ホリデーシーズンに向けたオムニチャネル戦略構築のヒント

小売業者は、1年で最も期待されるショッピングの機会、ホリデーシーズンの計画を立てています。ホリデーシーズンは、他の時期よりも競争が激しくなるにもかかわらず、売上を上げるには理想的な時期です。この記事では、この特別なシーズンに向けて、オフライン店舗とウェブプレゼンスを活用したオムニチャネル戦略を成功させるための6つのヒントを提案します。

1. 効果的なオムニチャネル戦略を構築するには

1.1 オーディエンスを理解する

最初のステップは、オムニチャネル戦術を効果的に行うために、適切な人たちを狙うことです。なぜでしょう?それは、お客様のプロフィールを知るために時間をかける必要があるからです。そのためには、ソーシャルメディアを活用して、データやお客様の声を受け取ることが大切です。後のターゲティング広告の精度が上がるのです。以下は、オーディエンスをセグメント化するための4つのカテゴリーです:

  • デモグラフィック:年齢、性別、家族、職業などのお客様のプロフィールを含みます。
  • サイコグラフィック:社会階層やライフスタイルの選択などの情報を持っています。
  • 地理的:お客様の所在地を含む
  • 行動分析:ユーザーの行動、ウェブサイトの利用状況、デバイスの選択、買い物の習慣などの統計情報を保有しています。

1.2 ショッパブル・ポストの活用

コンテンツをマーケティングチャネルに合わせることは非常に重要です。FacebookやInstagramでは写真や動画が適していますが、ブログやニュースレターでは長い文章が適しています。オムニチャネル戦略とは、同じメッセージを異なるチャネルで発信するだけでなく、それらを最大限に活用することであることを覚えておいてください。

多くのマーケターは、より買い物しやすい投稿を可能にする機能を持つInstagramでの広告に慣れています。つまり、企業はオンラインショップに広告を組み込むことに何の困難も感じていないということです。投稿に商品をタグ付けしたり、ページに「ショップ」タブを設けたりするのも簡単です。この機能のおかげで、Shopifyはユーザーが買い物可能な投稿を最適化することができ、顧客は好きな商品をFacebookストアから直接見ることができます。次に、これらの商品をすぐにカートに入れてくれます。

1.3 テクノロジーの統合

オムニチャネル革命では、テクノロジーが重要な役割を果たしています。このような理由から、多くの小売業者は、オンラインショッピングの最高の機能を使って、物理的なショッピングを改善することを決定しています。POSシステムを選択することで、物事はより柔軟でパーソナライズされたものになります。これは、すべての小売業者オムニチャネル・ビジネスを構築し、革新し、成長させるための力となる、シームレスなソリューションです。

1.4 ホリデーシーズンの売上を伸ばすためのプロモーション

ホリデーシーズンの売上を伸ばすために、以下のようなプロモーションの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

送料無料:買い物客は、オンラインショッピングでこの2つの言葉を見るのが好きです。このプロモーションは、保留中の購入を終わらせるように促します。支払うものが1つ減るだけでワクワクするからです。
無料プレゼント:やはり、買い物客はお得な情報や割引、無料の「プレゼント」を好みます。ホリデーシーズンの前に購入品をプレゼントして、売り上げが伸びるかどうかを確かめることを考えてみてください。これを行うことで、お客様が完了していない購入を完了するように仕向けることができます。
店頭受け取り割引:買い物客にオフラインの店舗に入ってもらい、ブランドとの関係を築くためのもう一つのインセンティブです。また、このプロモーションは、配送にかかるオペレーションコストを削減し、お客様にお金を節約するチャンスを提供します。

1.5 休止中の連絡先を休暇の前後に再活性化する

ホリデーキャンペーンを、マーケティング戦略全体から切り離して考えてはいけません。売り上げを伸ばすだけでなく、顧客との長期的な関係を築いてみませんか?

休眠状態の連絡先が離脱しないようにメッセージを送ることから始めてみてはいかがでしょうか。新規の顧客を獲得するよりも、既存の顧客に販売したほうがコスト削減になります。それに、非活動的な買い物客に再活動のきっかけとなるようなオファーを出せば、そのプロモーションを受けなかった人は何かを失ったような気分になるでしょう。

1.6 オムニチャネル・マーケティングの成果を測定する

オムニチャネルのホリデーキャンペーンによる影響をモニターし、評価するための最良の方法は、メトリクスとKPIを利用することです。データを収集・分析することで、ターゲットと具体的なキャンペーンを一致させ、適切な調整を行うことが可能になります。

データを貴重なアクションポイントに変えたいのであれば、何を達成したいのかを確認し、データによって解決すべきニーズや問題をリストアップします。次に、それらをビジュアル化して提示し、そのデータをどのように自社に適用するかを知る必要があります。

2. 纏め

お客様のより高い期待を満足させることは、特にこれからのホリデーシーズンには重要です。今回の記事が、売上、利益、顧客満足度を高めるために必要な洞察を、チャネル別に提供できていれば幸いです。今年は好調なスタートを切りたいとお考えですか?それならば、よりつながりのあるオムニチャネル戦略への道を歩み始める時です。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて