Magento 対 WordPress:Eコマースストアに最適なのはどっち?

magento vs wordpress

magento vs wordpress

ウェブサイトビルダーやコンテンツマネジメントシステムは、コーディングなしでウェブサイトや完全な機能を備えたeコマースショップを構築することができるため、私たちがコンテンツを作成したり消費したりする方法を変えただけでなく、オンラインで商品を購入したり販売したりする方法も変えました。

さまざまなニーズ、予算、技術的な経験を持つ個人や企業のために、何百ものeコマースツールやプラットフォームが用意されています。eコマースに特化したものもあれば、多目的に使えるものもあります。あまりにも多くの選択肢に直面すると、どこから手をつけていいのかわからなくなることもあります。

選択のプロセスを簡単にするために、市場の2大プレーヤーを比較してみましょう。MagentoとWordPressです。どちらも豊富なデザインオプションとツールを備えていますが、パワフルなオンラインストアを構築するための独自のアプローチを提供しています。

ここで重要なのは、MagentoとWordPressのどちらも、コア製品に異なるバリエーションがあることです。Magentoには、Magento Open SourceMagento Commerceがあります。Magento Open Sourceはセルフホスティング型のプラットフォームで、Magento Commerceはエンタープライズ向けのプレミアムフルホスティング型ソリューションです。WordPressには、「WordPress.org」と「WordPress.com」があります。WordPress.orgはセルフホスティング型のプラットフォームで、WordPress.comはプレミアムホスティングサービスです。

この記事では、MagentoとWordPressのオープンソース版に焦点を当て、その主な違いを探っていきます。この記事では、MagentoとWordPressのオープンソース版に焦点を当て、それぞれの主な違いをご紹介します。また、MagentoとWordPressの両方の長所を兼ね備えたプラグインについてもご紹介します。

1. MagentoとWordPressのeコマース比較

米国商務省の国勢調査局によると、2020年第3四半期の米国の小売eコマース売上高は2,095億ドルでした。これは前年同期比で36.7%の伸びとなります。eコマースの売上が増加し続ける中、ウェブサイト構築プラットフォームが、ウェブサイトの作成やカスタマイズだけでなく、製品やサービスのオンライン販売にどのように役立つかを評価することがますます重要になっています。

そこで、MagentoとWordPressのeコマース機能拡張機能を比較してみましょう。

1.1 Magento Eコマース

電子商取引専用のプラットフォームであるMagentoには、オンラインストアの構築・運営に欠かせない機能が組み込まれています。この機能には、商品比較、商品階層、割引、クーポン、複数店舗管理などが含まれます。

また、CRMでの顧客追跡やセグメント化などの追加機能をお求めの場合は、MagentoのExtensionsマーケットプレイスで3,000以上のアドオンやアプリをご利用いただけます。

magento marketplace

すぐに使える豊富な機能とマーケットプレイスの拡張機能を備えたMagentoは、急成長中のスモールビジネスに最適です。

1.2 WordPress Eコマース

WordPressは専用のeコマースプラットフォームではないため、オンラインストアをセットアップするにはWooCommerceなどのプラグインをダウンロードする必要があります。幸いなことに、このセットアッププロセスは簡単なので、技術的な知識やeコマースの経験がないユーザーでもオンラインストアを立ち上げることができます。

WooCommerceは最も人気がありますが、WordPressで利用可能なeコマース・プラグインは何百種類もあり、その中から選ぶことができます。

wordpress plugin

また、eコマース専用のプラットフォームではないことも、WordPressにはユニークな利点となっています。Magentoはeコマースのための機能と統合をサポートしているだけですが、WordPressは考えられるほぼすべての機能とプラグインを備えています。主要なソーシャルメディアサイトとの統合、画像の自動最適化と圧縮、イベントカレンダーの表示、メガメニューの追加など、さまざまな機能があります。

2. MagentoとWordPressの価格比較

オープンソースのソフトウェアであるMagentoとWordPressは、どちらも無料でダウンロードできます。しかし、ストアを立ち上げるためには、ホスティング、ドメイン登録、プレミアムテーマやアドオンのインストールなどの費用が必要です。また、サイトのセットアップのために開発者を雇う必要があるかもしれません。

MagentoとWordPressでは、同じホスティングプロバイダーとドメインレジストラを使用できるため、ホスティングとドメイン登録にかかる費用はほぼ同じです。この2つのプラットフォームが異なるのは、プレミアムテーマやエクステンション開発者のコストです。

以下では、この3つの要素に焦点を当てて、MagentoとWordPressでストアを構築・運営するためにかかる費用を比較してみましょう。

2.1 Magentoの価格

プレミアムテーマやアプリ、フリーランスの開発者のコストは、WordPressよりもMagentoの方が高い傾向にあります。以下、それぞれの要因を詳しく見ていきましょう。

2.2 Magentoのテーマ

Magentoは無料のテーマを提供していますが、デザイン機能がシンプルなものが多いです。多くのMagentoユーザーは、MagentoマーケットプレイスやThemeforestのようなサードパーティのマーケットプレイスからプレミアムテーマを購入することを好みます。プレミアムテーマの価格は17ドルから499ドルで、大半は75ドルから99ドルの間です。

2.3 Magento アプリケーション

Magento には様々な e コマース機能が備わっており、特に WordPress には備わっていない機能があることと比較すると、その充実度がわかります。しかし、いくつかの重要な機能がないため、Magento マーケットプレイスからエクステンションをインストールする必要があるでしょう。

マーケットプレイスには約4,000のアプリがありますが、そのうち1,000以上は無料です。残りのアプリは、25ドルから15,000ドルの範囲で提供されています。しかし、この幅に怖気づく必要はありません。ほとんどのアプリは、30ドルから300ドルの間に収まっています。

2.3 Magentoの開発者

最後に必要となるコストは、開発者の雇用です。MagentoはWordPressよりも複雑なプラットフォームなので、サイトの設定やカスタマイズには開発者を雇う必要があるでしょう。

開発者の時給は経験値によって異なりますが、質の高いMagentoの開発者は、平均して1時間あたり65ドルから150ドルを請求します。なお、時間給ではなく、一定の成果物に対して固定価格を設定している場合もあります。

これらのコストは価格に大きな差があるため、Magentoストアの構築と管理にかかるトータルコストは劇的に変化します。

2.4 WordPressの価格

プレミアムテーマやプラグイン、フリーランスの開発者にかかるコストは、MagentoよりもWordPressの方が低いと思われます。以下、各要素を詳しく見ていきましょう。

2.5 WordPressテーマ

WordPressのリポジトリには約4,000種類の無料テーマが用意されていますが、自分のサイトにぴったりのルック&フィールを手に入れるには、プレミアムテーマを購入する必要があるかもしれません。プレミアムテーマは、Theme Forest、Elegant Themes、その他のサードパーティマーケットプレイスで購入でき、通常60ドルから200ドル程度です。

2.6 WordPressプラグイン

WordPressの公式ディレクトリには55,000以上の無料プラグインが登録されているため、無料でさまざまな方法でストアの機能を拡張することができます。例えば、WooCommerce WordPressプラグインは無料でダウンロードできます。

しかし、プレミアムプラグインを購入しなければならない足りない機能があるかもしれません。これらは、29ドルから299ドルまでの300以上のプレミアムエクステンションを揃えたWooCommerceストアや、その他のサードパーティのサイトで見つけることができます。例えば、訪問者のショッピングカートにおすすめの商品を追加したい場合は、WooCommerceのCart Add-onsエクステンションに29ドルの年間サブスクリプションを支払うことができます。また、ストアのブログを最適化するために内部リンクの自動提案などを行いたい場合は、Yoast SEO Premiumプラグインを89ドルの一括払いで購入することができます。

2.7 WordPress 開発者

WordPressは簡単に使えるので、自分でカスタムストアを立ち上げて運営することも可能ですが、サイト用のカスタムプラグインやテーマの構築、複数のブラウザやデバイスでのテストなど、開発者を雇いたい場合もあるでしょう。

WordPress開発者の料金は様々ですが、Magento開発者の料金よりも低い傾向にあります。Upworkでは、1時間あたり5ドルから125ドルの範囲で設定されています。

これらの変数のため、WordPressサイトの構築と管理には、数ドルから数千ドルの費用がかかります。平均的には、年間30ドルから3,000ドル程度を想定しています。

3. MagentoとWordPressのセキュリティ比較

セキュリティは、サイトのコンテンツマネジメントシステム(CMS)を選ぶ際に考慮すべき最も重要な要素の一つです。

MagentoとWordPressはどちらもオープンソースのCMSで、長い時間をかけて安全性を追求してきました。エクステンションは、コアコードを補完してセキュリティ機能を追加することができますが、サイトオーナーはそれらの管理や更新に対応しなければなりません。以下では、MagentoとWordPressのセキュリティについて詳しく見ていきましょう。

3.1 Magentoのセキュリティ

Magento Commerce には Web Application Firewall や DDoS サービスなどのセキュリティ機能が内蔵されていますが、Magento Open Source にはありません。つまり、あなたのサイトを保護するために拡張機能ダウンロードする必要があるかもしれません。良いニュースとしては、Magento マーケットプレイスには 750 以上のセキュリティアプリがあります。悪いニュースは?無料のものもありますが、プレミアムアプリは25ドルから8,000ドルの範囲です。

拡張機能ダウンロードや管理をしたくない場合は、Magentoがソースコードに露出した脆弱性に対処するために提供するパッチやセキュリティアップデートのインストールだけを気にすればよいでしょう。ただし、パッチやアップデートは手動でインストールする必要があり、その作業は困難です。

パッチを当てる時間やリソースを持たないサイトオーナーは、ハッカーに狙われやすい店舗を放置することになります。残念ながら、多くのサイトオーナーがそうであることを調査が示しています。Sucuriが2018年に行ったハッキングされたWebサイトの分析によると、MagentoのWebサイトの83%が感染時点で古い状態になっていました。しかし、同じレポートによると、Magentoの全体的な感染率は、2017年の6.5%から2018年には4.6%に低下しています。これは、より多くのMagentoサイトのオーナーが、サイトのセキュリティを真剣に考え、サイトを最新の状態にしていることを示しています。

3.2 WordPress のセキュリティ

Magento オープンソースと同様に、WordPress が安全であるかどうかは、サイトオーナーがサイトを安全に保つためにどのような手段を講じているかにかかっています。プラグインやテーマの定期的な更新、安全なログイン方法の使用に加え、サイトを監視するためのセキュリティプラグインをダウンロードまたは購入することができます。最良のWordPressセキュリティプラグインは無料、または無料版のツールを提供していますので、サイトの安全性を保つための余裕がないという心配はありません。

これらのベストプラクティスに従うことは、WordPressを使用する際に特に重要です。WordPressは世界で最も普及しているCMSであるため、WordPressサイトはハッカーの人気の的となっています。実際、2019年にCMSを搭載したWebサイトに対するサイバー攻撃が成功したうちの94%がWordPressサイトを標的にしています

そのプラットフォームでホストされているサイトを保護するために、WordPressは、25人の専門家からなるセキュリティチームによって常に更新・改善されている安全なコードで構築されています。また、Magentoの場合とは異なり、WordPressのアップデートプロセスは手動ではありません。WordPressには自動更新の仕組みがあり、ユーザーは新しいセキュリティパッチが出たときに自動更新を予約することができます。2018年に感染したWordPressサイトの36.7%が古いバージョンのWordPressを実行していたことを考えると、これは非常に重要な、そして十分に活用されていない機能です。

4. MagentoとWordpressのSEO対策

オンラインストアへのトラフィックは、ソーシャルメディアや有料広告だけに頼る必要はありません。むしろ、検索に最適化することで、より多くのオーガニックトラフィックを得ることができます。

以下では、MagentoWordPressSEO 機能とツールを比較します。

4.1 MagentoによるSEO対策

Magento のストアを検索エンジンに最適化するために、いくつかのベストプラクティスがあります。レスポンシブテーマの選択、すべての商品ページへのメタディスクリプションの追加、商品画像のaltテキストの最適化、サイトのXMLサイトマップの作成、重複コンテンツの削除、チェックアウト、マイアカウント、カート、管理ページの “nofollow “設定などです。

これらの作業のほとんどを手作業で行う必要があるため、Magentoは、SEOのベストプラクティスに精通したユーザーに最適です。

4.2 WordPressによるSEO対策

WordPressは、Magentoと同様に、画像のalt-text、meta description、見出し、カスタムURLを簡単にカスタマイズでき、レスポンシブテーマを選択してストアをデザインすることができます。

WordPressの特徴は、さまざまなSEOプラグインをダウンロードして購入したり、サイトの基本コードの任意の部分を最適化したりできることです。これにより、上級者は、サイトの速度を低下させたり、検索エンジンのボットによるクロールやインデックスを妨げている不要なコードを削除することができます。また、技術的な知識のないユーザーは、Yoast SEO、WP Rocket、RedirectionなどのWordPressプラグインをダウンロードまたは購入することで、最適化プロセスの一部を簡略化し、自動化することができます。

5. ブログ用MagentoとWordpressの比較

オンラインストアにブログセクションを追加することで、より多くの潜在顧客を惹きつけ、売上を向上させるなどのメリットがあります。以下、MagentoとWordPressでブログを追加するのがいかに簡単かを見てみましょう。

5.1 ブログ用Magento

ブログの機能は、Magento にはすぐには搭載されていません。つまり、あなたのストアにブログを追加するには、カスタムエクステンションを使用する必要があります。Magento マーケットプレイスで、ニーズに合った拡張機能を探すことができます。

最も人気のある選択肢のひとつは、AheadWorks による無料のブログ拡張機能です。このエクステンションをインストールすると、管理画面のダッシュボードに「ブログ」というセクションが追加されます。このセクションでは、ブログの設定、記事の追加、カテゴリによる整理などを行うことができます。

上記のインターフェイスからもお分かりいただけると思いますが、MagentoではWordPressよりもブログを書くことが難しくなります。

5.2 ブログ用WordPress

WordPressは、2003年にブログ用のプラットフォームとして開発されました。その後、多目的CMSへと進化したWordPressは、標準的で高度なブログ機能をダッシュボードに直接組み込むことができます。

WordPressの新しいブロックエディタでは、画像、コールトゥアクションボタン、コラムレイアウトなどの要素をページ上にドラッグ&ドロップすることで、ブログのコンテンツを素早く作成することができます。

また、ブログ用に特別にデザインされた何千ものテーマやプラグインから選ぶこともできます。例えば、StorefrontテーマでWooCommerceストアを構築したとしましょう。Storefront Blog Customizerエクステンションを購入すると、ブログのレイアウトを変更したり、ホームページに最近のブログ記事を表示したりすることができます。

つまり、WordPressでは、ストアのブログセクションの外観や動作をカスタマイズすることができるのです。

6. MagentoのWordPressプラグイン

Magentoにはブログ機能が、WordPressにはeコマース機能が搭載されていません。数年前であれば、ブログとEコマースのどちらが重要かを選択しなければなりませんでした。しかし今日では、その必要はありません。MagentoのエクステンションやWordPressのプラグインを使えば、これらのコンテンツマネジメントシステムを統合して、Eコマースサイトとブログセクションの両方を実現することができます。以下では、この2つのオプションを見てみましょう。

6.1 FishpigによるMagentoとWordPressの統合

Magento WordPress Integrationは、MagentoのウェブサイトにWordPressのブログを統合するための、無料で評価の高い拡張機能です。ブログを追加したり、コンテンツを管理したり、ストアの SEO を向上させたりすることが簡単にできます。

この方法では、MagentoにWordPressを統合するということを理解しておくことが重要です。そのため、WordPressに内蔵されているブログ機能しか使えず、WordPressのテーマを使うことはできません。もしWordPressのブログをもっとコントロールしたいのであれば、FishpigのShortcodes & Widgetsアドオンをインストールすることができます。これにより、ElementorGravity Formsなど、ショートコードを使用するあらゆるプラグインを追加して、カスタマイズの選択肢を増やすことができます。

6.2 Francis SanterreによりWordPressのMag プロダクション統合

The Mag Products Integration for WordPress は、Magento ストアの商品を WordPress の投稿やページに表示するための、無料で評価の高いプラグインです。Magento REST API を使って、Magento ストアと WordPress サイトをリンクします。そして、ショートコード [magento] を使って、特定の投稿やページに商品を表示することができます。

この方法では、MagentoWordPress に統合します。つまり、WordPressのすべての機能、プラグイン、テーマを利用して、サイトをカスタマイズすることができるのです。

7. MagentoとWordPressの主な違いについて

オンラインストアの構築をお考えなら、Magento Open SourceやWordPressは素晴らしい選択肢です。お客様のeコマースビジネスに適したものを選ぶには、その機能がお客様のニーズにどのように合致するかを慎重に検討する必要があります。

適切なソリューションを選ぶために、MagentoWordPress の主な違いを以下にまとめました。

Magentoオープンソース WORDPRESS.ORG
ソフトウェア オープンソースのeコマース・プラットフォーム オープンソースの多目的コンテンツ管理システム
eコマース Magentoはeコマース専用のソリューションなので、商品のランク付けや割引などのeコマース機能が組み込まれています。また、eコマースサイトを拡張するための3,500のアプリも用意されています。 WordPressはeコマース専用のプラットフォームではないため、オンラインストアを開設するにはWooCommerceのようなプラグインをダウンロードする必要があります。ウェブサイトを拡張するためのプラグインは、50,000以上あります。
価格 ソフトウェアの使用は無料です。ドメイン登録やホスティングにかかる費用は、WordPressと同様です。プレミアムテーマやアプリ、開発者を雇うためのコストは、WordPressよりも高くなる傾向があります。これらのコストを合わせて考えると、Magentoの基本的な店舗を構築し運営するには15,000ドルかかります。 ソフトウェアの使用は無料です。ドメイン登録やホスティングに関する費用は、Magentoと同様です。プレミアムテーマやプラグイン、開発者の雇用にかかる費用は多岐にわたります。これらのコストを合わせて考えると、平均的なWordPressストアの構築と運営には、500ドルから3,000ドルのコストがかかります。
セキュリティ セキュリティ機能が内蔵されていないため、サイトオーナーはセキュリティ拡張機能をインストールする必要があり、その費用は高額になる可能性があります。また、Magentoは定期的にパッチやセキュリティアップデートを提供していますが、アップデートのプロセスは手動で困難です。 セキュリティ機能が内蔵されていないため、サイトオーナーはセキュリティプラグインをインストールする必要がありますが、そのほとんどは無料で提供されています。また、WordPressには自動更新機能があり、セキュリティパッチがリリースされたときに自動で更新することができます。
SEO XMLサイトマップの作成、重複コンテンツの削除、ページの「nofollow」設定など、最適化プロセスのほとんどは手動で行われます。 標準機能に加えて、ソースコードの編集や数百種類のプラグインを選択して、SEOに強いストアを構築することができます。
ブログ ブログ機能は内蔵されていないので、Magento WordPressプラグインのような無料またはプレミアムの拡張機能をMagentoマーケットプレイスからダウンロードする必要があります。 ブログ機能を搭載し、ドラッグ&ドロップ式のブロックエディタ、ブログ用のテーマやプラグインが用意されており、ショップに簡単にブログセクションを追加することができます。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

►►►サービスについて