2021年の必要な25のMagento統計データ

オープンソースのPHPベースのeコマースプラットフォームであるMagentoは、世界中のオンラインショップで最も人気のあるコンテンツ管理システム(CMS)の1つです。2021年のMagentoの統計は、世界的な利用状況、人気の高まり、その背景にある主要な理由など、このプラットフォームに関連する重要な側面を熟知することを目的としています。

Magentoは、2018年半ばからAdobeに属しており、親会社のリソースにより、プラットフォームの強みを生かして、さらに大きなeコマース現象になることが期待されています。あなたのビジネスもMagentoの恩恵を受けられる可能性は十分にあります。

  • Magentoを使用しているマーチャントは、平均して3倍の速さで成長しています。
  • インターネットの0.7%を占めるMagento
  • これは全ECサイトの12%にあたります。
  • CMS市場の1.2%に相当
  • 2017年から2018年にかけてMagentoの採用率が約2倍になったことから、この数字は伸びる可能性があります
  • 正確には、250,00以上のアクティブなサイトがMagentoを使用しています。
  • そのうちMagento 2で運用されているのは、わずか11,000件ですが

2021年のMagentoの使用状況

Magentoは最も強力なeコマースソリューションの一つですが、その分、ある程度の複雑さを伴います。

目次

1. Magentoはインターネットの0.7%を占めています

(出典:W3Techs)

これは大したことではないと思われるかもしれませんが、生の数字で見ると、これは何の問題もありません。15億以上のウェブサイトがあることを考えると、Magentoがどれだけ多くのウェブサイトで使われているかがわかります。これは、WordPressやDrupalとは異なり、ほとんどがeコマースに特化したソフトウェアであることも印象的です。

2. Magentoを使用しているウェブサイトの11%は米国に拠点を置いています

(出典:BuiltWith)

Magentoプラットフォームを利用しているウェブサイトの数が最も多いのは米国ですが、利用データを見ると世界中に広がっていることがわかります。西ヨーロッパでの人気はもちろんのこと、南アメリカ、インド、アフリカ、ロシアでも多くの電子商取引に利用されています。

3. CMS市場でのMagentoのシェアは1.2%

(出典:W3Techs)

W3Techsによると、全ウェブサイトの約54%が既知のCMSを使用しています。このうち、MagentoはCMSを運用しているサイトの1.2%で使用されています。Shopifyは2.4%とCMS市場でのシェアがやや高い。

4. Magentoは世界で2番目に人気のあるeコマースプラットフォーム

(出典:CloudWays)

eコマースサイトに限って言えば、Magento と Shopify の対決は、Magento に軍配が上がります。Magentoはeコマース市場の12%を占めています(オープンソース版とエンタープライズ版を含む)。WooCommerceは18%、Shopifyは8%となっています。

5. 全世界で25万以上のマーチャントがEコマースプラットフォームとしてMagentoを使用しています

(出典:Magento IT Solutions, Magento.com)

Magento自体のデータによると、25万以上のマーチャントがこの強力なCMSを利用してオンラインビジネスを行っています。

6. 2017年3月から2018年8月の間に、Magentoサイトの数は約2倍になっています

(出典:BuiltWith)

実際、BuiltWithのデータによると、Magentoベースのウェブサイトの数はさらに素晴らしいものとなっています。この成長は、最近の現象でもありません。Magentoの利用は、2011年から大規模な成長を遂げています。

7. トップ10Kのウェブストアの中で、Magentoは16%のシェアを持っています

(出典: Magestore)

最もトラフィックの多いオンラインストアを考慮すると、使用状況のデータは改善されます。ここでは、WooCommerceのシェアが18%となり、リードが狭まります。Oracle ATG CommerceとMagentoは16%のシェアを持ち、Shopifyは13%で4位となっています。

8. インターネット・リテーラーのトップ1000リストには202名のMagentoユーザーが名を連ねています

(出典:Magento.com)

アメリカとカナダのトップ1000の電子小売業者の20%以上がMagentoを使用しており、最も人気のあるeコマースCMSとなっています。2018年の数字はまだ出ていませんが、このシェアは上がっていると予想されます。このように、eコマースに最適なCMSは何かを絶対的に断言することはできませんが、Magentoの利用データは考えるきっかけを与えてくれます。

9. Magento は Internet Retailer 1000 で 4 年連続で 1 位を獲得しています

(出典:Magento.com)

この人気も決してあっという間ではありません。Magentoは、このカテゴリーのCMSの中で、かなり長い間トップを維持しています。この一貫性は、ソフトウェア開発者が市場の変化するニーズに効果的に対応できていることを示しています。

10. Internet Retailer B2B eコマース300のリストで、Magentoは42のマーチャントで1位となっています

(出典:Magento.com)

Magentoは、B2B eコマースの分野でも高い評価を得ています。Magentoのシェアは14%で、B2Cほどではありませんが、競合他社を抑えてトップに立つには十分な数字です。

11. Ford、Omega Watches、Christian Louboutin、Bulgariなどのトップ企業がMagentoを使用しています

(出典:Paul Rogers)

他にも、Liverpool FC、Pepe Jeans、Land Rover、Harvey Nicholsなどの素晴らしいMagentoサイトがあります。世界中で人気があり、定期的に大量のトラフィックが発生するブランドからの支持は、他のマーチャントにMagentoへの移行を促すのに大きく貢献しています。

12. 昨年、OpenCart、osCommerce、VirtueMartからMagentoに移行したお客様は7,500人近くにのぼります

(出典:BuiltWith)

Magento は、E コマースのエコシステムにおいて、平均よりも高い内向きの移行を経験しているようです。昨年、Magentoは他の3つのCMSから約7,500の加盟店を獲得しました。外部への移行が顕著なのは、WooCommerce Checkout だけです。

13. Magentoは、毎年1,550億ドル以上のトランザクションを扱っています

(出典:Magento.com)

Magentoのウェブサイトの統計によると、デジタルコマースプラットフォームでは、毎年1,550億ドル以上の商品総量の取引が行われています。これは、アメリカとカナダのトップ1000の電子小売業者の3分の1以上に相当します。これは、Magento が E コマースの中ではニッチな存在であると考えている人にとって、再考を促すのに十分である。

14. Magentoを利用した世界のオンラインeコマースの売上は、2020年までに2,240億ドルに成長すると予想されています

(出典:Creative Minds)

2016年の試算によると、この商品量は2020年には2000億ドルを大きく超えます。新しいデータによると、Magentoはこの数字の達成に向けて非常に順調に進んでいます。

15. Magentoのマーチャントがサービスを提供するオンラインショッパーの数は、2016年から2020年の間に200%増加すると予想されています。

(出典:Creative Minds)

Magentoの利用統計によると、上記に見られる金銭的価値の急激な増加は、プラットフォームと対話する顧客の増加と一致しています。この3倍の1億人強の顧客は、2020年に全世界で30億人近くのオンラインショッピングが予想されることを考えると、まだ海の一滴に過ぎません。

16. Magentoのインフォグラフィック

Magento Statistics - Infographic

リンクソース

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて