コンシューマ・アプリはどのようにPOSパフォーマンスをサポートする?

コンシューマ・アプリはどのようにPOSパフォーマンスをサポートする?

コンシューマ・アプリはどのようにPOSパフォーマンスをサポートする?

今やスマートフォンは、日常生活に欠かせないツールとなっています。実際、18歳から29歳までの94%の人がスマートフォンを所有しています。これは非常に潜在的な消費者層であるため、企業はこのデバイスを最大限に活用して自社のサービスをサポートする方法を模索しています。消費者向けアプリは、このようにして発明され、ユーザーに多くの利益をもたらします。この記事では、POSコンシューマーアプリが小売業者の店舗成長をサポートする4つの方法をご紹介します。

POSコンシューマーアプリとは?

POSコンシューマーアプリとは、その名の通りコンシューマー向けに開発された、スマートフォンにインストールできるアプリケーションの一種であり、閲覧から支払いまでのショッピング体験を容易にします。POSコンシューマー・アプリは、その名の通りコンシューマー向けに開発されたアプリで、商品の閲覧から支払いまでをスムーズに行うことができます。

the app

 

POSコンシューマアプリはどのように小売店のパフォーマンスを支援しますか?

POSコンシューマアプリの活用方法は、開発者によって様々な工夫がなされています。しかし、ここでは最も一般的な4つの方法を紹介します:

1. オムニチャネル・エクスペリエンスの創造

私たちはデジタル化された世界に生きており、日々の活動はますますテクノロジーと融合しています。ショッピングも例外ではありません。現在、消費者のショッピング体験は、オフラインとオンラインの両方のチャネルで行われています。興味深い事実があります:59%の消費者は、購入する前に、最善の選択をするために、実際にオンラインで調べています。

POSコンシューマーアプリは、シームレスなオムニチャネル・ショッピング体験の実現に役立ちます。QR/バーコードスキャン機能を搭載することも可能です。これにより、店頭のお客様は、スマートフォンでコードをスキャンするだけで、各商品の詳しい説明やバリエーション、賞味期限などにアクセスすることができます。このようなデジタル統合は小さな一例ですが、小売業界における消費者向けアプリの力を証明するには十分です。

pos consumer app

2. セルフチェックアウト対応

お客様がチェックアウトのために列に並んで待たなければならない時間は長い。POSコンシューマーアプリを使えば、お客様がセルフチェックアウトできるようになり、時間と人件費の節約につながります。

例えば、お客様はスマートフォンで簡単に支払いを済ませ、バーコードを受け取ります。このコードをレジ担当者がスキャンします。すると、わずか数秒でチェックアウトが完了します。スピーディなチェックアウトは、売上の向上、顧客満足度の向上など、あらゆる面で効果を発揮します。

long queue

3. 在庫切れの商品を注文する

在庫切れに直面しても、お客様がどうしてもその商品を買わなければならない場合があります。そのお客様を競合他社に奪われたくはないですよね。このような場合、POSコンシューマーアプリがあれば、このようなシナリオを防ぐことができます。多くの開発者は、顧客が在庫切れの商品を配送を選択して注文したり、後で店舗で受け取ることができるようなアプリを作成しています。このようにして、マーチャントは顧客を維持し、より良いロイヤリティを育てることができます。

4. パーソナライズされた提案を得る

調査によると、高度にパーソナライズされたショッピング体験を認識した場合、40%のお客様が予定以上の買い物をする傾向があることがわかっています。POSコンシューマーアプリは、お客様を理解し、アドバイスをすることができるお客様の「友人」としての役割を果たすことができます。パーソナライズされたお勧め商品は、お客様の購入履歴やウィッシュリストに基づいて行うことができます。このようなコンシューマーアプリの機能は、小売業者が販売活動をサポートするモバイルアプリを利用する最大の理由の一つとなっています。

pos consumer app - personalization

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

 

►►►サービスについて