マジェントコマース 2.4.0バージョン参照

マジェント2・4

マジェント2・4

2019年10月に大きなアップグレードしたからマジェントは2020年7月に2.4.0バージュンを出ました。マジェント2.4.0eコマースで最も最先端の技術革新へのアクセスを与え、安全保障に重要な更新サイトに提供します。

マジェントはグローバルでB2B及びB2Cコマースプラットフォームの究極の目的地であることが証明されています。ビジネスの活用に関して、他のプラットフォームよりもマジェントを選択する小売業者やブランドが増えてきています。

マジェントコマースB2B機能

  • B2B売り手とB2B買い手の両方に利益をもたらす承認ワークフロー
  • 再注文は50%、注文は30%のスピードアップ
  • クイックオーダー検索
  • 新しいメディアギャラリーはクリエイティブワークフローの時間とリソースを節約します

B2C体験を強化する機能

  • インストアピックアップ機能により、実店舗への価値の還元に貢献
  • 卓越した体験を提供するための売り手支援型ショッピング機能
  • Elasticsearchがデフォルトの検索エンジンになり、部分検索をサポートしてUXが向上

ヘッドレスコマース&PWA
マジェント 2.4 は、以下のような機能を備えた PWA Studio 7.0.0 をサポートしています。

  • ページビルダーのコンテンツタイプを高速に実装
  • カートとチェックアウトのワークフローを強化し、より完成度の高い体験を提供します。
  • 簡単なカスタマイズ

グラフQLの機能強化
マジェント 2.4のリリースでは、機能強化のリストがGraphQLに高度な機能が付属しています。

  • インベントリのインストアピックアップ
  • 指定されたフィルタにマッチするカテゴリのリストを取得する機能
  • 前の注文の商品をすべてカートに追加する機能

マジェント2.4のアップグレード
マジェント 2.4では、PHP 7.4、Elasticsearch 7.6.x、MySQL 8.0、MariaDB 10.4、Laminas Projectのサポートが導入されています。これらのサポート機能は、長期的なコンプライアンスの確保とパフォーマンスの向上を目的としています。

パフォーマンスとスケール

  • 複数のRedisを最適化することで、マジェントのリクエストごとに実行されるクエリ数を最小限に抑え、パフォーマンスを向上させます。
  • カートに追加するクイックオーダーのための25-30%のパフォーマンス向上
  • SQLクエリの結果をインベントリテーブルにキャッシュする機能を改善しました。

マジェント 2.4 セキュリティ
マジェントはサイバー攻撃を受けていない安全なプラットフォームですが、それでもリモートコード実行(RCE)やクロスサイトスクリプティング(XSS)の弱点を閉じることで、防御力を高める機会を得ています。その他にも約30のセキュリティ強化、226のGitHubの問題が解決され、100以上のコアコードの修正が行われています。

その他の新しいセキュリティ機能は以下の通り:

  • 管理者アカウントでは義務的な 2 要素認証 (2FA) 、マジェントアカウントではオプションの 2FA を有効にし、さらにクラウド SSH アクセスでは多要素認証を利用可能にしました。
  • security.txt ファイルのサポート
  • JavaScriptのマルウェアを防ぐために、UIデータプロバイダのデータレンダリングをデフォルトで無効にします。

マジェント 2.4の要件
今回の最新のアップデートに含まれる新機能は、検索にMySQLを使用できなくなったことを意味します。代わりに 、Elasticsearch を使用するのでアップグレードする前に Elasticsearch 7.6.x をダウンロードする必要があります。その他の機能については、MySQL 5.6 がサポートされなくなったため、MySQL 8.x を使用することをお勧めします。

また、マジェント 2.4で使用するマジェント マーケットプレイスの拡張機能はすべてPHP 7.4.xと互換性がある必要がありますが、マジェントではPHP 7.4.2以外のバージョンを使用することを推奨しています。

すべての変更点と修正点の詳細については、マジェント 2.4 のリリースノートをチェックしてください。

マジェント 2.3.5-p2 セキュリティ専用パッチ
同時に、マジェント はセキュリティのみのパッチ マジェント 2.3.5-p2 をリリースし、マジェント の最後のバージョンのセキュリティとパフォーマンスの問題を修正しました。いつものように、しかし、プログラムの最新バージョンをダウンロードすることをお勧めします。