SitecoreにおけるPublish vs Transferオプション

sitecore puplish

sitecore puplish

A. 出版と転送の違い:

1. キャッシュのクリア

Sitecoreでアイテムが公開されると、バックグラウンドでいくつかのタスクが実行されます。そのうちの1つが、公開されたアイテムのキャッシュのクリアです。これにより、本番環境でのアイテムへの変更が確実に表示され、キャッシュの問題も発生しません。

一方、転送オプションでは、キャッシュクリアタスクは実行されません。Sitecoreは、アイテムをあるデータベースから別のデータベースに移動するだけです。キャッシュクリアツールを使って手動でキャッシュをクリアする必要があります。

2. ターゲットデータベースのアイテム階層

ソースデータベースからターゲットデータベースにアイテムを公開した場合、ターゲットデータベースではアイテムの階層を変更することはできません。例えば、アイテム「/sitecore/content/MySite /Products/sample」をターゲットデータベースに移動する場合、ターゲットデータベースでは同じ階層に移動することができます。

一方、転送オプションでは、ターゲットデータベースの任意の親ノードの下にアイテムを移動することができます。つまり、下の図に示すように、転送を行っている間にターゲットデータベースの宛先パスを選択することができます。

Image Text

B. どのような場合に使用するか?

  1. あるアイテムをターゲットデータベースの別の場所やパスに移動させたい場合、転送オプションを使用しないと実現できません。この場合、転送オプションのみ使用でき、公開オプションは使用できません。
  2. アイテムをステージング データベースから本番データベースに移動する場合、つまりマスター データベースから Web データベースに移動する場合は、転送ではなく公開オプションを使用することをお勧めします。
  • ステージングとプロダクションの両方でアイテムの階層が同じであるため、移動先のパスを手動で選択する必要がない。
  • 転送を選択した場合、転送先パスの選択を間違える可能性があります。
  • デフォルトの公開では、本番環境にアイテムを移動する際にキャッシュを行いますので、手動での作業は必要ありません。

C.どのような場合に使用するのがよいのでしょうか?

例えば、ステージング(マスターデータベース)からプロダクション(Webデータベース)にスタックアイテムをパブリッシュし、完了までに時間がかかっているとします。ここで、すぐに本番環境に移動する必要のあるアイテムに遭遇し、公開キューが完了するまで待つことができません。このような状況では、転送オプションを使って、公開キューの完了を待たずにそのアイテムを移動することができます。そのため、特定のアイテムを転送してから、Sitecoreキャッシュクリアツールを使ってキャッシュをクリアします。Sitecoreキャッシュとキャッシュクリアツール

 

►►►サービスについて