Magento 2オープンソースとコマースの違いは?

Magento opensource vs commerce

ビジネスプロジェクトを開始したいが、Magentoを選択したが、Magentoの2つの主要な構築方向であるオープンソースとコマースの間で疑問に思っている場合はビジネスに最適なオプションが何ですか?

1. Magentoとは?

Magentoとは

Magentoは、PHPで書かれたオープンソースのeコマースプラットフォームです。このプラットフォームでは、10万以上のオンラインストアが作成されています。また、このプラットフォームのコードは250万回以上ダウンロードされています。

Magentoは2つの異なるプラットフォームを提供しています。「Magento Open Source」と「Magento Commerce」です。

Magentoに関する詳しい情報は、「Magentoとは?」の記事を参照ください。

2. Magentoオープンソース

Magento Open Source(旧称:Magento Community Edition)は、オープンソースのEコマースプラットフォームです。開発者はコアファイルを実装し、他の開発者が提供する新しいプラグインモジュールを追加して機能を拡張することができます。2007年に最初のパブリックベータ版がリリースされて以来、Magento Open Sourceは基本的なEコマースプラットフォームを提供するために開発・カスタマイズされてきました。

3. Magento コーマス

Magento Commerceは、以前は「Magento Enterprise Edition」と呼ばれていましたが、Magento Open Sourceから派生したもので、同じコアファイルを持っています。オープンソースとは異なり、無料ではありませんが、より多くの機能や特徴を備えています。本製品は、インストール、使用、設定、トラブルシューティングなどの技術サポートを必要とする大企業向けに設計されています。価格は月額1,600米ドルからです。

4. Magento オープンソース と Magentoコーマス の比較

4.1. コスト

magento cost

この2つのプラットフォームを検討する上での大きなポイントの1つは、コストです。

Magento Open Sourceは無料で利用でき、開発者やデザイナーへの投資だけで済みます。一方、Magento Commerceはかなり高額で、推定コストは18,000ドル以上です。中小企業やスタートアップ企業の予算を超える投資となります。

4.2. セキュリティ

セキュリティについては、この 2 つのプラットフォームを比較しても遜色ありません。Magentoコマースに大きく傾いているのは、Magentoの開発者がPCI準拠、Fastly WAFとDDoSサービスによるセキュリティ強化など、セキュリティ強化のための多くの機能を追加しているからです。

4.3. パフォーマンス

どちらのプラットフォームもまずまずのパフォーマンスを発揮します。Magento Open Sourceは、大量のヒット商品を処理するのに苦労します。Magento Commerceの場合、それは非常に簡単なことで、大企業がMagentoを選ぶ理由は、1日に何百、何千もの売り上げを処理できることです。

4.4. 特徴

magento open source vs commerce features

また、Magento Commerceでは、Magentoに特化して最適化されたオールインワンのクラウドソリューションを提供しており、使いやすさ、導入のしやすさ、セキュリティの強化、グローバルな可用性を実現しています。それとともに、本物の技術者による24時間365日のサポートを受けることができます。

5.結論

最終的に、Magento Open SourceとMagento Commerceのどちらを選ぶかはあなた次第です。

中小企業やスタートアップ企業であれば、機能パフォーマンス、ユーザビリティの観点から、Magento Open Sourceが最適な選択となるでしょう。

しかし、適切な予算があれば、躊躇せずにMagento Commerceにアップグレードすれば、期待を裏切ることはないでしょう。

 

ソース

►►►サービスについて