マーケターにとってのSITECORE10のメリット

今日のマーケターの役割は、単に目を引くキャンペーンを展開することだけではありません。ブランドは、マーケティングチームに、さらに一歩進んで、顧客を喜ばせる魅力的なデジタル体験を作り上げることを求めています。しかし、そのような体験を正しく提供するためには、マーケターは適切なツールを必要とします。そのためのツールの一つが、コンテンツマネジメントシステム(CMS)です。

適切なマーテックスタックを構築する上で、CMSはミッションクリティカルな要素であり、Sitecoreのような最新のデジタルエクスペリエンスプラットフォームは、コンテンツを効率的に管理し、オムニチャネルリーチを強化する必要があるマーケターにとって最適なものです。

Sitecoreは、コンテンツ、パーソナライゼーション、コマースを連携させるDXPです。最新バージョンのSitecore 10では、マーケティング担当者は針を正しい方向に動かすのに役立つ多くの機能を利用することができます。ここでは、マーケターにとってのSitecore 10のメリットをご紹介します。

1.調整されたカスタマーエクスペリエンス

マーケターとIT部門は、長い間隔てられていたサイロを取り除き、CX戦略を調整するための支援を必要としています。今日、お客様が求めるエキサイティングなデジタル体験には、マーケティングチームのクリエイティブな努力だけでは不十分です。すべてのチャネルで適切な体験を提供するためには、複数の部門からのインプットとITの助けが必要です。

カスタマーエクスペリエンスの構築に向けて社内で集中力を維持し、効率的に業務を行うことで、ブランドは顧客との約束を守り、常に価値あるインタラクションを実現することができます。

Sitecore 10では、マーケティング担当者とIT担当者が協力して、エクスペリエンスの管理、提供、最適化を行うことができます。これにより、カスタマージャーニー全体で、よりパーソナライズされた流動的なエクスペリエンスを実現することができます。CX戦略にはさまざまな形があります。しかし、強力なDXPプラットフォームを手に入れ、ワークフローを連携させれば、マーケターは顧客にさらなる価値を提供するための大きなメリットを得ることができます。

2.Sitecore AIによるDAMの強化

Sitecoreは、マーケティング担当者がよりパーソナライズされた体験を構築できるよう、Sitecore AIを発表しました。このソリューションは、訪問者の傾向を特定し、顧客セグメンテーションを改善するのに役立ちますが、その効果はそれだけにとどまらず、デジタルアセットマネジメントDAM)の支援にも及びます。

マーケティング担当者は、キャンペーンを作成する際に、画像、GIF、動画など、何千ものさまざまなコンテンツにアクセスする必要があります。そのため、大規模なブランドでは、外部のDAMを活用しています。

そのため、大規模なブランドでは外部のDAMを活用しています。新しいキャンペーンのために画像を探すとなると、大量のデータの中から探さなければなりません。Sitecore AIは、キャンペーン用の画像を簡単に見つけることができ、自動タグ付けを含む動画サポートも提供しています。

また、マーケティング担当者は、顧客に喜ばれない新しいコンテンツをゼロから作るのではなく、既存のコンテンツを再利用する新しい方法を探していることが多いです。

Sitecoreは最新のDXPとして、マーテックスタックのすべてのピースを接続することを可能にします。また、機械学習を利用してコンテンツの選択肢をマーケターに提供し、どのコンテンツが最も適しているかを最終的にマーケターが判断することができるImage Similarityなどの機能も備えています。

3.Sitecore XPによるリアルタイム・パーソナライゼーションとセグメンテーション

Sitecore 10はパーソナライゼーションを実現するツールです。今日の環境では、パーソナライゼーションはブランドと顧客の両方にとって最も重要な要素の一つにランクされています。Accenture社によると、91%の顧客がパーソナライゼーションを提供するブランドで買い物をしたいと考えています。そのため、89%のブランドがパーソナライゼーションに多大な投資を行っています。

しかし、パーソナライゼーションを正しく行うためには、大量のデータと適切なセグメンテーションが必要です。Sitecoreは、分析機能と消費者とのインタラクションから得られる深い洞察力により、オーディエンスのセグメンテーションを強化します。マーケティング担当者は、パーソナライズされたコンテンツの現状を把握し、必要に応じて調整を行うことができます。

Sitecore Experience Databaseを使用すると、マーケターは顧客を360°見渡すことができるため、1つのエリアでのわずかなインタラクションに基づいて意思決定を行うことができます。データはすべてのチャネルから取得されるため、マーケターはデータサイロを回避し、オムニチャネルエクスペリエンスを構築することができます。

さらに、Sitecoreでは、お客様のウェブサイトへの訪問の価値だけでなく、お客様がどのようにコンテンツを閲覧したかを確認することができます。これにより、マーケターはコンテンツの中でお客様が最も注目する部分を強調し、調整することが容易になります。

このようにして、お客様を端から端まで見ることができるだけでなく、収集したデータを使って完全なお客様のプロファイルを作成し、お客様がカスタマージャーニーを通じてブランドと関わる中で、時間をかけてお客様から学ぶことができます。

4.一元化されたコンテンツハブ

複数のチャネル向けにコンテンツを作成することは困難ですが、Sitecoreの集中型コンテンツハブを使用することで、コンテンツ制作の質、スピード、規模を向上させることができます。コンテンツハブは、ブランドのすべてのコンテンツニーズに1つのホームを提供します。これにより、コンテンツの可視性を高め、コンテンツガバナンスを向上させながら、コンテンツ戦略の管理と実行が容易になります。

マーケティング担当者は、コンテンツのギャップを迅速に把握し、コンテンツの公開状況を確認しながら、その要件を満たすコンテンツを制作することができます。タイムライン、KPI、その他の指標を把握することで、マーケターはより良い判断を迅速に下し、コンテンツ全体のパフォーマンスを向上させることができます。

SitecoreのハイブリッドヘッドレスCMS機能は、希望するあらゆるチャネルにコンテンツを配信することを可能にします。オムニチャネル環境では、コンテンツ管理はもはやWebサイトやモバイルデバイスに限らず、キオスクやデジタルサイネージ、IoTやVR、ARなどの新興チャネルにまで及ぶことができます。

コンテンツハブは、WebサイトやEコマースプラットフォームに添付されているかどうか、あるいは印刷資産のテンプレートかどうかにかかわらず、すべてのコンテンツ資産をマーケティング担当者がコントロールできるようにします。

5.Sitecoreマーケティングオートメーションとの関係の育成

Sitecore XPでは、自動化されたコンテンツによるキャンペーンを簡単に実行できます。コミュニケーションと会話は、顧客が探している答えに素早くアクセスできるようにすることで、顧客との関係を改善するのに役立ちます。マーケティングオートメーションによって、ブランドは会話を生み出し、すべてのチャネルで顧客とのやり取りや応答を効率化することができます。

Sitecore 10では、マーケティング担当者は、顧客の行動を分析し、パーソナライズされたターゲットに合った適切な情報を提供するトリガーを実装することで、顧客との緊密な関係を活用することができます。

顧客との関係を構築し、育成することで、何気なく訪れた顧客を熱心な顧客に変えることができます。マーケティングオートメーションにより、ブランドはより生き生きとした顧客プロファイルを作成し、関係の継続性を高め、顧客の生涯価値を高めることができます。

6.Sitecore 10: 総合的なマーケティングプラットフォーム

Sitecoreは、現代のデジタルマーケティングのあらゆる側面を管理するために構築された、使いやすいインターフェイスを持つ包括的なマーケティングプラットフォームです。魅力的なデジタルエクスペリエンスを提供するために、マーケティングチームが現在から未来にかけて必要とするすべての機能を備えています。

Sitecoreを導入したり、最新バージョンにアップグレードしたりすることは、今日のデジタル環境でブランドが競争するための1つの方法です。しかし、Sitecoreを単独で導入することは困難です。

ソース

►►►サービスについて