ShopifyにおけるO2Oへのビジネスを成功させるには?

ShopifyにおけるO2Oのビジネスを成功させるには?

O2O(Online-to-Offline)ビジネスモデルとは、企業がオンラインプラットフォーム上で顧客にアプローチし、実店舗での購入を促すことを指します。もはや珍しいビジネスモデルではありませんが、Shopifyでこのビジネスモデルを最大限に活用できる企業は限られています。では、ShopifyでO2Oビジネスを成功させるためのヒントは何でしょうか?

1. オムニチャネル・テクノロジーの統合

オムニチャネル・リテールとは、商品の閲覧から注文の処理まで、デジタルとフィジカルの両方のプラットフォームを使って、お客様にひとつの体験を提供することを目的とした商取引の方法です。オムニチャネル・リテールの考え方は、いくつかのタッチポイントを組み合わせることで価値を高め、全体がその断片の総和よりも大きくなるというものです。そのデジタルインタラクションが、人々の店頭での習慣や好みを形成しています。かつては実店舗での買い物だけで満足していた消費者が、今ではオンラインとオフラインのプラットフォームを通じてブランドと関わりたいと考えるようになっています。

小売業者があらゆる場所に存在することが求められていることから、お客様がさまざまなチャネル間をシームレスに切り替えながら、単一の体験を得られるオムニチャネルショッピングが生まれました。そのためには、優れたクリック&コレクト機能を備えたShopifyのPOSシステムのような強力なテクノロジーを統合する必要があります。企業は、オンラインで支払い、店舗で受け取るといった複雑な要件を簡単に処理することができます。

2. パーソナライズされたカスタマー・エクスペリエンス

ある調査では、回答者の52%が、パーソナライズされた商品提案を評価すると答えています。オンラインショップのオーナーとしてお客様の名前を知っているわけではないかもしれませんが、お客様のことをもっとたくさん知る機会があります。

関連投稿:2021年のeコマースの未来の予測

今ほど、自社のパーソナライゼーションへの取り組みを評価するのに適した時期はありません。世界的な大流行により、対面での交流がなくなった今こそがそのチャンスなのです。多くの実店舗を持つ企業は、オンラインストアに関心を移したり、初めてウェブサイトを開設したりしています。いずれにしても、よりパーソナライズされた顧客体験を提供することで、顧客とのつながりを深めることが重要です。

顧客データがあれば、お客様との密接な関係を築くことが可能になります。例えば、お客様の買い物履歴をもとに商品を提案したり、お客様の欲しいものリストをもとに似たような商品を勧めたりすることができます。

3. モバイル体験の最適化

mobile experience

モバイル最適化のコンセプトは新しいものではありません。しかし、テクノロジーを駆使してモバイルの買い物客とコミュニケーションを図る小売業者の能力は、第一世代のスマートフォンの限界をはるかに超えて進歩しています。実際、BigCommerce社によると、2021年までにEコマースの総売上高の54%がモバイルによるものになると言われています。

間違いなく、オンラインで顧客を惹きつけたいのであれば、モバイルフレンドリーなインターフェイスを持つことは必須です。これは実店舗のレイアウトと同じで、整理整頓が行き届いておらず、買い物がしにくいとお客様は離れてしまいます。

4.クリック&コレクト機能の提供

お店の現在の配送方法やスタイリングと連動して、お客様にシームレスな受け取りオプションを提供します。使いやすいインターフェイスやモバイルアプリを使えば、コンバージョン率を高め、お客様に店頭で注文品を受け取る選択肢を提供することができます。クリック&コレクトの手順は、しばしば次のようになります。

  • お客様が実店舗で商品を受け取りたいことを確認する。
  • お客様がご注文商品の受け取り日を選択する。
  • (オプション)お客様は、代金を回収する個人の名前と電話番号を選択する。
  • カートに「店舗受け取り」という商品が即座に追加され、注文の受け取りが可能になります。

5. オンラインとオフラインの両方のプラットフォームに言及してマーケティングキャンペーンを行う

run o2o business Shopify - marketing

ShopifyでO2Oビジネスを成功させるために、ブランドをオンラインとオフラインのどちらで販売すべきか、あるいはマーケティングキャンペーンに何を含めるべきか、迷っていませんか?

その答えは、「柔軟に対応すること」です。O2Oを成功させるための決まった公式はありません。特定のお客様がどちらのプラットフォームを好むかはわかりませんので、マーケティングキャンペーンでは、オンラインとオフラインの両方のチャネルに言及するのがベストでしょう。また、両方のプラットフォームをつなぐオムニチャネルの可能性を強調するのもよいでしょう。

6. 最後

ShopifyでスムーズにO2Oビジネスを行うためには、複数の戦略を実行する必要がありますが、上記のリストがそのサポートになれば幸いです。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて