06 April 2021 / Published in Ecommerce
2021年のウェブデザインのトレンドは、ハイテクなファンタジーではなく、リアリズムの新たな高みを目指すという共通のテーマを持っているようです。 2021年に傑出したウェブサイトを作成するために、以下のウェブデザインのトレンドを見て、インスピレーションを得てください。 ウェブデザイナーは、エンゲージメントを高めるためのビジュアルコミュニケーションの方法を模索しています。これには、斬新なタイポグラフィアート、珍しい配色、オンラインショッピングのための3D製品シミュレーションなどが含まれます。ウェブサイトを最大限に活用するために。ここでは、2021年を少しでも明るくするためにも役立つ、8つのウェブデザインのトレンドをご紹介します。 1. ミニマリストとマキシマリストの両極端 ミニマリズムは、この10年間でウェブデザイナーの仕事の糧となり、絶対にやめられないデザイントレンドとなっています。しかし、ミニマリズムのウェブデザインとは何でしょうか?ビジュアルスタイルというよりも、デザインの原則ともいえるミニマリズムデザインは、基本的な形、きれいなテキスト、限られたカラーパレット、何もないスペースなど、必要な要素だけを使って、シンプルで機能的、かつ印象に残るものを作ることを基本としています。クリーンで「Claue – Clean, Minimal Magento 2 and 1 Theme」をご覧ください。 2. パララックス・アニメーション パララックス・スクロール効果は、何年も前からウェブサイトデザインの人気トレンドとなっていますが、2021年には、このトレンドがパララックスで達成できることを微妙かつ創造的に探究するものになっています。ただし、パララックス効果の動きが大きすぎると、前庭障害のあるユーザーにとっては、奥行きや動きの錯覚により、見当識障害やめまいを引き起こす可能性があることに留意してください。視差効果を最小限に抑え、悪影響を及ぼさないようにするために、多くのデザイナーが考慮しているガイドラインをご紹介します。 視差効果によって重要な情報から目をそらさせません。 訪問者が重要なタスクを完了するのを困難にしません。 視差効果の数を最小限に抑えます。 各インスタンス内での視差の動きの量を減らします。 視差効果を画面内の小さな領域に限定します。 ユーザーが視差効果をオフにできるようなオプションを用意します。 3.イラスト このイラストは、グラフィックデザインやソーシャルメディアなど、ウェブサイトのデザイントレンドとして2021年に爆発的に普及することは間違いないでしょう。健康保険会社のAHMや高級ファッションブランドのグッチなど、多くの企業やビジネス、クリエイターがイラストレーションやデジタルアートの人気に追随し、手描きの要素をウェブサイトのデザインに取り入れています。 オーガニックデザインに続き、イラストを使ったWebサイトデザインのトレンドは、クラフト感やオーセンティックな雰囲気を醸し出し、Webサイトに居心地の良さをもたらす素晴らしいものです。 4. モーション&インタラクティビティ 動画は、オンラインで最も魅力的なコンテンツであると考えられており、2021年のウェブサイトデザインの大きなトレンドとなるでしょう。Webデザインにおける動きやアニメーションは、平凡なWebページをより魅力的で魅力的なものにするシンプルで効果的な方法です。 同様に、多くの企業が、クイズ、ゲーム、投票、アンケートなどのインタラクティブな要素をオンラインストアに取り入れ始めています。 これは、未来的なクエストで、アドバンス ナイト リペア クリームを奨励するための「若者を創造するパワーポイント」を獲得することに焦点を当てています。 5. 原因究明のためのウェブデザイン COVID-19パンデミックの悪影響と、それに続くさまざまな避難命令により、インターネットが避難所となっています。多くの実店舗ビジネスも、ビジネスを維持するためにオンラインスペースを利用するようになりました。そして、ウェブデザイナーはその任務を果たし、重要でインパクトのあるデザインを生み出しました。 2021年のWebサイトデザインのトレンドは、困難な時代に世界を助けるというこの役割を大切にしていきます。これは、企業がサステナビリティへの取り組みやコミュニティへの貢献など、自社の美点を中心にウェブデザインを行うことを意味しています。また、実際の多様な消費者を反映したストックフォトを採用することも必要です。また、ウェブデザインをDIYする人が増え、誰もがウェブデザインに親しめるようになっています。 6. スクロールトランスフォーム 訪問者がスクロールするとき、彼らはウェブサイトをナビゲートしているだけでなく、インタラクションをしているのです。マウスを使って指を動かし、それがスクリーン上の反応につながるという、実生活で行う物理的な行動です。インタラクションは参加の一形態であり、お客様が起こっていることに参加している場合、お客様は興奮して夢中になる可能性が高くなります。 スクロールは最も効果的なインタラクションの方法の一つです。そのため、ウェブサイトのデザイントレンド2021では、お客様がスクロールしたときに得られる視覚的なフィードバックを増やしています。これには、色調の調整、複雑なアニメーションによるトランジション、レイアウトの変更などが含まれます。 7. ベクターアート お店にユニークなグラフィックを取り入れることは、サイトを構成する上で常に有効な手段です。グラフィック画像は、品質や読み込み時間を犠牲にするだけでなく、ウェブデザインではしばしば困難な現実となります。ベクターデザインのトレンドは、これに実用的な解決策をもたらします。SVG形式のファイルは、オリジナルのグラフィックの品質を維持しながら、お客様の要求に応じてビジュアルを拡大縮小することを支援します。マキシマムなデザイン、ミニマムなデザイン、その中間的なデザインなど、お望みのSVGファイルが必ず見つかります。 8. 魅力的なアンケート 訪問者に商品説明を読ませるのではなく、アンケートを使ってインタラクティブな体験をさせる企業が増えています。これらのクイズは、ユーザーの好き嫌いに焦点を当てた人物的な多肢選択式の質問を行い、さりげなく商品を提供するものです。 つまり、ランディングページは、通常のランディングページよりも、アニメーションで変化する一連のカードのようなものなのです。このデザイントレンドは、一般的にランディングページのヘッダーに追加されるアンケートフィールドよりも、はるかにインタラクティブなものになっています。また、お客様を知るためのクイズを用意することで、潜在的なお客様に、サービスを受ける前からサービスの一部であるかのように感じていただくことができます。       ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
05 April 2021 / Published in Ecommerce
  COVIDの影響を受けた2020年は、Eコマースにとって非常に大きな年となりました。パンデミックの影響で、いくつかの業種で変化が加速し、2021年以降もこの加速はある程度続くと予測されます。 1. ワンクリック注文 2021年のモバイルユーザー向けeコマースのトレンドの1つは、eコマースサイトでのワンクリック購入です。オンラインで注文をする場合、これまでは顧客からかなりの情報を要求されてきました。買い物客の名前、クレジットカード番号、クレジットカードの有効期限、配送先の住所、請求先の住所、電子メールアドレスなどです。これらの情報をウェブサイト上で購入するたびに手作業で入力することは、非常に煩わしく、結果としてカート放棄率を高めることになります。 最近の調査では、モバイル端末からのカート放棄率が最も高く、約82%であるのに対し、パソコンからのカート放棄率は約75%となっています。 ワンクリックオーダーは、買い物客が1回のクリックで購入プロセスを完了できるため、ECサイトの放棄率を下げることができます。 2. PWA プログレッシブウェブアプリ(PWA)は、お客様が接続先やデバイス、OSを超えて商品を購入できるようにするものです。将来的には、PWAがウェブアプリやネイティブアプリに取って代わる可能性があります。プログレッシブウェブアプリは、オンラインショッピングをスムーズにするものであり、Eコマースビジネスの展望を支配し、変化させるものと予測されます。 アリババのサイトであるAliExpressは、コマースにおけるプログレッシブ・ウェブ・アプリケーションの応用の先駆者であり、PWAプラットフォームを通じて優れたモバイル体験を生み出すことで、Eコマースサイトの3倍の速さで成長することができたと主張しています。EコマースサイトをPWAに対応させるには、いくつかの方法があります。 プログレッシブウェブアプリ(PWA)をEコマースサイト用に作成する。PWAはウェブサイトよりも読み込みが速く、訪問者が以前インターネットなしで閲覧していたページを見ることができます。 スマートフォンでサイトを訪問するお客様のために、AMP(Accelerated Mobile Page)を導入します。 3. ボイスコマース ボイスコマースは、顧客層の拡大、顧客維持、満足度の向上に役立つため、急速に普及しています。OC&C Strategy Consultants社のデータによると、ボイスコマースの売上は、2022年までに500億ドルに達すると予測されています。ボイスコマースを活用するには、以下の方法があります。 コンテンツを最適化して、音声検索に表示される機会を増やします。 AlexaやGoogleの音声アシスタントデバイスに新しいスキルを追加します。 Eコマースのウェブサイトやモバイルアプリで、音声によるナビゲーションを提供します。 音声コマンドを使った簡単な操作で商品を購入できるようにします。 4. オムニチャネル・ショッピング オムニチャネル・リテーリングとは、チャネルやデバイスを超えて、お客様にシームレスで一貫した体験を提供することです。多くの企業は、お客様が複数の方法でコンテンツを見る必要があることをすでに認識しています。タブレット端末、携帯電話、デスクトップはその始まりに過ぎません。 Amazon Pinpoint」と「Amazon Personalize」は、Amazon Web Services(AWS)の2つの製品で、ブランドがユーザー体験を向上させ、複数のチャネルで顧客とコミュニケーションをとることを可能にします。シームレスなオムニチャネル体験を提供するための効果的な方法をご紹介します。 eコマースサイトをモバイルデバイス向けに最適化する。予算に余裕があれば、モバイルアプリやPWAを構築しましょう。 可能な限りすべてのステップで顧客体験をパーソナライズする。 SAP Commerce Cloudなどのツールを使用して、エンドツーエンドのオンライン小売プロセスでパーソナライズされた包括的なEコマース体験を実現する。 以下のような様々な購入オプションを提供する。 ・オンラインで購入し、店舗で受け取ります。 ・店頭で購入、宅配を選択します。 ・オンラインで購入し、ドアステップ・デリバリーを利用します。 5. AR/VR 拡張現実(AR)と仮想現実(VAR)は、2021年のEコマースのトレンドとして、Eコマース関係者の間で話題になっています。企業はARを使って顧客体験を向上させるだけでなく、顧客が実際に買い物をするときと同じように商品を試したり検討したりできるようにしています。IKEAがやっていること、あるいはそれ以上のことを学ぶことができます。例えば、口紅の商品ページでは、”カートに入れる “ボタンを “試す “に変更することで、AR体験に余裕を持たせます。お客さまが商品の試用を選択すると、自分で色を塗ったり、デフォルトのモデルを使ったりすることができます。この時のAR機能は、Snapchatのフィルターに似ています。 6. ダイナミック・プライシング ダイナミックプライシングは、E コマース時代の重要なマーケティング戦略となります。ダイナミックプライシングを導入することで、オンラインベンダーは、現在の市場要件をより詳しく把握し、ライバル企業や買い物客の行動を完全に把握することができ、コンバージョンを高めることができます。 世界で最も優れた製品を販売していても、価格が正しく設定されていなければ、十分な売上を生み出すことはできません。 商品の価格は、適切なものを選ぶようにしましょう。「適正」というのは、商品が売れる機会が最も多く、かつ最大限の利益が得られる金額のことです。 ダイナミック・プライシング・ソフトウェアを使って、商品に最適な価格を設定しましょう。これらのツールは、競合他社の価格、市場の需要、商品の知覚的価値などをリアルタイムに把握し、最適なコストを見積もることができます。 7. ビジュアルコマース ビジュアルコマースとは、商品ページだけでなく、ウェブサイト全体に画像を使用して、訪問者の興味を引き、コンバージョンに結びつけることです。例えば、Boseのような大手小売企業は、すでにビジュアルコマースを利用して顧客の購買意欲を高めています。彼らはホームページに高品質の画像を使用し、製品を直接購入するためのショートカットを用意しています。 デフォルトの製品をJPGからJPEG2000またはWebPフォーマットに変更すると、画質と読み込み速度が向上します。 売れ筋商品の360度画像や動画を作成します。 買い物客が画像を使って商品を検索できるビジュアル検索ツールに投資します。 ユーザーが作成したコンテンツを商品ページに再利用し、興味を持たせます。 Pinterest(ピンタレスト)でビジュアルショッピング広告を作成し、ウェブサイトへのトラフィックを集めて売上を伸ばします。 8. 新しい支払方法 支払い方法は、お客様が特定のブランドを選択する大きな理由の一つです。顧客の希望する支払い方法を提供しなければ、Eコマースストアから購入してもらえません。ほとんどのEコマース事業者は、デビットカードやクレジットカードとは別に、デジタルウォレット(Google Pay、SamsungやApple Pay、PayPalなど)を受け付けています。暗号通貨、特にビットコインは、取引手数料が低く、逆取引がないなど、オンラインショップのオーナーにとって多くの利点があります。 9. セルフサービスのプラットフォーム 2020年は物語を変え、中小企業やソロプレナーがいかに早くデジタルピボットできるかを示しました。最初から高額な費用をかけてEコマースストアを立ち上げるのではなく、短期間で立ち上げられるプラットフォームを探してみましょう。 すでにビジネスが確立されている場合は、製品の使用方法や業界でよくある問題への対処方法など、顧客がすぐに理解できるようなテンプレートのコンテンツを作成することを検討してください。 10. ソーシャルメディアでのショッピング動画広告 2021年もソーシャルメディアの消費は衰えず、企業はTikTokやInstagramなどのチャンネルでさまざまな方法で広告を出し始めるでしょう。すでに多くの企業が、InstagramやSnapchatなどのアプリのストーリーに広告を掲載することで多くの価値を得始めており、これはソーシャルメディアでの販売が進化した次のステップに過ぎません。       ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
Cloud budget optimize
02 April 2021 / Published in Ecommerce
フォーブス社の調査によると、2020年までに企業のワークロードの83%がクラウドになると言われています。このように膨大な量の情報やデータ(以上)がクラウド上に保存されることで、企業のクラウド予算の膨らみは予想以上にかなりのものになっています。そのため、クラウド・コンピューティングのコスト最適化は、デジタル・トランスフォーメーションを加速するあらゆる企業にとって、今や最も重要な目標となっています。 しかし、クラウドコンピューティングは非常に新しい知識の宝庫であるため、実際に十分な経験を積んでいる企業はほとんどありません。このため、企業はクラウドコンピューティングの機能と予算を最適化してビジネスの効率を高めようとする努力を怠っています。 この記事では、企業のクラウド利用を完全にコントロールし、その予算を最適化するための最も効果的な方法をご紹介します。早速、その秘密を探ってみましょう。 1. リソースの管理 クラウドの利用を最適化するには、使いすぎのクラウド・スペースを減らし、余裕のないクラウド・スペースを満たして、効率的に作業を行うことが重要です。そのためには、根本的な原因を突き止め、リソースが適切に配分されていない箇所を特定することが重要です。コントロールできるのは、測定できるものだけです。 この問題は、IT部門がすべてのクラウド利用活動を監督するためのクラウド管理プロセスが設定されていない場合、予想以上に頻繁に起こります。多くの組織では、各部門が利用したいクラウドの部屋を登録しておけば、それ以上の検査は必要ありません。あるいは、各チームにクレジットカードを提供して、自分たちの作業用施設を扱えるようにしているところもあります。これでは、どの従業員がクラウドを使いすぎているのかを正確に見積もることができず、クラウド利用が無駄になってしまいます。 このような問題に対する一つの解決策は、ほとんどのクラウド・プロバイダーが提供する独自のキャパシティ・モニタリング・ソフトウェアを使って、クラウド・リソースを定期的に追跡することです。しかし、この方法は時間がかかり、ほぼ常時監視する必要があるため、ほとんどのプロフェッショナルなIT部門はこのようなソリューションを好まない。そのような場合は、経験豊富なクラウド・マネージメント・プロバイダーにクラウド・マネージメント・サービスを委託し、部門のワークロードとプロバイダーが他の類似したビジネスを最適化した経験に基づいて、部門に適したクラウドの使用方法をアドバイスしてもらうことを選ぶでしょう。 2. クラウド使用量の予測 クラウドの予算を使いすぎている場所を特定したら、次はそのような問題が再び起こらないようにする必要があります。そのためには、クラウド利用の軌跡をリアルタイムで監視し、予算に応じた利用限度額を設定する必要があります。このデータを管理することで、一定期間のクラウド使用量が計画した予算に達したかどうかを簡単に把握することができます。 また、AWS CloudWatchのようなキャパシティ・トラッキング・ツールを使えば、ビジネスの予測を社内で行うことができます。AWS CloudWatchは、AWS EC2インスタンスや、Amazon EBSボリューム、Amazon RDS DBインスタンスなどのAWSリソース上で動作するクラウドリソースやアプリケーションを監視することができます。また、アラームの設定、ログファイルの保存、グラフや統計の表示、AWSリソースの監視や反応などにも利用できます。このツールは、システムの全体的なパフォーマンスと健康状態を把握することができます。この情報を利用して、アプリケーションの運用を最適化することができます。 しかし、このツールは自動化されておらず、監視のために多くの手動作業を必要とするため、このツールだけに頼っていても素晴らしい結果は得られません。このような場合は、サードパーティのクラウド管理会社を利用するのが一般的です。これらの業者は、予算追跡サービスを提供しており、過去の支出履歴に基づいて、今後1〜6ヶ月間の支出の軌跡を予測し、自動通知を行うことができるはずです。そのため、予定していた予算よりも支出が少ない場合には、クラウドの使用量を調整することができます。 クラウド請求書の定期的な監査 自分の資金力に見合った予算を決め、クラウドの利用状況を予測したら、次はクラウドの請求書を詳しく調べてみましょう。クラウドサービスプロバイダーは通常、複数の指標に基づいた複雑な価格モデルを持ち、頻繁に価格を更新しています。つまり、昨日まで最適だった料金プランが、今日はそれほど経済的ではないかもしれないということです。 また、定期的に請求書を分析することは、必要のないインスタンスや、使用中で請求可能であることに気づかなかったインスタンスに対して支払っている可能性を特定するためにも重要です。しかし、これはフルタイムの仕事であり、クラウドの料金体系を熟知している必要がありますし、さらに重要なのは、どこを見ればよいかを知っていることです。しかし、社内のITチームの多くは、多くの責任を負っている中で、定期的な請求書の監査に多大な時間を割くことは困難です。 この時点で、あなたの企業は、クラウドの請求書を分析する負担を取り除き、支出を最適化する方法を計画することができる専門家を必要とするでしょう。社内で作業するチームを雇うこともできるし、外部に依頼することもできる。これらの専門家は、どの部門がどのクラウド・サービスをどのくらいの割合で消費しているかを詳細に把握し、クラウド支出の効率性を保持するための最も正確な方法を提供することができる。また、クラウド管理プロバイダーは、独自のビルトインシステムでこのプロセスを自動化することもできます。これにより、手動でのリソース配分や予算超過を心配することなく、ビジネス全体を運営することができます。 3. クラウド予算を最適化するために、適切な種類のチームを選ぶ 最適化されたクラウド管理システムを運用するために、どのようなアクションを起こすべきかがわかったと思います。社内でできることもあれば、外注したほうがいいこともあります。では、社内にチームを作るべきか、それとも第三者に仕事を依頼するべきか。自分のビジネスから何が得られるのかを理解することが、どの種類のチームを選ぶのがベストなのかを決める鍵となる。 4. 社内にチームを作る 長所 コミュニケーション。社内にチームを作るということは、質の高い仕事をするための長い共同作業を意味します。1つのプロジェクトで長く一緒に働けば働くほど、お客様のシステムや予算に関する知識が増えていきます。 シンプルであること。シンプルなIT構造を持つ小規模な企業では、サードパーティが提供する予算管理サービスの範囲を必要としない場合があります。このような企業にとっては、インハウスのソリューションは、より安価で実用的なものとなります。 短所 予算が膨らむ可能性がある:自社チームを構築するには、社内のスタッフ、物理的なリソース、スペースが必要です。生産性の高いクラウドチームを維持するには、予想以上の予算が必要になるかもしれません。 5. 独立したクラウド管理業者を雇う 長所 経験。これらの機関は、最新のテクノロジーに精通しており、クラウド予算に関する様々な複雑な問題を経験しています。ゼロから構築する予定の社内チームよりもはるかに経験豊富で、長期的に見て最も適したアプローチを提供してくれると言ってもいいでしょう。 コストが少ない。サードパーティ・プロバイダーを採用することで、ソフトウェアの使用料、スペースの賃貸料、スタッフの人件費など、様々なリソースを必要とするチームを維持するためのコストを大幅に削減することができる。 スケーラビリティ。クラウド管理は、企業の成長とともにますます複雑になっていきます。ほとんどの企業は、あらゆる状況を事前に計画しているでしょう。しかし、言うは易く行うは難しです。新製品やスマートなソフトウェアを短期間で置き換えることは非常に難しく、時には非現実的です。一方、クラウドサービスをアウトソースした場合、リソースはすでに存在し、企業の新しいニーズに合わせて簡単に調整することができます。 短所 信頼性。自分のビジネスを他社に任せるのは難しいことです。だからこそ、誤解を避けるために、すべてのプロトコルや規制について事前に話し合う必要があります。 結局のところ、これらのステップは、クラウド予算の最適化とクラウド管理のほんの始まりに過ぎません。本当の意味でクラウドコンピューティングでビジネスを展開するためのプロセスは、かなり複雑で、長い目で見れば継続的なものです。しかし、私たちが提供したソリューションは、少ないリソースと時間で望ましい結果をもたらすことができるでしょう。 クラウドの予算を最適化し、利用可能なオプションを活用するためのソリューションについて詳しく知りたい方は、今すぐ当社の専門家に連絡し、問題を共有してください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
02 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
1.作業用の定義:CMSとDXP コンテンツマネジメントシステム(CMS)は、編集、ワークフロー、レポーティング、組織化、セキュリティ、ユーザー管理など、コンテンツの配信に必要なツールを備え、企業のウェブサイトやアプリケーションを強化します。CMSは、デジタルアイデンティティ、戦略、エンゲージメントの基盤となるソフトウェアです。 一方、デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム(DXP)は、チャネル、地域、言語を問わず、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供するための一連のツールを提供します。 実は、この2つのプラットフォームは重なり合っています。マーテク分野が急速に拡大する中、意思決定者にとっては、この2つのテクノロジーのニュアンスを最低限理解することがますます重要になっています。ここでは、2つのテクノロジーの関係性を含めた入門編をご紹介します。 2.CMSがデジタルコアになっているか? コンテンツマネジメントシステム(CMS)は、少なくとも組織のウェブサイトやアプリケーションを動かすものです。チームは作成したコンテンツを配信する必要がありますが、CMSはそのためのワークフロー、レポート、組織化、ユーザー管理のツールを提供します。 小規模な組織であれば、これらのツールだけで事足りるかもしれません。しかし、多くの場合、CMSは始まりに過ぎません。 ここでは、最新のCMSに搭載されている機能の全リストを紹介します。 2.1.セキュリティとコンプライアンス ユーザーやアクセスレベルの認証、ユーザーデータの安全性確保など、セキュリティは必要です。また、GDPRやカリフォルニア州のA.B.375などの規制は、その管轄内で活動するすべての企業に対し、データセキュリティ、透明性、消費者データの権利に関する厳しい要件を満たすことを求めています。今日、ほとんどの企業は、データの暗号化(保存時と転送時の両方)、高度な個人識別情報(PII)コンプライアンス、企業のセキュリティプロバイダーやサードパーティの認証システムとのスムーズな統合を含む、セキュリティファーストのCMSを必要としています。 2.2.ワークフローマネジメント オーサリング、編集、ステージング、承認、翻訳、パブリッシング、プロモーション、レポーティング、反復作業など、多忙なチームには、ニーズに適応したワークフロー、直感的なパフォーマンスダッシュボード、すべてのコンテンツに適切なメタデータをタグ付けするサポートが必要です。 2.3.オムニチャネル 人々は、どのようなデバイスを選んでも、組織と関わることを期待しています。CMSは、今日と明日の様々なチャネルにコンテンツを配信することを容易にするだけでなく、将来のアプリケーションやサービスにも対応しなければなりません。 2.4.グローバルな配信 現在、様々な国で複数のサイトを運営している場合や、将来的に複数のサイトを運営する予定がある場合には、マルチサイトや多言語に対応し、ローカリゼーションや翻訳サービスとのスムーズな統合が可能で、多国間コンテンツの規制に対応したCMSが必要となります。 2.5.柔軟性、拡張性、パフォーマンス 長期にわたるオーガニックな訪問、季節的な急増、新しい国への進出、新しいウェブサイトやキャンペーンの迅速な作成など、最新のCMSはこれらすべてに対応できる柔軟性を備えていなければなりません。他のテクノロジーとの統合、幅広い最新のAPIやコネクタの搭載、複数のサイトの一元管理など、さまざまな機能を備えています。また、クラウドでの展開も可能でなければなりません。 2.6.出版 最新のCMSでは、公開前にコンテンツを編集・閲覧したり、将来の公開に向けてアイテムをスケジュールすることが簡単にできます。 2.7.コマースとコンテンツの統合 コンテンツと商取引は、最初のリサーチから購入した製品の使用まで、今やつながっています。CMSには、コマースのための統一されたインターフェース、移行ツール、シームレスな在庫管理、適応可能な在庫処理、自動化されたアクション(カート放棄や購入後のフォローアップなど)、サードパーティの統合、ユーザー生成コンテンツの作成、およびテスト機能が含まれていることを確認してください。 これは、CMSに期待することが多いと思われるかもしれません。これは、デジタル時代にビジネスを行う上での現実でもあります。しかし、これは重要な事実を提起しています。つまり、マーテック分野がますます複雑になるにつれ、その中で競争するために必要な様々なツールの区別は、やや流動的になってきているのです。 実際、最後のカテゴリーである「コマースとコンテンツの統合」は、このテクノロジーを単なるCMSとしての定義から、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)としての定義へと押し進める機能です。 「CMSは、編集、ワークフロー、レポート、組織化、セキュリティ、ユーザー管理など、コンテンツを提供するために必要なすべてのツールを備え、組織のウェブサイトやアプリケーションを強化します。」 3.CMSアーキテクチャ:入門編 しかし、DXPの定義を説明する前に、CMSのアーキテクチャについて少しだけ触れておく必要があります。その理由は簡単です。CMSアーキテクチャは、お客様のCMSが今日、そして明日に何ができるかを決定します。 CMSは、以下を含むソフトウェアです。 プログラミングフレームワーク(ASP.NETやJavaなど)。 コンテンツを保存するデータベース ウェブ編集者のためのユーザーインターフェース これらはすべて、OSを搭載したウェブサーバー上、またはクラウド上でホストされています。また、CMSソフトウェアには、複数のアプリケーション層があります。アプリケーション層は、CMSの機能をサポートし、ソフトウェアのさまざまな部分がどのように相互に接続するか、ホストシステムとどのように接続するかを定義します。 例えば、SitecoreのCMSは、コンテンツを管理するためのアプリケーション層(編集、管理、保存などの機能を持つ)と、コンテンツをレイアウトにまとめて配信するためのアプリケーション層があります。1つ目を “コンテンツレイヤー”、2つ目を “デリバリーレイヤー “と呼んでいます。 コンテンツを視聴者に届けるために、配信層はアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を介してコンテンツ層にコンテンツを要求します。そのコンテンツは、第3の層であるレンダリング層(プレゼンテーション層)を経て、デリバリー層が制作したものをスクリーン上にレンダリング(提示)します。 Sitecoreで構築されたWebサイトの訪問者は、プレゼンテーション層が作成したものを公開したバージョンを見ることになります。コンテンツ層とデリバリー層がプレゼンテーション層から分離しているため、CMSは “デカップリング”(3つの層が1つの層になっているカップリングシステムとは異なります)または “ヘッドレス “です。 アプリケーション層の扱い方が異なるように、CMSにコンテンツを格納する方法も異なります。専門的な話になりますが、コンテンツをページ単位で保存するシステムと、「アイテム」や「オブジェクト」と呼ばれる小さな塊で保存するシステムとがあります。 コンテンツをアイテムやオブジェクトとして保存する理由は2つあります。1つ目は、複数のページやアプリケーションでコンテンツを再利用しやすくなること。2つ目は、コンテンツがプレゼンテーションの要件に縛られないことです。例えば、ページのフォーマットに縛られることはありません。 しかし、なぜそれが重要なのでしょうか?ここでは3つの理由を紹介します。「Fitbit」、Amazonの「Alexa」、Facebookの「Oculus」です。これらのデバイスは、コンテンツを表示するために独自の(そしてますます多様な)要件を持っています。CMSからコンテンツを引き出す場合、彼らが欲しいのは基本的なコンテンツだけで、ページレイアウトやスタイル、管理フレームワークなどは必要ありません。 CMSは、コンテンツをオブジェクトとして保存し、配信層とプレゼンテーション層を分離しています。つまり、コンテンツ制作者は一度コンテンツを作成するだけで、どこにでも配信することができるのです。 つまり、コンテンツ制作者はコンテンツを一度作成するだけで、どこにでも配信することができるのです。また、パブリッシングレイヤーも切り離されています。これにより、従来のヘッドレスCMSとは対照的に、開発者のサポートなしにコンテンツのプレビューや公開を簡単に行うことができます。さらに、ユニークなヘッドレスCMSは他にもあります。APIを利用することで、どこにいてもウェブの利用状況から分析結果を得ることができます。 4.DXP:デジタル時代のパーソナライズド・エンゲージメントの拡大 デジタル時代の到来により、消費者は力を得てつながり、期待を高めています。そして、このような消費者の期待は、製造業、小売業、ヘルスケアなど、さまざまな業界の組織変革を促しています。 デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム(DXP)は、デジタル時代の急激な変化に適応するために組織をサポートします。その方法は以下の通りです。 CMSは、デジタル・エクスペリエンスに不可欠なコンテンツのオーケストレーションと配信をサポートしますが、DXPはそれにとどまらず、ウェブサイトやポータル、アプリやIoTデバイスなどへの自動化とスマート・デリバリーを提供します。また、データ、アナリティクス、そして多くの場合はAIや機械学習を用いて、これらの体験の受け取り方や結果に対するインサイトを提供します。 DXPは、エンゲージメントを合理化し、チャネルを超えた顧客の360度ビューを提供し、リアルタイムで継続的に更新することで、CMSのアナリティクスを全く新しいパーソナライズされたレベルに引き上げます。 つまり、DXPは、パーソナライズされたクロスチャネルのデジタルエクスペリエンスを実現するツール(またはツール群)なのです。適切なDXPは、現在のマーテックスタックの多くを置き換え、残りの部分とスムーズに統合します。そのメリットは明らかです。 オムニチャネル対応。音声化が進み、IoTデバイスが普及する中で、オーディエンスが今いる場所、そしてこれからいる場所にリーチすることがかつてないほど重要になっています。 持続的な関係の構築。賢い企業は、コンバージョンは関係の終わりではなく、新たな始まりであることを知っています。DXPは、ライフサイクル全体を通してエンゲージメントを強化、追跡します。 実現する統合。バラバラのデータは実用的ではありません。接続されたデータは実用的です。市場は常に変化しているので、将来の統合が問題にならないことを知っていれば、今日では最も希少な商品である「安心感」を得ることができます。 5.DXPに含まれるもの、または含まれるべきもの マーケティングツールの強力なプラットフォームとして、DXPにはCMSが必ず含まれていますが(多くの場合、コアとして)、通常は以下の機能も含まれています。 Contextual Intelligence and Relevance(顧客プロファイルエンジン、言語翻訳、オムニチャネルなど)。 コマース(PCM、決済・請求、ショッピングなど アセットマネジメント(DAM、Web-to-printなど エンゲージメント(チャットボット、モバイルアプリ、マーケティングオートメーションなど) デジタルプロセス(BPM、MRM、ケースマネジメントなど) コグニティブ(予測分析、機械学習、AI自動化など) データセンター(CRM、MDMなど DXPは、組織のニーズに応じて、単一のベンダーのソリューションであったり、様々なベンダーのソリューションを組み合わせたものであったりします。しかし、刻々と変化する今日の競争ニーズに対応するためにDXPが継続的に進化しているため、ほとんどの組織ではシングルベンダーのソリューションを見つけることはできません。また、見つけたとしても、ほとんどの場合、そのベンダーから複数の製品を必要とします。 そのため、簡単な統合機能、将来を見据えた拡張性、広範なパートナーエコシステムを備えたDXPを見つけることが重要です。 ここまでの説明で、理解が深まったところで上の文章に戻ります。 CMSは、デジタルアイデンティティ、戦略、エンゲージメントの基盤となるソフトウェアです。DXPとは、チャネル、地域、言語を問わず、パーソナライズされた体験を提供するために必要なツール群です。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
02 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
Sitecoreは、Sitecore Experience Platform (XP) 10.1のリリースにより、ユーザーやビジターの体験を向上させる活動を続けています。 エンドユーザーやWebサイト訪問者に卓越した体験を提供します。Sitecore XP 10.1へのアップグレードをご検討ください。 1.Sitecore 10.1の特徴は? 昨年リリースされたSitecore 10では、多くの機能が導入されました。例えば、アナリティクスレポートの改善、コンテナへの展開、ヘッドレス開発、Sitecore AIによる自動パーソナライゼーションの標準搭載、サイトオーサリングとワークフローの改善などが挙げられます。 Salesforce Marketing Cloudとの統合機能や、ヘッドレスサービスの向上などが加わり、Sitecore 10.1ではさらに強化された新しいメリットがあります。 アップグレードプロセスの改善 ホライゾン コンテンツプロファイリング フォーム 検索 インフラと構成 1.1. アップグレードプロセスの改善 アップグレードの効率化は、Sitecoreの定番のメリットとなっています。バージョン10.1も同様です。新しいアップグレード技術の搭載により、アップグレードプロセスの効率が格段に向上しました。その結果、より迅速なバージョンアップが可能になりました。 1.2. ホライゾン ページ内エディターに新機能が追加され、コンテンツエディターがデータソースアイテムを作成・編集できるようになりました。 コンテンツエディターは、リンクフィールド、数字フィールド、チェックリスト、ドロップダウンメニューフィールドを編集できます。アイテムとそれぞれのサブアイテムは、Horizonで直接公開することもできます。 また、インターフェースに検索機能が追加されました。コンテンツエディターは、Horizonを使ってコンテンツアイテム、ページ、メディアアイテムを検索することができます。 1.3.コンテンツプロファイリング Sitecore 10.1では、マーケティング担当者は複数のアイテムにプロファイルカードを割り当てることができます。これは、マーケティング定義マッピングに新しい条件とルールが導入されたためです。 また、Contact Behaviour Profileファセットの計算方法もリファクタリングされました。以前は、最新の訪問者とのインタラクションからのプロファイルスコアのみが保持されていました。バージョン10.1では、計算されたファセットは、すべての訪問者のインタラクションから集約されたプロファイルスコアを含みます。 1.4. フォーム Sitecore Formsには3つの新機能/改良機能があります。1つ目は、各フィールドタイプで利用可能なCSSクラスオプションのオートコンプリートリストを作成できるようになったことです。2つ目は、新しい「Send Email」送信アクションで、3つ目は、フォームフィールドの検証の改善です。 1.5. 検索 Sitecore 10.1では、操作に失敗したときにSolrがどのように機能するかを設定できるようになりました。また、Solrサービスの可用性をプログラムでテストできるようになりました。 1.6. インフラストラクチャと構成 ホスティングのオーバーヘッドを削減するために、エクスペリエンスデータベース(xDB)レポーティングロールがコンテンツ管理ロールと統合されました。 Sitecore 10.1のxConnectには、Scalable Reads機能が搭載されています。これにより開発者は、読み取り専用/二次コピーのいずれかを使用して、読み取り専用のワークロードからプライマリデータベースをオフロードすることができます。 未使用の分析データをクリーンアップするために、新しいデータパージツールがあります。 2.Sitecore 10.1へのアップグレード Sitecore 10.1は、開発者、マーケティング担当者、コンテンツ編集者向けに開発されたSitecore XPの10番目のバージョンです。また、Sitecore 10.1は、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供し、それを測定するための強力なツールです。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
01 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
Sitecore Content Hub 4.0は、コンテンツ配信の4つの重要な要素を統合した統合プラットフォームです。 デジタルアセットマネジメント(DAM) プロダクトコンテンツマネジメント(PCM) マーケティングリソースマネジメント(MRM) コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP) Content Hub 4.0は、CaaS(Content as a Service)またはヘッドレスコンテンツデリバリーを採用しています。これにより、デジタルマーケティングチームは、さまざまなタッチポイントにコンテンツをシームレスに展開することができます。 ヘッドレスでの配信は、画像や文字などのコンテンツ資産を切り離します。バックエンドのコンテンツとフロントエンドのプレゼンテーション層を分離することで、あらゆるチャネルにシームレスな体験を提供することができます。 この新しいContent Hubには、スキーマパブリッシングエンジンとデータパブリッシャーが搭載されています。この重要な追加機能により、コンテンツの配信が加速され、より早く市場に投入することができます。 Sitecore Content Hub 4.0は、新しいパブリッシングエンジンに加えて、Sitecore Experience Edge for Content Hubと呼ばれる新しいスケーラブルなプラットフォーム上に構築されており、GraphQL APIを使用しています。これにより、チームメンバーは魅力的なコンテンツをより効率的にプッシュできるだけでなく、コンテンツの再利用を制限することができます。 コンテンツハブ4.0では、適切なコンテンツを適切なタイミングで適切な視聴者に配信するために、コンテンツのバリエーションやチームのコラボレーションの管理を改善しました。 また、管理プロセスの改善、ワークフローの改善、アーカイブのソフト削除などの機能強化も行われています。 Sitecore Content Hubでできることをいくつかご紹介いたします。 1.コンテンツカレンダーの計画 Sitecore Content Hubでは、他のシステムから既存のコンテンツを取り込むだけでなく、新しいコンテンツの作成を計画することができます。 これは、テーマ、ペルソナ、キャンペーンなど、組織に必要なあらゆる方法で行うことができます。また、コンテンツの制作日や複数のチャネルでの公開スケジュールをカレンダー上にプロットすることもできます。 総合的なコンテンツ制作・公開計画を立てます。 2.テキストベースのコンテンツ作成 Sitecore Content Hubでは、テキストベースのコンテンツをプラットフォーム内で直接作成し、公開前にレビューや承認を行うことができます。 Word、Photoshop、InDesignなどの通常のソフトウェアを使用することもできますし、素晴らしいインタラクティブなオーサリングツールを使用して、ブログ記事、記事、ソーシャルメディアの投稿を直接作成することもできます。 Sitecore Content Hubで直接コンテンツを書くことができます。 3.チームコラボレーション 充実したコラボレーションツールと機能で、チームは以下のことができます。 ファイルの共有 コンテンツのバージョン管理 コンテンツのプレビュー ファイルのチェックイン/チェックアウト リアルタイムでのコンテンツの共同編集 コメントやアノテーションの追加 コンテンツの検証とレビュー ワークフローの開始から終了までの管理 ガントスタイルの計画、タスク、リソース、予算でプロジェクト管理 ワークスペースとユーザーストーリーの共有 バックログおよびカンバンツールの活用 Sitecore Content Hubには、さまざまなコラボレーション機能が搭載されています。 4.コンテンツのバージョンと権限を管理 Sitecore Content Hubは、コンテンツに関するブランドの唯一の真実の情報源として機能します。 バージョン管理と権限管理が含まれているため、コンテンツを見ると、世界中のチームが、オリジナルのソースファイル、ファイルサイズ、ファイルのプロパティ、作成者、いつ、どのように使用できるか、使用を停止する必要があるかを確認できます。 バージョン管理から著作権管理まで、コンテンツを完全にコントロールすることができます。 5.検索しやすいようにコンテンツのキュレーション Sitecore Content Hubは、コンテンツの検索を容易にします。 管理者は、各ファイルやコンテンツにメタデータを追加することで、コンテンツを素早く発見できるようになります。何時間もかけて企画、検討、作成したコンテンツを見つけて利用してもらうためには、最適なメタデータ管理が不可欠です。良質で正確なメタデータがなければ、パーソナライズやローカリゼーションは事実上不可能です。 包括的なメタデータを追加して、コンテンツの検索を容易にします。 6.コンテンツの公開とその効果の測定 SitecoreのWebサイトをお持ちの方は、Sitecoreの公開機能、パーソナライズ機能、分析機能をご存知でしょう。Sitecore Content Hubでもこれらの機能を利用できます。 コンテンツをSitecore Experience Platformに直接統合することができるので、デジタルチームやWebサイトチームは、すべてのコンテンツを検索して活用し、Webサイトやその他のチャネルに直接公開することができ、パーソナライズされたオーディエンス固有のエクスペリエンスを構築して、実際の成果につなげることができます。 コンテンツハブがコンテンツの効果をスコアリングすることで、お客様のチームは、各コンテンツがそれぞれのコンテキストでどのように成功したかを確認することができ、今後のキャンペーンに向けてコンテンツを最適化することができます。 コンテンツの効果測定 7.Sitecore Content Hub コンポーネント Sitecore DAM(Dgital Asset Management):すべてのデジタルアセットの管理と保存、コンテンツのプレビュー、デジタル著作権管理を実施します。 Sitecore MRM(Marketing Resource Management):ブランド、国、チャネルを問わず、マーケティングキャンペーンを共同で企画し、実施することが可能です。 Sitecore CMP(Content Marketing Platform):コンテンツ戦略を管理し、企業内のさまざまな関係者間でタスクストリームを計画することができます。 Sitecore PCM (Product Content Management): 製品に関連するすべてのコンテンツとデータを管理、維持します。 Sitecore W2P (web to print):
01 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
まず、DAM(Digital Asset Management)システムとコンテンツハブの違いについて説明しましょう。 DAMとは、製品写真やブランドイメージ、ビデオ映像やPDF文書などのデジタル資産を管理するためのリポジトリのことです。 一方、コンテンツハブはデジタル資産管理だけではありません。単なるデジタルコンテンツの保存にとどまらず、コンテンツマーケティングやオムニチャネル配信までを視野に入れています。 コンテンツの問題を解決するためにSitecoreパートナーに概要書やRFPを発行しようとしている場合、Sitecore DAMとSitecore Content Hubのどちらが必要なのかを知る必要があるため、この違いを理解することは重要です。 1.Sitecore DAM デジタルメディアファイルを保存したり取り出したりする必要がある場合は、Sitecore DAMを導入することをお勧めします。 Sitecore DAMでは、以下のことが可能になります。 写真、パッケージレイアウト、動画など、すべてのブランド資産をアップロードして保存することができます。 各コンテンツをカテゴリー別に分類し、キャンペーンに必要なコンテンツを素早く検索可能にします。 各ファイルにメタデータと使用権情報を追加します。 世界中のチームからアップロードされたすべてのコンテンツをレビューし、検証します。 各コンテンツのライフサイクルとライフタイムを管理します。 組織内の他のユーザーとアセットを共有します。 Sitecore DAMは、Salesforce Marketing Cloudはもちろん、Sitecore Experience PlatformやSitecore Experience Commerceともシームレスに統合されています。 Sitecore DAMを使用することで、適切なコンテンツを探す時間が短縮され、マーケティング業務が迅速になり、スタッフの満足度も向上します。また、どのようなアセットであっても、どこでどのように使用されても、世界中でブランドの一貫性を保つことができます。 しかし、Sitecore DAMだけでは、お客様にとって適切なソリューションとは言えません。 マーケティングコンテンツが異なるシステムや地域に散らばっていませんか? ブランドコンテンツやマーケティングキャンペーンのアセットをチームで共同制作することが難しいと感じていませんか? コンテンツマーケティングの規模を拡大することが難しいと感じていますか? 市場のローカライズのために、同じコンテンツの複数のバージョンを作成する必要がありますか? あらゆるチャネルで簡単にアセットを公開することができませんか? スタッフがコンテンツの保存場所に困っていませんか? これらの質問の答えが「はい」であれば、Sitecore Content Hubを使用した方が良いでしょう。 Sitecore Content Hubは、コンテンツマーケティングやオムニチャネルへの対応、コラボレーションの効率化、キャンペーンコンテンツに関するマーケティング担当者との明確なコミュニケーションを可能にします。 2.Sitecore Content Hub マーケティングコンテンツは、しばしば散在します。コンピュータ上にあったり、ネットワークドライブ上のフォルダにあったりします。ネットワークドライブのフォルダの中。パワーポイントのファイルの中。中にはマーケティングチームが所有していないシステムもあります。組織が大きくなればなるほど、システムの数も増え、マーケティングチームがブランド資産を管理する上での課題も大きくなります。 問題の規模を示すために、大企業における次のようなシナリオを想像してみてください。 ERP(Enterprise Resource Planning)システムは、財務や物流の情報を保持するために設計されており、ブランド、製品カテゴリー、SKU、異なる市場や異なる顧客への製品の供給状況などの情報を保持しています。 製品の開発と管理をサポートするPLM(Product Lifecycle Management)システムには、製品の技術仕様書や、ウェブサイトやパンフレットに使用される技術文書が含まれていることが多いです。 デジタル資産管理システム(DAM)には、製品画像、パッケージのレイアウト、ビデオなど、すべてのクリエイティブおよびマーケティングメディアファイルが格納されます。 組織のマーケティングリソース管理(MRM)プラットフォーム、またはキャンペーン管理プラットフォームは、戦略的計画、予算編成、クリエイティブの見直しから、年間カレンダーの設定、メディアプランニング、結果の測定に至るまで、マーケティングサイクル全体をサポートし、測定します。 企業には、これらすべての異なるプラットフォームにまたがるマーケティング資産やブランドコンテンツがあり、マーケティングチームはそれをうまく活用して仕事をしなければなりません。 このような状況は、マーケティング担当者にとって大きなフラストレーションとなります。このような状況では、マーケティングキャンペーンや販促物を迅速に作成することができず、競合他社よりも迅速に市場に参入し、真のビジネスの成功を収めることができなくなりかねません。 Sitecore Experience Platform用のSitecore Content Hubには以下の機能があります。 デジタルアセットマネジメント(DAM コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP) マーケティングリソース管理(MRM) プロダクトコンテンツマネジメント(PCM) ソース:Sitecore より多くの企業が、顧客を惹きつけ、惹きつけ、転換させるために、より多くのコンテンツを作成しています。マーケターが成果を出すために必要な時間が少なくなっている今、Sitecore Content Hubの導入を検討するのに最適な時期はありません。 3.Sitecore DAMとSitecore Content Hubを使い始めましょう! Sitecore Content Hubに精通しています。DAMを含むSitecoreと異なるシステムを統合して、教育や海運から専門家や金融サービスまで、さまざまなブランドのコスト削減と実際のビジネス成果を推進してきた長年の経験があります。 デジタルアセットマネジメントと配信についてはこちらをご覧ください。 コンテンツハブがビジネスに重要な理由 コンテンツハブのビジネスケース Sitecore Content Hub:マーケターの夢のツール Sitecore DAMとSitecore Content Hubについてもっと知りたい方や、Sitecore DAMまたはSitecore Content Hubの導入パートナーが必要な方は、ぜひお問い合わせください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
01 April 2021 / Published in Ecommerce
Eコマースビジネスの規模が大きくなるにつれ、ビジネスプロセスの要求も高くなります。かつては効率的に機能していたシステムも、注文の増加、繰り返し、複雑さが増すにつれて、故障したり、非効率になったりします。 一方で、Eコマースビジネスのオーナーは、100以上のタスクを処理しなければなりません。マーケティング、在庫、出荷から決済まで、Eコマースの自動化なしにトップを維持することは不可能です。 さらに、デジタル市場は急速なペースで進化・成長しており、ストアオーナーとしては、最新のビジネストレンドを確実に把握し、迅速に導入する必要があります。 Eコマースビジネスのオーナーとしては、衝撃に強く、スマートなテクノロジーを取り入れる必要があります。デジタルストアを効率的に運営するための最も多様なツールの1つが、データ統合と自動化です。 デジタルストアのオーナーとしてこなさなければならない複数のタスクとは別に、Eコマースストアのオーナーは、手動で処理しなければならない様々なワークフローの合理化に苦労することがよくあります。電子商取引の自動化により、店舗のバックエンドを簡素化することができ、より重要なことに集中できるようになります。 実際、今日では多くの企業が、コストと時間を節約し、顧客体験を向上させるために、Eコマース・オートメーションを導入しています。 しかし、ここで100万ドルの質問がやってきます。”eコマースオートメーションとは何か?””なぜデジタルストアに必要なのか?” その答えを知りたい方は、ぜひお付き合いください。このガイドでは、Eコマースオートメーションとは何か、Eコマースビジネスを自動化する方法、そして最後にEコマースオートメーションがデジタルビジネスにどんなメリットをもたらすかについて詳しく説明します。 1.eコマース・オートメーションとは? ShopifyPlusでは、Eコマースオートメーションを次のように定義しています。 「eコマースオートメーションとは、お客様のビジネスにおけるタスク、プロセス、キャンペーンを、必要なときに正確に実行するインテリジェントな自動化に変換するために構築されたソフトウェアです。それは、ビジネスが今あるものでより多くのことを行うことができる方法です。」 分かりやすく説明するために、例を挙げてみましょう。お客様がショッピングカートを放棄した場合、CRMに放棄されたカートの記録を残しておけば、お客様にフォローアップメールを送信して、より多くの売上を獲得することができます。 今では、手動でのデータ入力の手間を省くために、簡単に設定できるeコマースオートメーションのワークフローの一部となっています。 簿記の自動化、在庫管理、Eメールマーケティングキャンペーンの成功など、Eコマースオートメーションはデジタルビジネスのあらゆる段階で必要不可欠です。 従業員がビジネスのより重要な側面に集中するようになった今、Eコマースストアのオーナーは、通常は従業員が担当しているありふれたワークフローを完全に自動化する必要があります。 自動化は究極の成功への鍵であり、遅れをとることはありません。Bigcommerce、Shopify、WooCommerceのようなEコマースプラットフォームでさえ、自動化をダイナミックに優先しています。 信じられないことですが、Shopifyは自動化アプリ「Kit」を構築しました。この自動化アプリにより、「Shopify」のストアオーナーはビジネス広告を自動化することができます。 しかし、ここで疑問が生じます。この誇大広告を裏付ける証拠はあるのでしょうか? Shopify社によれば、それは間違いなくイエスです。 昨年のブラックフライデーセールでは、Eコマースの自動化によって20億ドル以上の収益を上げました。さらに、あるEコマースストアが新しいアパレルラインの立ち上げを自動化したところ、驚くべきことに、1時間で15万ドル以上のROIが得られ、人気商品をわずか2分で売り切ることができたそうです。これはすごいことですよね。 収益を上げるのは簡単なようですが、デジタルストアにeコマースの自動化を設定するには時間がかかります。例えば、Eメールマーケティングキャンペーンの自動化を計画している場合、最初のステップは、Eメールのレイアウトやコピーをテストして、リードを生み出すために何通のEメールを送信しなければならないかを把握することです。 結果が出たら、この戦略を恒久的に実施し、メールマーケティングキャンペーンを成功させましょう。 さて、次はEコマースビジネスのどの部分を自動化できるかを考えてみましょう。 2.eコマース・ビジネスを自動化するには? 2.1.eコマースの販売と在庫管理 eコマースビジネスの運営は、特に在庫を手動で管理しなければならない場合、非常に困難です。手動での在庫管理は、かなり時間のかかる作業です。在庫リストを何時間もスクロールしたり、商品価格を更新したり、古い在庫リストを破棄したり、在庫切れの商品を再注文したりすることに、ストアオーナーとして慣れていなければなりません。 在庫管理とは別に、店舗オーナーはすべての顧客を管理しなければなりません。顧客は、店舗をどのように見つけたか、どの販売チャネルを使って購入したか、注文した商品の数、注文頻度などに基づいて分類されます。 しかし、この顧客管理はこれだけでは終わりません。 競争の激しい市場で優位に立ちたいのであれば、獲得した顧客データを賢く活用して、ロイヤルカスタマーへの自動割引の設定や、リスクの高い注文をカスタマーサポートに通知するなど、ビジネスプロセスをシームレスに効率化する必要があるのだ。 販売管理や在庫管理は日常的な業務ですが、すべてのビジネスに欠かせない要素です。しかし、この作業を自分や誰かのタスクリストに追加する必要はありません。 販売・在庫管理のワークフローを自動化することで、時間を節約し、他の重要なことをこなせるようにしましょう。 2.1.1.販売・在庫管理の自動化とは? Eコマースビジネスにおいて、自動化を利用できる場所はいくつかあります。 商品の在庫管理 商品パフォーマンスの分析 商品の在庫切れを警告する データに基づく在庫管理 2.1.2.販売管理と在庫管理を自動化するには? 商品の在庫が少なくなったことを在庫管理責任者に通知し、品切れになる前に在庫を確保できるような特定のプロセスを設定することができます。さらに、在庫の少ない商品の価格を上げて、需要を活用し、よりスマートに稼ぐこともできます。 最も人気のあるEコマースプラットフォームのひとつであるBigCommerceは、在庫の一元管理を可能にします。これにより、商品の在庫状況を把握したり、在庫不足の商品を警告したり、顧客に情報を提供したりすることができます。 欲しい商品が手に入らないとがっかりすることもありますが、お客様は常に最新情報に登録し、商品が再入荷したときにお知らせするようにしています。 2.2.eコマース Eメールマーケティングオートメーション メールマーケティングは、古くからある、しかし効果的なマーケティング戦術です。Eメールマーケティングは、すべてのEコマースストアのオーナーが常に注目しています。顧客が進化するにつれ、パーソナライズされたコンテンツを求めるようになり、一般的なコールドメールでは何の利益も得られないことがわかっています。 今日のマーケティングの世界では、メールマーケティングは顧客との関連性が高く、パーソナライズされたものでなければなりません。それぞれの顧客に合わせたメールを送信する最も優れた方法は、Eコマースメールマーケティングオートメーションです。 市場のトップレベルのEコマースストアは、すでに自動化されたEメールを活用して、顧客の行動やトリガーに基づいて様々な目的のEメールマーケティングキャンペーンを成功させています。 このようなメールマーケティングキャンペーンには、有効期限の切れた割引キャンペーンのお知らせ、購入に興味のある商品のクロスセルやレコメンド、放棄されたショッピングカートのお知らせなどが含まれますが、その数はごくわずかです。 自動化されたメールを使えば、店舗オーナーは、より多くのクリックと売上をもたらすメッセージを送ることができます。 2.3.メールマーケティングの自動化とは? メールオートメーションを利用すると、買い物客一人一人に合わせたコンテンツを作る手間が省けます。その分、お客様の行動を分析したり、キャンペーンの戦略を立てたりすることができ、より多くの売上を上げることができます。 以下は、EメールによるEコマースオートメーションが利用できるいくつかの場所です。 カート放棄の回復 商品のクロスセル、アップセル 製品/サービスの推奨 ロイヤリティプログラムの推進 Eコマースのメールマーケティングを自動化するには? Eメールマーケティングキャンペーンを自動化するためのアプリケーションはたくさんあります。Gmail、MailChimp、Zoho、Hubspot、Salesforceなどのアプリケーションを使って、メールマーケティングキャンペーンを成功させ、より多くの収益を自動的に得ることができます。 Shopify IntegrationとMailChimpをセットアップして、商品、注文、放棄されたカート、そして顧客をわずか数分で同期させることができます。WooCommerce、BigCommerce、Magentoに任意のメールマーケティングアプリを統合して、すべてのプロセスをシームレスに自動化します。 2.4.カスタマーサポート管理 すべてのお客様が貴社のEコマースストアで素晴らしいショッピング体験をするためには、優れたカスタマーサポートシステムが不可欠です。 Dimensional Research社によると、約52%のお客様が、優れたカスタマーサービスを提供している企業のサービスや製品を継続して利用しています。一言で言えば、カスタマーサポートは、あなたのEコマースビジネスの成長と成功を左右するものなのです。 しかし、カスタマーサポート管理のすべての側面を把握することはほとんど不可能です。提起されたチケットの管理から要求された変更の実行まで、これらすべてのタスクを効率的に処理するためには、優れたカスタマーサポートシステムが必要となります。 例えば、製品のカスタマイズを可能にする製品ページにアクセスできないという苦情がお客様から寄せられた場合、サイト開発者に連絡してこのエラーを修正しなければなりません。 一方で、1日に多くのお客様からのリクエストを受けていると、いくつかのリクエストを見逃してしまう可能性があり、それに気づいて連絡したときにはすでに手遅れで、お客様を失ってしまうかもしれません。 しかし、このような状況は、最高のカスタマーサポート管理アプリを導入して、カスタマーサポートシステムを自動化することで、簡単に回避することができますのでご安心ください。 2.4.1.カスタマーサポート管理を自動化するには? eコマースのカスタマーサポートシステムには、自動化できる部分がいくつかあります。 サポートの提供 放置されたカートの回収と削減 製品のアップセルとクロスセル 製品の推奨 2.4.2.Eコマースのカスタマーサポートプロセスを自動化するには? Automate.io を使用して、Salesforce、Intercom、Hubspot、Freshdesk などの主要なカスタマーサポートアプリと統合することができます。これらの統合により、カスタマーサポートシステムを強化し、顧客満足度を高めることができます。 スプレッドシートへのチャットセッションの記録から、チケットの発行、さらにはライブチャットセッション終了後の電子メールの設定まで、あなたのストアのライブチャット機能を自動化することで、あなたの E コマースビジネスの顧客管理をより体系的かつ効率的にすることができます。 例えば、チケットが発行されると、HubspotやSalesforceなどのCRMツールに登録されているすべての顧客データが自動化によって取得され、サポートチームは顧客の必要な情報をすべて把握した上で、作業を進めることができます。 2.5.ソーシャルメディア・マーケティング・キャンペーンの管理 ソーシャルメディアプラットフォームは、すべてのお客様とコミュニケーションをとり、強固な関係を築くための最良の方法のひとつであることは間違いありません。 フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストは、店舗オーナーが様々な方法で顧客と関わるために使用できる最も人気のあるソーシャルメディア・プラットフォームの一部です。 一般的に、店舗オーナーはソーシャルメディアのページにオーガニックな投稿をして、既存のお客様の関心を維持する一方で、有料のマーケティングキャンペーンを実施して新規のお客様を獲得します。 そのためには、ソーシャルメディアのアカウント管理に役立つソフトウェアが必要です。さもなければ、すべてのチャンネルにメッセージを送るために多くの時間を費やすことになります。 さまざまなソーシャルチャネルのペイドとオーガニックの両方から得られたデータを処理するのは非常に面倒です。しかし、この作業を自動化すれば、ビジネスに大きな利益をもたらすことができます。 2.5.1.ソーシャルメディアによるEコマースの自動化で何ができるのでしょうか? 以下のようなことができると考えています。 フラッシュディスカウントキャンペーンの実施 放置されたカートの回収 ストア訪問者のリターゲティング 2.5.2.ソーシャルメディアキャンペーンを自動化するには? Bufferのようなアプリを使えば、ソーシャルメディアキャンペーンの自動化が以前よりもずっと簡単になりました。Bufferは、Foster Coffee Companyのような人気のある店舗では、様々なソーシャルチャネルにコンテンツを投稿することを考えるよりも、パフォーマンスやコンテンツに集中することができるようになりました。 また、Automate.ioのようなアプリを使えば、Facebook Leads Adsと簡単に接続でき、すべての有料広告を効率的に管理するのに役立つでしょう。 2.6.帳簿管理と支払いの自動化 支払い管理は、ストアオーナーが最も苦手とする管理作業です。完全に機能するEコマースストアを運営している場合、財務管理には他のどのビジネスタスクよりも多くの時間がかかります。 従業員の支払い管理から、使用しているプラットフォームやアプリへの支払い、メーカーへの支払い、顧客から送られてくる支払いの記録と追跡まで、手作業による帳簿管理は大きな悪夢です。 Stripe、PayPal、FreshBooksなどの決済ソフトウェアを使用して、すべてのデジタルアカウントを追跡し、領収書でいっぱいのフォルダを管理しないようにすることを強くお勧めします。財務要件を統合して、請求書作成、会計、および請求書発行の自動化ソリューションを提供する必要があります。 2.6.1.簿記と支払いで自動化できることは? この電子商取引の自動化では、次のことが可能です。 新規顧客アラートの送信(チャットアプリ、メール、サポートツール、プロジェクト管理 新規支払い、支払い期限のアラート 請求書の自動作成 2.6.2支払いや簿記を自動化するには? Automate.ioでは、選択した財務ソフトウェアを簡単に統合して、すべての取引を1つのダッシュボードに表示したり、毎月のキャッシュフローを把握したりすることができます。
31 March 2021 / Published in Ecommerce
ここ数年、B2B eコマース業界では驚異的な成長が見られます。実際のところ、B2B eコマースの売上高は2018年に遡って1兆ドルに達し、Forrester社によると、年間成長率は-今後5年間で10%増加するとのことです。 しかし、昨年は、産業が停止し、人々が自宅に制限され、国境が閉鎖されるなど、全世界にとって陰惨な年となりました。それに伴い、従来のB2Bビジネスモデルを採用していた何千ものB2B企業が、収益不足に悩まされています。 一方、ベッドフォード・インダストリーのような企業は、この混乱を利用して、即座にEコマースサイトを立ち上げ、コンバージョン率を高めました。 売上高が減少しても増加しても、景気の悪化は大きなチャンスをもたらすことがあります。しかし、この絶好の機会を十分に生かすためには、新しい、より良いB2B eコマースマーケティング戦略を構築することが不可欠です。 ここ数年で、B2B eコマースのマーケティング戦略は大きく変わりました。退屈な、当たり障りのない、古いタイプのマーケティングキャンペーンを行うことは、もはや受け入れられませんし、コンバージョン率を高めることにも役立ちません。 したがって、B2B企業がこの業界で競争力を維持し、関連性を保ちたいのであれば、マーケティング戦略をアップグレードすることが不可欠です。 これらの事実を読んだ後にパニックになる必要はありません。この記事では、Eコマースのコンバージョン率を大幅に高めることができる5つのB2B Eコマースマーケティング戦略について説明します。 1.コンテンツマーケティング戦略への投資 コンテンツが王様であることは間違いありません。優れたコピーコンテンツは、視認性を向上させ、より多くのクリックをもたらし、訪問者を教育し、消費者に転換させる刺激を与えることができます。 B2BのEコマースでは、コンテンツが重要な役割を果たします。B2Cのお客様とは異なり、B2Bのお客様はレジャーで買い物をするわけではありません。B2Bのバイヤーは、リソースを投入する前に、提供されたソリューションが自社のペインポイントを解決できるかどうかを調べるためにリサーチを行います。B2Bのバイヤーは、ベンダーを選ぶ前に、平均して少なくとも13個のコンテンツに目を通します。 「B2Bバイヤーの平均的なジャーニーでは、13個のコンテンツが消費されます。13個のコンテンツの内訳は、ベンダーが作成したものが平均8個、サードパーティが作成したものが平均5個です。コンテンツのソースは、ベンダーのウェブサイトが最も多く、次いで検索、ソーシャルメディアとなっています。」 MarTech Today 効果的なコンテンツマーケティング戦略を構築するためには、製品やサービスの価値を高める優れたコンテンツを作成する必要があります。 そのためには、以下のような様々な種類のコンテンツを作成する必要があります。 ブログコンテンツ :ウェブサイトの検索エンジンランキングを上げるためには、関連するキーワードで構成された高品質のコンテンツを更新することが不可欠です。ブランド認知度を高め、見込み客を適切に教育することでリードを生み出し、コンバージョン率を向上させます。 動画コンテンツ : 動画は、最も魅力的なタイプのコンテンツの一つです。約83%のマーケターが、動画コンテンツによって、より多くのリードを生み出し、コンバージョン率を高めることができたと報告しています。さらに、お客様は、動画コンテンツで紹介された製品を購入する際、より自信を持って購入することができます。 プレミアムコンテンツ : ケーススタディ、ウェビナー、ホワイトペーパーなどは、B2Bバイヤーにとって非常に価値があり、強力なリードジェネレーションツールとして機能します。 結論として、コンテンツマーケティングはこの業界で重要な役割を果たしています。しかし、コンテンツを作成するだけでは十分ではありません。 2.お客様の利益に焦点を当てること B2Bマーケティング担当者が製品説明を書く際に必ず行うことは、製品が提供するすべてのメリットを強調することです。 通常、商人は製品の特徴を並べるだけで、その製品がもたらすメリットを指摘しません。 例えば、「水を通さない機械」と書く代わりに、「お客様の貴重な時間を節約するために、この機械は食器洗い機でも使えるように設計されています」のように書きましょう。 購入者が魅力を感じ、ショッピングカートに入れるきっかけとなるように、製品情報をフレーズ化しましょう。 3.お客様の声とレビューの特集 お客様の声やレビューの影響は、決して軽視できません。簡単に言えば、B2BとB2Cの両方のお客様は、市場で好意的な評判を得ているブランドから購入します。 周知のように、ブランドの評判は、現在および過去の顧客がそのブランドについて何を言っているかに基づいています。 すべてがバーチャルなプラットフォームに移行した今、買い物客はオンラインで商品を見ているときに、商品に触れたり、匂いを嗅いだり、触ったりすることができません。 これが、多くのEコマース企業がコンバージョン率を向上させるためにクチコミやレビューを活用している理由です。 B2BのEコマースでは、購入者は自分のためではなく会社や組織のために購入するプロのバイヤーであるため、体験談や製品レビューに大きく依存しています。 B2Bのバイヤーは、高品質な製品、短いチェックアウトプロセス、タイムリーな配送、優れたカスタマーサービスを求めています。 お客様の声や製品レビューを集めるために、B2Bマーケッターはいくつかのステップを踏む必要があります。 購入者にフォローアップメールを送り、製品やサービス、全体的な顧客体験について率直なフィードバックをすることに興味があるかどうかを確認します。 顧客からのフィードバックに積極的に対応し、感謝の気持ちを伝え、さらに支援が必要かどうかを尋ねます。 上位のお客様の声は、ランディングページやウェブサイトのトップページに掲載するなどして、賢く利用しましょう。 また、お客様に報酬を与えることで、あなたの会社での経験について正直なフィードバックを残してくれるように動機づけましょう。 4.ユーザーエクスペリエンスの最適化 CROとしても知られるコンバージョン率の最適化は、売上を向上させるための重要なB2B eコマースマーケティング戦略です。販売者は、見込み客や顧客が自社サイトをどのように利用しているかを知らないため、実行可能な方法で売上を向上させることは非常に困難です。 そのため、B2B企業は、HotjarやCrazyEggなどのeコマースマーケティングツールを活用して、収益を最大限に高める必要があります。 このようなツールを使用することで、ユーザーエンゲージメントの記録、ヒートマップの作成、より良い販売コンバージョンファネルの構築などが可能になります。 5.ロイヤリティプログラムの導入 ロイヤリティプログラムは、効果的なマーケティング戦略の構築に不可欠な役割を果たします。B2Bの消費者は、1度や2度買い物をするだけの購買者ではありません。B2Bの消費者は、一度や二度の買い物ではなく、長期的に質の高いサービスを提供してくれるブランドを求めています。 そのためには、ダイナミックなロイヤルティプログラムを活用して、売上の向上につなげることが不可欠です。そのためには、ダイナミックなロイヤリティ・プログラムを活用し、売上に結びつけることが重要です。多額の投資をしてもらっているのに、ちょっとしたものを提供するだけでは不十分です。 そのためには、彼らが “NO “と言えないような既成概念にとらわれないものを提供する必要があります。マーケティング担当者は、常連客のためのロイヤリティ・プログラムを始める前に深く考えるべきです。 ここでは、あなたのビジネスに適用できる一般的なロイヤリティ・プログラムをいくつか紹介します。 5.1. ポイントプログラム この種のロイヤリティ・プログラムは、お客様がより多くの商品を購入し、より多くのポイントを獲得することを促します。顧客が買い物をするたびに、彼/彼女は彼らが費やした金額に応じて報酬ポイントを受け取ります。 5.2. 有料プログラム お客様に月会費や年会費を支払っていただき、VIP顧客用のカブを利用できるようにすることを有料のロイヤリティプログラムといいます。有料プログラムを導入するには、頻繁に購入してくださるお客様や既存のお客様がたくさんいる必要があります。新規顧客は、認知度の高いブランドでない限り、新しい報酬プログラムに参加することを躊躇するのが普通だからです。 5.3. ティアプログラム このロイヤルティプログラムは、主にお客様のブランドへの忠誠心に焦点を当てています。ロイヤルティが高ければ高いほど、より多くのポイントを受け取ることができます。既存のお客様が競合他社に行かず、自社ブランドに忠誠を誓ってくれるように促す、素晴らしいマーケティング戦略です。 5.4. サブスクリプションプログラム 報酬やポイントを提供しない新しいタイプのロイヤルティプログラムです。代わりに、お客様がこのロイヤリティ・プログラムに加入すると、無料で商品が提供されます。顧客があなたのブランドと長く付き合っていく動機付けとなる素晴らしいプログラムです。 したがって、B2Bビジネスのコンバージョン率を向上させたいのであれば、ロイヤリティ・プログラムの提供は必須です。 6.ストアのフロントエンドを検査すること B2Bスペースでは、モダンで洗練された高級感のあるデザインは重要ではありません。見込み客は、デザインよりも製品の品質や提供する情報に関心があります。しかし、一概にそうとは言えません。明確な情報を提供することで、購入者があなたに連絡を取り、自分のペインポイントについて相談してくれるようになるのです。 あなたのサイトは、ほとんどの見込み客があなたの会社と最初に接する場所です。コンテンツの質、全体的なユーザー体験、製品の質、カスタマーサービス、会社の質など、すべてが重要です。 B2Bバイヤーはレジャーで買い物をするわけではないので、仕事に支障をきたす可能性があるため、質の悪い製品には決して投資しません。つまり、B2Bのバイヤーは、B2Cのお客様よりも意思決定に時間がかかります。彼らはまず、あなたのサイトで詳細なリサーチを行います。 見込み客をイライラさせたり、混乱させたり、怖がらせたりするのではなく、彼らの心を動かすようなウェブサイトを心がけましょう。 定期的にサイトを更新し、さまざまなデバイス(スマートフォン、ラップトップ、タブレット)で簡単に調整できるレスポンシブなサイトデザインにしましょう。 また、製品やチーム、オフィスのリアルでプロフェッショナルな画像を追加するようにしましょう。サイトをより個人的で親しみやすいものにするために、ちょっとしたカスタムタッチを加えましょう。ストックイメージは印象を悪くするので使わないようにしましょう。 また、サイトマップをシンプルにしましょう。何百ものページを積み重ねるよりも、焦点を絞ったウェブサイトの方がはるかに優れています。 フォーム、リンク、ボタンなどが正しく機能しているかどうか、定期的にチェックしましょう。また、チェックアウト時の支払いプロセスもチェックする必要があります。 3Dモデル、データシート、ドキュメントなどの追加情報を提供し、見込み客が貴社のサービスや製品を徹底的に分析できるようにしましょう。 7.まとめ これらのB2Bマーケティング戦略以外にも、店舗のコンバージョン率を向上させるために使える戦略はたくさんあります。この記事がB2Bストアのコンバージョン率向上の一助となり、貴社に大きな利益をもたらすことを願っています。SmartOSCのコミュニティに参加して、より多くのeコマースの知識を得ましょう。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
31 March 2021 / Published in Ecommerce
ソース 多くの企業が経験しているように、適切なツールを備えることが重要です。ビジネスの成長に伴い、エンタープライズeコマースプラットフォームは、製品カタログのレンダリングから注文の管理まで、さまざまなタスクを処理する機能を備えている必要があります。ビジネスが成長し始めると、新しい通貨や注文数の増加により、オンラインストアがより混沌とした状態になるため、これらのタスクの複雑さが増します。 eコマース・ソフトウェアは、顧客をチェックアウトに導く際に、会社をまとめ、運営を維持します。世の中にはたくさんのソフトウェアがありますが、中にはエンタープライズ企業向けに作られたものもあります。 ここでは、最も優れた企業向け E コマースプラットフォームをいくつかご紹介します。 1.最高の企業向け E コマースプラットフォーム 最良の企業向け e コマースプラットフォームの検討に入る前に、企業向けと、それに代わるシンプルなビジネスとの間には違いがあることを知っておく必要があります。ほとんどのビジネスは、ある程度、企業に分類することができます。しかし、だからといってエンタープライズグレードのeコマースプラットフォームが必要というわけではありません。 エンタープライズ企業は、一般的に複数の種類のサービスや製品を提供しており、750万ドル以上の年間収益を達成することができます。エンタープライズ企業は、技術的・財政的リソースを複数の部門に分散していることが多く、マーケティングやビジネス成長のために独自のチームを持っています。 エンタープライズ企業は、注文数の増加や顧客数の増加など、より多くの要求に対応しなければならないため、より多くのソフトウェアも必要となる。オープンソースの技術を使って必要な機能をゼロから構築する企業もあれば、企業向けのオプションが付いた既製のeコマースソリューションを探す企業もあります。 市場に出回っている代表的なエンタープライズSaaSソリューションをいくつか紹介しますが、その際にはお客様独自のニーズを念頭に置くことをお勧めします。どのソフトウェアも独自の機能を持っていますが、これらのツールのほとんどは、異なる店舗や場所で複数の商品カテゴリーを管理するためのソリューションを備えていることを覚えておいてください。また、エンタープライズシステムは、CRMサービスなど、ビジネス全体で使用している他の主要ツールと統合することもできます。 エンタープライズeコマースでは、過去の購入履歴を追跡したり、購入履歴に基づいて商品を推奨したりすることができます。また、エンタープライズレベルのビジネスの要求に応えるために、より高いレベルのスケーラビリティを利用することもできます。 1.1.BigCommerce Enterprise 価格:月額500ドルから15,000ドルの間で、ストアの規模に応じて決定します。 BigCommerceは、必要なものすべてを同じ場所で揃えたいと考える企業のお客様にとって、素晴らしいストアです。BigCommerceでは、すぐに使えるパフォーマンスを提供することで、お客様ができるだけ早くストアの運営を開始できるようにしています。 BigCommerce Enterpriseでは、商品検索フィルターを作成し、ウェブサイトが提供する提案に基づいてエクスペリエンスをパーソナライズすることができます。1秒間に最大400回のAPIコールをサポートしているので、大規模な製品カタログの同期も問題なく行えます。また、250種類以上の支払い方法を選択することができ、世界中で販売する場合には、無数のローカルシステムから選択することができます。 BigCommerceにはローカルステージング機能があり、大きな決断を下す前にデザインの変更をリアルタイムで確認することができます。また、マルチレイヤーセキュリティとDDoSプロテクションにより、ストアの安全性を確保することもできます。機能は以下の通りです。 搭載されている機能 高度な機能 無制限の帯域幅 優れた99.5%の保持率 ハイレベルなセキュリティ 迅速なオンボーディング 優れたカスタマーサポート ユニークな検索プロセス 大規模な製品カタログのサポート 1秒間に400回のAPIコール 割引やプロモーションのオプション SEOサポート BigCommerce Enterprise の長所 スピーディなセットアップ:約95%のeコマース事業者が4ヶ月以内にセットアップを完了しており、競合他社に比べて約50%のスピードを誇ります。 24時間年中無休のカスタマーサポート:ライブチャット、電子メール、電話など、24時間体制のサポートを提供します。優先的にサポートを受けることができ、数秒で電話に出られるエージェントが対応します。 内蔵機能。エンタープライズでは、ウェブサイトに必要なすべての機能がすでに組み込まれているため、プラグインやエクストラを追加する必要がありません。 99.98%のアップタイム:企業にとって、ウェブサイトが突然機能しなくなることは許されません。だからこそ、BigCommerceはお客様のストアの稼働を確実にします。 優れた機能性:BigCommerceでは、必要な機能をすべて備えた素晴らしいウェブサイトを簡単に構築できます。 BigCommerce Enterpriseの短所 他のウェブサイト構築ソリューションと同様に、BigCommerceにも以下のようなマイナス面があります。 Paypalの手数料:BigCommerce Enterpriseプランでは、ペイメントゲートウェイを利用して製品を販売する際のトランザクション手数料が削減されません。つまり、ベーシックプランの場合と同様の取引手数料を支払うことになります。 カスタマイズの制限:プラグインやアプリにアクセスできないため、すでに組み込まれている機能に制限されます。 1.2.Shopify Plus 価格:月々2,000円から。 eコマースのどこにいるかは関係なく、おそらくShopify Plusの名前をすでに聞いたことがあるでしょう。Shopify Plusは、市場で最も優れた総合的なeコマースプラットフォームの1つです。使いやすい環境、驚くほど豊富なプラグイン、信じられないほどのパフォーマンスレベルなどが評価され、お客様から高い評価を得ています。 Shopify Plusでは、Shopifyに期待されるすべての機能に加えて、追加のボーナスを得ることができます。例えば、プロが作成した数多くのテンプレートにアクセスすることができます。また、Shop Payアプリにも対応しており、お客様が配送先や請求先の情報を保存することで、チェックアウトプロセスを高速化し、コンバージョン率を下げることができます。 Shopify Plusでは、同時に10店舗まで管理することができ、以下のような機能を利用することができます。 Shopify Plus アカデミーでの教育とサポート 高成長のマーチャントのために設計されたShopifyアプリ カスタマイズ可能なチェックアウトで店舗管理 カスタムアプリでのAPIコール マーチャントサクセスプログラム ローンチエンジニアがお客様のオンライン化サポート 無制限のスタッフアカウント 9つの拡張ストア 限定ベータプログラムへのアクセス ショピファイプラスアカデミー ショピファイプラスコミュニティへのアクセス 追加の許可設定 ホールセールチャンネル Shopify POS Pro Shopify Plusは、基本的なShopifyストアに期待される優れた機能を、エンタープライズ環境に適したものに変換しています。通常のShopifyと同様に、迅速かつ簡単に始めることができ、特にウェブサイトの構築と立ち上げを支援する専門チームのサポートを受けることができます。 Shopify Plusの長所 素早く簡単に始められる。Shopify は E コマース用の完全なホスト型プラットフォームで、コーディングや開発の必要はありません。ストア構築のサポートも受けられます。 驚くべき顧客サービス。Shopifyのサービスはどの価格帯でも非常に優れていますが、エンタープライズ環境では特に素晴らしいものとなっています。専任のマネージャーがついて、お客様の立ち上げを成功に導きます。 素晴らしい価値。最初は高く感じるかもしれませんが、実際にはShopifyを利用した方が、独自のサービスをゼロから構築するよりもずっと安いです。 素晴らしいスケーラビリティ。いつでも新しいプラグインやAPIを追加することができ、同時に10個までの異なるウェブサイトを運営することができます。 優れた処理速度。Shopify Plusは、1分間に最大10,000件のトランザクションを処理しますので、売上に支障が出る心配はありません。 カスタマイズ。ウェブサイトのテンプレートからチェックアウトまで、すべてをカスタマイズできるので、ブランドを際立たせることができます。 Shopify Plusの短所 どんなeコマースプラットフォームも完璧であることはありません。Shopify Plusは多くの優れた機能を備えていますが、以下のような欠点もあります。 コーディングを調整するためのサポートはあまりありません。Shopify Plusでは、WooCommerceやMagnetoのように一からカスタムデザインを作成することはできません。しかし、これはほとんどのホスト型プラットフォームに共通することです。 プラグインのコストがかさむ可能性がある。追加のプラグインやエクストラを導入すると、すぐに費用が膨らんでしまう可能性があります。 1.3.エンタープライズ向けWooCommerce 価格:プラグインとしてのインストールは無料ですが、WordPressのホスティング、ドメイン名の要求という形で追加費用が必要です。 WooCommerceは、世界最大級のサイト構築ツールであるWordPressを利用する機会に恵まれたビジネス向けのソリューションです。WooCommerceは、プラグインサービスとしてあなたのサイトを強力なオンラインストアに変換することができます。しかし、プラグインとして、この企業のeコマースソリューションにはそれほど多くの機能はありません。 WooCommerceを使えば、シンプルなWebサイトビルダー、顧客がすぐに現金にアクセスできるワンクリック返金など、スモールビジネスを簡単にエンタープライズに拡大することができます。WooCommerceはプラグインですが、WordPressには多くのアドオンが用意されているため、カスタマイズの機会が豊富にあります。さまざまなカスタマイズオプションを使いこなせるようになるには時間がかかるかもしれませんが、多くの人が、WordPressと同様、WooCommerceも学習者に適していると言っています。 ホームページからチェックアウトページまで、企業のビジネスをオンラインで成功させるために必要なすべての機能を調整することができます。機能は以下の通りです。 充実したデータベースの拡張性 安全な監査済みコード 30日間の返金保証 世界中のチームによるサポート 安心・安全なオンライン決済 シンプルなストア構築