Shopifyの自動ストアを設定する方法

Shopifyの自動ストアを設定する方法

Shopifyの自動ストアを設定する方法

自動化は、Shopifyのeコマースビジネスにとって救いの手です。自動化する各ビジネス要素は、あなたの時間とリソースを節約します。だからこそ、すべてのビジネスが、完全に自動化されたShopifyストアの開発を望んでいるのです。

このように考えてみると、毎日30分かけて仕上げるタスクがあるとすると、1週間で3時間半ということになります。毎年、1つの作業に182時間も無駄にしていることになります。複雑な仕事はもっと時間がかかるかもしれません。一方、自動化アプリに慣れるのに数時間、ワークフローを設定するのに2、3分しかかかりません。

この記事では、ビジネス展開を加速させるShopifyでの完全自動ストアの設定方法について説明します。

1. タスクとプロセスを特定する

Shopifyストアを自動化するために最初にしなければならないことは、より早く完了させたいすべてのタスクをリストアップすることです。手動で行う場合の問題点と、それをどのように解決したいかを明記します。

  1. カート放棄のリマインダーを送信する
  2. 顧客と注文のタグ付け
  3. 割引プログラムの実行
  4. 在庫通知の送信
  5. リスクの高い注文の検出
  6. 価格表や広告バナーの発行など、さまざまな機能があります。

2. 自動化のしやすさを見極める

第2のステップは、タスクを自動化するのがどれだけ簡単かに基づいて、リストを分類することです。まずは4つの大きなグループに分けてみるといいでしょう。

1つ目のカテゴリーは、簡単に自動化できるタスクです。データ入力がその例です。簡単なプログラムですべての情報を埋めてもらうことができ、価格も手頃です。プロモーションキャンペーンやカート放棄メールを配信するメールマーケティングの自動化アプリも、かなり手頃な価格で提供されています。

カテゴリー2は、自動化するのに少し手間がかかるタスクです。つまり、コンピューターに結果を委ねる前に、その仕事のやり方をコンピューターに伝える必要があるのです。例えば、会計の場合、アプリが料金を計算するためには、計算式を入力する必要があります。また、テクノロジーでは部分的にしかできない処理も含まれます。

カテゴリー3は、自動化するのがより難しいタスクです。自動化の方法がわからないものや、カスタムソリューションが必要なものなどがあります。チャットボットビルダーのように、一から設定しなければならず、アクセスするためには大きな予算が必要なものも考えられます。

最後のカテゴリーは、新規取引のために卸売業者に電話をかけたり、顧客とのミーティングに出向いたりするような、コンピューターでは代替できない作業を対象としています。注目すべきは、コールドコールを行うテレセールス・アソシエイトのように、このグループ内のいくつかのプロセスをアウトソースできることだ。しかし、自動化には高度な技術が必要であり、中小企業にとっては問題外である。

3. 既存のソリューションを探す

自動化したいタスクを認識したら、そこにあるソリューションを探し始めましょう。Shopifyのマーケットプレイスを回り、レビューを読んで体験談を把握することをお勧めします。また、思っていたよりも自動化が簡単なタスクや難しいタスクがあることに気づきます。心配しないでください。こんなことはよくあることです。再分類して、グループ3と4のプロセスをスキップし、最初の2つのカテゴリーの検索を広げましょう。

Shopifyは、オンラインストアを立ち上げるのに最適なプラットフォームです。なぜなら、便利なネイティブ機能がたくさん備わっているからです。また、このプラットフォームは、プラグインとの相性も抜群です。Shopifyで評価の高いサードパーティアプリには、Atom8Klaviyo、Omnisend、YOTPO、etcshopifなどがあります。

4. カスタムオートメーションソリューションの開発

適切なプラットフォームを見つけたら、次はそれを店舗に統合する番です。仕事のプロセスに変化があった場合、人々がそれに慣れるには時間がかかります。そのため、チームの仕事の範囲を再定義する必要があるかもしれません。どの作業を自動化し、どの作業を手動で行うかを明確にすることを忘れないでください。そして、スタッフがアプリを使って作業し、協力できるようにトレーニングします。最初のうちは思ったようにいかないこともあるでしょう。その際には、チームからのフィードバックを受け入れ、結果を批判的に分析することが大切です。そうすることで、改善の余地があるかどうか、ソフトウェアが会社の要求を満たしているかどうかを把握することができます。

5. さらなる発展を目指して

時間があれば、ビジネスを拡大し、必要であれば、自動化ソリューションを作成することができます。大企業を参考にして、その自動化ソリューションから学ぶこともできます。最初はニッチな分野から始めて、徐々にネットワークを構築し、うまくいけばビジネスプロセス全体に広がっていくでしょう。

これで、Shopifyの自動化された店舗を自分で立ち上げることができます。自動化によって得られた利益で、より重要な活動のために人を雇うことに投資することができます。上手くやれば、人の手をあまり借りずに、ほとんどバーチャルにビジネスを運営することができます。さあ、Shopifyですぐに検索を開始しましょう。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて