Bigcommerce POSのセキュリティを向上させるには?

bigcommerce posのセキュリティを向上させるには?

bigcommerce posのセキュリティを向上させるには?

近年、eコマースはオンライン盗難による多くの問題に直面しています。サイバー犯罪に関する調査によると、中小企業の50%が、サイバー攻撃がより巧妙かつ深刻になっていると回答しています。多くのオンラインストアを抱えるBigCommerceは、オンラインセキュリティに関する多くの問題に直面しています。BigCommerceの加盟店であれば、この記事ではPOSセキュリティを向上させるためのヒントを紹介します。

1. スタッフの権限を制限する

まずできることは、スタッフの権限を制限することです。BigCommerceでは、複数のユーザーが1つのストアにログインして、ストア運営の日常業務を支援したり、特定の役割を担ったりすることができます。それぞれの消費者は自分のアカウントを持ち、責任のある分野にパーミッションを制限する必要があります。

BigCommerceには、あらかじめ用意されたユーザーロールのセットがいくつかありますが、与えたいパーミッションを選択することもできます。アカウント設定の「ユーザー」から、ストアオーナーまたはシステム管理者は、ユーザーの作成/削除や権限の付与を行うことができます。

新しいスタッフが導入されると、デフォルトでは完全なユーザー権限が付与されます。ユーザーが許可されていない部分にアクセスできないようにするために、消費者が追加されたらすぐにこれらを編集する必要があります。

2. 強力なパスワードの作成

次のBigcommerce POSセキュリティのヒントは、強力なパスワードの作成に力を入れることです。多くの人や企業は、パスワードを忘れることを恐れて、ユニークなパスワードを作成していません。パスワードは「password」や「123456」のように同じものを使うことが多いので、デフォルトのパスワードは比較的簡単に解読できます。

これに代わるものとして、コンピュータで生成されたパスワードは、通常、英数字と大文字小文字を区別しており、セキュリティの観点からは好ましいものです。しかし、これらのパスワードは、ユニークで企業の保護を維持するものであれば、変更することができます。

password - bigcommerce pos security

3. 透明性の高いセキュリティポリシーの策定

多くのテクノロジー企業は、プライバシーが自社の柱となる要素であることを表明し、顧客が自社を信頼すべき理由を示すことに成功しています。

このような変化は、データが企業にとって最も価値のある商品であることをお客様がよく知っていることが一因となっています。消費者は、自分のデータをより正確に管理し、企業に透明性を求めるようになっています。その結果、企業は、顧客のプライバシー保護をビジネス戦略全体の中で継続的に行う必要があると認識するようになっています。顧客のデータを管理していることを示すことで、信頼の基盤を築くことができます。

4. 安全なPOSを導入する

最近発生したMacy’sのデータ流出事件では、ハッカーが顧客の個人情報や支払い情報を盗むことができましたが、これはオンラインショッピングと店舗での買い物の両方が危険であることを思い出させるものです。2014年に発生したTarget社の店舗ハック事件では、7,000万件以上の顧客記録がハッカーにさらされました。

後に明らかになったところによると、ターゲット社がFireEye社のマルウェア対策フレームワークに自動駆除機能を組み込んでいれば、この攻撃は回避できたとのことです。

企業、特に小売業者は、POSシステムの安全性を確保するための対策を講じる必要があります。幸いなことに、POSへの攻撃の大部分は防ぐことができます。POSシステムには数多くの脅威がありますが、これらの脅威に対抗する方法は複数あります。どのシステムを使用しているかにかかわらず、ネットワーク上を移動するデータを保護するために、組織が仮想プライベートネットワーク(VPN)を持っていることを確認してください。それ以外にも、暗号化を使用したり、信頼性の高いアンチウイルスソフトウェアをインストールしたり、システムを定期的にチェックしたりすることで、POSシステムの保護を強化することができます。

関連投稿:Magento POSオムニチャネルシステムの実装

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

►►►サービスについて