smartosc - ultra commerce partners
21 September 2021 / Published in Event
SmartOSC社と企業向けEコマースプラットフォームであるUltra Commerce社は、新たな戦略的パートナーシップを発表しました。このパートナーシップでは、両社の専門知識を組み合わせ、Ultra Commerce社のシームレスなデジタルコマースエコシステムへのアクセスを顧客に提供します。 このパートナーシップにより、企業は革新的で総合的なサービスを提供するEコマースエージェンシーであるSmartOSC社を通じて、B2B、B2C、マーケットプレイス向けに完全に統合されたUltra Commerce社の強力なプラットフォームを活用することができます。 Ultra Commerce社は拡張性のある安定した高パフォーマンスのソリューションを提供しており、カスタマイズ可能なフレームワークやすぐに使えるフレームワークのオプションも用意されているため、様々なEコマースのニーズに応えることができます。 さらに、Ultra Commerce社には包括的なグローバルサポートチームがあり、従量制モデルを採用しているため、お客様は将来の成長に向けて柔軟に計画を立てることができます。 “eCommerce “はビジネスにとって必須のものです。Ultra Commerce社では、今日のビジネスの複雑さを解決するソリューションを作成しました。当社のパートナーは、当社の顧客価値提案の重要な要素です。 Ultra Commerce社の最高顧客責任者であるDavid Crow氏は次のように述べています:「SmartOSCとのパートナーシップは非常にエキサイティングなものです。SmartOSCのEコマースコンサルティング、Javaウェブ開発、複数の業界に関する専門知識、長期的な関係の構築などの素晴らしいスキルと、当社のプラットフォームソリューションを組み合わせることで、顧客に魅力的なエンド・ツー・エンドのソリューションを提供し、これまでにないスピードで顧客と収益の向上を実現します。」 「SmartOSCのお客様は、私たちが複雑な問題を解決するからこそ私たちのところに来て、世界クラスのオムニチャネル・デジタル・イネーブルメント・ソリューションを提供してくれることを期待しています。 SmartOSCのCEO兼創業者であるThai Son Nguyen氏は、「B2B eコマースへの注目が高まる中、OMS、PIM、CMS、B2Bベンダー・サプライヤー・マーケットプレイス機能を内蔵した完全統合プラットフォームを持つ、当社が提供するエンタープライズレベルのテクノロジーソリューションに加えることができ、大変うれしく思っています。 Ultra Commerce社について Ultra Commerce社は、B2B、B2C、Marketplaces向けのエンタープライズeコマースプラットフォームです。完全に統合されたプラットフォームには、OMS、CMS、PIMが組み込まれており、シームレスなエンドツーエンドのカスタマーエクスペリエンスを提供し、お客様のオンラインビジネスの成長を支援します。世界中にオフィスを構えるUltra Commerce社は、国際的な顧客に最高のサービスを提供するために、チームとパートナーの真のグローバルネットワークを誇り、単なるプラットフォームではなく、顧客の成長に合わせたテクノロジーパートナーを提供しています。詳細はultracommerce.coをご覧ください。 SmartOSC社について SmartOSCは創業15年、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、日本、タイ、米国、英国の7カ国に850人以上のエキスパートを擁する、受賞歴のあるデジタルコマースエージェンシーです。企業のプラットフォームとテクノロジースタックに深い経験を持ち、複雑な実装を大規模に解決できることから、お客様に選ばれています。       ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
smartosc vs liferay
30 August 2021 / Published in Event
SmartOSC社と、デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム(DXP)の世界的マーケットリーダーであるLiferay社は、新たなパートナーシップを発表しました。 このパートナーシップにより、イノベーションを重視し、総合的なサービスを提供するEコマースエージェンシーであるSmartOSC社は、Liferay社の協力を得て、投資対効果(ROI)に優れた、統一された、パーソナライズされた、モダンなデジタルエクスペリエンスを構築する機会を顧客に提供することができます。 両社は、すでにベトナム海事商業合同銀行(MSB)とのプロジェクトで協力を開始しています。このプロジェクトでは、MSBのウェブサイトを刷新し、ベトナムの大手商業銀行の顧客のデジタル体験を大幅に向上させます。 「SmartOSC社のAPACにおける経験と戦略は、当社のLiferay DXPとEコマースのビジョンと一致しています。彼らの専門知識は、我々が市場を開拓するのに役立ち、ひいては我々の顧客がその潜在能力を最大限に発揮できるようにしてくれるでしょう」と、ライフレイの東南アジア, 営業部マネージャーのSandeep Jha氏は述べています。 「Liferay社のDXPに関する膨大な専門知識を顧客に提供する機会を得ることができ、これを断ることはできませんでした。この分野のマーケットリーダーとして、Liferayとの協業は、SmartOSC社、パートナー、顧客に将来にわたって大きな利益をもたらすと確信しています」とSmartOSC社のアジア担当マネージング・ディレクター、ジャック・トラン氏は述べています。 Liferayは、企業がリッチな認証エクスペリエンスを提供し、手動プロセスを自動化し、単一の統合プラットフォームを通じて顧客、パートナー、従業員に魅力的なデジタルエクスペリエンスを迅速に提供することを可能にします。 Liferay DXPには、世界的な成功事例の実績があります。同社は、ガートナー社のマジック・クアドラントの「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」部門でリーダーに選ばれ、ガートナー社の「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの重要な能力」を備えていると評価されました。 Liferayについて Liferayは、企業がウェブ、モバイル、コネクテッドデバイス上でデジタルエクスペリエンスを創出するためのソフトウェアを提供しています。Liferayは、様々な業界のフォーチュン1000企業と協力して、パートナー、従業員、顧客など全てのオーディエンスにシームレスな体験を提供しています。 特に顧客に対して優れたユーザーエクスペリエンスを提供することは、組織の成功に不可欠です。Liferayは、顧客のライフサイクル全体をゆりかごから墓場までサポートするように構築されており、費用対効果の高いデジタルトランスフォーメーションソリューションを提供することで、ROIの向上とTCOの削減を支援します。 2001年にオープンソースプロジェクトとして始まったLiferayプラットフォームは、現在、約20万人のメンバーからなるコミュニティを持ち、世界中で50万件以上の導入実績があります。 SmartOSCについて 2006年に設立されたSmartOSC社は、グローバルなフルサービスのeコマースエージェンシーです。SmartOSC社は、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、日本、米国、英国のオフィスに650名以上のスペシャリストを擁しています。SmartOSC社は、Magento、Sitecore、Adobe、Shopify Plus、BigCommerceなどの主要なプラットフォームを中心に、技術およびビジネスの専門知識を提供しています。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
11 August 2021 / Published in Event
フルサービスのEコマースエージェンシーがAcumaticaと提携 Hanoiにおける2021年8月10日 – SmartOSC社は、業界をリードするAcumaticaリセラープログラムに参加し、Acumaticaのクラウドベースのエンタープライズリソースプランニング(ERP)プラットフォームをポートフォリオに加えました。 将来性のあるAcumaticaのプラットフォームは、迅速な統合と24時間365日のリモートアクセスを必要とするお客様にソリューションを提供し、ビジネスを中断することなく継続させます。 「Acumaticaは、アジアのSmartOSC社と提携し、完全に統合された小売とEコマースのソリューションを提供できることを大変うれしく思います。SmartOSCのこの業界での豊富な経験とAcumatica Retail-Commerce Editionの機能性は、ベトナムや東南アジアの中堅企業がオンラインビジネスやオムニチャネルビジネスを構築・発展させるための完璧な組み合わせです」とAcumaticaのアジア地域担当ディレクターのThorsten Leppekは述べています。 Acumaticaは、中堅・中小企業向けの経営管理ソリューションを提供しており、商工業、建設業、流通業、フィールドサービス業、製造業向けに業界別のエディションを用意しています。Acumatica Cloud ERPは、最先端のテクノロジーと成長に適したビジネス手法により、製品の使いやすさと満足度の高さで、業界アナリストやお客様から高い評価を得ています。 SmartOSCの創業者兼CEOであるThai Son Nguyenは次のように述べています。「Acumaticaの統合されたビジネス管理アプリケーションの完全なスイートにより、SmartOSCはお客様にビジネスオペレーションの完全なリアルタイムビューを提供できるようになりますが、これは様々な分野の多くの企業が遠隔地で仕事をしている現在、特に重要なことです。」 SmartOSCについて 2006年に設立されたSmartOSCは、グローバルなフルサービスのeコマースエージェンシーです。SmartOSCは、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、日本、米国、英国のオフィスに650名以上のスペシャリストを擁しています。SmartOSCは、Magento、Sitecore、Adobe、Shopify Plus、BigCommerceなどの主要なプラットフォームを中心に、技術およびビジネスの専門知識を提供しています。SmartOSCについての詳細は、Companyページをご覧ください。 Acumaticaについて Acumaticaは、世界各国に顧客を持つクラウドERPのリーディングイノベーターです。Acumatica ERPは、適応性の高いクラウドとモバイルのテクノロジーを独自の包括的なユーザーライセンスモデルで提供し、いつでも、どこでも、ビジネスを完全にリアルタイムで把握することができます。Acumatica は、パートナー企業の世界的なネットワークを通じて、財務、流通、製造、プロジェクト会計、フィールドサービス、小売・コマース、建設、CRM など、統合ビジネス管理アプリケーションのフルスイートを提供しています。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
26 July 2021 / Published in Event
Paypal、Eway、OpenPay、VPBank、Nam A Bank、Maritime Bank (MSB)などの一流ブランドを顧客に持つ、世界的な総合デジタルエージェンシーSmartOSCの子会社であるSmartOSC Fintechは、バイオメトリック3D Face Liveness and Matchingソフトウェアの世界的リーダーであるFaceTecとの戦略的パートナーシップを発表しました。アジア地域に焦点を当て、両社は銀行やその他の金融機関に、エンタープライズグレードのセキュリティレベルでユーザー認証用のバイオメトリクスID認証を提供します。この共同作業は、最高レベルのセキュリティ基準を確保しつつ、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる包括的なソリューションとなることが期待されます。 今回の提携により、アジア全域の組織に、デジタル・オンボーディング、ログイン・プロセス、および支払いや送金のためのトランザクション認証のための、国際的に認められたバイオメトリック3D識別ソリューションを提供します。主な機能は、偽造ID文書の検出、テキスト抽出(OCR)、3Dセルフィーによるユーザー認証、3D Liveness Detectionです。SmartOSC Fintech社とFaceTec社が協力することで、顧客のデータ暗号化と不正防止ツールの完璧な調和が可能になります。 SmartOSCの創業者兼CEOであるThai Son Nguyen氏は、「このパートナーシップにより、当社の革新的な技術力とFaceTecの世界水準の認証ソリューションの力を取り入れ、当社のサービスをより充実したものにすることができました。」を発表しました。 FaceTecのCEOであるケビン・アラン・タッシーは「SmartOSC Fintechとのパートナーシップにより、当社の3D LivenessとFace Matching技術を世界中の何百万人ものユーザーに提供することができ、デジタルサービスの安全性を確保するための革新的なアプローチの一端を担うことができて感激しています。」を話しました。 パンデミックの影響で世界的に在宅勤務が増加し、個人や企業がデジタル領域でビジネスを行うことが多くなっています。時代遅れのデバイス指紋認証や二次元顔認証技術では、もはや犯罪者を寄せ付けないことはできません。 Thai Son Nguyen氏は「eKYCは、世界中の銀行や金融機関の間で高まっているスタンダードです。パンデミックは、デジタル化のスピードを速めるだけでなく、サイバーセキュリティのリスクを増幅させています。そのため、ユーザー体験の向上だけでなく、より安全なアプリ内取引やデジタル取引を提供するための技術的進歩が、特にアジアではこれまで以上に緊急に求められています。さらに、銀行や金融機関がデジタル化の流れに適応するための新しいソリューションを求めていることは明らかであり、SmartOSC Fintechはクラス最高のサービスを提供するベンダーとなるよう努めています」 と述べていました。 急成長している国々は、技術的な成長を促進するために必要な法律を積極的にサポートしています。銀行業界は、第4次産業革命に参加する先駆者となっています。ベトナムでは、このような取り組みは、情報通信省のデジタル市民権データポータルに反映されており、デジタル経済の相互接続を確立するという国の長期的な目標を支援するものとなっています。 FaceTec (フェイステック)について FaceTecは、2013年に設立され、米国、ブラジル、ポルトガル、メキシコ、シンガポールにスタッフを擁する、3D顔認証および認証ソフトウェアのリーディングプロバイダーです。FaceTecの特許取得済みの業界最先端のCertified Liveness Detection、フェイスマッチング、光学式文字認識、および年齢推定技術は、ユニークで生きた3Dユーザーを個人アカウントに結びつけ、モバイルおよびウェブアプリケーションに安全な信頼の連鎖を作り出します。 詳しい情報やビジネスに関するお問い合わせは、www.FaceTec.com メディア関係のお問い合わせは、John Wojewidka(JohnW@FaceTec.com)までお願いします。 SmartOSC Fintechについて 受賞歴のあるデジタルエージェンシーSmartOSCの子会社であるSmartOSC Fintechは、世界中の銀行や金融機関にデジタルネイティブなソリューションを提供するための戦略的な動きとして、2020年初頭に設立されました。SmartOSC Fintechは、デジタル・レンディング、デジタル・ペイメント、デジタル・バンキング、Buy Now Pay Later、ユーザー・オンボーディングなどの分野での提供を強化することで、クライアントの成長を引き出す支援を行っています。 詳細については、www.smartosc.com。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
22 July 2021 / Published in Event
SmartOSCはAdobe Commerce APAC Partner Connect FY20において、顕著な功績とMagentoの成長への貢献が認められ、「Rising Star Commercial Partner of the Year」に選ばれました。本年7月に開催されたこのイベントは、アドビのビジネスに多大な貢献をし、顧客の成功に大きな影響を与えた企業を表彰する年次イベントです。 SmartOSCは、Asus Singapore、Courts、Lotte、Ricohなどの業界を代表するお客様に、15年以上にわたり500以上のMagentoプロジェクトを提供してきたゴールドソリューションパートナーです。200名以上のMagento 2認定開発者の献身的な努力と、優れた顧客レビュー、ポートフォリオ、市場への浸透度、開発スキルにより、SmartOSCは厳しい競争の中でライジングスター賞を獲得しました。 「アドビ コマース社からこのような賞を受賞したことは、過去12ヶ月間の私たちの努力が認められたものであり、身の引き締まる思いです。SmartOSCのCEOであるThai Son Nguyenは次のように述べています。「この賞を受賞できたのは、私たちの過去12ヶ月間の努力が認められた結果であり、光栄に思います」。 お客様が回復への指針を求めた未曾有の年に、SmartOSCとアドビの協力関係はかつてないほど重要なものとなりました。アドビとSmartOSCは、パートナーシップを通じて、テクノロジーを駆使したソリューションとイノベーションで組織を強化し、パンデミックからより強く立ち上がることを目指しています。 アドビは、アジア太平洋地域の優れた代理店、コンサルティング会社、テクノロジープロバイダーと協力し、イノベーション、パーソナライズされた体験、データドリブン、クロスチャネルマーケティングを可能にする最先端のソリューションを提供しています。毎年開催される「Adobe Commerce APAC Partner Connect」では、APAC市場におけるパートナーの成功、革新的な活動、アドビテクノロジーを活用した顧客の成功への貢献を称えています。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
smartosc personify
08 June 2021 / Published in Event
コマースクライアントに、リアルタイムの匿名ウェブサイト・パーソナライゼーションによる、シンプルな顧客転換を提供 世界的なデジタルエージェンシーであるSmartOSC社は、匿名のウェブサイトパーソナライゼーションプラットフォームであるPersonify XP社との新たなパートナーシップを発表しました。このグローバルなパートナーシップにより、企業のチームがコンテンツを企画、作成、管理、配信する方法を劇的に簡素化し、顧客の行動に応じて高度にパーソナライズされた匿名の体験を可能にします。 この新しいグローバル・ソリューション・パートナーシップのお客様にとってのメリットは以下の通り: SmartOSCのクライアントベースにある新しいコンテンツの視聴者層を予測します コンテンツのパフォーマンスへのフィードバックループ リアルタイムでダイナミックなコンテンツの決定 また、既存のデータがなくても「その場で」パーソナライズすることができます この新しいパートナーシップは、顧客が必要とする匿名性を確保しつつ、カスタマイズされたコンテンツを自由に配信できるという、双方の長所を兼ね備えています。 SmartOSCについて 2006年に設立されたSmartOSCは、グローバルな総合Eコマースエージェンシーです。SmartOSCは、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、日本、米国、英国のオフィスに650人以上のスペシャリストを擁しています。SmartOSCは、Magento、Sitecore、Adobe、Shopify Plus、Big Commerceなどの主要なプラットフォームを中心に、技術的およびビジネス的な専門知識を提供しています。SmartOSCの詳細については、http://www.smartosc.com をご覧ください。 Personify XPについて 世界初の匿名のリアルタイム分析とパーソナライゼーションのプラットフォームであるPersonify XPは、魅力的で自動化されたウェブサイトのパーソナライゼーションを通じて、オンラインショッピングのデジタル体験を自動化します。ガートナー社の2019年「パーソナライゼーション分野のクール・ベンダー」に選出され、平均10%の収益増を達成した同社は、独自のAIにより、小売業者やブランドが関与することなく、ショッピングの状況に応じてコンテンツや商品を動的に挿入し、顧客を支援しています。このプラットフォームは、匿名で顧客の行動を特定し、新しい消費者エンゲージメントの創出を支援し、コンバージョンにつながる高度にパーソナライズされた体験を提供します。boohoo、Farfetch、7 For All Mankind、Pentland Brands、Haws & Curtis、Lovehoneyなどのグローバルブランドと提携しています。 Personify XPのホームページ:https://personifyxp.com/ ティム・ストリート(SmartOSC UKコマーシャル・ディレクター) PersonifyXP社、そしてその創業者であるBen Mercer氏と戦略的パートナーシップを結ぶことができ、大変嬉しく思っています。PersonifyXPのチームは、高度に規制されたデータ保護の時代に、匿名の買い物客のデジタル体験を自動化するソリューションを開発しました。”このソリューションを大西洋の両側のお客様に紹介することを楽しみにしています。 ベン・マーサー(Personify XP共同創業者) SmartOSC社は、積極的にコンサルティングを行い、クライアントに魅力的な体験を提供する能力があることを証明しています。ペルソニファイXPは、グローバルに活動する先進的なエージェンシーと提携し、プライバシーファーストの世界で体験を提供するという我々のビジョンをサポートできることを嬉しく思います。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
08 March 2021 / Published in Event
  2021年2月より、SmartOSCはcommercetoolsと正式に提携し、より幅広い強力なeコマースソリューションをクライアントに提供していきます。両社は、アジア太平洋地域(APAC)をカバーする新しいパートナーシップを展開し、eコマースビジネスに販売戦略をさらに推進するための適切なツールを提供するために協力していきます。 commercetools は、カスタマイズ性の高いコマースソリューションを提供しており、その中でも commercetools プラットフォームは、クラウドベースのアーキテクチャを採用し、API 技術を駆使して高速かつ柔軟な機能を実現しています。2006 年にドイツで設立された commercetools は、主に大企業をターゲットに、様々な販売チャネルにコマースアプリケーションを展開し、ビジネスの俊敏性を高め、新しいビジネスモデルに革新をもたらすことを目指しています。 SmartOSCは、国際的なクライアントのために、拡張性の高い新しい技術ソリューションを常に探し求めています。SmartOSCは、常に最先端の技術ノウハウを駆使して革新を続けることで、電子商取引の世界をはじめとする世界クラスのエンタープライズソリューションを設計、実装、統合することができます。 SmartOSCとcommercetoolsの両社は、最高品質のオーダーメイドのクラウドコマースサービスを最も必要としている顧客に提供するために力を合わせることができることを嬉しく思っています。 このパートナーシップを発表し、SmartOSCのオーストラリア/ニュージーランド地域マネージャーであるエイドリアン・ウェイクハムは、「commercetoolsとのパートナーシップが、APAC地域のお客様に新たな機会を提供するのに役立つことに興奮しており、SmartOSCがeコマースソリューションの世界で競争力のあるリーディングプレーヤーとしての地位をさらに確立することになります」と述べています。 SmartOSCは、eコマース企業やその他の企業に拡張性とコスト効率に優れたソリューションを提供する国際的な開発機関です。お客さんの会社がどのようなメリットを得られるか、お電話またはお手紙でお問い合わせください。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
shopify at smartosc office
08 February 2021 / Published in Event, Shopify
2019年2月28日、SmartOSCのチームは、Shopify Plusのパートナーシップ(APAC)責任者でありリース・ファーナー(Rhys Furner) 氏と、Shopify Plus APAC地域のチームリーダーである(Jason Bowman)ジェイソン・ボウマン氏から、貴重なアドバイスを受けました。今回の講演では、革新性と、このプラットフォームがマーチャントの国際的な成長と将来のeコマースアプローチをどのように支援するかに重点が置かれました。 アジア太平洋地域全体で数少ないShopify Plusのフルサービスを提供する代理店として、SmartOSCは、この強力なプラットフォームがどのようにお客様の目標達成に役立つかをアドバイスすることに誇りを持っており、また、私たちのスタッフは、その機能と可能性についての包括的な知識を持っています。本日のセミナーでは、Plusプラットフォームへのスケールアップ時に追加されるサポート、自動化、マーチャントサクセスプログラムなどのハイライトをご紹介しました。 “Shopifyはビジネスの開始と構築を簡単にしてくる” ゼンハイザー(Sennheiser)、レッドブル(Red Bull)、バドワイザー(Budweiser) などの国際的に認知されたブランドがすでにShopify Plus+のソリューションを利用しており、プラットフォームの拡張性は明らかです。 “マーケットプレイスから離れ、独自のブランド構築に取り組みたいと考えている「高成長、大量生産」のマーチャント(B2B、B2C問わず)は、このプラットフォームの優れた機能のいくつかを楽しむことができるでしょう” Plus+加盟店を優先した24時間365日のサポート 他のeコマースプラットフォームからの移行を容易にするためのTransporterの再プラットフォーム化ツール Shopifyフローのタスク自動化 パーソナライズされたショッピング体験を提供するためのShopifyスクリプトの制御を強化 チェックアウトまでのブランド表現 全部セールツール マルチカレンシー統合(Shopifyペイメントが利用可能な場合 高収益を生むイベントを自動監視するためのローンチパッド ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
20 January 2021 / Published in Event
2020年12月20日、東京における株式会社ネットスターズのオフィスでSmartOSCジャパン株式会社との基本合意書に署名しました。 調印式には、2社の代表取締役社長2名が出席しました。 ネットスターズの代表は代表取締役社長の李剛様、SmartOSCジャパン株式会社は代表取締役社長のレ・マイ・アン様です。 基本合意書の内容は次のとおり: 潜在的な顧客を紹介すること 一般顧客への入札とサービスの提供 IT及びFintechサービスにおけるその他のコラボレーション 株式会社ネットスターズは、2009年に日本橋東京に本社を置いて設立されました。同社の主な業界はクレジット支払い処理とFintech支払いソリューションの提供です。 2018年に東京に設立されたSmartOSCジャパン株式会社はベトナムのSmartOSC Corporationのメンバー企業です。 SmartOSC Corpは、Paypal、SpaceX、Ricoh、Asusなどの主要ブランドのEcommere eコマースサイトの設計に14年の経験があります。日本ではSmartOSC Japanが実施した大きなプロジェクトのウェブサイト:Mystays - ホテルの予約サービス。日本でトップ3にランクされたウェブサイトです。 SmartOSCの強みは、Magento(マジェント)、Shopify Plus、Bigcommerce、Amazon Marketplace、Sitecoreなどの世界的に有名なeコマースプラットフォームとのゴールドパートナーです。さらに、SmartOSCは電子決済Fintechセグメントの拡大も開始しています。 両社はそれぞれの強みを持っており、この覚書に署名することで、ベトナムと日本でeコマースとフィンテックを共同開発するための補完的なリソースとテクノロジーが促進されると考えています。 調印式での写真: ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
smartosc & partner
19 January 2021 / Published in Event
2020年12月17日、SmartOSCとThe Purpose Groupは協力して、オムニチャネル小売に焦点を当てたビジネスリーダーと経営幹部を対象にホーチミン市で会議を開催しました。 イベント「オムニチャネルプレイブック:ユニファイドコマースの未来を征服する」には、ベトナムのトップ100ブランドを代表する100人以上のゲストが参加しました。スポンサー:Adobe、Magento Commerce、AWS、Google、Zalo、Brandex、Brands Vietnam、Brandmaker、Antsomi、ANTSDigitalでした。   ゲストは10人の権威ある講演者から詳細な講演を受けました: NicholasKontopoulos氏-APACマーケティング責任者AdobeDX Commerce(Adobe) Thuy Tran氏-Amazonグローバルセリングのカントリーヘッド(Amazon) Phu Vo氏-共同創設者/副社長(The Coffee House) Nguyen Thanh Giang氏-CEO /創設者(The Purposeグループ) Jack Tran氏 ー担当マネージングディレクター(SmartOSC) Kaelyn Trinh氏 -エージェンシー開発マネージャー(Google) Dat Le氏 -会長/共同創設者(Antsomi) Tran Van Anh氏 -マネージングディレクター(ブランドメーカー) Son Dang氏 -ANTSのマネージングディレクター-Audience360(ANTS Digital) Thu Tran氏 -デジタルイノベーションディレクター(目的グループ) 顧客行動とオムニチャネルの究極の原則をもたらし、彼らも手を組み、ベトナムの小売市場向けの実践的な手順と国内の洞察を備えた1つのオムニチャネルプレイブックを作成しました。 「ベトナムのブランドがオムニチャネル戦略を統合する絶好の機会です」と、パンデミック以降ベトナムの経済が急速に回復し、オンラインショッピング市場が一定の成熟度に達し、買い物客が非常に多いため、GoogleのKaelynTrinh氏は述べています。デジタル体験に慣れている。 目標は、まだ同期を維持するために差別化することです。すべてのブランドが独自のeコマースWebサイト、ソーシャルメディアページなどを簡単に持つことができるようになりました。したがって、目標はもはやオンラインで存在するのではなく、ショッピングの旅のあらゆる段階で消費者に並外れて調和のとれた体験を提供することで目立つことです。 技術能力評価が最初に来ます。Jack Tran 氏は、企業の約80%が、現在何ができるのかを十分に理解していないために、変更が速すぎて大幅に進んでいるなどの理由で、オムニチャネルの実装に失敗していると述べています。したがって、企業はデジタルトランスフォーメーションに参加する前に、資産と負債を知る必要があります。 SmartOSCのアジアマネージングディレクターJack Tran氏は、クライアントにリコーのオムニチャネルサクセスストーリーについて語っています。 データは、オムニチャネル戦争に勝つための鍵です。所有されている情報の量はオムニチャネルの問題を解決しませんが、データの成熟度は解決します。この手順では、各ブランドのマッチングアプローチを評価して見つけるのに時間がかかります。 コンテンツ戦略は、顧客に購入決定をするように促します。テクノロジーは、製品が適切なタイミング、適切な場所で適切なオーディエンスに到達するのに役立ちます。しかし、彼らを実際の購入者に変えるのは、コンテンツが彼らの頭に浮かぶ方法です。 オムニチャネルの実装手順には、組織全体が関与する必要があります。オムニチャネルは孤独な人間のゲームではありません。販売およびマーケティング、カスタマーサービスなどを含む社内部門からアウトソーシング機関まで、真に接続されたオムニチャネルの旅を一緒に完了するための組織のビジョンを理解する必要があります。 刺激的なプレゼンテーションの後、ゲストはネットワーキングディナーに招待され、eコマースの世界の仲間や見込み客と交流して新しいビジネス関係を築くことができました。 メーデイア:  ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace