開発環境にsitecore 10をインストールする方法

sitecore 10

Sitecore 10がリリースされたので、早速使ってみました。開発環境で動作させるために、Sitecore Install Framework (SIF)を使ってインストールすることにしました。この記事では、そのための手順を説明します。

SIFによるインストールでは、PowerShellスクリプトを使用します。このプロセスは、製品の以前のバージョンと同様です。今回は、SitecoreInstallFramework 2.3.0を使用してインストールを行います。私のように、お使いのマシンに複数のバージョンのSIFがある場合は、以下の手順でそれぞれのSIFのバージョンを選択することができます。

Install-Module -name SitecoreInstallFramework -RequiredVersion 2.3.0 -Repository SitecoreGallery

Get-Module -name SitecoreInstallFramework -ListAvailable

Import-Module -name SitecoreInstallFramework -RequiredVersion 2.3.0 -Force

必要なバージョンを用意したら、Solrをダウンロードしてインストールし、8983番ポートで利用できるようにします。Solrが利用できるようになったら、SitecoreからXP0 Single Packageをダウンロードし、c:resourcefiles\sitecore10フォルダなど任意のフォルダに解凍します。

ここで、以下のようにして前提条件のInstallationConfigurationを実行します:

Install-SitecoreConfiguration -Path .\Prerequisites.json

次に、XP0-SingleDeveloper.ps1スクリプトを読み込んで、いくつかのプロパティを編集します。

[code]$Prefix = "sc10"

# The Password for the Sitecore Admin User. This will be regenerated if left on the default.
$SitecoreAdminPassword = "b"

# The root folder with the license file and WDP files.
$SCInstallRoot = "C:\ResourceFiles\sitecore10"

$LicenseFile = "$SCInstallRoot\license.xml"

# The URL of the Solr Server
$SolrUrl = "https://localhost:8983/solr"

# The Folder that Solr has been installed to.
$SolrRoot = "C:\Program Files\solr-8.4.0"

# The Name of the Solr Service.
$SolrService = "Solr8.4"

# The DNS name or IP of the SQL Instance.
$SqlServer = ".\SQLEXPRESS2017"

# A SQL user with sysadmin privileges.
$SqlAdminUser = "sa"

# The password for $SQLAdminUser.
$SqlAdminPassword = "password" [/code]

XP0-SingleDeveloper.ps1ファイルの変更の準備ができたら、次のコマンドで実行してみましょう。

.\XP0-SingleDeveloper.ps1

これにより、SIF 2.3バージョンを使用してSitecoreがインストールされます。Sitecoreにログインして、以下を実行します。

検索インデックスの再構築
マスターデータベースとコアデータベースのリンクデータベースを再構築します。
マーケティング定義の展開
これで、新しいSitecore 10インスタンスが起動し、Horizonやその他のパッケージをインストールできるようになります。このバージョンのSitecoreには、新しいロールは追加されていません。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて