PWA vs ネイティブアプリ: eコマースビジネスにはどちらが適当?

pwa vs native apps

pwa vs native apps

今や、Eコマース分野でもモバイルの時代となっています。2017年、モバイルによるEコマースの売上は、Eコマース全体の34,5%を占めました。そして、eMarketerは、2021年末には54%に達するだろうと予測しています。そして、現代の顧客の要求を満たすために、Eコマース企業家は、迅速で簡単、かつシームレスなモバイルショッピング体験を提供しなければなりません。そこで、モバイルアプリやプログレッシブウェブアプリPWA)の出番となるわけです。

しかし、Eコマースのパフォーマンスを最適化するには、プログレッシブWebアプリとネイティブアプリのどちらが良いのでしょうか?十分な情報を得た上で決断を下すためには、まず各アプローチの長所と短所を知る必要があります。そこで、PWAとネイティブアプリの違いや、それぞれのメリットについてご紹介します。

1. ネイティブアプリ

ネイティブアプリとは、特定のプラットフォーム用に作成されたアプリで、OSのメモリを使用してGoogle PlayやApp Storeなどのアプリストアからダウンロードされます。したがって、アプリは1つのOSに最適化されており、カメラ、マイク、連絡先、ファイルなど、ほとんどのデバイスの機能に対して、高速かつ適切に動作します。

a. ネイティブアプリの魅力とは

なぜEコマースにネイティブアプリの構築を検討すべきなのか?モバイルネイティブアプリを作成するという決断には、いくつかの利点があります。以下では、最も重要な利点をいくつか紹介します。

機能性

ネイティブアプリは、設計されたOSに特有のさまざまな機能を利用できます。ネイティブアプリを開発すると、ホストのプラットフォームが提供するさまざまなツールやAPIにアクセスすることができます。ネイティブアプリの開発では、安定性、セキュリティ、および優れたパフォーマンスを確保しながら、複雑なアプリケーションを作成することができます。

スピードとパフォーマンス

ネイティブアプリは、クロスプラットフォームアプリよりも優れたパフォーマンスを発揮する傾向があります。その理由は?それは、アプリ自体とホストのオペレーティングシステムがシームレスに統合されているからです。

App Storeでの上位表示

ユーザーエクスペリエンスの高いアプリは、アプリストアで上位に表示されます。これは、認知度の向上、ダウンロード数の増加、そして利益の増加につながります。ネイティブアプリは、その高いパフォーマンスと使いやすさから、クロスプラットフォームのアプリよりもアプリストアで上位に表示されることが多い。

ネイティブアプリは、クロスプラットフォームアプリよりもアプリストアの上位に位置することが多い

ユーザーインターフェース

ネイティブアプリケーションは、特定のオペレーティングシステムに合わせて作られているため、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。つまり、そのシステム特有の機能を利用することができるのです。また、アプリのビジュアルも特定のOSに合わせて作られているため、見た目の美しさも高品質です。

b. ネイティブアプリの注意点とは

ネイティブアプリは、クロスプラットフォームやウェブアプリよりも優れたパフォーマンスを発揮することが重要です。この専門性は、ネイティブアプリの最大の強みであると同時に、最大の弱点であるコストの基礎でもあります。

追加リソース

複数のプラットフォーム向けにアプリケーションを作成する場合、開発チームは通常、サポートするプラットフォームごとに1人または複数のモバイル・ソフトウェア・エンジニアで構成されます。もちろん、これは開発チームの規模とコストの増加につながります。また、開発チームには、均質なスキルではなく、さまざまなスキルを持ったエンジニアが必要です。これは、サポートやコラボレーションに関して、チームを分断する可能性があります。

開発サイクルが遅い

ネイティブアプリケーションは、目的のプラットフォームごとに個別のアプリケーションを作成しなければならないため、開発サイクルが遅くなります。極端な例としては、モバイル開発エンジニアが1人しかいない場合、各アプリケーションは基本的に連続して作成されることになります。

2. プログレッシブ・ウェブアプリ(PWA)

Gartner社のレポート「Progressive Web Apps Will Impact Your Mobile App Strategy」によると、PWAは2020年末までに全世界のネイティブアプリの50%を置き換えると言われています。その可能性を裏付けるように、Googleは最近、Chromebook用のProgressive Web AppsをGoogle Playで公開し、PWAの統合基準を引き上げました。では、PWAにはどのような機能があるのでしょうか。PWAは本当にネイティブアプリを置き換える優れた選択肢なのでしょうか?

a. PWAの魅力とは

PWAが徐々に成長して自分の限界を超えると、より多くの能力を持つようになります。これは、PWAの完全な可能性がまだ発見されていないことを示しています。ここでは、PWAが提供する最も注目すべき利点について言及します。

オールインワン

PWAでは、あなたのシステムは今、一つのサイズに収まります。PWAはウェブサイトのように機能し、ページへのリンクをコピーすることでPWAを共有することができます。また、プログレッシブウェブアプリは、スマートフォン、タブレット、デスクトップパソコンなど、あらゆるデバイスに対応しています。

読み込み時間が短い

多くのユーザーは、Webサイトの読み込み速度が遅いという問題に遭遇しています。しかし、PWAではそのようなことはありません。また、PWAはURLを介して直接コンテンツにアクセスするため、ユーザーは毎回ページを更新する必要がありません。

オフライン対応

PWAは、インターネットに接続されていなくても動作します。ユーザーが最後にアプリを使用したときにキャッシュされたデータを活用します。

SEOへの配慮

迅速なダウンロードは、Googleのモバイル検索エンジンでのウェブサイトの位置に大きな役割を果たします。PWAは、ネイティブアプリケーションとよく似た動作をするにもかかわらず、Googleや他の検索エンジンにインデックスされます。これはSEOにとって絶対的なプラス要素です。

PWAは他のアプリよりも安い

PWAのような最新の技術は、ネイティブのモバイルアプリよりも開発や統合にかかる費用が少なくて済みます。特定の技術を必要とせず、純粋なjavascript、HTML、CSSだけで開発できます。

b. PWAについてよく考えるべきこと

どんな豆にも黒点がありますが、PWAも例外ではありません。PWAでユーザーに満足のいく体験をしてもらうためには、これらのデメリットを知り、システムへのダメージの可能性をあらゆる面からコントロールし、最小限に抑えるための準備をすることが重要です。

App Storeのトラフィックを逃す

PWAを開発しても、AppleやAndroidのアプリストアでは企業としての露出はありません。アプリが見つかるのは、有名なアプリプラットフォームの1つに表示されているからであることが多いです。そのため、この「踏み台」を使ってより多くの人にアピールできないのは、かなりのデメリットと言えます。

スケーラビリティに限界

PWAの収益モデルや広告機会を開発するのは、まだ難しいことです。現時点では、ネイティブアプリに比べて、購読できる選択肢が少ないです。

一部のサービス機能にアクセスできない

ネイティブアプリとは異なり、機能が少ないWebアプリケーションですが、iOSはAppleデバイス上でPWAのすべての機能をサポートしていません。そのため、多くのユーザーにとってPWAの可能性が限られてしまうのは残念なことです。UXユーザーエクスペリエンス)が製品自体のマーケティングと同じくらい必要な世界では、ユーザーエクスペリエンスの欠如は本当の損失です。

3. eコマースビジネスに何を選ぶべきか

eコマースビジネスは、細分化された顧客にサービスを提供するために、あらゆる規模と形態で展開されています。そのため、それぞれの目標を達成するためには、適切なテクノロジー・アプローチが必要となります。設立したばかりのEコマース企業や、まだ高いパフォーマンスを目指していない企業にとっては、PWAをモバイルテクノロジーの基盤として選択することをお勧めします。PWAは経済的であり、よりSEOに適しているため、新規顧客をアプリに引き付けることができます。

しかし、特に数百万人のユーザーと製品を抱える大企業にとっては、スケーラビリティとパフォーマンスが求められます。完全な機能を備えた真の顧客中心のアプリを開発するには莫大なコストがかかり、開発プロセスにも時間がかかるかもしれませんが、ネイティブアプリを適応させることは不可欠です。ネイティブアプリは、よりパーソナライズされた体験を促進し、ターゲットを絞ったマーケティングパフォーマンスを提供する必要がありますが、PWAでは今のところ限界があります。

もうひとつの選択肢は、レスポンシブサイトと並行してEコマースのPWAを追加することでチャネルミックスを拡張し、その結果を測定してネイティブアプリがまだ必要かどうかを判断することです(両方を行うことも可能です)。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて