Magento とBigcommerce:10のキーポイントで完全比較

マジェントとビッグコマース

オンラインマーチャントにとって、Magento Bigcommerce のどちらを選ぶかは決して簡単なことではありません。どちらのプラットフォームも豊富な機能を備えていますが、ターゲットユーザーは同じではありません。適切なプラットフォームであれば、店舗オーナーは与えられたツールや機能を最大限に活用し、最適なオンラインストアを作ることができます。

以下に、ビジネスに適したプラットフォームを決めるためのポイントをご紹介します。

まずは、それぞれのプラットフォームの特徴を見ていきましょう。

1. Magento と Bigcommerce のハイライト

1.1. Magento 

Magentoは、Zend FrameworkをベースにPHPで書かれたオープンソースのeコマースプラットフォームです。2008年にVarien社によってリリースされ、多くのバージョンを経て継続的に更新されています。ビジネスでは、2つのMagentoのエディションを選択することができます。Magento Community (CE)とMagento Enterprise (EE)です。

Magento CommunityMagento Open Sourceとも呼ばれる)は、無料で使用できます。そのコードは、支払いなしで簡単にダウンロードでき、開発者がカスタマイズすることができます。

一方、Magento Enterprise(Magento Commerce)には2つの料金プランがあります。プレミアプランはMagento Commerce Cloudで、Magento Enterpriseとホスティングの両方を兼ね備えています。

Magentoの人気度は?198,000以上のライブウェブサイトがMagentoを使用しています。このプラットフォームで運営されているウェブサイトを数えると、その数はさらに多くなります(756,000以上)。このプラットフォームは、その堅牢な機能、優れたスケーラビリティ、コミュニティでの膨大なサポートにより、コカ・コーラ、フォード、レンジローバーなど、多くの世界的企業から信頼を得ています。

1.2. Bigcommerce

MagentoがPaaS(Platform-as-a-Service)であるのに対し、BigcommerceはSaaS(Software-as-a-Service)です。つまり、ホスティングされたプラットフォームということになります。BigcommerceとShopifyは、SaaS型eコマースソリューションのリーダーです。BuildWithのデータによると、約51,383のライブサイトがBigcommerceを使用しています。これは、Magentoのユーザー数よりもはるかに少ない。

MagentoBigcommerce の使用率の違いは何でしょうか?次の比較を読み飛ばしてはいけません。

2. Magento 対 Bigcommerce:接戦の様子

2.1. ホスティング

BigCommerceはGoogle Cloud上で動作するホスティングプラットフォームなので、適切なホスティングプロバイダーを探す心配はありません。ダウンタイムについても同様で、BigCommerceの平均アップタイムは99.99%以上です。BigCommerceのウェブホスティングを利用すれば、ページの読み込み時間が短縮され、ウェブサイトのメンテナンスにかかる時間が短くなります。

Magentoは、オンサイト、クラウド、またはサードパーティ経由でホストすることができます。

Magento Commerce Cloudでは、お客様のウェブサイトは完全にMagentoによってホストされ、運営されます。Magento Open Sourceを選択した場合、お客様はドメインとホスティングを購入する必要があります。なお、クラウド版でもPlatform-as-a-Service(PaaS)モデルを採用しています。

2.2. スケーラビリティ

MagentoBigcommerce。拡張性の高いプラットフォームは?

将来的に事業拡大を計画している企業にとって、スケーラビリティは無視できません。大量のトラフィックや売上に対応することは簡単ではなく、準備が必要だからです。eコマースソリューションのスケーラビリティは、ビジネスが成長したときにそれらを処理できるかどうかを決定します。

Magentoは最も拡張性の高いプラットフォームであり、大規模なオンラインストアにとって理想的なソリューションのひとつです。Magentoは、優れた在庫管理システムを備えており、カタログや商品をスムーズに拡大することができます。

BigCommerceとは異なり、Magentoは同じハードウェアで1時間あたりより多くの注文を処理することができ、注文量の急増にも容易に対応でき、カタログ閲覧時のサービス応答時間をほぼ瞬時に実現できます。

BigCommerceの場合は?BigCommerce でスケールアップする場合は、より高いプランに移行する必要があります。

2.3. 支払い方法

MagentoBigCommerce の両方が、多様な支払いゲートウェイをサポートしています。しかし、数の面では BigCommerce が勝っています。このプラットフォームは、PayPalStripeAmazon Pay、Authorize.netなど、40以上のオプションをサポートしています。ただし、多くの国で利用されているSwedbankやSEBなどの支払いには対応していません。

Magentoは決済手段の数が少ないですね。しかし、Magento は、Paypal、Braintree、Authorize.Net など、最も一般的に使用されている決済手段を統合しているため、大きな欠点ではありません。より幅広いニーズに対応するために、いくつかの方法でより多くの決済手段を統合することができます。

2.4. SEOとマーケティング

Magento

Magento は主要な E コマースソリューションのひとつで、検索エンジンでの表示を最適化するための便利な SEO 設定を多数サポートしています。また、より高度な機能を実現するために、サードパーティのモジュールを利用することもできます。

Magento 2のデフォルトのSEO設定は以下の通りです。

  • メタデータ
  • パーソナライズド URL
  • 301 リダイレクト
  • サイトマップ
  • Canonical タグ
  • Googleツール

さらに、Magento 2はMagento 1に比べて、Auto-GenerationやSchema.orgの機能など、SEOに関する多くの改善が行われています。Auto-Generationは商品のメタデータにテンプレートを設定する際に使用され、Schema.orgは検索エンジンでのウェブサイトの上位表示に役立つ可能性があります。

マーケティングの面でも、Magentoは優れた機能を内蔵しています。ここでは、見逃せない設定項目をご紹介します。

  • プロモーション:カートの価格ルール、カタログの価格ルール
  • コミュニケーション Email templates, Newsletter templates, Newsletter Queue, Newsletter Subscription
  • レビューモニタリング
  • カスタマーエンゲージメント

特にMagento Commerce Editionでは、Gift Registries、Private Sales & Event、Rewards & Loyalty、Related Product Rulesなどのプレミアム設定が用意されており、次のレベルのマーケティングを実現します。これらの設定により、マーチャントは適切なオーディエンスにカスタマイズされた多様なマーケティングアクションを作成することができます。

ビッグコマース

SEOに関しては、基本的なSEO設定に加えて、検索エンジン上でのウェブサイトの表示をより分かりやすくするMicrodata (Rich Snippets)や、robots.txt、Googleサイトマップなど、より高度な機能が搭載されています。また、FacebookPinterest、Twitterでのプロモーションを可能にするSupport SocialShopと呼ばれるプログラムを利用することもできます。

しかし、マーケティングツールが充実しているMagentoには完全に負けています。

2.5. セキュリティ

セキュリティに関しては、Magento は常に最高水準を維持しており、数多くのセキュリティパッチを頻繁に更新しています。各パッチは、古いバージョンの脆弱性を修正し、潜在的なリスクを取り除き、eコマースサイトを安全に保つことを目的としています。このため、ストアのパッチは常に最新の状態にしておく必要があります。このeコマースソリューションは、PCIに準拠しており、Zend Framework、Composer、PHP 7、Symfony、SSL証明書の統合などの高度な技術をサポートしています。

さらに、MagentoはSHA_256を採用しています。Magentoでは、パスワード管理にSHA_256ハッシュアルゴリズムも採用しています。これは、基盤となるシステムが固定のデータ値を使って、パスワードなどの任意のデータ値をどのように調べるかを判断するもので、堅牢なソリューションを採用することで、最終的なデータポイントが何らかの形で損なわれることを容易に回避することができます。

BigCommerceはこの点で劣っていません。このプラットフォームは、ホスティングやドメイン名とともに、エンタープライズレベルのセキュリティを提供しています。また、PCIおよびISO/IEC 27001認証に準拠しており、金融取引の暗号化を確実に行うことができます。また、無料および有料のSSL証明書も提供しています。BigCommerceをベースにしたEコマースサイトは、複数のセキュリティレイヤーにより安全性が確保されており、不正なアクセスを防ぐことができます。

ただし、Magentoではセキュリティを手動で強化することができ、それを維持するために重要なアップデートを定期的に送信することができることを覚えておいてください。

2.6. スピードとパフォーマンス

スピードは、オンラインショップの重要な指標であり、オンラインショッピング利用者の70%の購買意欲に影響を与えます。この2つのプラットフォームのパフォーマンスに違いはあるのでしょうか?MagentoBigcommerce のどちらがパフォーマンスに優れているのでしょうか?

ホスト型 e コマースソリューションである Bigcommerce は、速度の最適化のために自由にカスタマイズすることができません。この制限は、長い目で見れば不便かもしれません。

一方、Magento はその堅牢なスケーラビリティとパフォーマンスでよく知られています。Magentoはセルフホスティング型のプラットフォームなので、店舗オーナーはサーバーを選択し、パフォーマンス指標を改善するために必要な変更を加えることができます。これには、キャッシング機構やCDNなどの高度な技術を備えたMagentoのマネージドホスティングを利用する必要があります。

2.7. 価格

MagentoBigcommerce の比較:あなたの予算に合うのはどちらでしょうか?

ビジネスにはお金がつきものですから、価格はeコマースプラットフォームを利用する前に最も考慮すべき要素のひとつです。

前述の通り、Magento Community Edition は無料です。つまり、ソースコードを自由にダウンロードできるにもかかわらず、オンラインストアの重要な機能をすべて提供しています。さらに、開発者がニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

また、Magentoの価格設定は、GMV(Gross Merchandise Value:商品総価値)の範囲に応じて段階的に設定されています。Magento Enterprise Editionのライセンス費用は、年間22,000ドルからとなっています。また、Magento Cloud Editionは年間$40,000からとなっています。

Bigcommerceでは、4段階の料金プランを用意しています。

  • スタンダードプランは、ECサイトに必要な機能をすべてサポートしています。このプランでは、年間収益が5万ドルまでしか認められていません。
  • プラスプランは、スタンダードプランのすべての機能に加えて、顧客グループやセグメンテーション、永続的なカート、放棄されたカートの保存などの追加機能を備えています。年間売上高は180,000ドルまでとなります。
  • プロプランでは、Googleカスタマーレビュー、ファセット検索(商品のフィルタリング)、カスタムSSLなどの追加機能をご利用いただけます。年間売上が40万ドルを超えた場合、追加料金が発生します(オンライン売上が20万ドルを超えるごとに+150ドル/月)。
  • エンタープライズプランは、お客様の売上に応じて価格を設定します。このプランでは、他のプランに含まれるすべての機能に加え、追加機能も提供されます。このプランのユーザーは、専門家による優先的なサポートを受けることができます。

最初の2つのプランは、新しいビジネスや新興ビジネスに適しており、その他のプランは、急成長中のブランドや確立したブランドに適しています。デビットカード/クレジットカードの処理手数料は、2.9% + $0.30/トランザクションからで、すべてのBigcommerceプランに適用されます。

このように、Magentoウェブサイトを立ち上げて運営するためのコストは、ライセンス料とトランザクション料を計算すると、BigCommerce のそれよりも大幅に低く抑えることができます。

2.8. サポート

サポートの必要性に関しては、Magento はユーザー、開発者、Magento パートナーのコミュニティが充実しています。その人気の高さから、このプラットフォームを使用するマーチャントは、コミュニティサポートや公式サポートをスムーズに見つけることができます。

Magento Community Editionでは、ユーザーはMagento DevDocsやMagento Help Centerなどの無料で信頼できるソースにアクセスして、利用可能な文書を探すことができます。また、Magento Stack Exchange や Magento Forums などのフォーラムに質問を投稿すれば、多くのメンバーが解決策を教えてくれるでしょう。特にMagento Forumsは453,000人以上のメンバーが参加しています。

2.9. 使いやすさ

カスタマイズにはコーディングのスキルと経験が必要なため、Magento は初心者に優しいプラットフォームではありません。もしあなたがコーダーでなければ、この作業は大きな挑戦となるでしょう。しかし、売上が大きく、管理者が超多忙な企業レベルのビジネスでは、この点はさほど問題ではありません。このような企業では、HTMLCSS、PHP、JavaScriptなどのプログラミング言語に精通した専任の開発者や代理店を雇い、サイトをカスタマイズするしかありません。技術的な面を専門家に任せれば、ユーザーフレンドリーなバックエンドインターフェイスによるビジネスの管理は非常に簡単になります。

MagentoはPHPで書かれているため、ニーズに合わせてプラットフォームを完全にカスタマイズすることができます。

一方、BigCommerceは、最低限のコーディング知識があれば簡単に使用できるため、Magentoよりも初心者にははるかに簡単です。BigCommerceのもう一つの利点は、キーボードショートカットを提供していることで、バックエンドからの店舗管理にかかる時間と労力を大幅に削減することができます。

BigCommerceはカスタマイズも可能ですが、多くの制限があるため、カスタマイズにはかなりの費用がかかります。

2.10. アドオンと拡張機能

拡張機能の数では、Magentoが勝っています。

Magentoのユーザーは、Magento Marketplaceをブラウズして、さまざまなサードパーティのプロバイダから何千ものエクステンションを入手することができます。この巨大なストアには、セールス、マーケティング、シッピング&フルフィルメント、ストア最適化など、あらゆるカテゴリーの5800以上のエクステンションが集められています。このマーケットプレイスに掲載されているすべてのエクステンションは、コードの品質とコンテンツの両方についてレビューされています。そのため、マーチャントはここからエクステンションを購入する際に安心することができます。

Bigcommerceのユーザーも同様にエクステンションのマーケットプレイスを持っています。ただし、600以上のアプリを提供しているだけだ。ここでのエクステンションは、マーケティング、分析・レポート、決済・セキュリティなどのグループに分けられています。

III – 正しいプラットフォームを選ぶ:MagentoかBigcommereか?
MagentoとBigcommerceのどちらを選ぶにしても、メリットとデメリットがあります。適切なソリューションは、お客様のビジネスニーズに完全に依存します。

Magentoは、以下のような特徴を持つビジネスに適したソリューションです。

  • エンタープライズ・レベルのグローバルな販売
  • 急成長している
  • デザイン機能のカスタマイズが多い

BSSコマースでは、Magentoサイトの開発、保守、最適化のための技術サポートを行っています。BSSコマースのスペシャリストと開発者は、認定資格を持ち、500件以上のプロジェクトを経験しており、高い作業品質を提供します。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて