「Magentoドロップシッピング」とは何か?その設定方法は?

ドロップシッピングとは、企業が在庫を持たず、商品を保管する倉庫を持たず、さらには商品を顧客に発送することなく事業を行うことができる小売業のフルフィルメント方法の一種です。

その仕組みは、小売業者がドロップシップ・サプライヤーと提携し、ドロップシップ・サプライヤーが小売業者に代わって商品を製造・倉庫保管し、梱包して、小売業者の顧客に直接発送するというものです。

しかし、Magentoでのドロップシッピングは、混乱しやすく厄介なプロセスとなります。この記事では、ドロップシッピングの長所と短所を説明した後、Magentoストアで利用できるドロップシッピングソリューションをご紹介します。

関連トピック:Magento 2 の支払いにカスタム決済を追加する方法

1.Magentoのドロップシッピングとは?

Magentoのドロップシッピングは3つのステップで説明できます。

  1. Magentoのストアフロントで商品を販売します。
  2. 顧客からの注文を受けたあなたは、その情報を在庫を持っている仕入先、卸売業者、またはメーカー(確立した関係を持っている)に転送します。
  3. ベンダー(サプライヤー)は、名前で注文を受け取り、梱包して、顧客に発送します。

ドロップシッピングプロセス

一番の特徴は、ベンダーがお客様に見えないことです。お客様は、あなたから直接発送されたかのように商品を受け取ることができます。
ドロップシッピングは、Magentoのマーチャントに多くの良い面をもたらします。その方法をご紹介します。

2.ドロップシッピングのメリット

  • 手元に在庫を持たないことドロップシッピングの要点は、ベンダーの在庫を利用することです。具体的には、在庫の確保や解約の管理を気にする必要がありません。商品が売れたときにだけ仕入れを行うことができます。
  • 諸経費が少ないこと:在庫を保有しないため、間接費が最小限またはゼロになります。在庫用の倉庫を借りたり維持したりする必要がありません。インターネットに接続できる環境があれば、どこからでもビジネスを行うことができます。
  • 販売する製品の様々な選択肢ドロップシッピングでは、さまざまな種類の商品にアクセスして販売することができます。卸売業者は大量の在庫を持ち、多様な商品を扱っているため、商品の在庫切れを心配することなく、簡単にビジネスを拡大することができます。
  • 店舗の立地に依存しないこと:商品を販売する地域が近くなくても、ベンダーの手が届く範囲であれば問題ありません。ターゲット地域に近いベンダーを戦略的に選ぶことで、より早く商品を届けることができます。
  • すぐにビジネスを立ち上げることができることドロップシッピングのこれらの利点により、販売者は低リスクで簡単にビジネスを開始することができます。業者が届く範囲であれば、実質的にどこでも販売することができます。ドロップシッピングを利用している販売者は、自宅でコンピュータを使ってビジネスを成功させることができます。

このように、ドロップシッピングは素晴らしい選択肢のように思われますが、当然ながらデメリットもあります。

3.Magentoドロップシッピングのデメリット

  • 激しい競争ドロップシッピングのEコマースに飛び込む障壁はかなり低いので、似たような商品を販売するビジネスがたくさんあります。そして、あなたは唯一の存在ではないでしょう。これは、ドロップシッピングの2つ目のデメリットにつながります。
  • マージンの低さ:ドロップシッピングのデメリットの一つは、最初は利幅が低いと思った方がいいということです。ニッチな分野では、商品のマージンが少ない場合があることを認識しておく必要があります。これは、ニッチな市場でドロップシッピングを行う際の重要な問題です。低価格を設定して顧客を集めるか、高価格を維持して顧客を減らすかのトレードオフになります。
  • 適切なサプライヤーを選ぶ:これは小売業者にとって、最高の価格と品質の製品を提供する適切なサプライヤーを見つけて選ぶことが不可欠です。本当の “卸売 “価格を提供していない、見せかけの業者に目を通さなければならないかもしれません。
  • サプライヤーの欠陥:ドロップシッピングでは、注文が入ったときに常に在庫があるかどうかを業者に頼ります。しかし、もし業者が在庫を持っていなかったらどうでしょう?もしも在庫がなかったり、商品の発送が間に合わなかったりしたら?このような事態が発生した場合、あなたの責任で対処し、必要に応じてコストをカバーする必要があります。正しいことをしていても、サプライヤーが問題を抱えていれば、問題が発生する可能性があります。

4.Magentoのドロップシッピングソリューション

4.1. 手動でのドロップシッピング

ビジネスを始めたばかりの方や、一日に数件の注文しか処理しない方は、手動でドロップシッピングを行うことで対応できます。つまり、注文が入ったら、ベンダーにメールを送ったり、ベンダーのウェブサイトから自分で注文をしたりするのです。どの業者にどのような注文をするかは、自分で決めることができます。

この方法は、新しいベンダーを試してみて、誰が一番良いのかを見極めるのにも有効です。販売する予定のサンプルを複数の業者に発注し、長期的に見て誰が信頼できるかをテストしてみましょう。

4.2. Magentoのドロップシッピングエクステンション

拡張機能は、理想的には、1つのプラットフォームからすべての注文を選択して処理することができます。注文をベンダー間でどのように分割するか、誰を優先するかなどのルールを設定することができます。結果的に、手動で行うよりも膨大な時間と労力を節約することができます。

Magentoのドロップシッピングエクステンションを探す際には、以下の点を考慮する必要があります。

  • 信頼できるソース:評判の良いソースからの信頼できるMagento拡張機能のみを使用することを確認してください。
  • 価格拡張機能の価値以上のものを支払わないでください。常に機能と価格を他の拡張機能と比較してください。
  • インテグレーション拡張機能が安全な統合方法を持ち、注文がすべての販売チャネルで自動的に統合されることを確認してください。
  • フィードバック拡張機能のフィードバックをチェックします。そのエクステンションを使用するかどうかを決定するための公正なアイデアを得ることができます。
  • 注文の分割:複数のベンダーを使用している場合、これは重要です。エクステンションが、異なるベンダーからの同じ注文の異なる部分をインテリジェントに処理できることを確認してください。

もしMagentoだけで注文を処理している中小企業であれば、拡張機能があれば十分でしょう。

これらのドロップシッピングエクステンションは以下の会社が提供しています。

  • Webkul
  • Boostmyshop
  • Magestore
  • Webshopapps
  • Unirgy

4.3. マルチチャンネル・プラットフォーム・ドロップシッピング・ソリューション

マルチチャネルプラットフォームドロップシッピングソリューションは、大規模な小売業者に最適です。

Magentoストアやアプリ、マーケットプレイスなど、複数のチャネルで販売している場合、ドロップシッピングを成功させるためには、すべてのエンドポイント(ERP/会計システムを含む)を統合する必要があります。

また、ドロップシッピングのプロセスを自動化し、Magentoストア(およびマーケットプレイス)からバックエンドシステムに注文が正しく転送されるようにする必要があります。

マルチチャネル管理ドロップシッピングソリューションは、この統合を可能にし、これが最も実用的で効率的なソリューションとなります。なぜなら、マルチチャネルプラットフォームは、お客様の複雑な販売環境に対応できるからです。

理想的なプラットフォームは、すべての注文のための集中的な場所から作業することができます。以下のようなことができるプラットフォームを探してください。

  • 注文を分割するためのビジネスルールの作成
  • ベンダーの好みの設定
  • チャネル間の在庫レベルの更新

仕入先や注文を簡単に管理できるだけでなく、売れすぎないように在庫レベルを管理することができます。

マルチチャネル・プラットフォームの要点は、ビジネス全体を1つの場所で管理できることです。

関連トピック:MagentoストアのUXを向上させる9つの方法

5.まとめ

ドロップシッピングは素敵なビジネスモデルで、特に低コストでの運営を目指している方には有効です。Magentoストアを始めたばかりの方も、アプリを他の販売チャネルと統合したい方も、ドロップシッピングを利用することができます。

しかし、ドロップシッピングで大きな利益を得ることは決して簡単ではなく、最大限に活用するためには適切な市場と卸売業者を選ぶ必要があります。ドロップシッピングを統合するには、手動、拡張機能、マルチチャネル管理のいずれかを選択できます。お客様のビジネス環境に最も適したソリューションをお選びください。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて