Magentoのオンラインストアを安全に保つためヒント

Magentoを使ってEコマースストアを始める際に、すべての小売業者が一番気になるのは、Magentoのオンラインストアのセキュリティをどう確保するかということです。Magentoには強力なセキュリティ機能が内蔵されていますが、サイトを強化し、外部からの攻撃やデータ損失から守るためには、やはり他のソリューションが必要です。

というのも、Magentoは25万以上のアクティブなページを持つ最も人気のあるEコマースプラットフォームの1つであるにもかかわらず、独自のセキュリティ問題を抱えているからです。TechRadar社が発表した新しいMagentoのセキュリティ調査によると、MagentoベースのEコマースストアの87%以上がサイバー攻撃にさらされているとのことです。

1. HTTPSの使用

ウェブサイトに SSL 証明書が必要な理由はいくつかあります。Googleのランキングをサポートしたり、ウェブで買い物をする際の顧客のモラルを向上させたりする目的で、Eコマースストアのオーナーにとってはほぼ必須のアイテムとなっています。

SSL(Secure Socket Layer)証明書は、セキュリティの観点から、ウェブサイトでやり取りされるすべてのデータを暗号化するために作成されました。MagentoのeコマースショップにSSLをインストールすると、クレジットカード番号やログイン情報など、ウェブ上でやり取りされるすべての機密データが暗号化されます。これは、個人情報の盗難や偽造などの犯罪に利用される可能性のあるオンライン犯罪者の手にデータが渡らないようにするために非常に重要です。

2. 強力なパスワードの普及

通常、ネット上の侵入者がパスワードを入手した場合、すぐにウェブサイトへの不正アクセスが可能になってしまいます。確かに、小売業者はこのような事態を想定していません。したがって、推測しにくく、覚えやすい強力なパスワードを使用することは、これを防ぐための強力なアイデアのひとつです。

専門家は、パスワードを思い出せない場合は、無料のパスワードマネージャーなどのソフトウェアを使って保存することを勧めています。また、パスワードをシステムに保存しないでください。デバイスが破損していると、一部のコンピュータウイルスが見つけ出して盗み出してしまうからです。最後に、パスワードを定期的に変更するのはとても良いアイデアです。

強力なパスワード

3. 安全なEコマースプラットフォームを選択すること

Magentoは、オープンソースのソフトウェアとして知られています。そのため、仕組みを理解しているハッカーがMagentoを使用しているビジネスオーナーを狙うことが可能になったと考える人もいます。幸いなことに、Magentoの開発者はこの問題に対する解決策をすでに考案しています。彼らは常に自分たちのプログラムをチェックし、リスクプロファイルに気がついたら、すぐに修正し、リスクのない最新バージョンをリリースすることで、これらの犯罪者を排除しているのです。

問題は、サイバー犯罪者がこのようなアップデートを行っていない企業を依然として探していることです。彼らは洗練された電子ソフトウェアを使用して、ターゲットの位置やタグ付けを支援します。

4. 機密データの保存には注意が必要

必要な予防措置を講じていても、ウェブサイトがハッカーから絶対に安全ということはありません。万が一、ウェブサイトの保護が損なわれた場合に備えて、危機管理計画を立てておくことをお勧めします。

バックアップを取っておけば、ウェブサイトを以前のバージョンに戻すのも簡単です。それに、クラウド・バックアップとハードディスク・バックアップの両方を使えるようにスタッフを教育することも必要です。これは、最も必要なときにバックアップを利用できるようにするための、もう一つの可能な方法です。

攻撃を受けた後にウェブサイトを復元することはもちろんですが、バックアップは、機密ファイルの削除や新しくインストールした拡張機能の設定問題など、意図しないミスが発生した場合にも役立つことが多いです。

Protect sensitive data

5. 最後

セキュリティは、Magento のオンラインストアのオーナーにとって常に大きな関心事です。サイバー犯罪者からMagentoのオンラインストアを保護するために、上記の方法のいくつかをタイムリーに導入することを検討する必要があります。

►►►サービスについて