Magentoのワンページ・チェックアウトで売上を伸ばす方法

カート放棄率が高いことはご存知かと思いますが、どのくらい高いのでしょうか?

調査によると、オンライン顧客の70%がチェックアウトプロセス中にウェブサイトを放棄する可能性があると指摘されています。これは、店舗のコンバージョン率が低下する主な原因のひとつです。

カート放棄率が高いということは、コンバージョン率を向上させるための改善の余地があるということでもあります。

Eコマースサイト/アプリのチェックアウト最適化に関しては、常に改善し、シームレスなプロセスを作成することができます。これは、コンバージョン率向上のための最良のアプローチのひとつです。

買い手は、特にオンラインストアで買い物をする際には、速くて簡単なチェックアウトを好むようになっています。Elastic PathのA/Bテストでは、1ページチェックアウトのコンバージョンが従来のものを21%以上上回ったことが紹介されています。

コンバージョン率を高め、売上を向上させるためには、Magentoストアで1ページチェックアウトを提供することが大きな解決策となります。

1. ワンページ・チェックアウトとマルチステップ・チェックアウトの比較

数年前までは、ほとんどのオンライン顧客は、時間のかかる複数ページのチェックアウトプロセスだけに慣れ親しんでいました。

今日では、オンラインストアの範囲と高度な技術により、Eコマースサイトのオーナーは、オンラインショッピングをできるだけ簡単にするために取り組んでいます。そこで登場したのが、1ページチェックアウトです。

もちろん、今でも複数ページのチェックアウトを好むEコマースサイトもあります。

ビジネスの観点からは、複数ページのチェックアウトを適用するとメリットがあります。このタイプのチェックアウトでは、企業は顧客データを収集することができ、カスタマイズ・マーケティングのためのより良いコンテンツの提供に努めることができます。

一方で、複数のページが表示されていると、お客様はがっかりしてしまいます。お客様は、チェックアウトプロセスに複数のページがあることに気づくと、終わりがないように感じるでしょう。

その結果、マルチページチェックアウトでは、多くのドロップオフが発生する可能性があります

ワンページ・チェックアウトは、特にスマホで買い物をするお客様に好まれる決済方法として定着しています。チェックアウトが簡単であればあるほど、購入してもらうことができます。また、1ページチェックアウトでは、お客様はページの読み込みを待つ必要がないため、時間がかかったり、読み込みが遅かったりするイライラを防ぐことができるというメリットもあります。

もし、あなたのEコマースウェブサイト/アプリが多くの取引を完全に完了できず、チェックアウトのコンバージョンが必要な場合は、1ページチェックアウトの提供を検討してください。これは、最も効果的なリードジェネレーション戦略の一つです。チェックアウトプロセスが1つのページに表示され、必要な情報(名前、住所、電話番号、カード番号など)のみが必要となるため、スムーズに購入することができます。また、満足度の高いショッピング体験は、顧客の再訪問を促しながら、チェックアウトのコンバージョンを高めることにもつながります。

2. ワンページ・チェックアウトの好例

最初の例は、ASOSのチェックアウトページからです。

ページはすっきりとしていて、ステップが明確に分かれており、それぞれのステップを埋めるとそれぞれ表示されるようになっています。これにより、お客様は自分がどこまで進んでいるのか迷うことなく、何が残っているのかを簡単に確認することができます。ユーザーフレンドリーなチェックアウトページであると同時に、モバイルデバイスでもとてもスムーズに表示されます。

もうひとつの例は、ナイキのチェックアウトプロセスです。

ご覧のように、すべての項目が1つのページに表示されており、右側には商品レビューが配置されています。これにより、ユーザーは素早く情報を入力できるだけでなく、合計金額と同時にカートを再確認することができます。このタイプのチェックアウトページは、混乱の余地がなく、ナイキの主な顧客層である若いユーザーに適しています。

3. ワンページ・チェックアウトの利点

ワンページ・チェックアウトは、お客様がオンラインで購入する際に、迅速で簡単な方法を提供します。ポイントは、ユーザーが異なるページを読み込んだり、複数のステップに圧倒されたりすることなく、スムーズにチェックアウトにたどり着くことです。

ここでは、ワンページチェックアウトを導入すべき理由をご紹介します:

3.1. チェックアウトの高速化

オンラインのお客様は、最終的な支払いの際に待たされることを嫌います。また、チェックアウトプロセスが合理的で迅速であることも求めています。そうでなければ、何も買わずにカートを放棄してしまう可能性が高くなります。オンライン小売業者としては、このような事態は避けたいものです。

幸いなことに、ワンステップ・チェックアウト・ソフトウェアを使えば、オンラインでの購入時にすべての個人情報を入力する時間を短縮し、迅速なチェックアウトが可能です。

オンラインのお客様は、チェックアウトがたった1つのページで完結するのを見て、取引を行う可能性が高くなります。Baymard氏によると、理想的なチェックアウト・フローは、12〜14のフォーム要素で済むという。

3.2. わかりやすいインターフェース

1ページで完結するチェックアウトプロセスは、ユーザーフレンドリーです。

限られた数の入力フィールドとステップで、ページは明確になり、簡単に進むことができます。さらに、クイックチェックアウトは、オンライン購入者がどのような情報を提供しなければならないかが一目瞭然であるため、混乱を防ぐことができます。また、購入者はチェックアウトページ上で簡単に情報を変更することができ、複数のステップを踏む必要がありません。

1ページチェックアウトでは、ナビゲーションがウェブサイトの訪問者を混乱させていないかを心配する必要はありません。お客様は、チェックアウトプロセスを簡単にナビゲートし、必要な要素を入力することができます。

3.3. ページパフォーマンスの向上

お客様は、ページの読み込みを待つのではなく、シンプルなページに必要事項を入力し、支払いを行うことができます。ページの読み込みに時間がかかると、ユーザーのショッピング体験の妨げになるだけでなく、途中で接続が切れてしまうと、すべてのプロセスをやり直さなければならない可能性が高くなります。

1ページチェックアウトでは、待ち時間がなく、必要事項を入力して送信ボタンを押すだけで、すべてが完了します。

4. お客様の満足度向上

お客様の満足度は、オンラインストアが提供したい重要な要素です。

1ページで完結するチェックアウトプロセスにより、お客様に手間のかからない体験を提供することができます。

すべてがシングルページチェックアウトで管理され、全体的に素晴らしいUXを実現しています。

オンラインストアのコンバージョン率を向上させたいなら、1ページチェックアウトプロセスを選択する必要があります。使っているプラットフォームに応じて、既存のオンラインストアに簡単にクイックチェックアウトのオプションを追加することができます。そう、必要なのは、高速なショッピング体験を提供するために利用可能な拡張機能やプラグインを使って、あなたのEコマースウェブサイトを更新することだけなのです。

まとめ

チェックアウトページは、オンラインストアの最も重要なセクションの1つであり、カート放棄を成功した売上に変える機会があります。

Magentoやその他のEコマースプラットフォームを使用している場合でも、ユーザーフレンドリーなチェックアウトページを提供するようにしましょう。さらに、迅速なショッピング体験を提供するため、データを収集するため、またはセールトンネルの結果を追跡するためなど、お客様の戦略に役立つものである必要があります。

1ページチェックアウトは、多くのMagentoストアのオーナー、特にモバイルユーザーを潜在的な顧客としてターゲットにしているオーナーに広く好まれている結果重視の戦略です。あなたの大切なお客様のために、気が散らないチェックアウトを保証するために、プロセスの中で様々な戦略を試すことができます。

Magento 2 は、デフォルトで 1 ページチェックアウト機能が有効になっています。また、AmastyMageplazaBsscommereOne Step Checkout AS など、チェックアウトページを最適化するためのエクステンションが多数用意されているので、それらを統合することも可能です。

 

 

►►►サービスについて