアアップグレード、サイトコアコンサルティングサービスなど、様々なサイトコアサービスをお客様に提供しています。当社をテクノロジーパートナーとして採用し、お客様のビジョンを、サイトコア認定開発者が企画、戦略、開発、展開を行うパーソナライズされたサイトコアソリューションに変えてみませんか。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
29 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
ウェブサイトへのトラフィックを増やしたいですか?そんなことが可能で、しかもお金もかからないと言ったらどうでしょう?その答えは、ウェブアクセシビリティです。 ワールドワイドウェブコンソーシアムは「ウェブアクセシビリティとは、障害のある人が利用できるようにウェブサイト、ツール、テクノロジーを設計・開発することです。具体的には、障害者がWebを知覚、理解、操作、対話できることです。」と言いました。 世界保健機関(WHO)によると、15%の人が何らかの障害を持っており、オンラインシステムの利用に支障をきたす可能性があるとされています。これは企業にとって何を意味するのでしょうか。それは、潜在的な顧客、パートナー、貢献者、そして顧客の全層が無視されているということです。 1.包括性があれば、ウェブトラフィックが増えること 昨年末に発表されたDeque Systemsの調査によると、重度の視覚障害を持つ人の2/3が、ウェブサイトの一部にアクセスできないことを理由にオンライン取引を放棄していることがわかりました。さらに、アクセシブルなサイトを持たない企業は、アクセシブルなサイトを持つ企業に対して、年間約69億ドルのビジネス上の損失を出していると推定されています。 標準的なウェブアクセシビリティを導入することで、ウェブトラフィックが増加するだけでなく、利益も増加するとは誰が考えたでしょうか。利益だけを問題にすべきではありません。誰にでも対応できるウェブサイトを作ることの重要性を認識することが大切です。 2019年と2020年に連続して行われた調査では、企業が、障害のあるユーザーの全体的なアクセシビリティを向上させるような、導入しやすいソリューションを適用できていない様子が示されています。問題は、なぜ2021年になっても産業界がこの件で悩んでいるのかということです。 2.アクセシビリティに配慮したウェブサイトはメンテナンスが容易になること WebAIMは、ランキング上位100万サイトのホームページを対象に、アクセシビリティ評価を行いました。その結果、98.1%のランディングページがWCAG 2.0(Web Content Accessibility Guidelines)基準を満たしていないことが判明しました。WCAG 2.0とは、Webコンテンツをよりアクセシブルにするための幅広い推奨事項を網羅したWorld Wide Web Consortiumが策定した標準的なガイドラインのことです。つまり、これらのサイトは、「アクセシブル」とみなされる最も基本的な基準を満たしていなかったのです。 なぜこれらの “トップ “ウェブサイトは、アクセシビリティの基準を少しでも満たしていないのでしょうか?その理由は2つあると思います。 プロセスに時間がかかります。 これらのガイドラインは、必ずしも簡単に実施できるものではありません。 少なくとも、時間がかかり、それほど簡単ではありませんでした。しかし、サイトコアのように、トランザクションを超えたパーソナライゼーションに焦点を当てた、主要なWebコンテンツ管理システムのおかげで、この状況は変わりました。 3.サイトコアを使ってアクセシブルなウェブサイトを作成する方法 Webコンテンツ管理システムの会社が、アクセシビリティの「負担」を、そのシステムを利用する開発者やコンテンツ制作者に転嫁するのは簡単なことです。CMSプラットフォームは、システムを構築するためのツールを提供する環境を作るために作られています。サイトに必要なアクセシビリティのレベルを決定したり、支援したりするのは、実装パートナーの役目ではありません。 しかし、サイトコアはそれを実現しました。サイトコアは、お客様がアクセシビリティのニーズを満たすために手を貸すことを優先しています。2012年にサイトコアは、WCAG 2.0ガイドラインを含むさまざまなアクセシビリティ基準に照らしてコンテンツをチェックすることができる「アクセシビリティ・チェッカー」というサードパーティモジュールをマーケットプレイスに導入しました。 モジュールの設定方法を説明した後、「レビュー」リボン内の「アクセシビリティ」ボタンをクリックすると、コンテンツエディタ内に新しいタブが表示され、アイテムやページをプレビューすることができます。アクセシビリティ上の問題がある場合は、赤い枠で囲まれて表示されます。 ハイライトされた部分をクリックすると、そのエラーの詳細な説明が表示されます。ただし、この機能はサイトコア8.0までのバージョンにしか対応していません。それ以前のバージョンのサイトコアをお使いの場合は、別のオプションがあります。 4.適切なツールを見つけるための時間を作ること これらのバージョン(7.2以降)では、Siteimproveという別のサードパーティモジュールが利用できます。Siteimproveは、開発者やコンテンツ編集者が、ページが公開された瞬間にウェブサイトのエラーをスキャンすることを可能にし、ミスの修正、コンテンツの最適化、サイトの効率的な管理を実現します。 アクセシビリティの面でも、Siteimproveは、すべてのページ、リンク、メディアファイル、電子メールアドレスをクリーンなリスト形式で表示します。これにより、お客様およびお客様の顧客は、アクセシビリティに関する問題を優先し、品質保証上のエラーを即座に解決することができます。 ウェブアクセシビリティは、すべての企業の頭の片隅に置いておく必要があります。Covid-19の継続的な課題により、これまで以上にウェブに依存し続けています。今やウェブはコミュニケーションと商業の主要な形態となっています。 人々を置き去りにすることはできません。多くのユーザーにとって、確かにアクセシビリティは必要ですが、ウェブトラフィックや潜在的な収益を増やすことで、企業にもメリットがあります。 サイトコアのコンテンツマネジメントシステムは、アクセシビリティをシンプルにしてくれます。このようなアクセシビリティの障壁を取り除くことは、かつてないほど容易になりました。会社の発展や顧客のニーズを邪魔して、成長を妨げてはいけません。時代に合わせて進化し、よりアクセシブルな環境を作っていきましょう。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
28 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
Sitecoreは先日、Boxever社を買収し、顧客を360度見渡せる強固な顧客データプラットフォームを追加しました。この買収は、Sitecoreの完全なSaaS化に向けた取り組みを大きく変えるものです。コンテンツハブやSitecore Experience Edgeと組み合わせることで、マーケティングキャンペーンの展開を成功させるために必要なすべてのツールをお客様に提供することができます。 Boxever Customer Data Platform (CDP)は、Webやモバイルを含むすべてのチャネルにおける組織のすべてのデータを収集します。そして、そのデータを利用して、シームレスで一貫性のある顧客体験を提供します。 Boxeverは以下のような体験を提供しており、A/Bテストやパーソナライゼーション体験を実施することができます。 1.ウェブ体験 Webエクスペリエンスは、マーケティング担当者が開発者に依存することなく、Webサイトにパーソナライゼーションを実装するために設計されています。Webエクスペリエンスを使用すると、オファーや操作メッセージなど、Webサイトで提供できるあらゆる体験をお客様に提供することができます。Web Experienceをプレビューして試すことができます。 2.インタラクティブ・エクスペリエンス インタラクティブ・エクスペリエンスは、製品チームがAPIを活用して、サーバーサイド・パーソナライゼーションのためのダイナミック・コンテンツを提供できるように設計されています。インタラクティブ・エクスペリエンスは、バックエンド・システムがパーソナライゼーションにアクセスできるようにします。APIを活用してバックエンドからパーソナライゼーションを取得し、お客様の履歴に基づいて製品を推奨することができます。 3.トリガー体験 トリガー体験は、行動に応じてお客様に選択肢を提示するように設計されています。例えば、ユーザーが特定の製品ラインを訪れた1時間後に、パーソナライズされたEメールやモバイルプッシュ通知を送信することができます。特定の条件に基づいてトリガーを自動化することができます。 4.A/Bテストとパーソナライゼーション A/Bテストでは、複数のバリエーションを比較することができます(Multi Variant Testing)。ウェブサイトのバナーをテストする場合、2つの異なるタイプを作成して比較し、どちらがより多くのエンドユーザーからのインタラクション(クリック)を得ているかを確認することができます。 これは実験に適した方法で、結果に基づいて、勝利するバリエーションを選ぶことができます。目標は、より多くのコンバージョンを獲得することです。 Webエクスペリエンスでは、ランディングページ、フォーム、コールトゥアクションなど、Webサイト上のあらゆる要素をテストし、どのバリエーションがより多くのコンバージョンを獲得しているかを把握することができます。 インタラクティブな体験では、異なるレベルの割引を提供してテストすることができます。例えば、10%ではなく5%の割引を提供したり、定期購入を提供したり、在庫に残っているx個の製品だけを表示したりなどです。 それでは、Boxeverの管理画面からA/Bテストを追加する方法をご紹介します。 サイドナビゲーションバーをクリックして、「体験」セクションの「ウェブ」を選択します。 「エクスペリエンスの作成(Create Experience)」ボタンをクリックします。 「A/Bテスト」オプションを選択します。 名前を指定して、「作成」ボタンをクリックします。 A/Bテストの設定が完了しました。「追加(Add)」ボタンをクリックすると、バリアントを追加できます。 バリアントの追加が完了したら、テストの他の基準を追加できます。 ページターゲティング(オプション)では、サイトの特定のページまたはすべてのページでこのテストをターゲットにすることができます。基準を指定したい場合は、追加ボタンをクリックして、特定のページをターゲットにする方法を提供してください。 「オーディエンス」セクション(オプション)では、このテストに適したオーディエンスを選択できます。セグメントやユーザーの行動に基づいてフィルタリングすることができます。追加をクリックすると、詳細情報が表示されます。 Decisioningセクション(オプション)では、ルールに基づいて動的にオファーを推奨することができます。このテストの決定モデルを指定したい場合は、「追加」ボタンをクリックしてください。 最後に、「目標」セクション(オプション)では、体験の成功を測定できるように、トリガーとなる目標を定義することができます。目標を設定する場合は、「追加」ボタンをクリックしてください。 すべての設定が完了したら、「開始」をクリックして、すぐに開始するか、スケジュールを設定することができます。 数日間テストを実行したら、パフォーマンスタブを見て、テストの様子を確認することができます。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
28 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
Sitecore Content Hubは、単なるデジタル資産管理(DAM)システムではありません。すべてのデジタルコンテンツを360度見渡すことができます。マーケティングチームは、マーケティングキャンペーンに必要なすべてのコンテンツを計画、検索、作成、配布することができます。 Sitecore Content HubをSitecore Experience PlatformまたはSitecore Experience Commerceと接続することで、以下のことが可能になります。 チームが得意とする作業に時間を割くことができること Sitecoreパーソナライゼーションを利用して、コンテンツを簡単に管理することができます。 機械学習を利用したシンプルなコンテンツタグ付け 結果を出すオムニチャネルコンテンツマーケティングの実現 1.Sitecore Content Hubの特徴とメリット デジタルアセットマネジメント(DAM) コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP) マーケティングリソースマネジメント(MRM) プロダクトコンテンツマネジメント(PCM) 上記の主な機能により、企業は以下のことが可能になります。 Sitecoreと完全に統合された1つのシステムにすべてのブランドマーケティング資産を保存します。 すべてのマーケティングキャンペーン、オーディエンス、チャネル、異なる国に対応するコンテンツを常に準備しておくことができます。 コンテンツのワークフロー全体でコラボレーションを行い、チームを同期させることができます。 カタログ、eコマースサイト、アプリなど、すべての製品コンテンツを単一のソースで管理できます。 多様な顧客層に対応するために多くのコンテンツを作成する企業が増え、マーケターが成果を出すために必要な時間が少なくなっている中、SitecoreのWebサイトをお持ちの企業は、Sitecore Content Hubの導入を検討する絶好の機会です。 DAMの詳細と投資の理由については、Sitecore Content Hubのインフォグラフィックをご覧ください。 2.Sitecore Content Hubのビジネスケースの構築 適切なコンテンツを見つけるのに時間がかかりますか? 同じコンテンツが異なるシステムに入っていることがよくありますか? 市場への参入が遅れていると感じていますか? 使用しなければならない様々なコンテンツシステムに不満を感じていますか? これらの質問の答えが「イエス」であれば、Sitecore Content Hubを導入するためのビジネスケースを構築する十分な理由があります。 クリエイティブチームやマーケティングチームが、デジタルコンテンツを探したり、ダウンロードしたり、別のツールやシステムにアップロードしたりするのにどれだけの時間を費やしているかを調べてみましょう。例えば、週に1日はこの作業に時間を費やしているとしたら、Sitecore Content Hubを導入し、チームが新しいキャンペーンのための新しいコンテンツの作成に時間を使えるようにすることで得られる潜在的なコスト削減効果は大きいでしょう。 クリエイティブ担当者やマーケティング担当者が、コンテンツやシステムに関わる日々の業務で直面している苦痛や課題について、できる限りのデータを収集します。 その結果、ビジネスケースを構築して、組織の実現を支援することができるはずです。 マーケティングクリエイティブの向上 コンテンツ資産の完全な可視化とトレーサビリティ 市場投入までの時間の短縮 クリエイティブやマーケティング担当者の満足度と反応性の向上 3.プロジェクトチームの構築 新しいシステムを立ち上げるのは決して簡単なことではありません。しかし、すべての新しいプロジェクトと同様に、計画を成功させるためには、いくつかのキーパーソンを特定し、参加してもらう必要があります。 エグゼクティブ・スポンサー(Executive Sponsor):プロジェクトに必要な資金を提供する権限を持ち、プロジェクトを最後までやり遂げるために全面的に協力してくれる上級スタッフ。 コンテンツハブオーナー(Content Hub Owner):コンテンツハブの最終的なチャンピオンであり、プロジェクトを日々管理し、継続的な改善を図り、全社的なトレーニングと採用を推進します。 コンテンツハブチャンピオン(Content Hub Champions): 究極のスーパーユーザーであり、コンテンツハブを熟知している人です。ローカルチームやブランドの最初のサポートラインとなる人です。 テクニカル・グル(Technical Guru)Content HubとSitecore Experience PlatformまたはSitecore Experience Commerceの設定と統合を担当する人が必要です。この担当者は、コンテンツハブのオーナーと密接に連携します。この担当者は、SmartOSCのようなSitecoreのエキスパートである場合もあります。 チームは定期的にミーティングを行い、プロジェクトの立ち上げ状況や、ハブの継続的なメンテナンスと最適化について話し合います。 最終的に組織全体でローンチする際には、その成功をビジネスに報告する必要があることを忘れないでください。最初のビジネスケースで設定した成功指標やペインポイントの改善点を必ず追跡してください。 すぐには成功しないでしょう。しかし、時間が経てば、コンテンツの再利用を容易にし、市場投入までの時間を短縮し、スタッフが重要なイニシアティブに取り組むための時間を確保するという点で、Sitecore Content Hubのパフォーマンスが明らかになり、ROIが指数関数的に増加することは間違いありません。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
28 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
中規模から大規模のビジネスを運営している場合、Sitecore XPまたはXMはリストの上位に入るはずです。お客様のデジタル目標を満たすことができるWebコンテンツ管理システム(WCMS)です。 Sitecoreは、強力なマーケティングツールを備えた、世界をリードするデジタルエクスペリエンスプラットフォームです。世界中の何千ものマルチサイト、マルチ言語のビジネスで使用されています。複数のWebサイトや国際化に対応できることが、Sitecoreを選択した主な動機のひとつです。 Sitecoreでは、訪問者に何を提示するかについての制約がありません。すべてのプラットフォームやデバイスで、訪問者に多様な体験と魅力的なデザインを提供することができます。 Sitecoreがデジタルエクスペリエンスプラットフォームのリーディングカンパニーであるための主な差別化要因は以下の通りです。 ゼロから構築された単一のプラットフォーム あらゆるサイト、あらゆるチャネルでコンテンツ公開 AI機能による高度なパーソナライゼーション 強力な機能とマーケティングツール .NETとMicrosoft Azure 統合機能 1.ゼロから構築されたシングルプラットフォーム Sitecoreは常に進化し続けています。年に一度のアップデートとリリースにより、定期的に少しずつソリューションが追加されます。 更新された機能は、ゼロから構築されています。これらの機能は、共通のコードベースと共有のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用しています。これにより、コード管理と品質が向上し、開発者の学習曲線が短縮されます。 同様に、Sitecoreのユーザーインターフェース(UI)は、Sitecore Experience Platform(XP)のすべてのさまざまな機能で標準化されています。これにより、ユーザーはプラットフォーム全体を最大限に活用することができるため、その機能の習得が非常に容易になります。 機能セットは、1つのユーザーフレンドリーなインターフェイスから利用できます。これにより、複数のシステムにログインしたり、ログアウトしたりする必要がないため、採用の可能性が高まります。 2.任意のサイトおよび任意のチャネルでコンテンツ使用 Sitecoreの最初のバージョンから、CMSはヘッドレス、つまりコンテンツとプレゼンテーションを分離しています。 ヘッドレスCMSには多くの利点があります。最も重要なのは、コンテンツを異なるサイトやチャネルで再利用できることです。同じコンテンツでも、消費されるチャンネルに合わせてフォーマットを変えることができます。例えば、ウェブ、モバイル、ソーシャル、アプリなどです。 Sitecoreでは、ページ内にコンテンツコンポーネントを使用しています。ページは、再利用可能なコンテンツアイテムのセットで構成されています。 コンテンツコンポーネントは、同じSitecoreソリューション内の多くのページや多くのサイトで再利用することができます。また、コンテンツ編集者やマーケティング担当者は、コンテンツコンポーネントをパーソナライズしたり、テストしたりすることができます。 ページの作成は簡単です。エクスペリエンスエディターでは、コンテンツエディターがシンプルなWYSIWYGインターフェイスで、利用可能なコンポーネントに基づいて新しいページレイアウトを作成できます。 また、コンテンツ編集者は、各コンポーネントがコンテンツ承認のどの段階にあるかを確認できます。これにより、すべてのコンテンツ要素が必要なときにリリースされるようになります。 3.高度なパーソナライゼーション 訪問者に合わせてコンテンツを提供することは、今やデジタル戦略の定番となっています。Sitecore XPは、場所やキャンペーンなどのさまざまな条件に基づいてターゲット層にコンテンツを配信することで、マーケティング担当者のROI目標の達成を支援します。 Sitecoreの高度なパーソナライゼーションラールは、お客様のビジネスに固有のオーダーメイドのルールでさらに拡張することもできます。 AI技術の進化に伴い、Sitecoreのサービスも進化しています。人工知能(AI)による自動パーソナライゼーションは、Sitecore 10の標準機能となる予定です。これにより、マーケターはパーソナライゼーションを簡単に始められるようになり、時間とコストを節約できるようになります。 4.強力な機能 Sitecoreは、デジタルマーケティング担当者が測定可能な顧客体験を提供できるように、すぐに使える強力な機能と補足的な機能を備えています。以下のような機能があります。 キャンペーンや目標の作成と追跡 プロファイルやペルソナの作成、コンテンツへのタグ付けによる訪問者の行動の把握 パスアナライザーを使用してパスやファネルを作成し、訪問者がウェブサイトを通過する経路を分析する。 AIパーソナライゼーション ワークフローによるコンテンツの調整 コンテンツのテスト フォームの作成とトラッキング イベントやタクソノミーの作成 マーケティングオートメーション計画の構築 Email Experience Manager(EXM)によるメールキャンペーンの送信 シングルカスタマービュー Print Experience Managerによる高品質なPDFの生成 Sitecore Commerceによるストアフロントの構築 Content Hubによる膨大なコンテンツの管理 5..NETとMicrosoft Azure Sitecoreは、初期のリリースから.NETプラットフォームを使用して構築されています。その豊富なAPIにより、ERPやCRMなどの外部システムとの柔軟で拡張性のある統合の機会が増えています。 SitecoreとMicrosoftは共同で、パーソナライズされた訪問者の旅を構築するための機械学習など、Azureのサービスを拡大しています。 6.インテグレーション機能 Sitecoreは柔軟性が高く、多くのサードパーティシステムとの統合が可能です。Dynamics CRM、Dynamics 365、Salesforce Marketing Cloudのほか、Active Directoryモジュールなどのコネクタがすぐに利用できます。これらのモジュールにより、特定のビジネスニーズに合わせて、使いやすく、一貫性があり、保守性が高く、アップグレード可能な方法でカスタマイズすることができます。 また、統合されています。 CoveoおよびSOLR(検索) Smartling、Lionbridge (言語移行) Ooyala、Brightcove(動画) Telligent(コミュニティ) Twitter、Facebook、Klout(ソーシャル) などです。 デジタル資産管理(DAM)のために、Sitecoreはメディアライブラリを内蔵しています。これは、コンテンツデータベース、Azure blobストレージ、またはファイルシステムにアセットを保存するように設定できます。Sitecoreには、デジタルアセット管理とアセット作成のためのより広範な機能を備えたContent Hubもあります。これにより、コンテンツの企画、制作、コラボレーション、管理を単一の統合されたソリューションで統一することができます。 メディアライブラリのアセットはファセット化され、検索によるインデックス化が可能です。ファセットやタクソノミーによる検索などの検索機能が組み込まれています。使用権は、コンテンツに適用されるのと同じように、粒度の高いロール/ユーザー方式で制御できます。なお、SitecoreはDigizuiteなどのサードパーティ製のDAMシステムとも連携しています。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
26 April 2021 / Published in Ecommerce
Eコマースの複雑さは、すべてのメーカーにとっての現実です。膨大な数のプロセスと様々なデータ管理プログラムに加えて、製品の部品や機能、SKUの数が目まぐるしく変化し、それだけで頭が痛くなります。 技術的に優れたタイレノールを手に入れることは、これまで容易ではありませんでした。これまでは、複雑な問題を解決するには、複雑で人間的な解決策が必要でした。しかし、データの統合、人工知能、自動化などの進歩により、ソリューションは拡張性があり、安全性が高く、エラーが少なく、そして何よりも、はるかに簡単に導入できるようになりました。 1.製造業におけるEコマースの課題 多くの製造業では、顧客満足度の向上が課題となっています。 一般的に、お客様は自分の欲しいものを知っていて、見て回ることを望んでいません。しかし、お客様が何を必要としているのかを迅速に予測し、提供する能力は不可欠です。もし、お客様が月や四半期ごとに同じ製品群を購入するためにサイトを訪れたとしても、10ページも20ページも見て回る必要はありません。 複雑な問題に直面すると、お客様は単に電話をかけてカスタマーサービスに連絡します。このようなコストのかかるフラストレーションは、商品が見つけにくい場合だけでなく、見つけた商品が不適切にラベリングされている場合にも生じます。 ライトポイントのシニア・ソリューション・アーキテクトであるジャスティン・ブラッドリーは、「多くの場合、自社製品に関するデータは混乱しています。」と説明しました。 約束した価格で必要なものを簡単に見つけることができなければ、お客様は期待通りのパーソナライズされた体験を求めて、他の場所に行ってしまうかもしれません。 ブラッドリーは、現在のメーカーにとっての真の課題は、同業他社との差別化であると述べています。そのためには、商品を簡単に見つけられるようにする必要があり、そのためには、メーカーは自分たちが持っているデータをよく見極める必要があります。 2.汚れたデータのクリーニング 仕様データは、優れたオンライン体験を構築するための味方であると同時に、最悪の敵でもあります。企業にとって、サプライチェーン全体で標準化された仕様書を持つことは不可欠です。 ブラッドリーは、「ディストリビューターやインストーラーに正しいデータを提供しなければならない」と強調しました。「価格だけでなく、彼らが必要としている仕様を満たす必要があるのです。数センチの違いが、その製品が装着できるかどうかを左右するのです」。 製品のサイズが合わないだけで、その影響は甚大です。国際的なオペレーションが行われている場合、輸送、コミュニケーション、さらには規制などの問題が深刻化します。 すべてのデータが一貫して連動するようにするのは大変な作業ですが、価値あるeコマース体験を提供するためには欠かせません。さまざまなシステムが適切に連携していないと、自動化が難しくなり、システム全体が萎縮してしまいます。 「製品情報管理システム(PIM)は、この分野の大手企業で採用され始めたばかりです。製品情報管理システム(PIM)は、この分野の大手企業で採用され始めたばかりですが、ソリューションに不可欠な要素として推奨されるケースが増えています」とブラッドリーは強調しています。「製品が散在していて、適切な場所に配置されていなければ、ワークフローが存在しないため、規格に適合していないことになります。PIMはこの問題を解決してくれます」。 より優れたデータセットを蓄積することで、組織は直面する課題に対するソリューションの構築に着手することができ、それはバイヤーが期待する体験を提供するために必要な原材料としての役割を果たすのです。 3.人工知能と「関連性」の価値 データセットが標準化されると、その上に人工知能を適用して、個々の購買行動を学習し、個々のユーザーに合わせたデジタルインタラクションを行うことができます。これにより、メーカーは個人がその時に必要としているものを把握できるだけでなく、AIの適用により将来のニーズを予測し、それに合わせて適応することができるようになります。 ブラッドリーは、「(AIは)マーケティングの対象となる人々の心を明らかにし、企業はそれに合わせてマーケティング行動パターンを変えることができます」と指摘します。 ユーザーの過去の行動やセッション中の行動を把握できることは、どのようなビジネスにおいても非常に価値のあることです。お客様が自分自身を認証すると、ワンクリックでチェックアウトできるようなシームレスな体験を提供することが可能になります。 AIは、購買者が必要なものを見つけるためにインタラクションデータを利用するだけでなく、購買者の行動を妨げる問題を発見するためにも利用できます。 例えば、交換部品のラベルが数センチ間違っていた場合、平均よりも高い返品率、売上の減少、直帰率の上昇などの不規則な現象を拾い上げ、AIが警告を発します。このような小さな問題を放置して大きな問題に発展させるのではなく、AIを活用することで、問題が発生した時点ですぐに対処することができます。 Intershopによると、B2Bコマース体験の適切なデジタル化は、顧客満足度の39%増、全体的な効率性の42%増、そしてさらに39%の売上増をもたらします。そして、このデジタル化は価値あるものであると同時に、必要不可欠なものでもあります。 ブラッドリーは、「より多くの人々がオンラインに移行するにつれ、その利便性を求めるようになります。」。「これは、ビジネスを行う上でよりスマートな方法なのです。」と説明しました。 デジタルトランスフォーメーションを加速させるために、すべてのメーカーはデータセットを整理し、AIを活用して、購買者が期待する適切な体験を提供するべきです。遅れているメーカーは、技術に精通した競合他社にビジネスを奪われるだけでなく、より効率的なプロセスによるコストメリットを享受できないリスクがあります。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
23 April 2021 / Published in Ecommerce
1.B2E ECommerceとは? B2Eとは、business-to-employeeの略で、事業者が消費者の利益に向かうのではなく、従業員の体制整備に注力する場合の運営戦略です。 B2Eのeコマースは、B2B、B2C、B2M、B2B2Cと同じ略語を使っていますが、この戦略はeコマースモデルではありません。 また、B2Eは販売モデルとも呼ばれません販売モデル。それでも、雇用者に社内のサポートシステムやリソース、ツールを提供することに重点を置いた戦略を定義するためによく使われます。 簡単に言えば、この戦略は、売上や収益性の問題とは全く関係なく、従業員の満足度に直接関係するものです。 B2E戦略は、従業員が必要とするすべての問題をカバーします。これらの問題には、従業員の採用、トレーニング、紹介から、仕事に不可欠なツールやソフトウェアなどのニーズへの対応が含まれます。 一般的に、企業は人材を集め、有能な従業員を維持したいと考えているため、フレンドリーでプロフェッショナルな職場環境を作るためには、上記の要件が必要となります。 B2Eのeコマースでは、従業員からの要望は主にデジタルデータに基づいています。仕事に必要なツールやソフトウェアは、B2Eポータルを通じてオンラインで処理されます。 2.B2Eポータルとは? B2E戦略では、企業内のすべての人のエンゲージメントと生産性を向上させる活動を推進します。フレックスタイム、ボーナス、独自の福利厚生などの採用戦略やインセンティブはその典型的な活動です。 しかし、これらの活動を一元化し、誰もがすぐにアクセスできるようにしたのがB2Eポータルです。 B2Eポータルは、企業内のイントラネットシステムとして定義されることが多いのですが、その意味はそれだけではありません。イントラネットが「組織」に焦点を当てているのに対し、B2Eポータルは「個人」に焦点を当てています。 B2Bポータルは通常、ビジネスのためのカスタムホームページやデスクトップとして機能していました。B2Eポータルシステムは、すべての従業員の欲求を満たす集中ハブとして設計されています。 従業員は、仕事に必要なデータ(注文詳細、連絡先リスト、カスタマーサポートのアンケート)を保存したり、調べたりすることができます。 従業員が興味のある情報を提供します(ニュース、ビデオチュートリアル、ライブラリ、辞書など)。 従業員が希望するエンターテインメントサービス(ゲーム、音楽など)を受けます。 B2Eポータルシステムの最終的な目的は、従業員の満足度を高め、会社の従業員にコミュニティ意識を持たせることで、効率と生産性を向上させることにあります。 B2Eポータルには、3つの明確な特徴があります。 各B2Eポータルは、企業内のすべての従業員にアクセスしてサービスを提供するために、固有のURLを持つだけです。 各B2Eポータルは、リーダーから従業員まで、会社のすべての雇用者にサービスを提供するための完全な機能を含んでいる必要があります。 各B2Eポータルは、各従業員に適した環境を提供するために、高度にカスタマイズされている必要があります。 B2E戦略を実施する企業は、自社でポータルを構築するか、サードパーティがプログラミングしたB2Eポータルをレンタルすることができます。 3.B2BのECサイトでB2Eポータルが重要な理由とは? B2Eポータルは、従業員の問題解決や仕事の効率化を支援するシステムです。そのため、B2Eポータルはビジネスの売上や利益に間接的な影響を与えます。 B2Bビジネスにとって、質の高いリードを見つけ、目標とする販売量を達成することからくるプレッシャーは計り知れないものがあります。B2Eポータルは、立ち寄り先として機能し、快適な環境を作ることでストレスを軽減し、従業員の活動を活性化します。 また、B2Eポータルは、業務に必要なデータや従業員のスキルアップに関連する文書の保管場所になるなど、コンテンツ面での発展も期待できます。 B2BでもB2Cでも、企業の成長にはB2Eポータルが欠かせません。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
23 April 2021 / Published in Ecommerce
2020年に消費者の買い物の仕方が変わったことは周知の事実です。世界中の多くの人々がロックダウンや限られた買い物方法に直面し、さらにはこれまでの買い物方法が廃れていくのを目の当たりにして、COVID-19は人間の商品購入方法に大きな影響を与えました。 2021年には、これらのトレンドにどのように対応するかによって、多くの企業の運命が決まるでしょう。これまで純粋な流通モデルに依存していた企業が注目すべきトレンドは、D2C eコマースへの移行です。 この記事では、流通からD2C(Direct-to-Consumer)への移行とはどのようなものか、移行する理由は何か、また、この分野で成功するために企業が避けなければならない潜在的なリスクや落とし穴について説明します。 1.流通からD2Cへ これまで、製品をお客様にお届けする際には、代理店や小売店に頼っていないか?「COVID」によって、店舗の閉鎖や店頭での買い物が減ったこともあり、パートナーである小売店での売上が激減したことでしょう。 場合によっては、流通や小売のパートナー企業の多くが倒産してしまうこともあるでしょう。その結果、これまで流通に頼っていた企業の多くが、D2Cでの販売を検討するようになりました。 このパンデミックは、10年間にわたる米国のEコマース普及の成長を3ヶ月に凝縮したもので、多くの企業のサプライチェーン、流通チェーン、そして販売を混乱させました。中には、より良い結果を出した企業もあります。一般的に良い結果を出した企業は、すでにD2CのEコマースチャネルを導入しており、そのチャネルに売上を移行することができました。 しかし、D2C eコマース・チャネルの構築が自社に適しているかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。結局のところ、これまで流通パートナーシップに依存していた企業にとって、D2C eコマースへの移行はリスクを伴うものです。そのため、まずは2020年からのD2Cのトレンドを踏まえて、企業が消費者向け直販への移行を検討すべき理由を探ります。 2.D2Cに移行する理由 流通のみのモデルからD2Cマーケティング戦略への移行は、戦略的かつインテリジェントに移行する企業にとって大きなメリットがあります。D2Cの販売は、小売店や流通業者を対象としたB2Bの販売で発生する可能性のある変動に左右されない、新たな収益源を提供することで、企業の多角化に役立ちます。また、この新しい販売戦略によって、顧客をよりよく知ることができるだけでなく、自社ブランドをよりコントロールできる可能性が生まれます。 2.1.依存関係の低減 消費者に直接届くデジタルEコマース戦略に移行することの大きなメリットは、販売代理店や小売店のパートナーへの依存度を減らすことです。2020年に学んだことは、他のビジネスへの依存度が低い方が良いということです。 パンデミックで対面式の買い物ができなくなったとき、多くの流通のみのビジネスが放棄されました。独立したD2C eコマース戦略を導入していなかったため、これらのビジネスは大きな打撃を受けました。 2.2.(Kyc) ノウハウ・ユア・カスタマー・データ ディストリビューターや小売店のパートナーを通してのみ製品を販売する場合、お客様との距離が少なくとも1段階は離れてしまうという欠点があります。 D2CのEコマースでは、お客様との距離を縮め、お客様の人となり、好み、購買行動やパターンなど、より多くのデータを収集することができます。 これにより、研究開発から将来の市場拡大に至るまで、よりインテリジェントな長期戦略を構築することができます。 2.3.ブランドの管理 自社の製品を他の企業に提供して販売するだけでは、自社のブランドを部分的にコントロールできません。eコマースの手法で消費者に直接販売する場合、お客様と直接コミュニケーションをとることで、自社ブランドの表現方法をコントロールできるようになります。 さらに、最適化されたカスタマーサービスによって、お客様とブランドの関係に影響を与えることができます。2021年の競争社会では、ブランドは大きな方法で目立つことが必要になります。そのためには、消費者との直接的な関係が重要になります。 2.4.テリトリー拡大 強力な製品とマーケティングプランがあれば、D2C販売は競合他社から市場シェアを奪い、急速な成長を促すことができます。ディストリビューション・ネットワークや小売センターは、ブランドの活動範囲を制限することがよくあります。 デジタル・コマースの世界では、小売店の場所という従来の制約を超えることができます。適切なフルフィルメントと配送戦略を導入すれば、国内だけでなく世界中の顧客にアプローチすることができます。 2.5.コスト削減 予算が逼迫し、消費者が未曾有の失業率に直面する中、企業はコスト削減の方法を検討する必要があります。D2C eコマースは、セルフサービスと自動化の促進により、コスト削減に貢献する方法です。 小売店ではこれまで、販売のために対面でのやり取りに頼ってきました。これにはコストがかかります。しかし、Eコマースがうまく機能すれば、セルフサービスと消費者への直接配送により、コストを大幅に削減しながら、対面式のタッチを維持することができます。消費者が “重い仕事 “をしてくれることで、ブランドは製品コストの削減に集中することができます。 3.D2Cへの移行に伴うリスク D2C戦略に移行するメリットは数多くありますが、D2C化に伴うリスクやコストも存在します。これまで流通モデルに依存していた企業は、消費者に直接販売することが思ったほど簡単ではないことに気づくかもしれません。 3.1.パートナー企業の喪失 これまで流通に頼っていたビジネスがD2C市場に移行した場合、すべてのパートナーがそれを評価してくれるとは限らないのが現実です。この動きは、これまでのパートナーシップから利益を奪おうとする攻撃的な試みと見られます。 その結果、販売代理店や小売店のパートナーが報復し、あなたの製品の流通を止めたり、棚からあなたの製品を撤去したりするかもしれません。これは、短期的には、特に収益が伸び悩んでいる年には不利になる可能性があります。D2Cと流通のハイブリッドモデルを採用している企業にとって、このようなパートナーシップをうまく利用することは非常に困難です。 3.2.eコマースの複雑さ 単にeコマースサイトを構築するだけではなく、この新しい販売チャネルをサポートするために、適切なパートナー、リソース、スキルセットに投資する必要があります。マーケティング、カスタマーエクスペリエンスの最適化、カスタマーサポート、そして多くの場合、新たなフルフィルメントや配送機能にも注力する必要があります。 ハーバード・ビジネス・レビューによると、46,000人の買い物客を対象にした調査では、73%の人が購買活動の際に複数のチャネルを利用すると回答しています。このため、さまざまな場所でお客様と出会う準備をしておく必要があります。そのためには、オムニチャネル戦略の構築が必須となります。消費者は、単にオンラインストアを閲覧して商品を購入するだけでは満足しなくなっています。消費者は、単にオンラインストアを閲覧して商品を購入するだけでは満足せず、様々なチャネルで調べたり、交流したり、連絡を受けたりすることを望んでいます。 3.3. 新たな水域への挑戦 資金やリソースの投資は惜しまないが、ディストリビューターや小売店のパートナーが怒ったり反発したりするのが心配だという方にも、選択肢はあります。このような新しい環境を乗り切るには、現実的な期待に裏打ちされた戦略的なアプローチが必要です。最初のステップは、D2Cチャネルが果たすべき役割を決めることです。D2Cの取り組みで何を達成したいのか?その答えは、消費者のインサイトを重視した場合と、販売を重視した場合とで、いくつかの選択肢があります。販売側に近づけば近づくほど、チャネル間の対立の可能性が高まります。 3.4.オンライン販売の導入 オンライン販売を始めたいと考えていて、すでに自社製品を掲載したウェブサイトを持っている場合は、訪問者が自社製品を購入できるオンライン小売店を表示することで、デジタルコマースの体験を容易にすることができます。 そうすることで、既存の販売店を疎外することなく、顧客との関係をゆっくりと構築することができます。ソーシャルメディアは、お客様との会話を始め、ロイヤリティの醸成を助け、これまで棚上げされていたブランドをパーソナライズするための優れたアウトレットです。 3.5.セレクト・プロダクト まずは商品の数を減らして販売することから始めましょう。人気のない商品や限定発売の商品を中心に販売することで、Eコマースをスタートさせることを考えてみましょう。また、Eコマース専用の製品を作ることもできます。 これにより、オムニチャネル戦略を構築している間も、販売代理店や小売店のパートナーに人気の高い大量の商品を販売してもらうことができます。また、従来の小売店が仕入れるのをためらうような製品をテストする機会も得られます。 3.6.レベニューシェアプログラムの検討 ディストリビューターとの間でレベニューシェアプログラムを導入しましょう。例えば、小規模な顧客や収益性の低い顧客を、セルフサービスのために自社のEコマースサイトに紹介してくれた場合に、キックバックを提供することができます。 このようなアプローチは、短期的にはD2Cチャネルから多くの収益を上げられないかもしれませんが、D2C eコマースのコンピテンシーと能力の構築に着手することができます。また、お客様についての知識を深め、お客様がどのようにオンラインで交流したいと考えているかを知ることもできます。これは、D2C モデルへの移行に向けた戦略的な計画を立てる上で、非常に有益なことです。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
B2B commerce
23 April 2021 / Published in Ecommerce
B2Bのお客様に最高のEコマース体験を提供することは、決して容易なことではありません。しかし、6.7兆ドル以上の価値があるEコマース取引の一翼を担いたいのであれば、うまくやっている企業からいくつかのことを学ぶことが不可欠です。 ウォーレン・バフェットの有名な言葉に、「自分の失敗から学ぶのは良いことだが、他の人から学ぶのはもっと良いことだ」というものがあります。他の人の失敗から学ぶのはもっと良いことだ」という有名な言葉があります。 この記事では、Eコマースにおける最も典型的なB2Bビジネスの例をいくつか紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。さまざまなビジネスから学び、あなたのB2B企業を立ち上げ、成長させるためのアイデアをつかんでください。 1.B2B eコマースはなぜ重要なのか? 1.1 スケーラビリティ 優れたB2B eコマースプラットフォームは、新しい販売チャネルや新しい市場セグメントへのアプローチにより、市場のニーズや顧客の期待を満たすために、ビジネスを容易に発展・拡大させることができます。 1.2 効率性の向上 ERPなどのバックエンドシステムとの統合により、電子商取引はB2B企業に著しい効率化をもたらします。お客様はオンラインで便利に注文することができ、カスタマーサービスは受注担当者にお願いするのではなく、実際のカスタマーサービス機能に集中することができます。また、独立したシステムにデータを再入力する需要も減ります。また、独立したシステムにデータを再入力する必要性も減ります。これにより、エラーの可能性が大幅に減り、出荷プロセスが強化され、注文のスループットが向上します。 1.3より多くのお客様 カタログページが公開されているB2BのEコマースサイトは、新しいB2Bの消費者にアクセスするための強力な手段です。B2Bの顧客はオンラインで最安値を探すため、メーカーや流通業者は、ウェブサイトの検索ページの力を利用して、新しい訪問者を定義し、顧客に変えることができます。 1.4 売上の増加 E-コマースでは、自動化されたクロスセルおよびアップセルの提案プログラムを簡単に導入することもできます。ウェブサイト上でお客様に関連するお勧め商品を提供し、関連する商品や、より多くの機能や特徴を持つ商品を購入するように動機付けることができます。 1.5 すばらしい顧客サービス さらに、電子商取引はB2Bビジネスにとって、カスタマーサービスを強化する貴重なチャンスとなります。電子商取引のウェブサイトでは、注文、アカウント、履歴、追跡情報などのセルフサービスポータルにアクセスできます。また、お客様の認証情報に応じて、特定の商品やサービス、価格を表示することもできます。 2. eコマースにおける15の優れたB2Bビジネス事例 2.1 MedUX 購買体験において、B2Bのお客様にとって重要なことがあります。それは「顧客中心主義」です。これは、顧客のニーズに合わせてチャネルを調整するなど、顧客の要求に集中する必要があるということです。オムニチャネル戦略では、すべての販売チャネルで一貫したスムーズな体験を構築することができます。 オムニチャネル戦略の導入に成功したサプライヤーとして、MedUXは注目すべき例です。MedUXは、さまざまなブランドや企業を傘下に持つ企業です。同社は、さまざまなウェブストアを通じて、介護・福祉関連のリソースを提供しています。同社のシステムはすべて、MedUXのSana CommerceウェブストアとMicrosoft Dynamics NAV(Navision)ERPに接続・統合されています。MedUXは現在、以下のことが可能: オールインワンのEコマースプラットフォームの運営 出荷・返品プロセスの高度化 リアルタイムでの在庫状況の把握 顧客中心主義への取り組み MedUXの事業活動の原則は、消費者の要望や期待に基づいて決定されます。それは、ユーザーフレンドリーなウェブストアの構築にもつながります。最終的には、オンラインでも実店舗でも、お客様が購入方法を決めることになります。 2.2 Alibaba Alibaba (アリババ)は、世界最大級のB2B Eコマース企業です。40業種の商品を販売し、240の国と地域で1,800万人以上の販売者と購入者にサービスを提供しています。 アリババの成功の最も重要な要因は、設立当初からの革新性です。中国のメーカーと国際市場とのエコシステムの確立に着手した。 アリババは、その成長に合わせて自動的に拡大するシステムを構築しました。同社は、顧客の要求に集中することでそれを実現しました。販売者と購入者を結びつけながら、手数料や広告で収益を得ています。 2.3 Amazon アリババと同様に、Amazon (アマゾン)もさまざまな国の人々の間で有名なブランドとなっています。B2CのEコマースに加えて、AmazonはAmazon Businessという名前でB2BのEコマースビジネスでも主導権を握っており、2020年には160億ドルの売上高を見込んでいます。 ほとんどの場合、承認ワークフロー、請求書による支払い、マルチユーザーアカウントなど、あらゆるB2Bビジネスに必要な機能を含むオールラウンドなパッケージを提供しています。さらに、Business Primeには様々なレベルが用意されており、より素晴らしい特典を受けることができます。各レベルにはそれぞれ特徴があり、価格も異なります。さらに、Amazon Businessは、継続的に新機能を検討し、現在のエクスペリエンスに調整を加えることで、常に革新を続けています。 2.4 Royal Brinkman B2BのEコマースでは、パーソナライゼーションが不可欠になっています。セールスフォース社の調査によると、B2Bの買い物客の80%は、Amazonでの買い物と同等の購買体験を期待しています。パーソナライズされた素晴らしいサービスを提供できなければ、B2Bバイヤーはすぐに別のサプライヤーを見つけてしまうでしょう。 B2BのEコマースで10年以上の経験を持つRoyal Brinkman社は、顧客の知識に関する膨大なデータベースを持っています。これにより、同社は顧客を特定のグループにセグメント化することができます。 Royal Brinkmanは、顧客のセグメンテーションを応用し、B2Bのカスタマージャーニーのさまざまなステージやペルソナにつながるコンテンツを持っています。Royal Brinkmanは、短いビデオやその他のコンテンツを利用して、直感的なウェブストアでお客様の質問に答えています。 例えば、花農家とジャガイモ農家では、コンテンツの内容が異なります。これは、お客さまの購買意欲を刺激するだけでなく、お客さまの要望に応じた意思決定を支援することを目的としています。 2.5 EcoEnclose EcoEncloseは、ビジネスの持続可能性の価値に応じて、お客様に適切なパッケージを提供することを目的とし、ほぼすべてのニーズに対応する環境に優しいパッケージを提供しています。EcoEncloseは、企業のお客様が必要とするB2B機能を備えていますが、B2Cと同じような体験をしたいお客様にも満足していただけます。 EcoEncloseは、明確な商品区分、ユーザーフレンドリーなナビゲーション、商品ごとの高品質な画像、詳細な商品スペックなど、B2Cのような体験を提供するための努力をしています。また、ログインせずにまとめて購入することもできますし、アカウントを作成することで、チェックアウトが早くなり、さまざまな配送先の保存、注文履歴へのアクセス、新規注文の監視、ウィッシュリスト機能などを利用することもできます。 さらに、お客様にどのような梱包材が良いのかを知っていただくために、「EcoEnclose」では各アイテムの詳細情報を追加しています。各アイテムには、特徴やサイズ、技術的な仕様を記載したフルスペックシートを追加しています。さらに、パッケージに含まれるアイテムがリサイクル可能かどうか、あるいは生分解性かどうかも確認できるようになっています。 2.6 Mallory Safety & Supply Mallory社のウェブサイトが、B2BのEコマースストアフロントの印象的な例となっている要因はいくつかあります。 まず第一に、似たような商品を一つの拡張可能なビューにまとめている点が優れています。例えば、安全ベストには多くのサイズがあります。検索ページでは、すべてのサイズを個別に表示するのではなく、1つのリストにまとめています。お客様が「オプションを見る」ボタンをクリックすると、リストが拡大され、すべてのサイズのオプションが、リアルタイムの在庫と価格とともに表示されます。 B2Bのeコマースサイトでは、このように商品をグループ化しないと、訪問者は多すぎる商品の選択肢をフィルタリングすることが困難になり、カートを放棄することになります。また、このサイトでは、検索バーと配送用カートのアイコンをナビゲーションの上部に「スティッキー」に配置し、購入者がページをスクロールしても常に画面上に表示されるようにしています。 さらに、Mallory社のウェブサイトでは、購入者が独自のロゴを入れて製品をカスタマイズできるようになっています。この機能は、Custom Safety Products社との統合により追加されました。お客様が特定の製品をカートに入れると、ロゴをアップロードするオプションが表示され、製品上でプレビューし、このパーソナライズ機能のおかげで更新されたコストを確認することができます。 2.7 Atlanta Light Bulbs Atlanta Light Bulbs社は、21年前に設立されましたが、最近、電子商取引を強化し、顧客にさらなる機能を提供し、ショッピング体験を最適化することで、収益の向上を図りました。消費者は、ウェブサイトのファセット検索機能を利用して、価格、ブランド、ベースタイプ、長さ、電球の形状、電圧、ワット数などで製品結果を分類することができます。また、ワンクリックで約300件のGoogleカスタマーレビューを読むこともできます。 特筆すべきは、Atlanta Light Bulbs社は、B2Bバイヤーがより迅速かつ簡単に注文できるモバイルアプリを開発していることです。同社は別のアプリを使用して、バイヤーが数秒でカスタム見積もりを作成できるようにしています。さらに、別のアプリを使って、Atlanta Light Bulbs社は、顧客が商品に独自の価格を設定し、そのオファーが承認されたかどうかを示すメッセージを受け取ることができるようにしています。 さらに、同社は顧客をグループに分け、そのグループの見積もり金額に応じて割引を行うこともできる。さらに、顧客はAtlanta Light Bulbのリワードプログラムに登録され、商品を購入するとストアクレジットを受け取ることができます。 2.8 Kippie B2Bのお客様がB2Cの購買体験を好むようになったことは、お客様のゲストチェックアウトへの憧れにも表れています。お客様はいつも長いフォームに入力したいわけではありません。時には、ゲストとして素早く注文したいと思うこともあるでしょう。 お客様にゲストチェックアウトを提供することで、多くのEコマースサイトで問題となっているショッピングカート放棄率を軽減することができます。 Kippieでは、お客様がゲストとして購入を終えることができます。お客様は、すべての情報を入力する必要はありません。通常のログインのほかに、「ワンタイム・ゲスト・チェックアウト」を利用して商品を購入することもできます。こうしたB2Bのお客様は、利便性が格段に向上したB2Cと同じ購買体験を求めています。 2.9 Berlin Packaging Berlin Packaging社は、コンテナやパッケージの国際的なサプライヤーです。eコマースサイトを改善するにあたり、ファーストクラスのカスタマーエクスペリエンスを実現することが不可欠でした。 高解像度の写真と具体的な製品情報を使って製品を表示するだけでなく、サイトのナビゲーションでは、B2Bのお客様が同社の巨大な製品カタログを簡単に見て回れるようになっています。バイヤーは、色、形、素材の種類、容量、機能など、さまざまなパラメータを利用して製品を絞り込むことができます。 Berlin Packaging社は、システム間のデータを活用するために、同社のERP(Enterprise Resourcing Planning)と電子商取引プラットフォームを統合しました。この統合により、在庫、注文、顧客が自動的に同期され、より効率的な作業が可能になりました。 顧客がBerlin Packaging社にサポートを求める際には、POを提示するだけで、同社はすぐに記録を定義し、過去の注文から残高、与信限度額までを表示することができます。 さらに、Berlin Packaging社は、顧客からのフィードバック、関連商品、ライブチャットなどの機能により、B2Bの顧客が好むB2Cのようなショッピング体験を提供している。また、B2Bのお客様が好むB2Cのようなショッピング体験を提供しており、クレジット申請や見積書作成などの機能も備えています。 2.10
23 April 2021 / Published in Ecommerce
D2C(Direct-to-Consumer)のEコマースは増加の一途をたどっています。最近のデータによると、ミレニアル世代では従来の小売業者よりもD2Cブランドを好む人はわずか4%ですが、Z世代ではなんと40%から45%にまで増加しています。 このような変化と、買い物の習慣のデジタル化が、D2C市場のブームを引き起こしています。パンデミック後の世界では、消費者の行動はオンラインに傾いており、1年間で12,200店の小売店が閉鎖されたという記録があるため、これまで伝統的な小売方法で商品を販売していたブランドは注意を払う必要があります。 このガイドでは、D2C販売の基礎知識、詳細なビジネスモデル、独自の課題とメリットについて説明します。このガイドは、インテリジェントなD2C eコマース戦略によって利益を増加させるためのビジネスの準備に役立ちます。 1. D2C基礎 D2Cとは、メーカーが代理店や小売店を通さずに、直接消費者に商品を販売することです。 D2Cは、市場への参入を迅速かつ低コストで実現したいブランドに人気のある選択肢です。Eコマースの台頭により、中間業者を排除して消費者に直接販売する機会を得た企業が増えています。 Dollar Shave Clubのように、D2Cのみでブランドが誕生する場合もあります。また、PepsiCoのように、既存のブランドが後からD2C市場に参入し、市場シェアを拡大するケースもあります。また、「BarkBox」のように、D2Cとして誕生した後に、小売店を通じて商品を販売するケースもあります。 D2Cのビジネスモデルは、ストレートなものであれ、ハイブリッドなものであれ、D2Cの核心は、消費者が商品に直接アクセスすることにあります。 2. D2Cのマーケットのプライム 最近の研究によると、COVID-19はeコマースを5年先に進め、その後、多くのブランドがD2Cモデルの採用を急ぐ原因となりました。2021年には、オンラインで買い物をするアメリカ人は2億3,050万人になると推定されています。 インターネットを利用して買い物をする消費者が増えており、D2Cブランドが参入するには絶好の市場といえます。 D2C戦略は、新しいブランドを立ち上げるのに手頃で簡単な方法です。企業は、従来の小売業のサプライチェーンに投資する前に、オンラインストアとしてスタートし、製品ラインを販売する能力を試すことができます。 3. D2Cのメリットは何か? 流通のみのモデルからD2Cマーケティング戦略への移行は、多くの企業にとって有益な動きです。小売店が閉店し、買い物客がインターネットで商品を購入するようになると、消費者に直接商品を販売することで、ビジネスが多様化し、まったく新しい収益源が生まれます。この収益は、もはや小売業者や流通業者の盛衰とは関係なく、あなたとあなたのマーケティング戦略の効果だけで左右されます。 3.1. オムニチャネル・エクスペリエンスを導入すること オムニチャネル体験は、この1年よりもずっと前から存在していましたが、2020年にはその必要性が加速しました。 店舗の閉鎖を余儀なくされた企業は、デジタルチャネルへの投資をしなければ、時代に取り残されてしまいます。その結果、顧客は複数のチャネルを通じてブランドに連絡を取り、商品を注文できることを期待するようになりました。 D2Cは、包括的なオムニチャネル体験の一部に過ぎません。 例えば、パンデミック前のマットは、毎週末に食料品店に行ってスナックを買い込むことに慣れていました。しかし、COVID-19が猛威を振るう中、マットは店頭でのやり取りを減らすことにしました。PepsiCoがオンラインでパントリーショップを提供していることを知り、マットはスナックをPepsiCoから直接購入し、家にいながらにしてキャビネットの在庫を確保することにしました。 店頭での買い物に戻る機会は再び増えているが、マットは、あらかじめ計画されたパントリーボックスをペプシコに直接注文するだけで、自分の好きなチャネルからブランドに接することができるので、より便利だと感じています。 3.2. お客様をよりよく知ることができること D2CのEコマース戦略に切り替える最大のメリットは、お客様のことをよりよく知ることができるということです。従来の小売モデルでは、お客様とは常に一歩離れたところにいます。 D2C戦略を導入することで、消費者のデータを収集し、彼らがどんな人で何を好んでいるのかを知ることができます。これは、現在のマーケティング活動に役立つだけでなく、将来の製品リリースについても戦略的に考えることができます。 さらに、D2C販売では、顧客データを最適な方法で管理することができます。プライバシーやセキュリティへの関心が高まる中、顧客データをしっかりと管理することは、長期的なブランドの信頼を築くための鍵となります。 3.3. 市場投入までの時間短縮 従来、製品を発売するには、その製品を置いてくれる販売店や小売店を探す必要がありました。これでは、市場に出るまでのプロセスが煩雑になり、障害も多くなってしまいます。 D2Cでは、製品を市場に投入する際に、他者への依存を排除することができます。多くの既存ブランドは、小売店とのパートナーシップを危険にさらすことなく、実験的な製品を市場に投入するためにD2Cを利用しています。D2Cでは、試供品のために棚のスペースを確保するのではなく、限定された製品を長期的に実行可能かどうかをテストすることができます。 3.4. ブランドと製品の管理強化 製品を他の企業に渡して販売する場合、ブランドイメージに関する多くのコントロールを放棄することになります。どこに製品を置くのか?ブランドの基準を守ってくれるのか?販売員はあなたのブランドについて何と言うでしょうか? D2C eコマース戦略を導入すれば、製品のプレゼンテーション、ブランディング、そして顧客へのブランドに関するコミュニケーションのコントロールを取り戻すことができます。 また、優れたカスタマーサービスを提供することで、消費者のブランド・ロイヤルティを高めることができます。 3.5. テリトリーの拡大 小売店のセンターや流通ネットワークは、しばしばテリトリーの拡大を制限します。このような制約があると、競合他社から市場シェアを奪い、成長を促すことが難しくなります。 このアプローチを導入することで、小売に依存したビジネスモデルの従来の制約を超えることができます。 お客様は国内だけでなく、世界中のどこにいても構いません。適切なフルフィルメントとデリバリー戦略に支えられ、一晩で販売地域を拡大することができます。 3.6. コストと依存度の低減 2020年4月には、失業率が歴史的な高水準に達し、米国では2,300万人以上が職を失った。その結果、消費者は予算の引き締めを余儀なくされ、企業はコスト削減の方法を模索しなければならなくなりました。 D2Cは、セルフサービスと自動化を進めることでコストを下げることができるそのような方法の一つです。小売業者は伝統的に対面販売に依存してきましたが、Eコマースは消費者の自動化に風穴を開けました。 例えば、PepsiCo社がオンラインのPantryShopでチップスの箱をMatt氏に販売する場合、人件費やサプライチェーンのコストを大幅に削減しています。ボタンを数回クリックするだけで、マットはポテトチップスを購入し、配送状況を確認しながら、ほとんど人手を介さずに彼の家の玄関まで届けることができます。 4. D2Cの課題は何か? D2Cは、多くのブランドにとってさまざまなメリットがあります。しかし、D2C戦略への移行にはリスクも伴います。特に、D2Cと従来の小売モデルとのハイブリッドなアプローチを導入しようとしているブランドにとっては、その傾向が顕著です。 4.1.小売店や流通業者との競合 PepsiCoのようなブランドが、自社製品にD2Cのオプションを追加すると、ある意味、小売店や流通業者と競合することになります。 これにより、長期的なパートナーとの関係が複雑になる可能性があります。すべての小売業者が、自社ブランドがバーチャルショップを立ち上げたことを喜んでくれるとは限りません。 これを乗り越えるには、外交と戦略が必要です。例えば、ブランドによっては、小売店との関係を守るために、D2Cチャネルでは限定品や試験的な製品のみを発売することを選択する場合があります。これにより、ブランドとその流通業者との間に直接的な競争が生じないようにすることができます。 いずれにしても、ブランドは、D2Cへの進出が既存の関係に与える影響を考慮しなければなりません。 4.2.注文の履行 従来の流通・小売モデルに依存してきた多くのブランドにとって、D2Cに移行すると、注文をスムーズに処理することが難しくなります。 現在の消費者は、オーダーフルフィルメントに大きな期待を寄せています。実際、OSM社が世界各地で実施した調査によると、オンラインショッピング利用者の55%は、注文状況の更新が数時間前の最新のものか、さらにタイムリーなものであることを期待しており、オンラインショッピング利用者の40%は、商品の注文状況を1日に1回以上確認すると回答しています。 このことから、D2CのEコマース戦略を検討している企業は、ブランドイメージの低下を防ぐために、フルフィルメントプロセスに対応する準備をしておく必要があります。 5.どこから始めるべきか? D2C市場への参入には様々なリスクや課題が伴いますが、上手に活用することで、将来的に成功を収めることができます。若い世代がD2Cブランドに集まる中、企業は今からD2C戦略の枠組みを構築する必要があります。 5.1. カスタマー・エクスペリエンス すべての企業は、顧客サービスを提供する企業であり、D2Cを行う際には、このカスタマー・エクスペリエンスが非常に重要となります。 ウォーレン・バフェットは「評判を築くのは20年かかるがそれを台無しにするのは5分かかる。」といいました。 製品を市場に投入して消費者に直接販売する前に、カスタマー・エクスペリエンスについて考えてみましょう。時間をかけてカスタマージャーニーを分析し、客観的なデータをもとに、どこを改善すべきかを判断しましょう。 5.2. 販売 D2Cとリテールの両方を提供しているブランドでは、チャネル間のギャップを把握することから始めましょう。目標は、提供する体験がオンラインとオフラインの両方で一貫していることを確認することです。 さらに、D2C販売を受け入れる文化を醸成する必要もあります。営業チームとマーケティングチームが協力しなければ、D2C戦略は成功しません。 そのためには、現地の店舗に商品の在庫がない場合に、店舗チームがD2C販売を支援するインセンティブを設けたり、マーケティングチームがD2C販売に関する新たなKPIを設定したりする必要があります。 5.4. テクノロジー D2C戦略で最も見落とされがちでありながら重要な要素の一つが、高品質でスケーラブルなEコマース・プラットフォームです。D2C計画を長期的に成功させるためには、適切なテクノロジーが必要です。 必要な時間をかけてテクノロジー・ソリューションを吟味し、すべてのチームが協力的かつ効率的に作業できるソリューションのみを選択してください。 5.5. マーケッティング D2Cの魅力は、視野を広げて、まったく新しいマーケットシェアを開拓できることです。しかし、D2C販売のマーケティング戦略を成功させるためには、パフォーマンスに焦点を当てる必要があります。 コンバージョン率の最適化を常に評価し、時間をかけてカスタマージャーニーを改善する方法を模索しましょう。そのためには、A/Bテスト、データ分析、既成概念にとらわれないマーケティングアイデアが必要です。 6. 注目すべきD2Cのトレンド より多くの人々が日々の欲求を満たすためにオンラインショッピングを利用するようになった今、トレンドに目を向けることが重要です。 6.1. パーソナライズされた体験 D2Cの魅力の大部分は、消費者がブランドと直接対話できることです。 このインタラクションには、しばしば感情的な要素が含まれます。 そのため、パーソナライズされた体験は、顧客のロイヤルティ維持に大きな役割を果たすことが期待されています。また、パーソナライズされた体験は、D2Cサイトで提供される利便性をさらに高めます。 6.2. 海外展開 D2C は、ブランドが国際市場に迅速に進出することを可能にします。 Magento Commerce のようなスケーラブルな eCommerce ソリューションを使用すれば、世界中の新しい顧客に、異なる通貨や言語で簡単に商品を提供することができます。テクノロジーソリューションを選択する際には、いつか国際的に展開する可能性を重視するようにしましょう。 6.3. シームレスな期待 お客様は、最初のリサーチ段階から最終的な購入に至るまで、複数のチャネルで企業と対話することに慣れています。 しかし、お客様は、企業とのコミュニケーションがシームレスではないと感じていることが多々あります。ある部署から別の部署へと引き継がれると、ブランドがカスタマージャーニーに対応できていないとお客様に伝わってしまいます。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus,