オンラインショッピング詐欺を防ぐための8つのヒント

eコマース業界では、現代の消費社会に大きなメリットをもたらす一方で、詐欺はすべての小売業者と顧客にとって最も複雑な問題の1つです。すべてのオンラインショップのオーナーは、オンラインショッピングの詐欺を効果的に防ぐための解決策を見つけるために時間と労力を費やしています。

この記事では、現代の企業が自社の店舗と顧客を守るために適用できるいくつかのヒントを紹介したいと思います。

1. PCIコンプライアンスの維持

クレジットカードでの支払いを受け付けるEコマース企業は、Payment Card Industry(PCI)の保護規定を遵守する必要があります。PCI基準は、クレジットカード決済の安全性を確保することを目的として、PCI Security Standards Councilによって作成・管理されています。 つまり、小売業者がこの基準に従えば、クレジットカードによる取引はより安全になります。そうでなければ、サイバー犯罪者がオンラインストアを攻撃し、販売プロセスからお金やデータを盗む機会が増えることになります。

2. 疑わしい行為をタイムリーに発見するための店舗調査

Eコマースストアのオーナーは、オンライン販売プロセスを定期的に監視して、請求先や配送先の情報に矛盾がないかどうかを確認する必要があります。また、顧客のIPアドレスを追跡する便利なツールを導入し、その地域に詐欺師が多い場合は警戒することもできます。

3. HTTPSの使用

HTTPSは、ウェブブラウザとオンラインストアの間でデータを暗号化するために使用される主要なプロトコルです。HTTPSを使用することで、オンラインビジネスでは、取引がブロードキャストされることを防ぐことができ、ハッカーが顧客情報を悪用する機会が増える可能性があります。

4. バックリストの作成

ブラックリストとは、「過去の経験が将来の不正を予測する」という考えに着目したデータベースです。違法行為が検出されると、関連する取引の詳細がブラックリストに追加されます。その後のすべての取引はそのリストと比較されます。その後、それらのデータを使って新たな注文がなされると、直ちに拒否されます。

5. 住所確認サービス(AVS)の利用について

AVSは通常、疑わしいクレジットカード取引を検出して、不正行為をタイムリーに防止する目的で使用されます。具体的には、カード利用者の住所を確認し、発行銀行が記録したものと比較します。このプロセスは、オンラインストアがクレジットカード決済の承認を要求する際に発生します。もし、2つの住所が異なる場合、その取引要求は直ちに拒否されます。

Use AVS to avoid online shopping scam

6. 不正防止ソリューションの採用

最近では、eコマースビジネスでの不正行為の検出と防止をサポートするさまざまなソリューションが、さまざまな価格で提供されています。これらのソリューションは、オンラインストアに統合することができ、IPや電子メールアドレスなどを使用して不正な取引を特定することができます。疑わしい行為を報告すると、これらのソリューションは問題を慎重に検討し、必要に応じて取引を自動的に破棄します。

7. センシティブな情報を集めすぎない

オンラインストアとお客様を守るためのもう一つの方法は、データウェアハウス内の顧客情報を最小限に抑えることです。店舗オーナーは、顧客の個人情報をできるだけ収集・保管しないようにすべきだ。そうすれば、ハッカーがお客様の重要な情報を入手して、間違った目的に使用することはありません。

8. ソーシャルメディアでのプライバシー保護

ソーシャルメディアサイトを含むインターネット上のすべてのウェブサイトには、プライバシーポリシーがあります。オンライン購入者は、アカウントを登録する前に、すべてのソーシャルメディアサイトのプライバシー規約を読み、検討することが不可欠です。

Protect privacy on social media

電子商取引の人気が高まるにつれ、サイバー攻撃の数もますます巧妙になっています。現代のオンラインストアのオーナーは、詐欺師がビジネスに大きな影響を与える可能性があることを心に留めておく必要があります。したがって、起こりうる不正行為とその解決策を理解することは、オンラインショッピングの詐欺を防ぎ、将来的にビジネスを発展させるための最も重要な要素の1つです。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて