Magento 2のデータ移行の簡素化

Magento 2 への移行には、様々な理由、つまり大きな WHY があるでしょう。しかし、移行に必要な情報が膨大であったり、関連する作業が膨大であったりするために、時には怒りを覚えることもあるでしょう。そのような状況に置かれていましたが、その後、プロセスを簡素化する方法を見つけました。今回は、Magento 2のデータ移行プロセスを簡単にして、Magento 2の強力なプラットフォームのパワーを享受するのに役立つストーリーをご紹介します。

1. お客様の概要 – データ移行Magento 2

Magento 2 の移行の記事でどのくらい難しいのか、データ移行の複雑さを大まかに説明しました。さまざまなシステムからMagentoにデータを移行してきましたが、最初は簡単に思えたプロジェクトが最後の最後で複雑になってしまったという点で、このプロジェクトは最も記憶に残るプロジェクトのひとつです。

1.1.オンラインとオフラインの店舗

まず始めに、このクライアントは、ワイン業界でビジネスを展開する小売業者です。アメリカに2つの実店舗を持ち、Magento 1.9 CEで2つのウェブサイトを運営しています。約15年前からビジネスを展開しており、当初からマイクロソフトのPOSシステムを使用していました。最初のWebサイトは13年前、2つ目のWebサイトは4年前に構築しました。2つのウェブサイトはそれぞれ異なる顧客層を対象としており、2つのウェブサイト間で共有されている商品はごくわずかなので、それぞれに別のMagentoサーバーを構築したほうがよいと考えています。確かにその時は、最終顧客側(訪問者側)から見れば、大きな問題ではないように思えました。しかし、共有商品が増えてくると、重複したデータをアップロードするのに苦労するようになりました。さらに、彼は2つの拠点からオンライン注文を行うことを計画していましたが、2つのMagentoサーバーでは、顧客が在庫状況をリアルタイムに正しく更新できないことを認識することができませんでした。

しかし、少なくともこれらのWebサイトは、いくつかの重要なフィールドでマイクロソフトのシステムに接続されており、店主はデータを一箇所で集中管理することができる。具体的には、顧客、商品、受注などの項目が同期されている。ただし、オフラインで獲得したポイントはMagentoのサイトには反映されないため、オンラインで購入してもロイヤリティプログラムを利用することはできません。

1.2.データ移行Magento 2でお客様が抱えていた問題点

Magento 1のライフサイクルが終了する2019年、サイトをM1からM2にアップグレードしたことを機に、ショップオーナーのジョンさんは、古いシステムを新しいシステムに包括的に変更することを考えました。そこで彼は、自分のビジネスにオムニチャネル戦略を適用するための調査と計画を始めました。

2019年10月頃、当社のPOSオムニチャネルソリューションを確認するためにご来社されました。そして、旧システムを離れて、Magentoとネイティブに統合するMagento POSにすることを決めたそうです。つまり、異なるシステム(2つのMagentoサーバー上の2つのウェブサイトとMicrosoftシステムのデータを含む)のすべてのデータをMagento 2の中央システムに移行する必要がありました。つまり、まずMagento 1から直接Magento 2に商品、顧客、販売注文などの共有データを移行し、2つのMagentoサイトの重複したデータを削除しなければなりませんでした。次に、マイクロソフトとMagento 1.9のサイト間で同期されていないデータ(例:サプライヤー、サプライヤーの価格表など)をMagento POS Omnichannelシステムに移行する必要がありました。なお、M1からM2へのデータ移行は、Magentoがバージョン間で似たようなデータベース構造を持っているため、他のシステム(マイクロソフトのシステムなど)からの移行よりも常に簡単です。

しかし、販売シーズンはあっという間にやってきて、彼はブラックフライデー、そしてホリデーシーズンであるクリスマスに追われていました。彼が私たちに連絡できたのは1月末でしたが、Magentoシステムには問題があり、2019年11月からMagentoシステムへの同期が止まってしまいました。この場合、唯一のアプローチは、Microsoftシステムと2台のMagentoサーバーから直接データを移行することです。そして、以下の質問に答えなければなりません。

2. どのデータを移行する必要があるのか?

お客様のお話をもとに、移行が必要なデータ項目を以下のチェックリストで確認しました。

  • 顧客
  • 注文
  • 商品
  • 商品画像
  • 購買注文
  • サプライヤーリスト
  • 仕入先の価格表・製品表
  • 各倉庫の在庫
  • 報酬ポイント

3. データの記録と同期

データはどのシステムに記録されているのか、各システムにどのように記録されているのか、また、Microsoftと2台のMagentoサーバーの間でどのように同期されているのか、という質問がよりわかりやすいでしょう。

これらの質問に答えるためには、Microsoftからデータをエクスポートして、Magentoのバックエンドを注意深くチェックする必要があります。ジョンは技術者ではないので、古いシステムからのデータのエクスポートには慣れていません。マイクロソフトからデータをエクスポートするためにチームビューアーを使って彼をサポートしましたが、彼はストアオーナーとして、ビジネスオペレーションの面で自分のビジネスをよく理解していました。これは、各システムの各フィールドの意味を明確に理解する上で非常に役立ちました。

具体的には、このプロセスのために、彼の古いシステムを注意深く点検し、社内外に多くの小さな質問を投げかけました。これは、Magento 2のデータ移行を行う際のチェックリストと考えていただければと思います。

・ 2つのウェブサイトの商品IDがMagentoでは異なることがあり、Microsoftからの移行も必要です⇒この商品はどのウェブサイトに属していますか?

・MicrosoftファイルのどのフィールドがMagentoサイトの対応するフィールドにリンクされていますか?

・データを移行する際に、各データ(商品、顧客など)のどのフィールドを削除することができますか?

・ 同じMagentoサーバーに2つのMagentoサイトを立ち上げた場合、2つのサイトの顧客アカウントの共有を有効にしたり無効にしたりするのでしょうか?

・商品と顧客を移行した後、注文の移行を開始しますが、注文/支払い/配送方法はマイクロソフトのどこにありますか?移行の際、どのフィールドを削除したり置き換えたりすれば、費用を抑えられるでしょうか? (例:古い注文のDHL/FedExによる詳細な情報を含む発送方法、追跡番号などは、移行には必要ありませんし、単純にすべて3PL発送と表示することもできます)

4. データのワークロード

・ 各タイプのデータは何行分の移行が必要なのか?

・そのようなデータの移行を手動で行うことができるのか、それともインポートするためのツールを作るべきなのか?

数週間かけてお客様の古いシステムを調査し、すべてを明確にして、移行したいデータや削除したいデータを確認しました。最終的には、すべてのデータが適切に旧システムに移行され、予想以上の時間がかかりましたが、正確さは保証されました。これでジョンは、すべての設定を極めて迅速に行うことができ、システムを一か所で管理できるようになり、オムニチャネル戦略によるビジネスをこれまで以上に強力に展開できるようになりました。

►►►サービスについて