Sitecore XPとSitecore XMの比較

sitecore xp platform

Sitecoreは主に4つの製品を提供しています。それはSitecore Experience Manager(Sitecore XM)、Sitecore Experience PlatformSitecore XP)、Sitecore Experience Commerce(Sitecore XC)、Sitecore Content Hubです。

今回は、Sitecore Experience Manager (XM)とSitecore Experience Platform (XP)の違いについてご紹介します。

1.Sitecoreエクスペリエンスマネージャー

Sitecore Experience Managerは、Sitecoreが提供するCMSのみの製品です。複数のWebサイトや多言語コンテンツを同じCMSで管理することができ、サードパーティのアプリケーションやシステム、データとの統合も可能です。また、複数のデバイスやチャネルにコンテンツを配信することも可能です。

また、Sitecore XMにはWYSIWYGエディタ(エクスペリエンスエディタ)が搭載されており、コンテンツ作成者はページ、コンポーネント、アイテムを訪問者に表示されるように編集することができます。

2.Sitecoreエクスペリエンス・プラットフォーム

Sitecore Experience Platformは、Sitecore Experience Managerに搭載されているCMSに加えて、マーケターが憧れるパーソナライズ機能やマーケティングオートメーション機能を備えています。

Sitecore Experience Platformでは、デバイスやチャネルを問わず、パーソナライズされたコンテンツを配信することができ、各カスタマージャーニーを360度把握することができます。

また、マーケティングオートメーション機能により、個別のマーケティングオートメーションプラットフォームが不要になり、複数のソースやタッチポイントのデータを使って見込み客を育成することができます。

それでは、XMとXPのそれぞれの機能を詳しく見ていきましょう。

3.Sitecore Experience Managerの機能

  • Experience Editor(エクスペリエンスエディター)
  • フォーム
  • Sitecore Publishingサービス
  • Sitecore Experience Accelerator (SXA)
  • Xamarin用のサイトコアモバイルSDK
  • Data Exchange Framework
  • 検索
  • Active Directory
  • Sitecore JavaScriptサービス
  • メディアライブラリ
  • サイトコアアイデンティティ
  • Device Detection (in-session)
  • Sitecore.Services.Client
  • Sharepoint Connect

3.1.Experience Editor

SitecoreのExperience EditorはWYSIWYGエディタで、画像、テキスト、ボタン、リンクなど、ページ上のアイテムやコンポーネントを見たままの状態で編集することができます。

サイトコアエクスペリエンスエディター

画像ソース: Sitecore

3.2.フォーム

Sitecore formsは、訪問者のデータを収集する新しいフォームを簡単に作成することができるアプリケーションです。Sitecoreフォームアプリケーションでは、テンプレートの作成、フォームの検証ルールの適用、フォームのパフォーマンスに関するレポートの実行、フォームデータのエクスポート、スタイリングによるフォームのカスタマイズを行うことができます。

3.3.Sitecore Publishing Service(サイトコア パブリッシング サービス)

Sitecore Publishing Serviceは、オリジナルのSitecore Publishingに代わるパブリッシングモジュールです。大容量のコンテンツをより速く公開することができ、パブリッシングのスループットを向上させ、より良いユーザーエクスペリエンスを提供します。

3.4.Sitecore Experience Accelerator (SXA)

SXAは、技術者ではないコンテンツ作成者やデザイナー向けのインターフェースで、開発者がコンポーネントやデータテンプレートを作成するのと同時に、サイトの作成を行うことができるため、サイトをより早く展開することができます。

3.5.Xamarin用のサイトコアモバイルSDK

Sitecore Mobile SDK for Xamarinは、Sitecoreで管理されたコンテンツをモバイルアプリで提供することができる開発者向けのフレームワークです。

3.6.Data Exchange Framework

Data Exchange Frameworkは、サードパーティのデータをSitecoreに統合するためのツールです。Sitecoreの開発者は、データをSitecoreアイテムとしてSitecoreインスタンスにインポートすることができます。

3.7.検索

Sitecoreの検索オプションには、ビジネスのニーズや実装するアーキテクチャに応じて、Solr、Lucene、Azureがあります。

3.8.アクティブディレクトリ

Sitecoreでは、Active DirectoryドメインのユーザーやグループをSitecoreのユーザーやロールとして統合することができます。

3.9. Sitecore JavaScriptサービス

Sitecore JavaScript Servicesは、Sitecoreを使用してReact、Angular、VueなどのフレームワークからヘッドレスでJSアプリケーションを提供します。これにより、IoT接続されたデバイスやモバイルアプリなど、あらゆる場所でオーディエンスにリーチできるようになるため、マーケターにとっては素晴らしいことです。

3.10.メディアライブラリ

Sitecore Media Libraryでは、すべてのメディア資産を一箇所で管理・保存することができます。Webページに埋め込んだり、ダウンロードできるようにしたい画像、動画、ドキュメント、オーディオファイルなどが含まれます。

3.11.Sitecore Identity

Sitecore Identityは、Sitecoreアプリケーション間でのシングルサインオンを可能にするSitecoreのログインメカニズムです。

3.12.Device Detection (in-session)

Sitecore Device Detectionは、訪問者のデバイスとそのプロパティ(IPアドレスを含む)を識別します。Sitecore XMでは、ライブセッションでのみ行われます。

3.13.Sitecore.Services.Client

Sitecore.Services.Clientは、Sitecoreアプリケーションのサーバー側とクライアント側にサービスレイヤーを提供することで、アプリケーションのクライアント-サーバー間の通信を可能にします。

3.14.SharePoint Connect

SharePoint Connectは、SharePointの資産とSitecoreのコンテンツ配信エンジンを統合することができます。フレームワークを使用してすぐに統合することもできますし、ニーズに応じてソリューションをカスタマイズすることもできます。

4.  Sitecore Experience Platformの機能

Sitecore Experience Platformには、Sitecore Experience Managerが提供するすべての機能に加え、以下の機能が追加されています。

4.1.Sitecore AI

自動で1対1のパーソナライゼーションを大規模に行うことができるアドオンです。Sitecore AIは、訪問者のパターンを自動的に識別し、訪問者をセグメント化し、訪問者がカスタマージャーニーのどの段階にいるかに応じて、ページ上の要素をパーソナライズします。

4.2.Sitecore Cortex™

Sitecore Cortexは、Sitecoreの機械学習アーキテクチャで、お客様のサイトにおける訪問者の行動をより深く理解することができます。また、Sitecore Cortexは、収集したデータに基づいて、お客様が適用すべきパーソナライゼーション戦術を提案します。

4.3.Enhanced editing experience(充実した編集環境)

分析結果は、Sitecoreのユーザーフレンドリーな編集環境で提供され、リアルタイムに文脈に沿った洞察を得ることができます。

4.4.Sitecore Experience Database™(サイトコアエクスペリエンスデータベース)

サイトや他のチャネルでの訪問者のアクティビティやインタラクションをすべて保存するデータリポジトリで、すべての顧客のライフタイムを通して360度の視点で把握することができます。

4.5.マーケティングオートメーション

定義されたルールに基づいて、自動化されたマーケティングキャンペーンやアクションを作成し、見込み客を育成することができます。

4.6.Sitecore Experience Profile™(サイトコア エクスペリエンス プロファイル)

エクスペリエンスプロファイルは、名前を提供していない場合でも、連絡先やWebサイトの訪問者がどのようにWebサイトやビジネスに関わっているかを追跡できるデータベースです。

4.7.最適化

エクスペリエンス最適化では、コンテンツの複数のバリエーションをテストして、どのコンポーネント、ページ、要素が最も効果的かを調べることができます。

4.8.パスアナライザ

Path Analyzerでは、サイト上のユーザージャーニーパスを追跡することができ、ユーザがWebサイト、デジタルアセット、キャンペーンをナビゲートする際にどのような経路をたどるのかを確認することができます。

4.9.キャンペーンクリエイター

キャンペーンクリエイターは、マルチチャネルのキャンペーンを1つのアプリケーションで簡単に作成、管理、モニターできるツールです。

4.10.エクスペリエンス・アナリティクス

エクスペリエンス・アナリティクスは、豊富なレポートとダッシュボードを提供し、Webサイトやデータソースのパターンやトレンドを監視・分析することができます。

4.11.Sitecore xConnect™(サイトコア エックスコネクト)

Sitecore xConnectは、データベースとクライアントの間にあるデータ層で、サードパーティのシステムからデータを保存して、見込み客や顧客を360度完全に把握することができます。

4.12.Sitecoreユニバーサルトラッカー

SitecoreのUniversal Trackerを使用すると、あらゆるデバイスのオンとオフの両方で複数のソースからデータを収集することができます。

4.13.リストマネージャー

リストマネージャーでは、マーケティングオートメーションやメールブラストキャンペーンで使用できる静的または動的なセグメント化されたリストやコンタクトリストを作成できます。

4.14.デバイス検出

Sitecore Device Detectionは、訪問者のデバイスとそのプロパティ(IPアドレスを含む)を識別し、この情報をSitecore xDBに追加してレポートに利用できます。

4.15.Salesforceコネクタ

SitecoreのSalesforceコネクタを使用すると、SitecoreとSalesforce CRMを統合することができ、2つのシステム間でデータをやり取りして、顧客体験の向上に役立てることができます。

4.16.Microsoft Dynamics CRMインテグレーション

SitecoreのMicrosoft Dynamicsコネクタを使用すると、SitecoreとDynamics CRMの間でデータを交換することができます。

ソース

►►►サービスについて