マジェントインストールためのシステム準備

1.インストールの前に

始める前に、以下のことを確認してください。

  1. お使いのシステムが「Magento System Requirements」で説明されている要件を満たしている。
  2. 前提条件」で説明した前提条件のタスクをすべて完了していること。
  3. Magento サーバーにログインした後、Magento ファイルシステムへの書き込み権限を持つユーザーに切り替えます。これを行う一つの方法は、「Magento ファイルシステムの所有者に切り替える」で説明しています。

インストーラは、必要に応じて複数回実行できるように設計されているので、以下のことが可能:

  • 異なる値を与える:例えば、ウェブサーバーに SSL(Secure Sockets Layer)を設定した後に、インストーラーを実行して SSL のオプションを設定することができます。
  • 以前のインストールの間違いを修正する
  • Magento を別のデータベースインスタンスにインストールする

2.ファイルシステムオーナーとしてログイン

1. Magento ファイルシステムへの書き込み権限を持つユーザーとして Magento サーバーにログインするか、またはそのユーザーに切り替えます。switch to the Magento file system owner を参照してください。

bash シェルを使用している場合は、次の構文を使用して、Magento ファイルシステムの所有者に切り替えると同時にコマンドを入力することができます。

su (Magento file system owner) -s /bin/bash -c (command) 

Magentoのファイルシステムのオーナーがログインを許可していない場合は、以下のようにします:

sudo -u (Magento file system owner) (command) 

2.任意のディレクトリからMagentoコマンドを実行するには、システムPATHに<magento_root>/binを追加します。

シェルの構文はそれぞれ異なるので、unix.stackexchange.comなどのリファレンスを参考にしてください。

CentOS用のbashシェルのサンプル:

export PATH=$PATH:/var/www/html/magento2/bin 

オプションとして、以下の方法でコマンドを実行することができます。

cd <magento_root>/bin で ./magento <command name> として実行します:
<magento_root>/bin/magento (command name)として実行します。
<magento_root>は、Webサーバーのdocrootのサブディレクトリです。

3.コマンドの概要

次の表は、利用可能なコマンドをまとめたものです。コマンドは概要のみ表示されています。コマンドの詳細については、「コマンド」列のリンクをクリックしてください。

コマンド 説明 必要条件
magento setup:install Magentoソフトウェアのインストール なし
magento setup:uninstall Magentoのソフトウェアを削除します Magentoのソフトウェアをインストールした
magento setup:upgrade Magentoのソフトウェアを更新します デプロイメント構成
magento maintenance:{enable/disable} メンテナンスモードを有効または無効にします(メンテナンスモードでは、免除されたIPアドレスのみがMagento Adminまたはストアフロントにアクセスできます) Magentoのソフトウェアをインストールした
magento setup:config:set デプロイメント構成を作成または更新します なし
magento module:{enable/disable} モジュールの有効化・無効化 なし
magento setup:store-config:set ベースURL、言語、タイムゾーンなど、ストアフロント関連のオプションを設定します デプロイメント構成
Database (simplest way is to use magento setup:upgrade)
magento setup:db-schema:upgrade Magentoのデータベーススキーマを更新します デプロイメント構成
magento setup:db-data:upgrade Magentoのデータベースデータを更新します デプロイメント構成
magento setup:db:status データベースに最新のコードが登録されているかどうかをチェックします デプロイメント構成
magento admin:user:create Magento の管理者を作成します。 以下のすべての項目:デプロイメントの設定最低でもMagento_UserとMagento_Authorizationモジュールを有効にするデータベース(最も簡単な方法は、Magento setup:upgradeを使用することです。
magento list 使用可能なすべてのコマンドを一覧表示します なし
magento help 指定したコマンドのヘルプを表示します なし

ヘルプコマンド

コマンドの全リストを表示するには、次のように入力します:

bin/magento list

特定のコマンドのヘルプを表示するには、次のように入力:

bin/magento help (command)

例えば:

bin/magento help setup:install
bin/magento help cache:enable

4.共通の引数

以下の引数は、すべてのコマンドに共通です。これらのコマンドは、Magento ソフトウェアのインストール前でも後でも実行できます:

長いバージョン 短いバージョン 意味
--help -h 任意のコマンドのヘルプを取得します。例えば、./magento help setup:installや./magento help setup:config:setなどです
--quiet -q クワイエットモード、出力なし
--no-interaction -n インタラクティブな質問はありません
--verbose=1,2,3 -v, -vv, -vvv 冗長度。例えば、--verbose=3または-vvvは、最も冗長な出力であるデバッグバーボシティを表示します。デフォルトは --verbose=1 または -v です。
--version -V このアプリケーションのバージョンを表示する
--ansi n/a 強制的にANSI出力
--no-ansi n/a ANSI出力の無効化

►►►サービスについて