カナダにおけるオムニチャネルビジネスの3つ事例

カナダの小売業界では、パンデミックが発生して以来、伝統的な店舗からオンラインショッピングへの移行が進んでいることは容易に想像できます。しかし、長期的にビジネスを成功させるためには、カナダの小売業界の未来は、デジタルやブリック&モルタルがすべてではありません。 Statista社によると、カナダ人の80%が過去12ヶ月間に実店舗とオンラインストアの両方で同じように買い物をしたと報告しています。また、Forrester Consulting社は、包括的なオムニチャネル体験、つまりこの2つのビジネスモデルの組み合わせこそが、この業界が向かっているものだと指摘しています。

ここでは、カナダでオムニチャネル・ビジネスの展開に成功した3つのビッグブランドのケーススタディをご紹介します。彼らがどのようにオムニチャネル・ビジネスを展開しているのかを見てみましょう。

1.Walmart Canada

2020年、ウォルマートのリーダーたちは、カナダでのオムニチャネル・ビジネスの展開に1億ドルを投じることを発表しました。ウォルマート・カナダによると、カナダでは、実店舗とオンラインストアの両方で、より早く、より安全で、よりシンプルなショッピング体験を提供するために、大きな努力をしているとのことです。

具体的には、Walmart Canadaは、今後数年間で10のハイブリッド店舗を試験的に導入し、130の店舗を改装する予定です。ハイブリッドストアは、オムニチャネルの新機能をテストするために使用され、フルフィルメントのスピードを向上させる上で重要な役割を果たします。その一方で、将来的に先進的なeコマースを実現するために、古い店舗を改装する作業も行われています。例えば、ヴォーンにあるカナディアン・タイアの店舗では、広いドライブアップ・エリアと先進的なテクノロジーを備えており、お客様が買い物の後に注文した商品を車に積み込むことができます。

Walmart Canada

2. Canadian Tire

Canadian Tireは、カナダでユニークなオムニチャネルのアイデアを打ち出しました。この企業は、注文した商品をわずか1分で顧客に届けるロボット技術を開発しました。この技術革新により、オンラインで注文した商品をカナダの巨大な実店舗ネットワークから受け取るという便利で未来的な方法で、顧客満足度を高めています。

2018年には、それらの新しいピックアップタワーの一部が、250個の荷物を収容できるカナダの5店舗でテストされました。カナダのお客さまは、操作パネルで受け取りコードを入力するか、モバイル機器でQRコードをスキャンすることで、簡単に荷物を受け取ることができます。

このアイデアが実用化された後、カナディアン・タイアには、行列や待ち時間を最小限に抑えられるという好意的な意見が多く寄せられました。また、このようなピックアップポイントで注文品を自分で受け取ることは、covid 19パンデミックの状況下ではより安全な選択肢であると思われます。

3. David’s Tea

David’s Tea は、カナダのスペシャルティティーとティーアクセサリーの小売分野でのビッグネームです。この小売業者は、カナダとアメリカに200以上の店舗を展開し、多くのロイヤルカスタマーを抱えてビジネスを拡大しています。David’s Tea社のオムニチャネル・ビジネスの鍵となるのは、Frequent Steeperと名付けられた同社のリワードプログラムです。

例を挙げると、実店舗でもオンラインストアでも、購入したお客様には等しくポイントが付与されます。また、クロスチャネル戦略により、カナダ人顧客の情報をすべてデータベースに記録・保管しています。また、様々なプロモーションをEメールで提供し、お客様にお知らせすることで、お客様の店舗への再来店を促す強力なツールとなっています。

David's Tea

4. 結論

このように、カナダの小売業界における3つの巨大ブランドは、あらゆるタッチポイントで顧客との関わりを持とうと努力しています。その結果、彼らはより大きな売上を獲得し、顧客のロイヤリティを高めることができるのです。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて