01 April 2021 / Published in Ecommerce, Sitecore
まず、DAM(Digital Asset Management)システムとコンテンツハブの違いについて説明しましょう。 DAMとは、製品写真やブランドイメージ、ビデオ映像やPDF文書などのデジタル資産を管理するためのリポジトリのことです。 一方、コンテンツハブはデジタル資産管理だけではありません。単なるデジタルコンテンツの保存にとどまらず、コンテンツマーケティングやオムニチャネル配信までを視野に入れています。 コンテンツの問題を解決するためにSitecoreパートナーに概要書やRFPを発行しようとしている場合、Sitecore DAMとSitecore Content Hubのどちらが必要なのかを知る必要があるため、この違いを理解することは重要です。 1.Sitecore DAM デジタルメディアファイルを保存したり取り出したりする必要がある場合は、Sitecore DAMを導入することをお勧めします。 Sitecore DAMでは、以下のことが可能になります。 写真、パッケージレイアウト、動画など、すべてのブランド資産をアップロードして保存することができます。 各コンテンツをカテゴリー別に分類し、キャンペーンに必要なコンテンツを素早く検索可能にします。 各ファイルにメタデータと使用権情報を追加します。 世界中のチームからアップロードされたすべてのコンテンツをレビューし、検証します。 各コンテンツのライフサイクルとライフタイムを管理します。 組織内の他のユーザーとアセットを共有します。 Sitecore DAMは、Salesforce Marketing Cloudはもちろん、Sitecore Experience PlatformやSitecore Experience Commerceともシームレスに統合されています。 Sitecore DAMを使用することで、適切なコンテンツを探す時間が短縮され、マーケティング業務が迅速になり、スタッフの満足度も向上します。また、どのようなアセットであっても、どこでどのように使用されても、世界中でブランドの一貫性を保つことができます。 しかし、Sitecore DAMだけでは、お客様にとって適切なソリューションとは言えません。 マーケティングコンテンツが異なるシステムや地域に散らばっていませんか? ブランドコンテンツやマーケティングキャンペーンのアセットをチームで共同制作することが難しいと感じていませんか? コンテンツマーケティングの規模を拡大することが難しいと感じていますか? 市場のローカライズのために、同じコンテンツの複数のバージョンを作成する必要がありますか? あらゆるチャネルで簡単にアセットを公開することができませんか? スタッフがコンテンツの保存場所に困っていませんか? これらの質問の答えが「はい」であれば、Sitecore Content Hubを使用した方が良いでしょう。 Sitecore Content Hubは、コンテンツマーケティングやオムニチャネルへの対応、コラボレーションの効率化、キャンペーンコンテンツに関するマーケティング担当者との明確なコミュニケーションを可能にします。 2.Sitecore Content Hub マーケティングコンテンツは、しばしば散在します。コンピュータ上にあったり、ネットワークドライブ上のフォルダにあったりします。ネットワークドライブのフォルダの中。パワーポイントのファイルの中。中にはマーケティングチームが所有していないシステムもあります。組織が大きくなればなるほど、システムの数も増え、マーケティングチームがブランド資産を管理する上での課題も大きくなります。 問題の規模を示すために、大企業における次のようなシナリオを想像してみてください。 ERP(Enterprise Resource Planning)システムは、財務や物流の情報を保持するために設計されており、ブランド、製品カテゴリー、SKU、異なる市場や異なる顧客への製品の供給状況などの情報を保持しています。 製品の開発と管理をサポートするPLM(Product Lifecycle Management)システムには、製品の技術仕様書や、ウェブサイトやパンフレットに使用される技術文書が含まれていることが多いです。 デジタル資産管理システム(DAM)には、製品画像、パッケージのレイアウト、ビデオなど、すべてのクリエイティブおよびマーケティングメディアファイルが格納されます。 組織のマーケティングリソース管理(MRM)プラットフォーム、またはキャンペーン管理プラットフォームは、戦略的計画、予算編成、クリエイティブの見直しから、年間カレンダーの設定、メディアプランニング、結果の測定に至るまで、マーケティングサイクル全体をサポートし、測定します。 企業には、これらすべての異なるプラットフォームにまたがるマーケティング資産やブランドコンテンツがあり、マーケティングチームはそれをうまく活用して仕事をしなければなりません。 このような状況は、マーケティング担当者にとって大きなフラストレーションとなります。このような状況では、マーケティングキャンペーンや販促物を迅速に作成することができず、競合他社よりも迅速に市場に参入し、真のビジネスの成功を収めることができなくなりかねません。 Sitecore Experience Platform用のSitecore Content Hubには以下の機能があります。 デジタルアセットマネジメント(DAM コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP) マーケティングリソース管理(MRM) プロダクトコンテンツマネジメント(PCM) ソース:Sitecore より多くの企業が、顧客を惹きつけ、惹きつけ、転換させるために、より多くのコンテンツを作成しています。マーケターが成果を出すために必要な時間が少なくなっている今、Sitecore Content Hubの導入を検討するのに最適な時期はありません。 3.Sitecore DAMとSitecore Content Hubを使い始めましょう! Sitecore Content Hubに精通しています。DAMを含むSitecoreと異なるシステムを統合して、教育や海運から専門家や金融サービスまで、さまざまなブランドのコスト削減と実際のビジネス成果を推進してきた長年の経験があります。 デジタルアセットマネジメントと配信についてはこちらをご覧ください。 コンテンツハブがビジネスに重要な理由 コンテンツハブのビジネスケース Sitecore Content Hub:マーケターの夢のツール Sitecore DAMとSitecore Content Hubについてもっと知りたい方や、Sitecore DAMまたはSitecore Content Hubの導入パートナーが必要な方は、ぜひお問い合わせください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
01 April 2021 / Published in Ecommerce
Eコマースビジネスの規模が大きくなるにつれ、ビジネスプロセスの要求も高くなります。かつては効率的に機能していたシステムも、注文の増加、繰り返し、複雑さが増すにつれて、故障したり、非効率になったりします。 一方で、Eコマースビジネスのオーナーは、100以上のタスクを処理しなければなりません。マーケティング、在庫、出荷から決済まで、Eコマースの自動化なしにトップを維持することは不可能です。 さらに、デジタル市場は急速なペースで進化・成長しており、ストアオーナーとしては、最新のビジネストレンドを確実に把握し、迅速に導入する必要があります。 Eコマースビジネスのオーナーとしては、衝撃に強く、スマートなテクノロジーを取り入れる必要があります。デジタルストアを効率的に運営するための最も多様なツールの1つが、データ統合と自動化です。 デジタルストアのオーナーとしてこなさなければならない複数のタスクとは別に、Eコマースストアのオーナーは、手動で処理しなければならない様々なワークフローの合理化に苦労することがよくあります。電子商取引の自動化により、店舗のバックエンドを簡素化することができ、より重要なことに集中できるようになります。 実際、今日では多くの企業が、コストと時間を節約し、顧客体験を向上させるために、Eコマース・オートメーションを導入しています。 しかし、ここで100万ドルの質問がやってきます。”eコマースオートメーションとは何か?””なぜデジタルストアに必要なのか?” その答えを知りたい方は、ぜひお付き合いください。このガイドでは、Eコマースオートメーションとは何か、Eコマースビジネスを自動化する方法、そして最後にEコマースオートメーションがデジタルビジネスにどんなメリットをもたらすかについて詳しく説明します。 1.eコマース・オートメーションとは? ShopifyPlusでは、Eコマースオートメーションを次のように定義しています。 「eコマースオートメーションとは、お客様のビジネスにおけるタスク、プロセス、キャンペーンを、必要なときに正確に実行するインテリジェントな自動化に変換するために構築されたソフトウェアです。それは、ビジネスが今あるものでより多くのことを行うことができる方法です。」 分かりやすく説明するために、例を挙げてみましょう。お客様がショッピングカートを放棄した場合、CRMに放棄されたカートの記録を残しておけば、お客様にフォローアップメールを送信して、より多くの売上を獲得することができます。 今では、手動でのデータ入力の手間を省くために、簡単に設定できるeコマースオートメーションのワークフローの一部となっています。 簿記の自動化、在庫管理、Eメールマーケティングキャンペーンの成功など、Eコマースオートメーションはデジタルビジネスのあらゆる段階で必要不可欠です。 従業員がビジネスのより重要な側面に集中するようになった今、Eコマースストアのオーナーは、通常は従業員が担当しているありふれたワークフローを完全に自動化する必要があります。 自動化は究極の成功への鍵であり、遅れをとることはありません。Bigcommerce、Shopify、WooCommerceのようなEコマースプラットフォームでさえ、自動化をダイナミックに優先しています。 信じられないことですが、Shopifyは自動化アプリ「Kit」を構築しました。この自動化アプリにより、「Shopify」のストアオーナーはビジネス広告を自動化することができます。 しかし、ここで疑問が生じます。この誇大広告を裏付ける証拠はあるのでしょうか? Shopify社によれば、それは間違いなくイエスです。 昨年のブラックフライデーセールでは、Eコマースの自動化によって20億ドル以上の収益を上げました。さらに、あるEコマースストアが新しいアパレルラインの立ち上げを自動化したところ、驚くべきことに、1時間で15万ドル以上のROIが得られ、人気商品をわずか2分で売り切ることができたそうです。これはすごいことですよね。 収益を上げるのは簡単なようですが、デジタルストアにeコマースの自動化を設定するには時間がかかります。例えば、Eメールマーケティングキャンペーンの自動化を計画している場合、最初のステップは、Eメールのレイアウトやコピーをテストして、リードを生み出すために何通のEメールを送信しなければならないかを把握することです。 結果が出たら、この戦略を恒久的に実施し、メールマーケティングキャンペーンを成功させましょう。 さて、次はEコマースビジネスのどの部分を自動化できるかを考えてみましょう。 2.eコマース・ビジネスを自動化するには? 2.1.eコマースの販売と在庫管理 eコマースビジネスの運営は、特に在庫を手動で管理しなければならない場合、非常に困難です。手動での在庫管理は、かなり時間のかかる作業です。在庫リストを何時間もスクロールしたり、商品価格を更新したり、古い在庫リストを破棄したり、在庫切れの商品を再注文したりすることに、ストアオーナーとして慣れていなければなりません。 在庫管理とは別に、店舗オーナーはすべての顧客を管理しなければなりません。顧客は、店舗をどのように見つけたか、どの販売チャネルを使って購入したか、注文した商品の数、注文頻度などに基づいて分類されます。 しかし、この顧客管理はこれだけでは終わりません。 競争の激しい市場で優位に立ちたいのであれば、獲得した顧客データを賢く活用して、ロイヤルカスタマーへの自動割引の設定や、リスクの高い注文をカスタマーサポートに通知するなど、ビジネスプロセスをシームレスに効率化する必要があるのだ。 販売管理や在庫管理は日常的な業務ですが、すべてのビジネスに欠かせない要素です。しかし、この作業を自分や誰かのタスクリストに追加する必要はありません。 販売・在庫管理のワークフローを自動化することで、時間を節約し、他の重要なことをこなせるようにしましょう。 2.1.1.販売・在庫管理の自動化とは? Eコマースビジネスにおいて、自動化を利用できる場所はいくつかあります。 商品の在庫管理 商品パフォーマンスの分析 商品の在庫切れを警告する データに基づく在庫管理 2.1.2.販売管理と在庫管理を自動化するには? 商品の在庫が少なくなったことを在庫管理責任者に通知し、品切れになる前に在庫を確保できるような特定のプロセスを設定することができます。さらに、在庫の少ない商品の価格を上げて、需要を活用し、よりスマートに稼ぐこともできます。 最も人気のあるEコマースプラットフォームのひとつであるBigCommerceは、在庫の一元管理を可能にします。これにより、商品の在庫状況を把握したり、在庫不足の商品を警告したり、顧客に情報を提供したりすることができます。 欲しい商品が手に入らないとがっかりすることもありますが、お客様は常に最新情報に登録し、商品が再入荷したときにお知らせするようにしています。 2.2.eコマース Eメールマーケティングオートメーション メールマーケティングは、古くからある、しかし効果的なマーケティング戦術です。Eメールマーケティングは、すべてのEコマースストアのオーナーが常に注目しています。顧客が進化するにつれ、パーソナライズされたコンテンツを求めるようになり、一般的なコールドメールでは何の利益も得られないことがわかっています。 今日のマーケティングの世界では、メールマーケティングは顧客との関連性が高く、パーソナライズされたものでなければなりません。それぞれの顧客に合わせたメールを送信する最も優れた方法は、Eコマースメールマーケティングオートメーションです。 市場のトップレベルのEコマースストアは、すでに自動化されたEメールを活用して、顧客の行動やトリガーに基づいて様々な目的のEメールマーケティングキャンペーンを成功させています。 このようなメールマーケティングキャンペーンには、有効期限の切れた割引キャンペーンのお知らせ、購入に興味のある商品のクロスセルやレコメンド、放棄されたショッピングカートのお知らせなどが含まれますが、その数はごくわずかです。 自動化されたメールを使えば、店舗オーナーは、より多くのクリックと売上をもたらすメッセージを送ることができます。 2.3.メールマーケティングの自動化とは? メールオートメーションを利用すると、買い物客一人一人に合わせたコンテンツを作る手間が省けます。その分、お客様の行動を分析したり、キャンペーンの戦略を立てたりすることができ、より多くの売上を上げることができます。 以下は、EメールによるEコマースオートメーションが利用できるいくつかの場所です。 カート放棄の回復 商品のクロスセル、アップセル 製品/サービスの推奨 ロイヤリティプログラムの推進 Eコマースのメールマーケティングを自動化するには? Eメールマーケティングキャンペーンを自動化するためのアプリケーションはたくさんあります。Gmail、MailChimp、Zoho、Hubspot、Salesforceなどのアプリケーションを使って、メールマーケティングキャンペーンを成功させ、より多くの収益を自動的に得ることができます。 Shopify IntegrationとMailChimpをセットアップして、商品、注文、放棄されたカート、そして顧客をわずか数分で同期させることができます。WooCommerce、BigCommerce、Magentoに任意のメールマーケティングアプリを統合して、すべてのプロセスをシームレスに自動化します。 2.4.カスタマーサポート管理 すべてのお客様が貴社のEコマースストアで素晴らしいショッピング体験をするためには、優れたカスタマーサポートシステムが不可欠です。 Dimensional Research社によると、約52%のお客様が、優れたカスタマーサービスを提供している企業のサービスや製品を継続して利用しています。一言で言えば、カスタマーサポートは、あなたのEコマースビジネスの成長と成功を左右するものなのです。 しかし、カスタマーサポート管理のすべての側面を把握することはほとんど不可能です。提起されたチケットの管理から要求された変更の実行まで、これらすべてのタスクを効率的に処理するためには、優れたカスタマーサポートシステムが必要となります。 例えば、製品のカスタマイズを可能にする製品ページにアクセスできないという苦情がお客様から寄せられた場合、サイト開発者に連絡してこのエラーを修正しなければなりません。 一方で、1日に多くのお客様からのリクエストを受けていると、いくつかのリクエストを見逃してしまう可能性があり、それに気づいて連絡したときにはすでに手遅れで、お客様を失ってしまうかもしれません。 しかし、このような状況は、最高のカスタマーサポート管理アプリを導入して、カスタマーサポートシステムを自動化することで、簡単に回避することができますのでご安心ください。 2.4.1.カスタマーサポート管理を自動化するには? eコマースのカスタマーサポートシステムには、自動化できる部分がいくつかあります。 サポートの提供 放置されたカートの回収と削減 製品のアップセルとクロスセル 製品の推奨 2.4.2.Eコマースのカスタマーサポートプロセスを自動化するには? Automate.io を使用して、Salesforce、Intercom、Hubspot、Freshdesk などの主要なカスタマーサポートアプリと統合することができます。これらの統合により、カスタマーサポートシステムを強化し、顧客満足度を高めることができます。 スプレッドシートへのチャットセッションの記録から、チケットの発行、さらにはライブチャットセッション終了後の電子メールの設定まで、あなたのストアのライブチャット機能を自動化することで、あなたの E コマースビジネスの顧客管理をより体系的かつ効率的にすることができます。 例えば、チケットが発行されると、HubspotやSalesforceなどのCRMツールに登録されているすべての顧客データが自動化によって取得され、サポートチームは顧客の必要な情報をすべて把握した上で、作業を進めることができます。 2.5.ソーシャルメディア・マーケティング・キャンペーンの管理 ソーシャルメディアプラットフォームは、すべてのお客様とコミュニケーションをとり、強固な関係を築くための最良の方法のひとつであることは間違いありません。 フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストは、店舗オーナーが様々な方法で顧客と関わるために使用できる最も人気のあるソーシャルメディア・プラットフォームの一部です。 一般的に、店舗オーナーはソーシャルメディアのページにオーガニックな投稿をして、既存のお客様の関心を維持する一方で、有料のマーケティングキャンペーンを実施して新規のお客様を獲得します。 そのためには、ソーシャルメディアのアカウント管理に役立つソフトウェアが必要です。さもなければ、すべてのチャンネルにメッセージを送るために多くの時間を費やすことになります。 さまざまなソーシャルチャネルのペイドとオーガニックの両方から得られたデータを処理するのは非常に面倒です。しかし、この作業を自動化すれば、ビジネスに大きな利益をもたらすことができます。 2.5.1.ソーシャルメディアによるEコマースの自動化で何ができるのでしょうか? 以下のようなことができると考えています。 フラッシュディスカウントキャンペーンの実施 放置されたカートの回収 ストア訪問者のリターゲティング 2.5.2.ソーシャルメディアキャンペーンを自動化するには? Bufferのようなアプリを使えば、ソーシャルメディアキャンペーンの自動化が以前よりもずっと簡単になりました。Bufferは、Foster Coffee Companyのような人気のある店舗では、様々なソーシャルチャネルにコンテンツを投稿することを考えるよりも、パフォーマンスやコンテンツに集中することができるようになりました。 また、Automate.ioのようなアプリを使えば、Facebook Leads Adsと簡単に接続でき、すべての有料広告を効率的に管理するのに役立つでしょう。 2.6.帳簿管理と支払いの自動化 支払い管理は、ストアオーナーが最も苦手とする管理作業です。完全に機能するEコマースストアを運営している場合、財務管理には他のどのビジネスタスクよりも多くの時間がかかります。 従業員の支払い管理から、使用しているプラットフォームやアプリへの支払い、メーカーへの支払い、顧客から送られてくる支払いの記録と追跡まで、手作業による帳簿管理は大きな悪夢です。 Stripe、PayPal、FreshBooksなどの決済ソフトウェアを使用して、すべてのデジタルアカウントを追跡し、領収書でいっぱいのフォルダを管理しないようにすることを強くお勧めします。財務要件を統合して、請求書作成、会計、および請求書発行の自動化ソリューションを提供する必要があります。 2.6.1.簿記と支払いで自動化できることは? この電子商取引の自動化では、次のことが可能です。 新規顧客アラートの送信(チャットアプリ、メール、サポートツール、プロジェクト管理 新規支払い、支払い期限のアラート 請求書の自動作成 2.6.2支払いや簿記を自動化するには? Automate.ioでは、選択した財務ソフトウェアを簡単に統合して、すべての取引を1つのダッシュボードに表示したり、毎月のキャッシュフローを把握したりすることができます。
31 March 2021 / Published in Ecommerce
ここ数年、B2B eコマース業界では驚異的な成長が見られます。実際のところ、B2B eコマースの売上高は2018年に遡って1兆ドルに達し、Forrester社によると、年間成長率は-今後5年間で10%増加するとのことです。 しかし、昨年は、産業が停止し、人々が自宅に制限され、国境が閉鎖されるなど、全世界にとって陰惨な年となりました。それに伴い、従来のB2Bビジネスモデルを採用していた何千ものB2B企業が、収益不足に悩まされています。 一方、ベッドフォード・インダストリーのような企業は、この混乱を利用して、即座にEコマースサイトを立ち上げ、コンバージョン率を高めました。 売上高が減少しても増加しても、景気の悪化は大きなチャンスをもたらすことがあります。しかし、この絶好の機会を十分に生かすためには、新しい、より良いB2B eコマースマーケティング戦略を構築することが不可欠です。 ここ数年で、B2B eコマースのマーケティング戦略は大きく変わりました。退屈な、当たり障りのない、古いタイプのマーケティングキャンペーンを行うことは、もはや受け入れられませんし、コンバージョン率を高めることにも役立ちません。 したがって、B2B企業がこの業界で競争力を維持し、関連性を保ちたいのであれば、マーケティング戦略をアップグレードすることが不可欠です。 これらの事実を読んだ後にパニックになる必要はありません。この記事では、Eコマースのコンバージョン率を大幅に高めることができる5つのB2B Eコマースマーケティング戦略について説明します。 1.コンテンツマーケティング戦略への投資 コンテンツが王様であることは間違いありません。優れたコピーコンテンツは、視認性を向上させ、より多くのクリックをもたらし、訪問者を教育し、消費者に転換させる刺激を与えることができます。 B2BのEコマースでは、コンテンツが重要な役割を果たします。B2Cのお客様とは異なり、B2Bのお客様はレジャーで買い物をするわけではありません。B2Bのバイヤーは、リソースを投入する前に、提供されたソリューションが自社のペインポイントを解決できるかどうかを調べるためにリサーチを行います。B2Bのバイヤーは、ベンダーを選ぶ前に、平均して少なくとも13個のコンテンツに目を通します。 「B2Bバイヤーの平均的なジャーニーでは、13個のコンテンツが消費されます。13個のコンテンツの内訳は、ベンダーが作成したものが平均8個、サードパーティが作成したものが平均5個です。コンテンツのソースは、ベンダーのウェブサイトが最も多く、次いで検索、ソーシャルメディアとなっています。」 MarTech Today 効果的なコンテンツマーケティング戦略を構築するためには、製品やサービスの価値を高める優れたコンテンツを作成する必要があります。 そのためには、以下のような様々な種類のコンテンツを作成する必要があります。 ブログコンテンツ :ウェブサイトの検索エンジンランキングを上げるためには、関連するキーワードで構成された高品質のコンテンツを更新することが不可欠です。ブランド認知度を高め、見込み客を適切に教育することでリードを生み出し、コンバージョン率を向上させます。 動画コンテンツ : 動画は、最も魅力的なタイプのコンテンツの一つです。約83%のマーケターが、動画コンテンツによって、より多くのリードを生み出し、コンバージョン率を高めることができたと報告しています。さらに、お客様は、動画コンテンツで紹介された製品を購入する際、より自信を持って購入することができます。 プレミアムコンテンツ : ケーススタディ、ウェビナー、ホワイトペーパーなどは、B2Bバイヤーにとって非常に価値があり、強力なリードジェネレーションツールとして機能します。 結論として、コンテンツマーケティングはこの業界で重要な役割を果たしています。しかし、コンテンツを作成するだけでは十分ではありません。 2.お客様の利益に焦点を当てること B2Bマーケティング担当者が製品説明を書く際に必ず行うことは、製品が提供するすべてのメリットを強調することです。 通常、商人は製品の特徴を並べるだけで、その製品がもたらすメリットを指摘しません。 例えば、「水を通さない機械」と書く代わりに、「お客様の貴重な時間を節約するために、この機械は食器洗い機でも使えるように設計されています」のように書きましょう。 購入者が魅力を感じ、ショッピングカートに入れるきっかけとなるように、製品情報をフレーズ化しましょう。 3.お客様の声とレビューの特集 お客様の声やレビューの影響は、決して軽視できません。簡単に言えば、B2BとB2Cの両方のお客様は、市場で好意的な評判を得ているブランドから購入します。 周知のように、ブランドの評判は、現在および過去の顧客がそのブランドについて何を言っているかに基づいています。 すべてがバーチャルなプラットフォームに移行した今、買い物客はオンラインで商品を見ているときに、商品に触れたり、匂いを嗅いだり、触ったりすることができません。 これが、多くのEコマース企業がコンバージョン率を向上させるためにクチコミやレビューを活用している理由です。 B2BのEコマースでは、購入者は自分のためではなく会社や組織のために購入するプロのバイヤーであるため、体験談や製品レビューに大きく依存しています。 B2Bのバイヤーは、高品質な製品、短いチェックアウトプロセス、タイムリーな配送、優れたカスタマーサービスを求めています。 お客様の声や製品レビューを集めるために、B2Bマーケッターはいくつかのステップを踏む必要があります。 購入者にフォローアップメールを送り、製品やサービス、全体的な顧客体験について率直なフィードバックをすることに興味があるかどうかを確認します。 顧客からのフィードバックに積極的に対応し、感謝の気持ちを伝え、さらに支援が必要かどうかを尋ねます。 上位のお客様の声は、ランディングページやウェブサイトのトップページに掲載するなどして、賢く利用しましょう。 また、お客様に報酬を与えることで、あなたの会社での経験について正直なフィードバックを残してくれるように動機づけましょう。 4.ユーザーエクスペリエンスの最適化 CROとしても知られるコンバージョン率の最適化は、売上を向上させるための重要なB2B eコマースマーケティング戦略です。販売者は、見込み客や顧客が自社サイトをどのように利用しているかを知らないため、実行可能な方法で売上を向上させることは非常に困難です。 そのため、B2B企業は、HotjarやCrazyEggなどのeコマースマーケティングツールを活用して、収益を最大限に高める必要があります。 このようなツールを使用することで、ユーザーエンゲージメントの記録、ヒートマップの作成、より良い販売コンバージョンファネルの構築などが可能になります。 5.ロイヤリティプログラムの導入 ロイヤリティプログラムは、効果的なマーケティング戦略の構築に不可欠な役割を果たします。B2Bの消費者は、1度や2度買い物をするだけの購買者ではありません。B2Bの消費者は、一度や二度の買い物ではなく、長期的に質の高いサービスを提供してくれるブランドを求めています。 そのためには、ダイナミックなロイヤルティプログラムを活用して、売上の向上につなげることが不可欠です。そのためには、ダイナミックなロイヤリティ・プログラムを活用し、売上に結びつけることが重要です。多額の投資をしてもらっているのに、ちょっとしたものを提供するだけでは不十分です。 そのためには、彼らが “NO “と言えないような既成概念にとらわれないものを提供する必要があります。マーケティング担当者は、常連客のためのロイヤリティ・プログラムを始める前に深く考えるべきです。 ここでは、あなたのビジネスに適用できる一般的なロイヤリティ・プログラムをいくつか紹介します。 5.1. ポイントプログラム この種のロイヤリティ・プログラムは、お客様がより多くの商品を購入し、より多くのポイントを獲得することを促します。顧客が買い物をするたびに、彼/彼女は彼らが費やした金額に応じて報酬ポイントを受け取ります。 5.2. 有料プログラム お客様に月会費や年会費を支払っていただき、VIP顧客用のカブを利用できるようにすることを有料のロイヤリティプログラムといいます。有料プログラムを導入するには、頻繁に購入してくださるお客様や既存のお客様がたくさんいる必要があります。新規顧客は、認知度の高いブランドでない限り、新しい報酬プログラムに参加することを躊躇するのが普通だからです。 5.3. ティアプログラム このロイヤルティプログラムは、主にお客様のブランドへの忠誠心に焦点を当てています。ロイヤルティが高ければ高いほど、より多くのポイントを受け取ることができます。既存のお客様が競合他社に行かず、自社ブランドに忠誠を誓ってくれるように促す、素晴らしいマーケティング戦略です。 5.4. サブスクリプションプログラム 報酬やポイントを提供しない新しいタイプのロイヤルティプログラムです。代わりに、お客様がこのロイヤリティ・プログラムに加入すると、無料で商品が提供されます。顧客があなたのブランドと長く付き合っていく動機付けとなる素晴らしいプログラムです。 したがって、B2Bビジネスのコンバージョン率を向上させたいのであれば、ロイヤリティ・プログラムの提供は必須です。 6.ストアのフロントエンドを検査すること B2Bスペースでは、モダンで洗練された高級感のあるデザインは重要ではありません。見込み客は、デザインよりも製品の品質や提供する情報に関心があります。しかし、一概にそうとは言えません。明確な情報を提供することで、購入者があなたに連絡を取り、自分のペインポイントについて相談してくれるようになるのです。 あなたのサイトは、ほとんどの見込み客があなたの会社と最初に接する場所です。コンテンツの質、全体的なユーザー体験、製品の質、カスタマーサービス、会社の質など、すべてが重要です。 B2Bバイヤーはレジャーで買い物をするわけではないので、仕事に支障をきたす可能性があるため、質の悪い製品には決して投資しません。つまり、B2Bのバイヤーは、B2Cのお客様よりも意思決定に時間がかかります。彼らはまず、あなたのサイトで詳細なリサーチを行います。 見込み客をイライラさせたり、混乱させたり、怖がらせたりするのではなく、彼らの心を動かすようなウェブサイトを心がけましょう。 定期的にサイトを更新し、さまざまなデバイス(スマートフォン、ラップトップ、タブレット)で簡単に調整できるレスポンシブなサイトデザインにしましょう。 また、製品やチーム、オフィスのリアルでプロフェッショナルな画像を追加するようにしましょう。サイトをより個人的で親しみやすいものにするために、ちょっとしたカスタムタッチを加えましょう。ストックイメージは印象を悪くするので使わないようにしましょう。 また、サイトマップをシンプルにしましょう。何百ものページを積み重ねるよりも、焦点を絞ったウェブサイトの方がはるかに優れています。 フォーム、リンク、ボタンなどが正しく機能しているかどうか、定期的にチェックしましょう。また、チェックアウト時の支払いプロセスもチェックする必要があります。 3Dモデル、データシート、ドキュメントなどの追加情報を提供し、見込み客が貴社のサービスや製品を徹底的に分析できるようにしましょう。 7.まとめ これらのB2Bマーケティング戦略以外にも、店舗のコンバージョン率を向上させるために使える戦略はたくさんあります。この記事がB2Bストアのコンバージョン率向上の一助となり、貴社に大きな利益をもたらすことを願っています。SmartOSCのコミュニティに参加して、より多くのeコマースの知識を得ましょう。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
31 March 2021 / Published in Ecommerce
ソース 多くの企業が経験しているように、適切なツールを備えることが重要です。ビジネスの成長に伴い、エンタープライズeコマースプラットフォームは、製品カタログのレンダリングから注文の管理まで、さまざまなタスクを処理する機能を備えている必要があります。ビジネスが成長し始めると、新しい通貨や注文数の増加により、オンラインストアがより混沌とした状態になるため、これらのタスクの複雑さが増します。 eコマース・ソフトウェアは、顧客をチェックアウトに導く際に、会社をまとめ、運営を維持します。世の中にはたくさんのソフトウェアがありますが、中にはエンタープライズ企業向けに作られたものもあります。 ここでは、最も優れた企業向け E コマースプラットフォームをいくつかご紹介します。 1.最高の企業向け E コマースプラットフォーム 最良の企業向け e コマースプラットフォームの検討に入る前に、企業向けと、それに代わるシンプルなビジネスとの間には違いがあることを知っておく必要があります。ほとんどのビジネスは、ある程度、企業に分類することができます。しかし、だからといってエンタープライズグレードのeコマースプラットフォームが必要というわけではありません。 エンタープライズ企業は、一般的に複数の種類のサービスや製品を提供しており、750万ドル以上の年間収益を達成することができます。エンタープライズ企業は、技術的・財政的リソースを複数の部門に分散していることが多く、マーケティングやビジネス成長のために独自のチームを持っています。 エンタープライズ企業は、注文数の増加や顧客数の増加など、より多くの要求に対応しなければならないため、より多くのソフトウェアも必要となる。オープンソースの技術を使って必要な機能をゼロから構築する企業もあれば、企業向けのオプションが付いた既製のeコマースソリューションを探す企業もあります。 市場に出回っている代表的なエンタープライズSaaSソリューションをいくつか紹介しますが、その際にはお客様独自のニーズを念頭に置くことをお勧めします。どのソフトウェアも独自の機能を持っていますが、これらのツールのほとんどは、異なる店舗や場所で複数の商品カテゴリーを管理するためのソリューションを備えていることを覚えておいてください。また、エンタープライズシステムは、CRMサービスなど、ビジネス全体で使用している他の主要ツールと統合することもできます。 エンタープライズeコマースでは、過去の購入履歴を追跡したり、購入履歴に基づいて商品を推奨したりすることができます。また、エンタープライズレベルのビジネスの要求に応えるために、より高いレベルのスケーラビリティを利用することもできます。 1.1.BigCommerce Enterprise 価格:月額500ドルから15,000ドルの間で、ストアの規模に応じて決定します。 BigCommerceは、必要なものすべてを同じ場所で揃えたいと考える企業のお客様にとって、素晴らしいストアです。BigCommerceでは、すぐに使えるパフォーマンスを提供することで、お客様ができるだけ早くストアの運営を開始できるようにしています。 BigCommerce Enterpriseでは、商品検索フィルターを作成し、ウェブサイトが提供する提案に基づいてエクスペリエンスをパーソナライズすることができます。1秒間に最大400回のAPIコールをサポートしているので、大規模な製品カタログの同期も問題なく行えます。また、250種類以上の支払い方法を選択することができ、世界中で販売する場合には、無数のローカルシステムから選択することができます。 BigCommerceにはローカルステージング機能があり、大きな決断を下す前にデザインの変更をリアルタイムで確認することができます。また、マルチレイヤーセキュリティとDDoSプロテクションにより、ストアの安全性を確保することもできます。機能は以下の通りです。 搭載されている機能 高度な機能 無制限の帯域幅 優れた99.5%の保持率 ハイレベルなセキュリティ 迅速なオンボーディング 優れたカスタマーサポート ユニークな検索プロセス 大規模な製品カタログのサポート 1秒間に400回のAPIコール 割引やプロモーションのオプション SEOサポート BigCommerce Enterprise の長所 スピーディなセットアップ:約95%のeコマース事業者が4ヶ月以内にセットアップを完了しており、競合他社に比べて約50%のスピードを誇ります。 24時間年中無休のカスタマーサポート:ライブチャット、電子メール、電話など、24時間体制のサポートを提供します。優先的にサポートを受けることができ、数秒で電話に出られるエージェントが対応します。 内蔵機能。エンタープライズでは、ウェブサイトに必要なすべての機能がすでに組み込まれているため、プラグインやエクストラを追加する必要がありません。 99.98%のアップタイム:企業にとって、ウェブサイトが突然機能しなくなることは許されません。だからこそ、BigCommerceはお客様のストアの稼働を確実にします。 優れた機能性:BigCommerceでは、必要な機能をすべて備えた素晴らしいウェブサイトを簡単に構築できます。 BigCommerce Enterpriseの短所 他のウェブサイト構築ソリューションと同様に、BigCommerceにも以下のようなマイナス面があります。 Paypalの手数料:BigCommerce Enterpriseプランでは、ペイメントゲートウェイを利用して製品を販売する際のトランザクション手数料が削減されません。つまり、ベーシックプランの場合と同様の取引手数料を支払うことになります。 カスタマイズの制限:プラグインやアプリにアクセスできないため、すでに組み込まれている機能に制限されます。 1.2.Shopify Plus 価格:月々2,000円から。 eコマースのどこにいるかは関係なく、おそらくShopify Plusの名前をすでに聞いたことがあるでしょう。Shopify Plusは、市場で最も優れた総合的なeコマースプラットフォームの1つです。使いやすい環境、驚くほど豊富なプラグイン、信じられないほどのパフォーマンスレベルなどが評価され、お客様から高い評価を得ています。 Shopify Plusでは、Shopifyに期待されるすべての機能に加えて、追加のボーナスを得ることができます。例えば、プロが作成した数多くのテンプレートにアクセスすることができます。また、Shop Payアプリにも対応しており、お客様が配送先や請求先の情報を保存することで、チェックアウトプロセスを高速化し、コンバージョン率を下げることができます。 Shopify Plusでは、同時に10店舗まで管理することができ、以下のような機能を利用することができます。 Shopify Plus アカデミーでの教育とサポート 高成長のマーチャントのために設計されたShopifyアプリ カスタマイズ可能なチェックアウトで店舗管理 カスタムアプリでのAPIコール マーチャントサクセスプログラム ローンチエンジニアがお客様のオンライン化サポート 無制限のスタッフアカウント 9つの拡張ストア 限定ベータプログラムへのアクセス ショピファイプラスアカデミー ショピファイプラスコミュニティへのアクセス 追加の許可設定 ホールセールチャンネル Shopify POS Pro Shopify Plusは、基本的なShopifyストアに期待される優れた機能を、エンタープライズ環境に適したものに変換しています。通常のShopifyと同様に、迅速かつ簡単に始めることができ、特にウェブサイトの構築と立ち上げを支援する専門チームのサポートを受けることができます。 Shopify Plusの長所 素早く簡単に始められる。Shopify は E コマース用の完全なホスト型プラットフォームで、コーディングや開発の必要はありません。ストア構築のサポートも受けられます。 驚くべき顧客サービス。Shopifyのサービスはどの価格帯でも非常に優れていますが、エンタープライズ環境では特に素晴らしいものとなっています。専任のマネージャーがついて、お客様の立ち上げを成功に導きます。 素晴らしい価値。最初は高く感じるかもしれませんが、実際にはShopifyを利用した方が、独自のサービスをゼロから構築するよりもずっと安いです。 素晴らしいスケーラビリティ。いつでも新しいプラグインやAPIを追加することができ、同時に10個までの異なるウェブサイトを運営することができます。 優れた処理速度。Shopify Plusは、1分間に最大10,000件のトランザクションを処理しますので、売上に支障が出る心配はありません。 カスタマイズ。ウェブサイトのテンプレートからチェックアウトまで、すべてをカスタマイズできるので、ブランドを際立たせることができます。 Shopify Plusの短所 どんなeコマースプラットフォームも完璧であることはありません。Shopify Plusは多くの優れた機能を備えていますが、以下のような欠点もあります。 コーディングを調整するためのサポートはあまりありません。Shopify Plusでは、WooCommerceやMagnetoのように一からカスタムデザインを作成することはできません。しかし、これはほとんどのホスト型プラットフォームに共通することです。 プラグインのコストがかさむ可能性がある。追加のプラグインやエクストラを導入すると、すぐに費用が膨らんでしまう可能性があります。 1.3.エンタープライズ向けWooCommerce 価格:プラグインとしてのインストールは無料ですが、WordPressのホスティング、ドメイン名の要求という形で追加費用が必要です。 WooCommerceは、世界最大級のサイト構築ツールであるWordPressを利用する機会に恵まれたビジネス向けのソリューションです。WooCommerceは、プラグインサービスとしてあなたのサイトを強力なオンラインストアに変換することができます。しかし、プラグインとして、この企業のeコマースソリューションにはそれほど多くの機能はありません。 WooCommerceを使えば、シンプルなWebサイトビルダー、顧客がすぐに現金にアクセスできるワンクリック返金など、スモールビジネスを簡単にエンタープライズに拡大することができます。WooCommerceはプラグインですが、WordPressには多くのアドオンが用意されているため、カスタマイズの機会が豊富にあります。さまざまなカスタマイズオプションを使いこなせるようになるには時間がかかるかもしれませんが、多くの人が、WordPressと同様、WooCommerceも学習者に適していると言っています。 ホームページからチェックアウトページまで、企業のビジネスをオンラインで成功させるために必要なすべての機能を調整することができます。機能は以下の通りです。 充実したデータベースの拡張性 安全な監査済みコード 30日間の返金保証 世界中のチームによるサポート 安心・安全なオンライン決済 シンプルなストア構築
30 March 2021 / Published in Ecommerce
Magento 2マーチャントのためのドロップシッピングアプローチ ドロップシッピングは、Eコマース事業者が運営コストを下げるために有効な手法です。近年、ドロップシッピング市場はこれまで以上に順調に成長しており、競合他社も増えてきています。この記事では、基本的な定義を把握した上で、ドロップシッピング手法の長所と短所、さらには自社に合ったEコマースのドロップシッピングモデルの始め方について、より深い洞察を探っていきます。 1.ドロップシッピングとは? ドロップシッピングとは、ブランドが直接在庫を管理・流通させる必要がない小売手法です。その代わり、ドロップシッピングサービスを利用している店舗が注文を受けると、その注文はドロップシッピングサービスによって処理されます。つまり、配送先や注文日、商品番号などの情報は、第三者(ドロップシッピング会社や大手問屋、あるいはメーカー自身)に送られ、販売者に代わって注文を処理することになる。したがって、ドロップシッピング方式では、売り手は自分で商品を倉庫に保管する必要がなく、注文を直接処理する必要もありません。ドロップシッピングサービスを利用するすべての販売者は、できるだけ多くの注文を持続的に発生させればよいです。 従来の小売モデルとの大きな違いは、販売者が商品の在庫を持たないことです。店舗は、登録されたサードパーティに注文を転送するだけで、そのサードパーティが店舗に代わって注文を処理します。この新しいビジネスモデルでは、店舗は実際にメーカーから商品を購入し、後で再販する必要はありません。物理的なインフラや在庫を必要としないため、従来の実店舗ではなく、Eコマースの小売業者に適しています。 2.ドロップシッピングのメリット ドロップシッピングは、その手軽さから、Eコマースの起業家にとっては、まさに最適なビジネスモデルです。ここでは、ドロップシッピングが企業にもたらす大きなメリットをご紹介します。 2.1. スタートアップコストの削減 ドロップシッピングの最大のメリットは、ビジネスを始めるために必要な資金が少ないことでしょう。ドロップシッピングを利用すれば、数千ドルもの在庫投資をすることなく、Eコマースストアはビジネスを開始することができます。従来の方法とは異なり、今では小売業者は在庫インフラから莫大な資金を貯めて、他の部門に資金を供給することができます。 さらに、ドロップシッピングでは、在庫の整理や注文に対応するための従業員の雇用などに時間を割く必要がないため、店主は革新的なアイデアでより多くのリードや注文を生み出すための時間を確保することができます。このように、ドロップシッピングは、特に標準的な小売モデルを運営するための十分な資金を持っていない場合に、自分のビジネスを始めることをとても簡単にしてくれます。 2.2. 規模の拡大が容易 ドロップシッピングサービスを利用するビジネスでは、注文の処理が拠点の規模やスタッフの数に関係なく行われるため、迅速かつ容易に規模を拡大することができます。これは、売上の変動が避けられない季節的な小売業者にとっては、当然有益なことです。しかし、ドロップシッピング戦略を採用している企業は、従来のEコマースストアよりも迅速かつ容易に拡大できる可能性が高いのです。 また、ドロップシッピングサービスを提供するサプライヤーも、さまざまな分野の企業にサービスを提供しているため、ビジネスが拡大しやすく、より多くの収益を得られる傾向にあります。ドロップシッピングを利用する企業が増えれば増えるほど、サードパーティ企業はより多くの利益を得ることができます。 このように、ドロップシッピングを利用する側と提供する側、双方にとってメリットがあると考えられます。 2.3. 高い柔軟性 ドロップシッピングは、時間や管理など、様々な面で柔軟性に富んでいます。インターネットにアクセスできる環境があれば、取引先や顧客とのコミュニケーションが容易になります。ブランドは、いつでもどこでもオンラインビジネスを行うことができ、季節や市場の好みに応じて様々な種類の商品を提供することに物理的な障害はありません。 また、スタートアップ企業が新しい店舗を立ち上げた場合、小売業者は常に新商品をテストする必要がある。ドロップシッピングを利用すれば、大量の在庫を購入する前に、顧客の好みに合った商品を見つけることができます。 2.4. 豊富な品ぞろえ ショップオーナーは、販売する商品をすべて事前に購入する必要がないため、仕入先に在庫があれば、追加コストなしで、さまざまなトレンド商品を潜在的な顧客に提供することができます。このように、ドロップシッピングはeコマースストアの商品提供の幅を広げ、お客様に多様な選択肢を提供することができます。 3. ドロップシッピングの欠点 上記のようなメリットがあるため、ドロップシッピング戦略は、オンラインストアを始めたい、あるいは既存の商品を拡大したいと考えているビジネスにとって、非常に魅力的なモデルとなっています。しかし、他の方法と同様に、ドロップシッピングにも適用する前に考慮しなければならない欠点がありますので、以下に説明します。 3.1. サードパーティへの依存 一般的に、小売業者は仕入先にある程度依存していますが、ドロップシッピングサービスではその傾向がさらに強くなります。例えば、第三者である仕入先が注文通りに履行しなかった場合、小売業者は顧客からのクレームに直面する可能性があります。また、仕入先が突然倒産したり、約束通りの商品を提供することが困難になったりした場合、小売業者は事業運営に大きな支障をきたすことになります。 このような問題は、物理的な在庫を持ち、ビジネスを直接管理しているマーチャントであれば、それほど深刻ではないと思われます。どの方法にも長所と短所があるため、新しいブランドは、予期せぬ混乱に対処するために十分な準備をしておく必要があります。 また、ドロップシッピングでは、商品の在庫や品質を第三者が管理できるため、商品を出荷する前に商品を吟味したり、お客様に特別なサービスを提供したりすることができなくなります。例えば、お客様が商品について質問したり、苦情を言ったりした場合、小売業者は関係する第三者と協力して問題を解決しなければならず、注文処理プロセスにサプライヤーが含まれていない場合に比べて、管理プロセスが複雑になります。 3. 2.競争力の向上 ドロップシッピングという方法でEコマース事業者が楽をするということは、それだけ競争が激しくなるということです。サプライヤーと契約して独占的に商品を販売している場合は別ですが、競合他社が自社と同じ商品を販売するのを阻止するのは非常に難しいと思われます。 端的に言えば、ドロップシッピングに頼りすぎている小売業者は、競合他社の増加によるブランド認知度の低下という問題に直面することを覚悟しなければならないということです。お客様に提供できるユニークな商品やサービスがないため、他の人と差をつける努力をしなければなりません。そのような小売業者は、顧客に感動を与えるために、優れたカスタマーサービスやユーザーフレンドリーなeコマースショッピング体験を提供するなど、他の方法で競争しなければなりません。 3.3. 低い利益率 ドロップシッピングは、販売プロセスの一部を第三者に委託しているため、収益が低いのは当然です。それを補うために、逆に販売数を増やすことが多いのです。 さらに、ドロップシッピングビジネスを差別化するために、高品質のウェブサイトや優れたカスタマーサービスを提供しようと努力しても、お客様が他社と価格を比較するのを止めることはできないことを覚えておいてください。そうなると、競争が激化してしまい、潜在的な利益率がさらに低下してしまいます。 3.4. 複雑な出荷プロセス ほとんどのドロップシッパーは複数のサプライヤーと提携していますが、残念なことに、これによってあなたのオンラインストアの製品は、多くの異なるサプライヤーを介してアウトソースされます。なぜ、このように送料が複雑になるのでしょうか?例えば、お客様が3つの商品を注文したとします。その商品は3つの業者からしか購入できません。幸運にもお客様がこれらの送料を支払うことに同意してくれたとしても、これらの料金を注文額に含めるのは賢明ではありません。このような配送の複雑さは、顧客満足度を低下させ、好ましくないワークフローの原因となります。 4.ドロップシッピングはあなたのビジネスに適したモデルか? この質問に答えるためには、ドロップシッピングという手法について、以下の3つの側面から検討する必要があります。 4.1. 研究・開発 新商品のアイデアを思いついたとしても、その商品が市場で受け入れられなければ、多額の設備投資が無駄になることは言うまでもありませんが、大量の商品を製造するためには、あなたもドロップシッピングのサプライヤーもリスクを負う覚悟が必要です。つまり、ドロップシッピングモデルを効果的に行うためには、研究開発が重要なステージとなります。あらかじめ研究開発費を見積もっておき、予算的に負担にならない場合のみドロップシッピング方式を採用するようにしましょう。 4.2. 小売業のアービトラージ 経済用語で裁定取引とは、購入価格と販売価格の差から得られる利益のことです。小売業の裁定取引とは、様々なサプライヤー間の価格差を利用することを言います。例えば、750ドルで買える商品をeBayの顧客が1000ドルで購入した場合、小売アービトラージにより250ドルの利益を得ることができます。 4.3. プライベートブランド なぜ人々は、最新のiPhoneの外観を見る前に予約してしまうのか、考えたことはあるだろうか。その理由の一つは、アップル社が高品質な製品を提供してくれると信頼されているからです。この例からもわかるように、市場で成功するためには、ブランド価値と認知度が非常に重要です。そのため、時間と労力をかけて、ライバルとの差別化を図り、顧客のロイヤリティを高めることができる自社ブランド製品をプライベートで作ることが望ましいのです。 そこで、私たちがお勧めするのは、ドロップシッピングのモデルを選択する前に、これら3つの要素を注意深く分析することです。考えられるすべてのコストと予想される収益を見積もった上で、これが最良の方法であると確信が持てない場合は、迷わず他の方法を探してみてください。しかし、ドロップシッピングサービスが、コストや課題にかかわらず、ビジネスをはるかに収益性の高いものにすることができると確信しているのであれば、以下のヒントがあなたのEコマースのドロップシッピングストアのために作られていますので、読み進めてください。 5. ドロップシッピング適用モデルでEコマースビジネスを始める前に知っておくべき5つのヒント 希望する業界や製品、予算に応じて、Eコマースビジネスを始める際にはさまざまな方法を選択することになります。ここでは、ドロップシッピングモデルで注意すべき点をご紹介します。 5.1. 業界・市場の調査 販売する商品を決定する前に、まず市場の一部を調査し、研究する必要があります。市場を調査する際には、販売に影響を与える可能性のある結果や問題点を評価し、その問題点を克服するための解決策を考えなければなりません。例えば、顧客層が特にブランドに敏感で、言い換えれば、顧客があなたのブランドから購入するには十分な信頼がないようなビジネスを始めたいとします。ニッチ製品の平均的な販売価格を決める前に、綿密な分析を行い、サプライヤーからさまざまな見積もりを取って、事前に粗利益を見積もるようにしましょう。 5.2. サプライヤーとの交渉 市場の選択と販売する商品の選択が終わったら、次は適切なドロップシッピングのサプライヤーを見つけることから始めましょう。取引先との交渉では、まず価格設定について話し合うことが多いでしょう。また、ドロップシッピングのサービスが充実しているかどうかを確認することも重要です。そのような基本的な関心事の後に、製品の品質管理、在庫管理、カスタマイズなど、他の分野について話し合うのもよいでしょう。 5.3. 適切な市場戦略の選択 理想的な顧客の購買傾向を把握した上で、どのようなチャネルで販売するかを決めなければなりません。お客様がeBayやAmazonなどのサイトで買い物をする傾向があるかどうかを評価します。また、取引手数料や購読料、出品料などの料金も忘れてはいけません。例えば、Shopifyの顧客は、支払いを受け入れるために、毎月、購読料と取引手数料を請求されます。 5.4. ビジネスを始める際には、すべての法的規制とベストプラクティスに従うこと 会社を設立する際には、常に細心の注意を払い、細部にまで細心の注意を払うことが重要です。企業構造、税金、ライセンス、許可などの法的な問題は基本的なものであり、心に留めておく必要があります。 5.5. 広告・宣伝 すべてのビジネスが抱えている課題のひとつに、できるだけ多くの見込み客をeコマースストアに呼び込む方法がありますが、この問題はしばしば忘れられたり、少なくとも先送りされたりします。適切なマーケティングプランを用意し、見込み客を呼び込むためのポイントを概説するのが最善でしょう。eBayやAmazonなどのプラットフォームを利用している場合は、それらに組み込まれた広告・宣伝ツールを活用することができます。また、自分のウェブサイトで販売できる広告プラットフォームもあります。例えば、今日のビジネスの多くは、ブランドを宣伝するための強力なツールとしてFacebookやGoogleを利用しています。純利益率(すべての経費、税金、利子を差し引いた後に残る割合)を見積もる際には、広告費を考慮に入れることを忘れないでください。 6.結論 ドロップシッピングは、長期的なビジネスモデルとしては限界があるとはいえ、自分のEコマースストアに適応させるための正しいアプローチを見つけることができれば、そのメリットはデメリットを上回ることができます。ドロップシッピングだけを行っている場合、ビジネスを軌道に乗せるのは難しいように思えます。しかし、Eコマースビジネスがすでに確立されているのであれば、現在のサービスを補完し、ビジネスを成長させるために、ドロップシッピングを試してみる価値はあるでしょう。願わくば、この記事を参考にしていただき、ドロップシッピングについて学んだことをあなたのビジネスモデルにうまく適用していただきたいと思います。もっと面白い記事や優れた拡張機能をお求めの方は、ストアブログにアクセスして、ビジネスの収益をロケット化するためのヒントを見逃さないようにしてください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
b2b-ecommerce
29 March 2021 / Published in Ecommerce
B2B eコマースのトレンドは、すべてのB2Bビジネスが発展に追いつき、顧客の要求を満たすために知っておくべきものです。このようなトレンドは、お客様の期待値の変化により、毎年少しずつ変化していきます。 2021年の第1四半期が終わろうとしています。そして、遅れを取らないために、今年のB2B eコマースのトレンドを深く知る時が来ました。このブログでは、そのトレンドとは何か、言い換えれば、レースに勝つためによく準備する必要があるものは何かを考えていきます。 1. 最近のB2B ECommerceはどのように成長してきたのでしょうか? B2Bは、特にB2B eコマース市場において、以前に比べてはるかに一般的になっています。B2Cと並んで、B2Bモデルは企業に大きな利益をもたらし、企業間の関係を作ります。 以下の統計は、B2B eコマースについてより深く理解するのに役立ちます。 米国のB2B Eコマースボリューム:9兆ドル(Digital Commerce 360、2019年) 米国のB2B市場は2023年までに1.8兆ドルに達し、B2B売上全体の17%を占めると予測される(Statista社) デジタルB2Bの売上は2019年に10.9%、前年比18.2%増加したが、B2Cは3.8%にとどまる(Digital Commerce 360、2020年) 年複利成長率は、今後5年間で10%増加すると予測されている(Statista社) B2B eコマース市場はB2C市場の6倍の価値がある(Statista社) B2Cのオンライン販売量はB2Bのそれ(6,017億5,000万ドル)をまだはるかに上回っていますが、B2Bの方が早い成長を遂げています。つまり、B2BのEコマース市場は比較的ポテンシャルが高く、主要なビジネスモデルの一つになる傾向があります。 さらに、ジェネレーションシフトの発生も変化をもたらしています。ミレニアル世代はB2B eコマースに大きな変化をもたらしており、ミレニアル世代の73%が意見を述べ、34%が顧客(意思決定者)となっています。したがって、ミレニアル世代はいくつかの新しいトレンドを生み出すことに貢献しています。 2. 2019年、2020年のB2B ECommerceトレンド この2年間で、B2B eコマースの世界を形成する多くのトレンドが現れました。そして、これらのトレンドは現在も発展し続けているので、それらを無視してはいけません。 2.1. オンラインB2Bマーケットプレイスの発展 B2Cに関しては、Amazon、Alibaba、eBayなどの一部のオンラインマーケットプレイスが大きな売上を牽引しており、2018年の世界のオンライン小売売上の50%以上を占めています。そして、この傾向はB2Cセグメントでも起きています。 B2Bのバイヤーは、オンラインB2Bマーケットプレイスを、調達費用のための優先的なオンラインチャネルとして認識しています。そのため、B2B企業は自社の商品やサービスを提供し、サードパーティのマーケットプレイスでどのような役割を果たしたいかを決め始めています。 2.2. シームレスなオムニチャネル体験の創造 今やオムニチャネルは必須です。企業は物理的にもデジタル的にも強力なブランドを構築することができます。そのため、顧客はウェブサイトにアクセスしたり、オンラインマーケットプレイスに行ったり、あるいは直接実店舗に来てニーズを探したりすることができます。 オムニチャネルのeコマース戦略を欠いていると、競争の中で不利になります。他の企業は、できるだけ多くの顧客にアプローチするために複数のチャネルを展開しようとしており、それを拒めば負けてしまうのです。 2.3. 自動受注管理システムによる迅速な受注処理の実現 激しい競争の中で、迅速なオーダーフルフィルメントの必要性が不可欠になっています。そして、市場での競争力を高めるためには、迅速な配送が必須です。 過去数年間で、ミレニアル世代の半数以上が即日発送を期待しています。そして、この傾向に対する1つの解決策は、配送サービスを迅速化し、人件費を削減するための自動受注管理システムの開発です。 2.4. 顧客パーソナライゼーションの成長 Sapio社の2019年の調査によると、多くのB2B顧客にとってパーソナライゼーションは最重要課題の一つです。最近では、予測注文や人工知能(AI)など、顧客の意思決定を支援する機能が最優先されています。 顧客のパーソナライゼーションは、閲覧行動や人口統計を組み合わせた利用可能なデータを分析することで、顧客体験を向上させます。そのため、顧客は、企業が自分のことを理解してくれている、自分が求めるものを提供してくれると感じるようになります。 2.5. B2Bボイスコマースの始まり 2020年はボイスコマースの始まりです。iPhoneのSiriやGoogleのAIに代表されるように、Eコマースにおける音声検索が普及しています。ユーザーにとっては、検索バーへの入力に時間がかからないというメリットがあります。そして、B2Bのボイスコマースも今年に入って第一歩を踏み出しました。 B2Bの特徴の1つに反復性があります。そのため、ボイスコマースはB2Bに課題とチャンスの両方をもたらします。 一方で、B2Bの購入者は、購入の意思決定が業績に影響するため慎重になる傾向があり、そのために詳細な画像や情報が必要となります。しかし、繰り返しの注文という点では、もはや長い説明文は必要ありません。この場合、ボイスコマースが役立ちます。 2.6. プログレッシブウェブアプリケーション(PWA) PWAは、対応デバイスに応じたエキストラの提供、オフライン機能の提供、プッシュ通知、Nativeアプリと同様の外観と速度、ローカルリソースの保存などが可能なWebサイトアプリケーションです。このアプリケーションは、ユーザーと企業の両方に多くの利益をもたらすために生まれました。 B2Bビジネスでは、PWAを使用することで、顧客満足度を高め、通常のモバイルアプリやウェブサイトでは提供できないような優れた顧客体験を実現するために、多くの大きなメリットを得ることができます。 オフラインでも利用可能 ウェブサイトよりも優れたスピードとパフォーマンス 優れたセキュリティ ホーム画面への追加機能 通知のプッシュ 直帰率が低い モバイルアプリとWebサイトのギャップの解消 3. 2021年のB2B ECommerceのトレンド 今回のメインテーマである、来年のトレンド予測をしてみましょう。Eコマースの世界がどのように動いているのかを理解すれば、B2Bウェブサイトの開発に何が必要なのかが明確になります。 3.1. いくつかの古いトレンドの継続と強い発展 2020年は、Covid-19パンデミックの影響で、すべてのビジネス活動が遅延しました。その結果、上述したいくつかのトレンドは予測通りにはなりませんでした。そのため、2021年は、オムニチャネルeコマース戦略、パーソナライゼーション、オンライン・マーケットプレイスなどのトレンドが継続しています。 特に、2019年以降に登場したものもありますが、B2BのEコマースに大きく貢献するほどには発展していませんでした。それらの中には、まだ第一歩を踏み出したばかりのものもあり、それゆえ、B2B顧客はそうしたトレンドの強力な発展をより強く求めています。 例えば、B2Bボイスコマースは、2020年にトレンドになると推定されていました。しかし、ここ数年はボイスコマースの始まりに過ぎませんでした。B2Bのお客様にはまだ広く使われていませんでした。しかし、いくつかの理由により、ボイスコマースは400億ドルにまで高騰すると推定されています。 音声コマースは、人間とテクノロジーの関係を構築し、人間のような関係になります。 タイピングははるかに時間がかかり、3.7倍も遅いです。 70%のユーザーがEコマースで音声検索を好んで利用しています。 3.2. AR&VR(Augmented & Virtual Reality)アプリケーション ARとVRは、ここ数年で第一歩を踏み出しました。これにより、お客様は決断する前に製品をプレビューしたり、サービスを体験してみることができます。この傾向は、特にCovid-19のパンデミック以降、実店舗に足を運ぶことが困難になったことから始まっています。そこで、バーチャル・リアリティのeコマース・アプリケーションが役立ちます。 Virtual Reality eCommerceは、Sephora、Quiver、Shopifyなど、いくつかの大手企業で採用されています。しかし、現状ではそれほど有名ではありません。 2021年以降、AR&VRはB2Bビジネスに大きな利益をもたらし、最大で600億ドルになると予測されています。ということが証明されています。 61%のバイヤーは、AR&VR技術を提供するウェブサイトでの購入を希望しています。 購入者の63%が、AR・VR技術を利用した方が意思決定がしやすいと回答しています。 45%のお客様が、ARやVRによって時間を節約できたと回答しています。 3.3. アナリティクス、AIの活用について B2C企業と比較して、B2B企業は高度な分析ツールの導入が遅れている。B2B企業は通常、内部プロセスのために分析を行い、顧客行動の分析には使用しません。 しかし、最近ではB2B企業も分析ツールの有用性に気づき、分析ツールに投資する企業が増えています。B2B企業のマーケティング担当者の50%は、先進的なマーケティング分析を用いた成功とROI(投資収益率)を認めています。 しかし、B2B企業のマーケティング担当者の35%は、複数のプラットフォームやデバイスを通じて一貫した顧客体験を構築することに課題があると答えています。そのため、企業は自社の業務範囲内で発生するすべてのことを単一のビジョンで把握する必要があります。 その改善のために、2021年にはアナリティクスやAI(人工知能)、機械学習の活用が強力に展開されるでしょう。トレンドを見つけ、結果を分析し、解決策を導き出すために、アナリティクスはデジタルリソースを使用します。一方、AIは人間の知能をシミュレーションしたもので、パーソナライゼーションや製品レビューなどに役立ちます。 これらは今後、データ分析やビジネス上の意思決定を向上させるためにも徐々に利用されていきます。そのため、現在では小規模な企業から大企業まで、市場分析のソリューションを提供する企業が増えています。 エクステンションは、B2CビジネスやB2Bビジネスに最適なソリューションです。今日では、既成のソリューションを使わずに手動でウェブサイトを最適化するのは難しく、コストもかかります。そのため、B2Bエクステンションを使用する傾向が強くなっています。 拡張機能には、最も効果的なウェブサイトを作成するのに役立つ最適な機能が非常に多く含まれているため、企業はすべてのB2Bバイヤーを満足させることができます。 市場には様々なプラットフォームに対応した多くのソリューションがあります。例えば、今回のケースでは、Magentoは世界で250以上のウェブサイトで使用されている最も人気のあるプラットフォームの一つです。 もしあなたがMagentoのB2Bウェブサイトを運営しているなら、このMagento 2 B2Bエクステンションパッケージを見逃すことはできません。ワンタイムペイメントで、6つのカテゴリーに分けられた様々な目的のための15種類のエクステンションを手に入れることができます。 アクセス制限 顧客管理 価格管理 注文プロセス 時間短縮のための返金 クイックリオーダー 4. 結論 以上、最近の注目すべきB2B eコマースのトレンドをご紹介しました。ビジネス分野の発展に遅れを取らないためにも、これらのトレンドをすべて考慮することを強くお勧めします。
Salesforce-trends-in-2021
26 March 2021 / Published in Ecommerce, Salesforce
Salesforceは、CRM(Customer Relationship Management)プラットフォームのトップ企業の一つです。Salesforceは、クラウド技術を利用して、企業が顧客や潜在顧客とつながることを支援します。セールスフォースは、営業、マーケティング、IT、サービス、コマースの各チームを強化することで、ビジネスプロセス全体を360度見渡すことができ、24時間体制で顧客活動を追跡することができます。 この間、Salesforceは急速に成長したエコシステムであり、扱う分野にかかわらず、ほとんどすべての企業のニーズに対応しています。Salesforceは、急速に変化する市場の需要に対応し、顧客の要求を満たすのに役立ちます。しかし、同社は継続的に技術の更新に取り組み、より良いサービスを提供できる方法を追加してきました。 Salesforceの導入サービスは、重要なプラットフォームやツールを統合し、アプリがスムーズに機能するように修正・デバッグするのに役立ちます。これらのサービスは、最高のユーザーエクスペリエンスを提供し、生産サイクルの遅延を最小限に抑えることができます。 1. 高度なアナリティクス ビジネスプロセスや機能を改善するためには、クリーンなデータセットと正確な分析が不可欠です。そのため、企業にとっては、過去の取引に基づいて顧客の行動を予測できるようなデータモデルへの移行が必須となっています。 データアナリストは、Salesforceを利用することで、顧客が何を好み、検索し、頻繁に共有しているかを知ることができます。そのため、お客様の将来の購入パターンを推測することができるのです。これにより、お客様のターゲットを絞り込み、より収益性の高い販売・サービスプロセスを実現することができます。 2. 人工知能(AI)について Salesforce CRMにおける人工知能(AI)の統合は、コスト計算、顧客セグメンテーション、製品の構成などにかなりの影響を示しています。それゆえ、Salesforce企業もCRM活動にAIを取り入れ始めています。Salesforce Einsteinは、CRMのための最初の完全なAIです。生産性を高め、マーケティング予測を行い、顧客エンゲージメントをサポートします。 Salesforce企業は、AIをCRMに組み込むことで、販売者がリアルタイムの販売データを利用して正しい判断を下すことをサポートできます。この分野の専門家は、AIとCRMの統合により、Salesforce企業のパフォーマンスが高まり、収益源が大幅に増加すると予測しています。 大量のデータを持つSalesforceのAIは、データセットを管理・分析して完全に活用できる可能性を秘めています。さらに、データに関連する複雑な問題を処理するための理想的な環境も提供します。 3. 音声技術 ここ数年、テクノロジーの利用が飛躍的に増加しています。ほとんどすべての業界で、バーチャルセールスの増加を目の当たりにしています。AIの登場により、営業担当者はバーチャルモードで見込み客や顧客とより良い関係を築けるようになりました。これにより、販売に関する問い合わせの所要時間が短縮され、顧客満足度が向上しました。 さらに、ITマネジメントに携わる専門家たちは、音声技術が自社のCRM実践の最も重要な部分になるのも時間の問題だと考えています。これは、音声ベースのモバイルアプリケーションの使用が、デジタルトランスフォーメーションの時代に不可欠な要素となることを示しています。 現在、音声認識の使用もトレンドになっています。これは、営業担当者やサービス担当者が、顧客の考え方を理解するのに役立つからです。その上、自動化によって会議のスケジューリングがシステム化され、利益を生むようになりました。人々は、スマートスピーカーやチャットボットなどの音声アシスタントに依存し、これらの媒体を通して営業担当者と対話することを好みます。 これらの情報はすべて、Salesforce Einsteinの音声アシスタントが、顧客と小売業者の両方の生活をより快適にしているという1つの事実を示しています。 4. ユーザーエクスペリエンスへの要求の高まり 昨年の2020年には、世界中の人材のほとんどが遠隔地で働かなければならなくなり、それに伴い、遠隔コミュニケーションの追加的な実践が増加しました。その欠点の一つは、調整のために直接同僚に連絡を取ることができないことでした。一方で、人々の準備が整っていなかったため、新しい仕事のやり方に慣れるまでに時間がかかりました。その上、マルチタスクや画面の疲労に関しては、デジタルによる中断が大きなハードルとなった。 ここで、Salesforceが救世主となりました。複雑なワークフロー、実現されていない機能、時間のかかる作業を、よりシンプルで効率的なユーザーワークフローで実現したのです。 5. 買い物の快適さ コミュニケーションのデジタルモードは、現在の世界を変えました。企業は、新しいコミュニケーション・モードを採用し、ソーシャルメディア・プラットフォームなどのように、お客様がより長い時間をかけて閲覧したり購入したりする可能性の高い場所でブランドをアピールするために、Salesforce CRMを選択しています。このような販売形態では、実店舗を構える必要はありません。企業は、お客様が商品を閲覧し、必要なものを購入するために、ウェブやモバイルのアプリを開発する必要があります。 6.マーケティングオートメーション Salesforceを導入した企業が計画している目標の一部に、マーケティングオートメーションの導入があります。これは、企業が従業員の努力だけでは容易に達成できない目標を達成するために必要なものです。マーケティングオートメーションツールには、Salesforce Marketing CloudとSalesforce Pardotがあります。 Pardotはマーケティングオートメーションツールの中でもトップレベルの製品です。メールマーケティング、ソーシャルマーケティング、リードジェネレーションなどで売上を伸ばすことができます。一方、Marketing Cloudは、Salesforceによってアップデートされ、以下のようなマーケティングキャンペーンの強化を支援します。 登録済みのお客様への自動メールの送信 ターゲット顧客への割引の提供 結論 上述した Salesforce CRM のトレンドは、従業員の作業効率を高め、従来の面倒で時間のかかるプロセスから解放することで、世界中のオンラインビジネスのあり方に革命をもたらしています。しかし、これらのトレンドをうまく導入し、Salesforce CRM システムを活用して、高まる顧客の期待に応えるためには、Salesforce サービス・プロバイダーの助けを借りることが望ましいです。 Salesforce CRMは今後も進化し続け、自動化のレベルも高まっていくでしょう。これにより、企業のすべての部門の機能が変化し、より大きな収益を達成することができるようになります。Salesforce CRMを導入することで、顧客ベースのエンゲージメントを高め、他の技術リソースの取り込みを強化する方法について詳しく知りたい方は、当社のエキスパートにご相談ください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
Web trend 2021
26 March 2021 / Published in Ecommerce
来年のウェブはどうなる? 月や年があっという間に過ぎていくような感覚を覚えていますか?2020年は逆に、時間の流れが遅くなり、1週間が10年に感じられるほど変化が激しくなっているようです。そのため、来年のことを予測するのは勇気がいることです。しかし、私たちはそれに挑戦したいと思います。 まずは、2021年についてほぼ確実に言えることは、パンデミックが何らかの形で残っているということです。このことを念頭に置いて、2021年のウェブの発展に影響を与え、形作っていくであろう、もはや新しき「普通」についての予測を以下に示します。 01. 良いECサイトのUX かつて、デジタルサービスは、物理的な小売業者にとってオプションのおまけのように感じられていました。しかし、2020年には世界の半分以上の国が何らかの閉鎖を経験し、電子商取引が唯一のゲームとなりました。政府の命令で閉鎖された企業は、急速に事業をオンラインに移行しなければならず、それができなかった企業、あるいは十分にできなかった企業は、壁にぶつかっています。 例えば、IBMのU.S. Retail Indexの最近のデータによると、アメリカの百貨店は2020年末までに60%以上減少すると予想されているのに対し、Eコマースは20%近く成長すると予測されています。ショックを受けた人もいるかもしれませんが、本質的には、すでに存在していたトレンド、つまりフィジカルリテールからデジタルリテールへの移行を加速させただけなのです。ある程度正常な状態に戻った国でも、2020年に初めてオンラインでの注文方法を覚えた買い物客は、その習慣が定着する可能性が高いと考えられます。 2021年には、より多くの人がより多くのものをオンラインで購入するようになることは明らかです。企業は、消費者に優しいUXはもちろんのこと、より信頼性が高く、より高速にロードできるウェブサイトやアプリを開発しなければ、競合他社に取り残されてしまいます。 E コマースサイトを構築中の方、または既存のサイトを改善したい方は、以下のサイトをご覧ください。AWD社のシューズブティックFru.it、Works社とMoonhatch社のカンナビノイド・カンパニーMineral、Rod Matveev社のウェルビーイング・ブランドJunoなど、いずれも今年立ち上げられた素晴らしいeコマースサイトをご覧ください。 02. 商品写真の充実 一般的に、インターネットでの買い物は、店から店へと足早に移動するよりもはるかに簡単で便利です。しかし、洋服や家具など、一般的ではない商品の場合には大きな問題があります。実際に見て、触れて、感じることができない商品は、自分が買ったものが正しいかどうかを判断するのがとても難しいのです。 そのため、2020年のウェブサイトでは、小さなサムネイル画像ではなく、大きくて詳細な商品画像を表示するようになっています。また、3D表示や360度回転させて見ることができるものも多くあります。Resn社がデザインしたVanMoof社の次世代e-bike、Red Collar社がデザインしたTula社のマイクロフォン、Apple社が自社でデザインしたAirPods Proなどのサイトがその好例です。他の企業も同様に、製品を文脈の中で見ることができるようにしています。例えば、Airbnbでは物件を借りる前に3Dの没入型ツアーを提供していますし、IKEAではARアプリを使って、自分の部屋でソファがどのように見えるかを確認することができます。 2021年に向けて、家で過ごす時間が増え、オンラインで買い物をする機会が増えれば、この分野でのイノベーションがさらに進むことが予想されます。とはいえ、ウェブサイトで消費者に商品の雰囲気を感じてもらうためには、技術的な天才である必要はありません。例えば、人間の手の横に製品を置いた写真を撮るだけでも、お客様に製品のイメージを持ってもらうのに効果的です。 03.平静デザイン Covid-19から体系的な人種差別の問題まで、2020年は既存のストレスに加えて新たなストレスの原因がたくさんありました。大小さまざまな形で生活に影響を与え、日々変化するルールや規制についていくのに苦労したこの年、ウェブデザイナーはウェブサイトに落ち着きと秩序を与えることに成功しました。 確かに今年は、ウェブ・ブルタリズムのようなアプローチでデザインの限界に挑戦するには良い年ではありませんでした。その代わりに、簡潔なマイクロコピー、ミニマルなデザイン、落ち着いた色使い、ゆったりとしたホワイトスペースを多用したウェブサイトが、騒がしい世界の中で静かな道しるべとなっています。ヒグチユウコ×グッチ、ウェブエージェンシーのHANZOとCANVAS CREATIVE、デザイナーのHoang NguyenとAmanda Bragaなどのサイトは、このトレンドの刺激的な例となっています。 私たちは、このトレンドが今後も継続し、高まっていくことを期待しています。考えてみてください。2021年には、たとえパンデミックが収束したとしても、深刻な経済的影響が社会全体に及ぶ可能性が高く、その影響は広範囲に及ぶことが想像できます。このような状況下では、ウェブ上で少しでも穏やかな時間を過ごすことは悪いことではないでしょう。 04. 詳細なデータビズ 2019年、科学データの視覚化がこれほどまでに求められているとは誰が想像できたでしょうか。しかし、Covid-19がどのように機能しているのか、そしてそれが社会に及ぼす無数の影響について、誰もが頭を悩ませている中、2020年には明確で分かりやすいインフォグラフィックが求められています。そして、データビズのデザイナーたちはどこにでも現れています。 例えば、ニューヨーク・タイムズ紙のビジュアライゼーションは、パンデミックがどのように広がっているかを見事に表現しています。また、Voxはパンデミックの経済的影響について魅力的なグラフを紹介し、ハーバード大学グローバル・ヘルス・インスティテュートのデータ・ビジュアライゼーションは、医療サービスへの負担の背景を明らかにしています。一方、ペンタグラムは、悪いニュースを踏まえた上で、ボランティア活動に参加する人の数の増加や、世界中で開発されているワクチンの数、大気汚染の減少など、良いニュースを示す一連のハッピーデータのビジュアライゼーションを発表しました。 2021年に何が起ころうと、私たちは出来事が穏やかで面白くないものになるとは思っていません。それに伴い、データビジュアライゼーションの需要も伸び続けると予測しても問題はないでしょう。 05. ビデオ会議の充実 少なくとも欧米では、高速インターネットやビデオ会議アプリが普及していなかった10年前には、監禁状態がどのようなものだったかを想像するのは難しい。ありがたいことに、パンデミックで家に閉じこもっていた私たちのほとんどは、この方法で同僚や友人と連絡を取り合うことができました。 しかし、この技術に限界がないわけではありません。接続性の悪さや「Zoombombing」(招待されていない会議をいたずらに乗っ取ること)など、多くの人がビデオ会議を始めたばかりの頃は必要以上に苦労しました。そのため、2020年に向けて、プラットフォーム間の競争によって、超安全なVidicueなどの新しいサービスをはじめとする大規模なイノベーションが起きていることは喜ばしいことです。 ここ数週間では、Zoom社がSlackのような新機能を自社プラットフォームに搭載することを発表し、Microsoft Teams社は大企業がより良いオンライン会議を開催するための新機能を次々とリリースし、Cisco社は教師がオンライン授業を立ち上げたり、仮想オフィスアワーや保護者会議のスケジュールを設定できるWebex Classroomsを発表しました。 これらのプラットフォーム間の競争が激化することで、たとえパンデミックが緩和されたとしても、2021年には大きな需要が継続することが予想されます。2020年には、多くの人がバーチャルな会議を楽しみました(特に、通勤や移動、ホテル滞在に費やす時間や労力を減らすことができました)。つまり、たとえ社会が元に戻ったとしても、この習慣は少なくとも部分的には定着する可能性があるということです。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
APIs header
26 March 2021 / Published in Ecommerce
APIは基本的に、複数のソフトウェアシステムのバックエンドを仲介する役割を果たし、それらが「相互に会話」できるようにして、カスタムITアーキテクチャを構築するためのビルディングブロックのように連携させます。APIは、企業や非営利団体のデジタルトランスフォーメーションにおいて、マイクロサービスやヘッドレスアプローチとともに使用されている最新のテクノロジーソリューションの一例です。 APIとはApplication Programming Interfaceの略ですが、具体的には何を意味し、APIはどのように機能するのでしょうか。APIファーストの戦略は、アジャイルなテクノロジースタックの構築にどのように役立つのでしょうか?いつ、なぜ、APIゲートウェイが必要なのか?どのAPIゲートウェイが最適なのか?そして、なぜCFOやBODはAPIを好むのか?これらの疑問に対する答えを見つけるためにお読みください。 A. APIの仕組みとは? APIがどのように機能するかを理解するためには、APIが何のために使われるのか、そしてその理由を知る必要がある。APIは、異なるテクノロジーアプリケーション間の通信に使用され、あるアプリケーションが別のアプリケーションの機能を使用する許可を与えるものです。 APIは、あるアプリが厳密に制約された関数コール(特定のアクションを要求するメッセージの一種)を送信することで、他のアプリと会話することができます。 B. APIの例 このアプリケーション・プログラミング・インターフェースの使用例として、Google MapsのAPIを利用したアプリがあります。例えば、あなたの家の玄関まで夕食を届けるために、あなたの位置情報を知る必要があるフードデリバリーアプリがあったとします。このアプリは、独自の位置情報サービスやワールドマップ、ルートプランナーを使用するのではなく、Google Mapsのような既存のサービスの技術的な機能を利用した方がはるかに簡単です。 アプリは、コール関数の形で、GoogleサーバーのAPIに「Use location services and wayfinder planning」というタイプの命令を送信します。APIはこれをGoogle Mapsへのコマンドに変換し、Google Mapsはその情報をフードデリバリーアプリに返します。 C. APIとSDKとEDIの違い APIの使用は、社内外の異なるアプリケーション間で通信するための一つの方法に過ぎません。他のアプリケーションからのリクエストを処理するための一般的な技術的ソリューションには、(APIが発明される前に)ソフトウェア開発キット(SDK)や電子データ交換(EDI)があります。 SDK ソフトウェア開発キットとは、他のプラットフォームからのシステムコールを処理するために特別にコーディングされたソフトウェアプログラムを作成するために使用される一連のツールのことである。SDKはAPIよりも広い用語で、ドキュメント、サンプル、ツール、さらにはAPIのようなインターフェイスまでをも包含しています。APIを直接使用せずにSDKを使用する理由は、SDKがほとんど誰でも簡単にコーディングでき、さまざまな目的に使用できるソリューションであるのに対し、APIは専門の開発者による綿密で専門的なコーディングを必要とする、より具体的で狭い機能を持つが、必要とされるシステムコールの複雑さに応じてより強力な機能を持つことがあるからである。 EDI:Electronic Data Interchange(電子データ交換)は、よりシンプルな概念で、あるビジネス組織のアプリケーションから別のビジネス組織へ、人手を介さずに情報を転送するものです。EDIは主に、請求書や発注書をビジネスパートナーに送るなど、紙ベースでなければできない文書の一方的な送信に使用されます。EDIはポイント・ツー・ポイント接続や付加価値ネットワークを使って送信者から受信者へ自動的に移動する文書であるのに対し、APIはあるアプリケーションから別のアプリケーションへ特定のタスクを実行するために呼び出すものであり、APIの代わりにEDIを使うことはできない。 D. マイクロサービスのためのAPIゲートウェイ APIゲートウェイは、コマンド&コントロールセンターのように機能するAPIの管理ツールで、APIの作成と管理を行います。APIゲートウェイを使用すると、APIのコーディング、公開、送信、監視に加えて、外部APIからの受信リクエストを管理することができます。 APIゲートウェイがマイクロサービスに必要なのは、様々な社内およびサードパーティのアプリケーションを使用している企業が、スタック内のサイロ化された各技術間のすべてのコマンドとリクエストを、単一の中央ロケーションで実行できるようにするためです。また、企業のプログラマーにとっても、APIをコーディングするためのベースとなります。APIは、Python、PHP、R、JavaScript、Golang、SQL、JSONなどを使ってコーディングすることができるが、既製のツールを使ってコーディングせずにAPIを構築することも可能である。 Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Red Hat、Google Cloud Platform(GCP)など、人気の高いクラウドサービスは、いずれも独自のAPIゲートウェイを備えています。 マイクロサービスに最適なAPIゲートウェイは、自社のスタックにどのようなマイクロサービス技術があり、それをどのように使用するかによって異なります。 E. CFOと経営陣がAPIを愛する5つの理由 企業のデジタル・トランスフォーメーション・プロジェクトを実施しようとする場合、APIファーストのアプローチを取ることが賢明かもしれません。これは、APIを介して相互作用するマイクロサービスの観点から新しいテクノロジー・スタックを設計することを意味します。デジタルトランスフォーメーションにAPIファーストの設計を採用することで、以下のようなメリットがあります。 1. 必要なものだけを必要なときに購入できる APIは、組織のオペレーティングシステムを構成するさまざまなマイクロサービスやアプリケーション間の通信に使用されるため、マイクロサービスを新しく改良されたものに交換する際にのみ、APIを更新して再プログラミングする必要があります。 つまり、新しいモノリス・テクノロジー・スタックに大きな投資をする必要はなく、自分たちに合ったペースと予算で、カスタマイズしたソフトウェア・ネットワークを少しずつ構築していくことができるのです。 “MACHテクノロジー(マイクロサービス、API、クラウド、ヘッドレス)は、すべてのコンポーネントがプラグイン可能、スケーラブル、交換可能で、進化するビジネス要件に合わせてアジャイル開発で継続的に改善できるコンポーザブル・エンタープライズをサポートします」。 2. 導入期間の短縮 デジタルトランスフォーメーションのプロジェクトをより小さな塊に分割できるだけでなく、APIはデジタルトランスフォーメーションの各フェーズをより短く、より低コストで実現します。このようにデジタルトランスフォーメーションを段階的に進めることで、マイクロサービスとAPIファーストのアプローチに基づくプロジェクトの各段階を終えるまでの時間は、企業全体の技術スタックを一度に再構築しようとする場合よりもはるかに短くなります。 このように、APIベースのプロジェクトでは、継続的インテグレーションと継続的開発の理念に基づいて、迅速なターンアラウンドを実現しており、DevOps部門にとっては夢のようなプロジェクトです。もちろん、導入期間が短くなれば、計画や展開にかける費用も少なくて済むので、CFOも満足するだろう。 3. APIは古くならない APIはデジタルトランスフォーメーションの最終ゴールではなく、そこに到達するための手段に過ぎないことを忘れてはならない。例えば、オンラインストアに柔軟なPOSシステムを導入したいと思うかもしれません。また、顧客データプラットフォームを追加して、ターゲットとなる顧客を個々のユーザーにセグメント化することもできます。どのようなアプリケーションを導入するにしても、5年以内には時代遅れになってしまい、次の新しいものに入れ替える必要があるでしょう。 APIの良いところは、古いアプリケーションを何度でも新しいアプリケーションに入れ替えることができ、いつまでも市場での競争力を保つことができることです。APIは、数年後に交換が必要になる技術を1つ増やすだけではなく、他の技術を簡単に交換できるようにしてくれます。それは、あなたの会社の未来への投資なのです。 4. 技術スタック変更のリスクを最小限に抑える APIベースのデジタルトランスフォーメーションでは、組織への継続的な変更を安価かつ迅速に行うことができるだけでなく、運用ソフトウェアの重要な部分を変更するリスクを最小限に抑えることができます。アプリケーションを1つずつゆっくりと変更していくことで、運用チームは、アプリケーションの変更が成功したのか、それともロールバックする必要があるのかを評価することができます。 これは、APIゲートウェイを使用している場合に特に効果的です。APIゲートウェイでは、ライブのWebトラフィックを新旧問わず特定の環境に移行させる量を選択することができるため、真にリスク管理されたリリースのためにカナリアやブルーグリーンのデプロイを行うことができます。これにより、最悪の事態が発生し、何か問題が発生して元に戻さなければならなくなっても、その変更は取り返しがつかないものではなく、そのためのコストもそれほどかかりません。 5. 社内の技術とサービスプロバイダーの組み合わせ 最後に、APIを利用することで、社内で処理するアプリケーションと、サードパーティの「サービス・プロバイダー」に委託するアプリケーションを、より柔軟に選択できるようになることを、経営幹部は実感している。アマゾンやグーグルのような企業でない限り、自社で使用しているサイロ化したテクノロジーをすべて所有し、管理することは不可能です。しかし、業界に特化したアプリや、自社で開発したアプリなど、競合他社に差をつけるためには、社内でホストしなければならないものもあるでしょう。 APIを利用することで、社内で開発・運用するアプリと、マネージド・サービス・プロバイダに任せるアプリの選択の自由度が格段に高まります。また、この構成は、CEO、CIO、CTOがビジネスプロセスを最大限にコントロールできるように、また、CFOが会社の予算を安心して管理できるように、いつでもカスタマイズして変更することができます。 SmartOSCがAPI、マイクロサービス、その他の最先端技術を用いてどのようにブランドのデジタルトランスフォーメーションを実現しているかについては、お電話またはお手紙にてお問い合わせください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
25 March 2021 / Published in Ecommerce, Magento
Magentoは常に機能を更新しています。Magentoには、Magento CommerceとOpen sourceの2つの異なるエディションがあることはよく知られています。また、Magento Community EditionとMagento Enterprise Editionとも呼ばれています。 Magento Community Editionは、オンラインストアを構築したい人なら誰でも無料で利用できるオープンソースのプラットフォームです。Magento Enterpriseは、Magentoの有料版で、無料ではない分プレミアム感があり、より高度な機能やオプションを備えています。常に進化し続けているMagentoを考えると、その違いを完璧に判断することは難しい。さらに、Magento 2.3の新リリースも大きな一歩です。この新バージョンは、機能の更新、最適化、バックエンド技術の強化など、多くの進化を遂げたウェブ開発の最新技術となるはずです。 1.Magento EnterpriseとCommunityの比較:ビジネス規模 Magento コマースは、オープンソース版と比較して、中規模および大規模なビジネスに焦点を当てています。 Magentoオープンソースは、市場を絞っていませんが、オープンソースなので簡単に移行できます。Magento Commerceは、よりインテリジェントに動作するため、成長期のビジネスや中堅・大企業に適しています。 Magento Open Sourceは、主に中小企業のオンラインストアの構築を促進します。 2.Magento EnterpriseとCommunityの比較:コードの移行 Magentoオープンソースでは、ある代理店から別の代理店へとコードを移すことが可能です。オープンソースなので、すべてのソースコードが公開されており、誰でもアクセスすることができます。 Magento Commerceは、オープンソースのコーディングというよりは、ビジネス用途を指します。そのため、オープンソースを利用している人は、サプライヤーの変更やウェブサイトのカスタマイズが容易にできます。 しかし、電子商取引システムで構築されたウェブサイトは、制限されており、1つのパーティーでしか構築できません。そのため、メンテナンスにも限界があり、また、コードを別のプラットフォームに移植してカスタマイズすることもできないため、コストがかかってしまいます。 3.Magento EnterpriseとCommunityの比較:パワー Magento Commerce は、Magento Open source よりもはるかに強力です。Magento Open sourceよりもはるかに多くの機能やユニークな機能が搭載されています。 大企業がMagento Commerceを好むのは、彼らが求める仕事の種類に合わせて拡張可能であり、明らかに巨大な商業ビジネスが求める仕事の量と質を満たすことができるからです。 4.Magento EnterpriseとCommunityの比較:ホスティング 大規模なビジネスにはMagento Commerceで対応するのが良いでしょう。しかし、Magento Open sourceはサードパーティのクラウドシステムでホスティングしなければならないので、サイトの速度は比較的遅くなります。 また、Magento Open Sourceではデータベースのクラスタリングができないため、大規模な注文には対応できません。 5.Magento EnterpriseとCommunityの比較:サポートされる機能 Magento Open Sourceは、統合されたチェックアウト、世界中での販売能力、商品カタログの管理、テンプレートのモバイル/タブレットへの最適化、モジュールマーケットプレイスへのアクセス、サイト検索と同様に迅速な購入など、一般的に期待される機能を多く備えています。 一方、Magento Commerceは非常にパワフルで、卓越したインテリジェントなシステムを備えています。また、Magento Commerceは、エンタープライズレベルのパフォーマンス、レポート機能、スケーリング機能を備えています。 6.Magento EnterpriseとCommunityの違い:バリエーション Magento Open sourceは、M1ではMagento Community editionと呼ばれていましたが、現在のM2のMagento Open sourceは無料です。 一方、Magento Commerceは、Magento Commerce StarterとMagento Commerce Proの2つのバリエーションがあります。 7.Magento EnterpriseとCommunityの比較:価格 Magento Commerceは、より強力で高性能であることを考えると、明らかに価格が高いです。 また、Magentoは、Magento Commerceに追加の設備とサポートサービスを提供しています。 8.Magento EnterpriseとCommunityの比較:スケーラビリティ Magento Open Sourceで構築されたサイトは、大きなスケーラビリティを持ちません。取引額が大きくなったり、販売額が大きくなったりしてプラットフォームが手狭になった場合は、Magento Commerceへのアップグレードパスがあります。 Magento Open Sourceには、Magento Commerceと同様の機能がたくさんありますが、それでは大規模なビジネスでは、誤った経済性やギリギリの生活を強いられるリスクがあります。 以上が、Magento Open sourceとMagento Commerceを区別する主な機能です。 9.Magento EnterpriseとCommunityの比較:Magento 2.3.2バージョン これとは別に、上述したように、より新しいバージョンであるMagento 2.3.2がリリースされました。 Magento 2.3.2は、プログレッシブウェブアプリケーションのように、より速く、より信頼性の高いエクスペリエンスを提供する機能を備えています。 Magento 2.3.2は、他のMagentoのバージョンと比較して、GraphQLによる読み込み速度の向上を実現しています。Magento 2.3の宣言型スキーマは、簡単にインストールでき、新しいバージョンにアップグレードできます。最新のMagentoバージョンをダウンロードするためのガイドはこちらからご覧いただけます。 他にも、メッセージキューによる非同期通信、2要素認証、reCAPTCHA認証、アップグレードされたWYSIWYGエディタ、ページビルダー、エラスティックサーチ、キャッシュ管理など、様々な機能があります。 10.結論 このように、Magento open sourceとMagento commerceはどちらもそれぞれのレベルで効率的であり、どちらが良いかはビジネスとしての要求に応じて決めるべきだと思います。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify