Cloud budget optimize
02 April 2021 / Published in Ecommerce
フォーブス社の調査によると、2020年までに企業のワークロードの83%がクラウドになると言われています。このように膨大な量の情報やデータ(以上)がクラウド上に保存されることで、企業のクラウド予算の膨らみは予想以上にかなりのものになっています。そのため、クラウド・コンピューティングのコスト最適化は、デジタル・トランスフォーメーションを加速するあらゆる企業にとって、今や最も重要な目標となっています。 しかし、クラウドコンピューティングは非常に新しい知識の宝庫であるため、実際に十分な経験を積んでいる企業はほとんどありません。このため、企業はクラウドコンピューティングの機能と予算を最適化してビジネスの効率を高めようとする努力を怠っています。 この記事では、企業のクラウド利用を完全にコントロールし、その予算を最適化するための最も効果的な方法をご紹介します。早速、その秘密を探ってみましょう。 1. リソースの管理 クラウドの利用を最適化するには、使いすぎのクラウド・スペースを減らし、余裕のないクラウド・スペースを満たして、効率的に作業を行うことが重要です。そのためには、根本的な原因を突き止め、リソースが適切に配分されていない箇所を特定することが重要です。コントロールできるのは、測定できるものだけです。 この問題は、IT部門がすべてのクラウド利用活動を監督するためのクラウド管理プロセスが設定されていない場合、予想以上に頻繁に起こります。多くの組織では、各部門が利用したいクラウドの部屋を登録しておけば、それ以上の検査は必要ありません。あるいは、各チームにクレジットカードを提供して、自分たちの作業用施設を扱えるようにしているところもあります。これでは、どの従業員がクラウドを使いすぎているのかを正確に見積もることができず、クラウド利用が無駄になってしまいます。 このような問題に対する一つの解決策は、ほとんどのクラウド・プロバイダーが提供する独自のキャパシティ・モニタリング・ソフトウェアを使って、クラウド・リソースを定期的に追跡することです。しかし、この方法は時間がかかり、ほぼ常時監視する必要があるため、ほとんどのプロフェッショナルなIT部門はこのようなソリューションを好まない。そのような場合は、経験豊富なクラウド・マネージメント・プロバイダーにクラウド・マネージメント・サービスを委託し、部門のワークロードとプロバイダーが他の類似したビジネスを最適化した経験に基づいて、部門に適したクラウドの使用方法をアドバイスしてもらうことを選ぶでしょう。 2. クラウド使用量の予測 クラウドの予算を使いすぎている場所を特定したら、次はそのような問題が再び起こらないようにする必要があります。そのためには、クラウド利用の軌跡をリアルタイムで監視し、予算に応じた利用限度額を設定する必要があります。このデータを管理することで、一定期間のクラウド使用量が計画した予算に達したかどうかを簡単に把握することができます。 また、AWS CloudWatchのようなキャパシティ・トラッキング・ツールを使えば、ビジネスの予測を社内で行うことができます。AWS CloudWatchは、AWS EC2インスタンスや、Amazon EBSボリューム、Amazon RDS DBインスタンスなどのAWSリソース上で動作するクラウドリソースやアプリケーションを監視することができます。また、アラームの設定、ログファイルの保存、グラフや統計の表示、AWSリソースの監視や反応などにも利用できます。このツールは、システムの全体的なパフォーマンスと健康状態を把握することができます。この情報を利用して、アプリケーションの運用を最適化することができます。 しかし、このツールは自動化されておらず、監視のために多くの手動作業を必要とするため、このツールだけに頼っていても素晴らしい結果は得られません。このような場合は、サードパーティのクラウド管理会社を利用するのが一般的です。これらの業者は、予算追跡サービスを提供しており、過去の支出履歴に基づいて、今後1〜6ヶ月間の支出の軌跡を予測し、自動通知を行うことができるはずです。そのため、予定していた予算よりも支出が少ない場合には、クラウドの使用量を調整することができます。 クラウド請求書の定期的な監査 自分の資金力に見合った予算を決め、クラウドの利用状況を予測したら、次はクラウドの請求書を詳しく調べてみましょう。クラウドサービスプロバイダーは通常、複数の指標に基づいた複雑な価格モデルを持ち、頻繁に価格を更新しています。つまり、昨日まで最適だった料金プランが、今日はそれほど経済的ではないかもしれないということです。 また、定期的に請求書を分析することは、必要のないインスタンスや、使用中で請求可能であることに気づかなかったインスタンスに対して支払っている可能性を特定するためにも重要です。しかし、これはフルタイムの仕事であり、クラウドの料金体系を熟知している必要がありますし、さらに重要なのは、どこを見ればよいかを知っていることです。しかし、社内のITチームの多くは、多くの責任を負っている中で、定期的な請求書の監査に多大な時間を割くことは困難です。 この時点で、あなたの企業は、クラウドの請求書を分析する負担を取り除き、支出を最適化する方法を計画することができる専門家を必要とするでしょう。社内で作業するチームを雇うこともできるし、外部に依頼することもできる。これらの専門家は、どの部門がどのクラウド・サービスをどのくらいの割合で消費しているかを詳細に把握し、クラウド支出の効率性を保持するための最も正確な方法を提供することができる。また、クラウド管理プロバイダーは、独自のビルトインシステムでこのプロセスを自動化することもできます。これにより、手動でのリソース配分や予算超過を心配することなく、ビジネス全体を運営することができます。 3. クラウド予算を最適化するために、適切な種類のチームを選ぶ 最適化されたクラウド管理システムを運用するために、どのようなアクションを起こすべきかがわかったと思います。社内でできることもあれば、外注したほうがいいこともあります。では、社内にチームを作るべきか、それとも第三者に仕事を依頼するべきか。自分のビジネスから何が得られるのかを理解することが、どの種類のチームを選ぶのがベストなのかを決める鍵となる。 4. 社内にチームを作る 長所 コミュニケーション。社内にチームを作るということは、質の高い仕事をするための長い共同作業を意味します。1つのプロジェクトで長く一緒に働けば働くほど、お客様のシステムや予算に関する知識が増えていきます。 シンプルであること。シンプルなIT構造を持つ小規模な企業では、サードパーティが提供する予算管理サービスの範囲を必要としない場合があります。このような企業にとっては、インハウスのソリューションは、より安価で実用的なものとなります。 短所 予算が膨らむ可能性がある:自社チームを構築するには、社内のスタッフ、物理的なリソース、スペースが必要です。生産性の高いクラウドチームを維持するには、予想以上の予算が必要になるかもしれません。 5. 独立したクラウド管理業者を雇う 長所 経験。これらの機関は、最新のテクノロジーに精通しており、クラウド予算に関する様々な複雑な問題を経験しています。ゼロから構築する予定の社内チームよりもはるかに経験豊富で、長期的に見て最も適したアプローチを提供してくれると言ってもいいでしょう。 コストが少ない。サードパーティ・プロバイダーを採用することで、ソフトウェアの使用料、スペースの賃貸料、スタッフの人件費など、様々なリソースを必要とするチームを維持するためのコストを大幅に削減することができる。 スケーラビリティ。クラウド管理は、企業の成長とともにますます複雑になっていきます。ほとんどの企業は、あらゆる状況を事前に計画しているでしょう。しかし、言うは易く行うは難しです。新製品やスマートなソフトウェアを短期間で置き換えることは非常に難しく、時には非現実的です。一方、クラウドサービスをアウトソースした場合、リソースはすでに存在し、企業の新しいニーズに合わせて簡単に調整することができます。 短所 信頼性。自分のビジネスを他社に任せるのは難しいことです。だからこそ、誤解を避けるために、すべてのプロトコルや規制について事前に話し合う必要があります。 結局のところ、これらのステップは、クラウド予算の最適化とクラウド管理のほんの始まりに過ぎません。本当の意味でクラウドコンピューティングでビジネスを展開するためのプロセスは、かなり複雑で、長い目で見れば継続的なものです。しかし、私たちが提供したソリューションは、少ないリソースと時間で望ましい結果をもたらすことができるでしょう。 クラウドの予算を最適化し、利用可能なオプションを活用するためのソリューションについて詳しく知りたい方は、今すぐ当社の専門家に連絡し、問題を共有してください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace