Magento 2 システム要件

magento 2 system requires
Magento 2 system requires

Magento 2がリリースされ、より親しみやすいインターフェイス、より優れたパフォーマンス、より高いセキュリティを備えているため、オンラインストアのオーナーはストアのベースメントシステムをMagento 2に変更しようとしています。 問題は、Magento 2のメリットをすべて享受するにはどうすればよいかということです。この記事では、Magento 2のシステム要件をすべてお伝えしますので、あなたのストアに最も効果的なMagentoシステムを導入してください。もしあなたのMagentoストアがまだ期待通りに動かない場合は、追加のエクステンションをインストールすることを躊躇しないでください。

Magento 2 システム要件

Webサービスの要件

データベースエンジンの要件

  • MySQL 5.6, 5.7
  • MariaDB 5.6, 5.7

PHP 動作環境

  • >= 7.1.3
  • >= 7.2.0

PHP拡張機能の要件

  • bcmath
  • ctype
  • curl
  • dom
  • gd
  • hash
  • iconv
  • intl
  • mbstring
  • openssl
  • pdo_mysql
  • simplexml
  • soap
  • spl
  • xsl
  • zip
  • libxml (lib)

キャッシュシステムの要件

  • PHP OPcache(推奨)
  • Redis
  • バニッシュ
  • mem-cached

メールサービス 要件

  • メール転送エージェント(MTA)
  • SMTPサーバー

SSLの要件

  • HTTPSには、有効なセキュリティ証明書が必要です。
  • 自己署名入りのSSL証明書はサポートされていません。
  • トランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)の要件

Magento 2 Enterprise の要件

Magento 2 システム機能詳細

ウェブサービス

Magento 2は以下のリバースプロキシサーバーをサポートしています。お使いのサーバーがこの前提条件に合致しているか、または最新のメインラインバージョンにアップグレードされているかをご確認ください。

データベースエンジン

MySQLはウェブアプリケーション用のオープンソースのデータベースとして人気があります。Magento 2 も例外ではなく、データベース構造に MySQL 5.6 を必要とします。さらに、MySQL 5.6のAPIをサポートしているため、MariaDBやPerconaもMagento 2に対応しています。

PHP

PHP 7 については、Magento 2 のコードコンパイラに影響する PHP 7.0.5 の問題があることが知られています。この問題を避けるために、PHP 7.0.5 は使用しないほうがよいでしょう。

  • 5.6.x
  • 5.5.x、xは22以上
  • 7.0.5を除く、7.0.2から7.1.0まで。

PHP拡張機能の要件

拡張機能を組み込む前に、以下のPHP拡張機能の要件を確認しておくと、より効率的な運用が可能になります。

  • curl
  • gd、ImageMagick 6.3.7以降
  • intl
  • mbstring
  • mcrypt
  • mhash
  • openssl
  • PDO/MySQL
  • SimpleXML
  • Soap
  • xml
  • xsl
  • zip
  • json (PHP 7 のみ)
  • iconv (PHP 7 のみ)

キャッシュシステム

Magento 2 は Magento 1 よりもはるかに高速だと言われていますが、それでもユーザーからは Magento 2 が耐えられないほど遅いという苦情が寄せられています。ゆえに、以下のキャッシュ管理ツールのいずれかを有効にして使用することをお勧めします。

  • PHP OPcache – 事前にコンパイルされたスクリプトのバイトコードを共有メモリに保存するバイトコードキャッシュエンジンで、これによりリクエストごとにPHPがスクリプトをロードして解析する必要がなくなります。
  • Redis (お勧め) – Magentoシステムにインストールされると、キャッシュとセッションバックエンドとしての役割を果たすオープンソースです。Redisの最も強力な機能は、ディスク上の保存とマスター/スレーブのレプリケーションをサポートしていることです。
  • Vanish(お勧め) – キャッシュ機能を備えたHTTPリバースプロキシで、ユーザーには通常のサーバーのように見えますが、ファイルやファイルの断片をメモリに保存し、将来の同等のリクエストに対する応答時間やネットワーク帯域幅の消費を抑えるために使用します。
  • Mem-cached (お勧め) – 分散型メモリオブジェクトキャッシングシステムで、高速なバックエンドキャッシュとして使用され、速度を大幅に向上させます。Mem-cachedはMagentoのシステムに組み込むことができます。

メールサービス

Magento 2でメールを送受信するには、MTAまたはSMTPサーバーを設定する必要があります。

  • MTA(Mail Transfer Agent)とは、クライアント・サーバー型のアプリケーション・アーキテクチャを用いて電子メールを転送するソフトウェアである。送信の詳細は、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)によって指定されます。
  • SMTPサーバーは、Magentoのシステム内に設定することで、電子メールの送受信を行うことができます。

SSL

SSLとは、Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、インターネットユーザーにはおなじみの専門用語です。簡単に言えば、ウェブサーバーとブラウザの間のセキュリティ層と理解できます。SSLは、ウェブサーバーとブラウザの間でやりとりされるすべてのデータを暗号化して保持し、プライベートで不可欠なものとして維持することを可能にします。SSLは何千ものウェブサイトで使用されており、顧客のトランザクションを保護しています。以下は、あなたのストアにSSLを確立するためのMagento 2のいくつかの厳格な要件です。

  • HTTPSには、有効なセキュリティ証明書が必要です。
  • 自己署名入りのSSL証明書はサポートされていません。
  • トランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)の要件。

Magento 2 Enterprise 要件

以下は、Magento 2 Enterprise バージョンを導入する前に、統合して利用可能かどうかを確認する必要があるいくつかの必需品です:

  • PHP 拡張モジュール: bc-math
  • Apache Solr 4.x
  • RabbitMQ 3.5
  • 3つのマスターデータベース: これらのマスターデータベースは、Magentoアプリケーションの異なる機能領域(チェックアウト、オーダー、商品データ)に対するスケーラビリティの優位性を提供します。Magento EEでのみ利用可能です。

PHPUnit (オプション)
実際、開発中にユニットテストを使ってバグを見つけたり、リグレッションを検出することは重要です。Magento 2 では、PHPUnit を使用してコードの細い部分や脆弱な部分をチェックし、バグトラッキングやテストのための時間を確保することができます。Magento 2 の PHP の要件によると、現在の安定版リリースシリーズである PHPUnit 5.5 バージョンをダウンロードすることをお勧めします。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて