Sitecoreプロジェクトマネジメントの落とし穴

サイトコアマネージメント

ソース

この5年間、Sitecoreプロジェクトを管理してきましたが、成功も失敗も経験し、Sitecoreプロジェクト管理のスキルを磨くのに役立つ多くの経験をしてきました。このブログでは、Sitecoreのプロジェクトマネージャが避けるべき落とし穴について、私が学んだことや洞察をお伝えします。

1.プロジェクトチームにSitecoreの専門家がいない こと

Sitecoreは巨大なプラットフォームであり、組織内の複数の機能(IT、デザイン、デジタルマーケティングなど)にまたがっています。Sitecoreプロジェクトのスコープには、複数のSitecoreモジュールの設計と実装が含まれており、チーム内の知識や経験が非常に限られていることがよくあります。

そのため、プロジェクトマネージャーは、できるだけ早く適切なSitecoreの専門家を投入する必要があります。例えば、スコープに複雑なモジュール(SXASitecore CommerceContent Hubなど)が含まれている場合には、経験豊富なソリューションアーキテクトを投入して、適切な実装方法についてアドバイスを受ける必要があります。

また、見落とされがちなSitecoreの必須スキルに「デジタル戦略」があります。Sitecoreを導入する主な目的の1つは、より良い顧客体験を提供することです。そのためには、顧客のニーズを把握し、明確なデジタル戦略を策定し、導入後の成果を測定するという特別なスキルが必要です。そのため、その目的を確実にするために、プロジェクトマネージャーはデジタル戦略の観点からプロジェクトを開始し、このスキルがチーム内に存在するようにしなければなりません。

2.適切なステークホルダーをすぐに参加させないこと

適切なビジネスとユーザーのニーズを満たすプラットフォームの導入を成功させるには(特にSitecoreのように複雑なプラットフォームの場合)、プロジェクト開始後すぐに適切なステークホルダーを明確に特定し、参加させる必要があります。しかし残念ながら、コンテンツ制作者などの主要なステークホルダーの参加が遅すぎたために、スコープクリープやエンジニアリングの再作業が発生し、プロジェクトが失敗に終わるケースを多く見てきました。

例えば、Sitecoreのコンテンツ制作者は、ローンチの直前にシステムをテストするために渡され、コンテンツ承認のワークフローが要件収集の段階で見落とされていたために実装されていないことに気付きます。これでは、プロジェクトのスケジュールに遅れが生じてしまいます。コンテンツ制作者が要件収集の段階で参加していれば、簡単に回避できたはずです。

プロジェクトマネージャーは、特にプロジェクトの初期段階において、すべての主要なステークホルダーの関与を求めるべきです。

3.遅すぎるUATの開始

従来のプロジェクトのタイムラインでは、本番稼動前に1回の長いUATフェーズがありますが、これは大規模なSitecoreプロジェクトにとって大きな問題です。その理由は、ビジネスユーザーがテストのフィードバックを提供し、変更を提案するのが遅すぎるため、プロジェクトのタイムラインが遅れてしまうからです。プロジェクトチームは、最も価値のあるフィードバックはUATから得られるものであり、多くのバグや不足している機能はQAエンジニアが見落とすことが多いということを認識すべきです。

この問題を解決するために、UATをより小さなフェーズに分割することを強くお勧めします。(理想的には、1~2回のスプリントごとに)これにより、プロジェクトを遅らせることなく対処できる、より頻繁なフィードバックが可能になります。さらに、UATからのフィードバックを収集する際には、明確な受け入れ基準をUATテスト担当者と共有し、バグ、不足している機能、新しい要件を体系的に記録・追跡するなど、慎重に構造化する必要があります。

不適切なプロジェクト見積もり

多くのSitecoreプロジェクトマネージャは、予算も時間もなく、スコープのごく一部しか完了していないことに気付きます。Sitecoreプロジェクトの見積もりは、プラットフォームの複雑さもあり、簡単な作業ではありません。設計、エンジニアリング、テストの各チームが正確で現実的な実装の見積もりを出すためには、プロジェクトの発見段階で適切なSitecoreの専門家を活用する必要があります。

通常、プロジェクトチームが見落としたり、過小評価したりする分野がいくつかありますが、プロジェクトマネージャーはそれらを見積もりに含めるようにしなければなりません。インフラとソリューションのセットアップ、コードのリファクタリング、バグ修正、プロジェクトを管理します。

4.コンテンツ戦略の定義を遅らせること

Sitecoreには多くの機能が搭載されていますが、基本的にはコンテンツ管理システムであり、Sitecore導入プロジェクトでは、組織のコンテンツ戦略の定義(および改善)が不可欠となります。

一言で言えば、コンテンツ戦略とは、ビジネスゴール、ターゲットオーディエンス、成功指標、コンテンツパブリッシングを特定することです。これらの側面はそれぞれ、Sitecoreの開発作業に直接影響を与えます。したがって、Sitecoreプロジェクトの初期段階でコンテンツ戦略が明確に定義されていなければ、タイムラインの遅延や再作業が予想されます。

Sitecoreのプロジェクトマネージャーは、プロジェクトの成功を保証するために、主要なステークホルダーとコンテンツ戦略を設定することの重要性を強調する必要があります。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて