バグのない販売のために使用すべき6つのMagentoテストタイプ

6 magento testing types you shouls use for bug free sales

貧弱なコードと欠陥のあるインタラクティブ機能、競合する拡張機能とクラッシュしたAPI – 私の実践では、Magentoアプリケーションの標準以下のテストのこれらの結果をしばしば目にしてきました。サイエンスソフトでは、そのようなのんきな態度を見逃すことはありません。ウェブストアの各コンポーネントを監査し、期待される品質を満たすことを保証するために、どのようなMagentoのテストタイプを使用しているかについては、引き続きお読みください。

1.ウェブサイトの品質確保について

1.1.機能テスト

機能テストでは、eコマースサイトにおける顧客の行動をシミュレートし、フロントエンドですべてが完璧に動作するかどうかをチェックします。テストステップは、ページオブジェクトと直接対話し、「ホーム」をクリックしたり、ゲストの注文IDを取得したりするなどの可能なアクションを引き起こします。実際にどのようなことが起こるかを説明します。テストシナリオの1つとして、ウェブサイトで注文する顧客の行動を模倣し、顧客の視点で決済の成功と失敗がどのように展開するかを確認します。

サイエンスソフトでは、品質保証は開発と同じくらい早い段階で始めるべきだと考えている。そのため、Magentoストアのライフサイクルの各段階で機能テストを実施している。ストアが設定されると、発売前に全体的なパフォーマンスをチェックします。開発チームが後から機能を変更したり追加したりする場合は、その変更がストアの日常的な運用に支障をきたさないことをテストで確認します。私たちのチームがMagentoインスタンスの継続的な進化を意味する長期的なプロジェクトを担当する場合、私たちは定期的な回帰テストをMagentoのメンテナンス活動の一部としています。

1.2.統合テスト

サイエンスソフトがMagentoに取り組んできた8年間、デジタルトランスフォーメーションがeコマースをどのように変えたかを目の当たりにしてきました。成熟した企業が彼らのビジネスワークフローをデジタル化することを選択した場合、我々はMagentoをCRM、ERPまたはPIMなどのサポート技術と統合する。統合テストは、それらの間のシームレスな相互作用を保証するために役立ちます。統合テストでは、データがストアパーツ間で正しく流れているか、更新が関係するすべてのシステムに反映されているかをチェックします。先ほどの発注の例は、統合テストにも当てはまります。しかし、今回は、データの同期がうまく機能するように、注文が顧客のCRMアカウントに追加されるかどうかをテストします。

統合テストは、複数のコンポーネントで構成されるITインフラのプロジェクトにおいて重要な役割を果たしており、エコシステムの構成要素間の相互接続や依存関係を十分に理解する必要があります。私たちのチームは、オムニチャネルの小売業者とのコラボレーションを通じて統合テストを習得しました。Magentoアプリケーションが多数のビジネスクリティカルなシステムや内部ツールに接続された複雑なIT環境を構築しました。

1.3.Web API 機能テスト

Web API 機能テストの目的は、Magento の Web API の動作を確認し、期待されるパフォーマンスからの逸脱を明らかにすることです。Magento 2 は、REST (Representational State Transfer) と SOAP (Simple Object Access Protocol) という両方のウェブサービス通信プロトコルをサポートしています。Magento REST API の統合は、e コマース部分を他のバックオフィスシステムに接続し、商品情報、注文、顧客データ、売上などの管理を自動化するために広く使用されています。

顧客からは見えないが、eコマースサイトの複数のWeb APIは、サードパーティのサーバーとのコネクタとして機能する。ソーシャルマーケティングを例に挙げてみましょう。私たちの経験では、このマーケティング手法は顧客獲得に有効であることがわかっています。eコマースのコンサルタントとして、ソーシャル・プレゼンスによってブランド・アイデンティティを強化するという考えを推奨しています。Magentoの実践者として、ソーシャルメディアをウェブサイトに統合します。そのためには、MagentoをソーシャルウェブAPIを介してアカウントに接続し、アップデートを同期させます。

1.4.JavaScriptテスト

Web開発の3本柱のひとつであるJavaScriptは、ユーザーにダイナミックでインタラクティブな体験を提供する役割を担っています。eコマースサイトでは、ドロップダウンリストや動画、サイズ変更や再配置などのページ要素のアニメーションなど、原則として多くの機能がJavaScriptで実現されています。これらの機能は、お客様の体験を向上させることを目的としていますが、クラッシュすると全くの逆効果になってしまいます。1つでも不具合があれば、お客様は当然、Webサイト全体の品質に疑問を抱くでしょう。一方で、お客様の信頼はロイヤリティの基盤のひとつです。ターゲットテストでは、Magento ベースのウェブストアのすべての JavaScript 要素が期待通りに機能することを確認します。

2.Magentoのコード品質を確保する方法

2.1.静的テスト

サイエンスソフトでは、新しいプロジェクトに着手する際に、Magentoのコード監査から始めることを原則としており、ウェブサイトの不具合やセキュリティ侵害につながる前にバグや脆弱性を検出する。主な目的は、PHPとJavaScriptのコードがMagento 2コーディング標準とベストプラクティスに対応しているかどうかをチェックすることです。便利なことに、静的テストではコードを実行することなく分析することができます。開発者がMagentoのウェブサイト機能を拡張する際には、コードの品質問題をできるだけ早期に検出するために静的テストを開始します。

Magentoの静的テストには、コードの安定性と品質を確保するためのテストが多数含まれています。JavaScriptやPHPのシンプルな標準テストに加えて、より複雑な整合性テストでは、循環依存や例外階層などの複雑なシナリオを対象としています。

2.2.ユニットテスト

ユニットテストでは、特定の機能やモジュールをチェックするために、PHPコードの単一ユニットに焦点を当てています。例えば、お客様がチェックアウトページをカスタマイズし、テストせずに立ち上げたとします。最悪の場合、お客様が購入を完了する際に問題が発生し、プロセスを放棄する可能性があります。これを防ぐには、開発段階でコードの各ユニットをテストすることをお勧めします。

3.Magentoのテストを自動化する理由と方法

一般的に、ScienceSoftはテスト自動化の大ファンです。すべての分野における主な利点として、テスト時間の短縮、そしてソフトウェアのリリースの迅速化が挙げられます。このメリットを特にEコマースに関連付けると、ウェブストアを立ち上げてより早くROIを得られる可能性につながることがわかります。

便利なことに、Magento はテスト自動化のための独自のツール、Magento Functional Testing Framework を提供しています。基本的な機能についてはすぐに使えるテストを使用し、拡張機能についてはカスタムテストを作成します。30年以上にわたってソフトウェアテストサービスを提供してきた私たちのチームは、Magentoのプロジェクトで成功を収めるための最適なテスト自動化のワークフローに合意しています。

  • Magentoのテスト自動化のための戦略を決定します。全体のテスト範囲を定義し、どの部分を安全に自動化できるかを決定します。
  • 以下の前提条件(Magento の公式ガイドで定期的に確認しています)を満たすようにテスト環境を設定します。

        ・テスト対象のMagentoインスタンスがサポートするPHPバージョン。

   ・Composer 1.3以降

   ・Java 1.8 またはそれ以降

   ・Selenium Server Standalone 3.1以降とChromeDriver 2.33以降またはその他のwebdriverを同じディレクトリに配置します。

  • テストスクリプトを作成し、実行します。
  • テスト終了後、テスト結果を処理します。
  • 新しいリリースごとに自動化テストを見直し、更新します。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて