SEATはマジェント 2.0でモバイルエクスペリエンスとサイトのパフォーマンス向上

seat using magento 2.0
Seat website magento background

フォルクスワーゲンの子会社であり、世界最大の自動車メーカーの1つであるSEATは、家族や若者を対象とした「スポーティなパフォーマンス」の考え方を再定義することを使命としています。同社のブランドは、車の所有者が楽しめるテクノロジーを提供することです。

SEATは、そのテクノロジーリーダーシップを活用して、ターゲットオーディエンスが好む傾向があるモバイルデバイススマートフォン及びタブレット)を使用して顧客と関わりたいと考えていました。SEATドイツのオンラインストアは純粋なブランドプレイです。消費者が車を楽しむのと同じくらいブランドを楽しむ方法です。ショップで販売されている商品(おもちゃ、ペン、ファッションアイテム)は、ターゲットユーザーにアプローチし、ブランドと交流するユニークな方法を提供するためのコミュニケーションツールです。SEATドイツには既存のオンラインストアがありましたが、維持に費用がかかり、モバイル対応が出来ませんでした。最適なモバイルエクスペリエンスを提供するためにストアを再設計すると同時に、費用対効果を高めながら、マジェント 2.0への移行を決定的に推進しました。

「私たちは、ブランドとリーダーシップを維持する手段として最新のテクノロジーを使用することに焦点を当てています。SEAT のマジェント 2.0プロジェクトの責任者Haupt氏は、マジェント 2.0を実装するという決定は、eコマースプラットフォームの将来を証明しながら、より魅力的なエクスペリエンスを提供するように設計された戦略的投資です。

既存のSEATドイツブランドストアはHybrisに基づいて構築されており、マジェントの完全な実装よりも高価なソフトウェアの更新やモジュールのアップグレードなどの継続的なメンテナンスコストがかかります。さらに、プラットフォームはモバイルエクスペリエンス用に最適化されていなかったため、SEATは顧客と完全に関わることができませんでした。チームの目標は、高度なマジェント 2.0プラットフォームを活用してテクノロジーのリーダーシップを強調し、「楽しむテクノロジー」というSEATブランドのアイデアを具体化した没入型モバイル最適化サイトを設計することでした。

Seat website magento product2

SEAT Germanyは、マジェントゴールドソリューションパートナーのnetz98 new media GmbHと協力して、プラットフォームのテクノロジーと柔軟性に基づいてマジェント 2.0を選択しました。チームはすでにサプライヤーショップでマジェントを使用しており、新しいテクノロジーを早期に採用するというアイデアが気に入りました。彼らは、プラットフォームを実際に体験することで、他のオンラインプロパティにプラットフォームを実装する際に利点が得られ、最終的には単一の最先端のソリューションで標準化できると考えました。新しいサイトのパフォーマンス、使いやすさ、メンテナンスは彼らの期待を上回りました。

すぐに使えるレスポンシブデザインリファレンステーマにより、チームは魅力的でモバイルに最適化されたエクスペリエンス、オンラインショップの再設計における重要な要素、及びブランド認知戦略の重要な部分を簡単かつ効率的に提供できました。UIライブラリは、モバイル向けに最適化されたフロントエンドの迅速かつ簡単な開発に必要なスタイルと機能を提供しました。モバイルデバイスでのナビゲーションとページの読み込み時間が改善された結果、モバイルセッションの平均継続時間が大幅に増加しました。

SEAT Germanyは、新しい合理化されたマジェント 2.0チェックアウト機能を使用し、必要に応じて追加機能を簡単に重ねることができました。クロスセルエンジンとアップセルエンジンにより、製品カテゴリと動的な顧客セグメンテーションに基づいてルールを定義できるようになりました。この柔軟性により、チームはパーソナライズされたエクスペリエンスと買い物客へのオファーを可能にすることができました。

Seat website magento product3

拡張されたAPIにより、SEATのブランド商品サプライヤーとの統合が容易になりました。すべての注文は、商品を生産して消費者に直送するベンダーに直接リンクされているため、メンテナンスと在庫のコストを最小限に抑えることができます。すべての製品データはスタンドアロンデータベースを使用してバックエンドで管理されるため、製品の画像、価格、送料などはベンダーから直接提供されます。これにより、プロセス全体が非常に効率的になり、SEAT Germanyと直送ベンダー間の「やり取り」が最小限に抑えられます。

マジェント2.0のその他のアーキテクチャの変更と新しい自動テストフレームワークにより、SEATドイツは、時間の経過とともに維持及びアップグレードが容易な、よりクリーンで高品質のコードを作成できました。これまでのところ、チームは、マジェント 2.0を使用すると、既存のマジェントストアフロントと比較して、定期的な変更と継続的なメンテナンスが約10%減少したことを発見しました。依存関係の注入やサービスコントラクトなどの最新の開発手法の使用へのシフトにより、開発とカスタマイズが大幅に簡略化され、サイトがわずか6週間でコーディングされました。

Haupt氏によれば、「マジェント 2.0は、eコマースWebサイトの非常に俊敏な開発と費用対効果の高いカスタマイズを可能にします。したがって、SEATはサイトを将来のトレンドに適応させ、市場投入までの時間を短縮することができます。」

Link source:

https://magento.com/blog/customer-stories/seat-drives-improved-mobile-experience-and-overall-site-performance-magento-20

 

►►►サービスについて