02 June 2021 / Published in TechBlogs
このガイドでは、Magento の注文を CSV ファイルにエクスポートする方法を、Magento のバックエンドを使用した最も簡単な方法から、スクリプトを使用したより高度な方法まで、順を追って説明します。いずれにしても、最終的には注文グリッドからのすべてのデータを含むCSVファイルを得ることができます。 1. Magentoバックエンドからの注文のエクスポート Magentoのバックエンドでは、Sales > Ordersに進みます。 続いて表示されるOrdersパネルには、デフォルトで以下の列が表示されています: ID 購入ポイント 購入日 請求先名 出荷先名 合計金額(基本 合計金額(購入金額) ステータス アクション 割り当てられたソース Braintree トランザクションソース ここでは、エクスポートのドロップダウンをクリックし、CSVにチェックを入れることで、注文データをエクスポートすることができます。 「エクスポート」をクリックすると、生成されたCSVにはこのデフォルトビューのデータが含まれています。 2. カスタムデータを使ったプログラムによるオーダーのエクスポート また、プログラムでOrdersグリッドに新しい列を追加し、Observerを実行してOrders CSVをエクスポートすることもできます。 vendor/magento/module-sales/view/adminhtml/ui_component/sales_order_grid.xmlに新しいカラムを作成します。 以下のアップグレードスキーマを実行して、sales_order_gridテーブルに変更を加えます。 注文の送信が成功したときにObserverを実行する 例えば、events.xmlで そして、オブザーバーでは: 「エクスポート」をクリックします。 3. 拡張機能を使った注文のエクスポート Magento のデフォルトの注文エクスポートオプションはまだかなり制限されているので、エクステンションを使って仕事をしてもらうのが良い方法です。マーケットプレイスには様々なオーダーエクスポートエクステンションがあります (無料と有料の両方)。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
magento 2 system requires
28 April 2021 / Published in TechBlogs
Magento 2がリリースされ、より親しみやすいインターフェイス、より優れたパフォーマンス、より高いセキュリティを備えているため、オンラインストアのオーナーはストアのベースメントシステムをMagento 2に変更しようとしています。 問題は、Magento 2のメリットをすべて享受するにはどうすればよいかということです。この記事では、Magento 2のシステム要件をすべてお伝えしますので、あなたのストアに最も効果的なMagentoシステムを導入してください。もしあなたのMagentoストアがまだ期待通りに動かない場合は、追加のエクステンションをインストールすることを躊躇しないでください。 Magento 2 システム要件 Webサービスの要件 Apache 2.2または2.4 Nginx 1.x データベースエンジンの要件 MySQL 5.6, 5.7 MariaDB 5.6, 5.7 PHP 動作環境 >= 7.1.3 >= 7.2.0 PHP拡張機能の要件 bcmath ctype curl dom gd hash iconv intl mbstring openssl pdo_mysql simplexml soap spl xsl zip libxml (lib) キャッシュシステムの要件 PHP OPcache(推奨) Redis バニッシュ mem-cached メールサービス 要件 メール転送エージェント(MTA) SMTPサーバー SSLの要件 HTTPSには、有効なセキュリティ証明書が必要です。 自己署名入りのSSL証明書はサポートされていません。 トランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)の要件 Magento 2 Enterprise の要件 PHP 拡張モジュール: bc-math Apache Solr 4.x RabbitMQ 3.5 3つのマスターデータベース Magento 2 システム機能詳細 ウェブサービス Magento 2は以下のリバースプロキシサーバーをサポートしています。お使いのサーバーがこの前提条件に合致しているか、または最新のメインラインバージョンにアップグレードされているかをご確認ください。 Apache 2.2または2.4 Nginx 1.8 データベースエンジン MySQLはウェブアプリケーション用のオープンソースのデータベースとして人気があります。Magento 2 も例外ではなく、データベース構造に MySQL 5.6 を必要とします。さらに、MySQL 5.6のAPIをサポートしているため、MariaDBやPerconaもMagento 2に対応しています。 PHP PHP 7 については、Magento 2 のコードコンパイラに影響する PHP 7.0.5 の問題があることが知られています。この問題を避けるために、PHP 7.0.5 は使用しないほうがよいでしょう。 5.6.x 5.5.x、xは22以上 7.0.5を除く、7.0.2から7.1.0まで。 PHP拡張機能の要件 拡張機能を組み込む前に、以下のPHP拡張機能の要件を確認しておくと、より効率的な運用が可能になります。 curl gd、ImageMagick
magento_ubuntu
28 April 2021 / Published in TechBlogs
MagentoのリポジトリやGithubから、Apache/NginX、MySQL/MariaDB、PHP7.xを使って、Magento 2の最新版をUbuntu/Debianにインストールする方法を探している方には、このガイドが最適でしょう。この記事では、最新のUbuntuにApache2とMariaDBを使ってMagento 2.3をインストールする方法を紹介します。 Magento 2の要件 ここでは、Magento 2の8つの主な要件を確認してください。 ステップ1: Apache2 PHPと必要な拡張機能のインストール Step 1.1 Apache2サーバのインストール Apache HTTP Serverは、Apacheと呼ばれ、フリーでオープンソースのクロスプラットフォームのWebサーバーソフトウェアです。Apacheは、現在最も普及しているHTTPサーバーです。Linux、Windows、OpenVMS、NetWareなどのOSで動作します。 Apacheをインストールするには、install Apache installコマンドを実行する前に、パッケージをアップデートする必要があります。 起動時に自動的にapacheを実行するには、以下のコマンドラインを実行します: Step 1.2 Apache2バーチャルホストの設定 Magento 2ストア用のApache2サイトの設定を解除するには、新しい設定ファイルmagento2.confを作成する必要があります。 以下の内容をコピーして、上記ファイルに貼り付けてください。domain.comをあなたのドメインに変更することを忘れないでください。 Magento をローカルにインストールしている場合は、domain.com を localhost.com、dev.com または m2.com に変更することができます。そして、/etc/hosts の hosts ファイルを次のように更新してください。 重要 このチュートリアルでは、localhost.comを使用しています。 リライト機能を有効にする リライトMODを有効にして、サイトフレンドリーなURLを使用するようにしてください。 ステップ1.3: PHP 7.2と拡張機能のインストール Ubuntu 18.04では、以下のコマンドラインで簡単にPHP 7.2をインストールすることができます。 ステップ1.4: php.iniファイルの更新 ここで、php.iniファイルの値を増やしてみましょう。php.iniファイルを開きます。 以下のデータを変更します: このphp.iniファイルを保存します。 その後、apache2を再起動してください。以下のコマンドを実行してください。 ステップ2:データベースサーバのインストール Magentoでは、デフォルトのMySQLデータベースサーバーよりも、より高速で優れたパフォーマンスを発揮するMariaDBデータベースサーバーを採用しています。MariaDBサーバとクライアントをインストールするには、以下のコマンドラインを実行します。 サーバーを再起動するたびに、起動していることを確認してください。 MariaDBサーバーをインストールしたところで、今度はこのデータベースサーバーの初期設定をしなければなりません。 プロンプトが表示され、次のオプションを選択します: ステップ3: MySQLユーザーの作成(必須) Magento 2.3.x からは、Magento のインストールには固有のユーザーが必要となり、デフォルトのユーザーである root は使えません。 まず、MariaDBにログインする必要があります: Magento 2のデータベースを新規に作成します。 次に、新しいユーザー名「Smartosc」を作成します。 magento2のデータベースにsmartoscのユーザーを付与します。 OK、権限をフラッシュして終了する時間です。 ステップ5: Composerのインストール Composerをダウンロードしてインストールするか、コマンドラインを使ってインストールすることができます。 Composerがインストールされているかどうかを確認します。 オーパーツ Step 6: Magento 2 Packのダウンロード 以下のいずれかのリソースからダウンロードできます。 https://magento.com/tech-resources/download https://github.com/magento/magento2/releases https://www.mageplaza.com/download-magento/ 読み込み後、パックを /var/www/html/ に解凍してください。例: /var/www/html/ に magento2 というフォルダがある場合。 パーミッションを設定します:このコマンドを実行する ステップ7:Magento 2のインストール このアドレス http://localhost.com/magento2 にアクセスすると、このMagento Setup Wizardが以下のように表示されます。 Step 7.1: インストールの開始 [Start Readiness Check]をクリックします。エラーが表示された場合は、続行する前にエラーを解決する必要があります。利用可能な場合は[詳細]をクリックすると、各チェックの詳細情報が表示されます。 次をクリック Step 7.2 データベースの追加
27 April 2021 / Published in TechBlogs
Magento 2 Extensionsをインストールした後、Magento 2 404 Error Page Not Foundというエラーが出ることがあります。心配ありません、それは現在のセッションのパーミッションが原因です。このガイドに沿って、404 Error Page Not Foundを解決する方法を順を追ってご紹介します。 管理画面でMagento 2の404エラーページが見つからない4つの問題点 問題1:インストール/アップグレード後 このエラーが出る場合があります: 新しいエクステンションをインストールした後 エクステンションをアップグレードした後 Magento コアまたはエクステンションのパッチ適用後 解決: コマンドラインでMagentoのキャッシュをフラッシュします。 Adminでキャッシュをフラッシュする。管理>システム>キャッシュ管理 ログアウトしてから再度ログインしてください。 事例:404エラー 拡張機能の管理ルート更新でページが見つからないエラー SUPEEのインストール – 6788拡張機能の提供元に問い合わせてみてください。 問題2:Ubuntu/Centos/Debianへのフレッシュインストール 説明 インストール後、このエラーが表示されます: 理由: それは、あなたのサーバーがリライトモードを有効にしていないからです。 解決 リライトモードの有効化 apacheの設定 Ubuntu / Debianでは、/etc/apache2/apache2.confファイルを編集します。このファイルを編集するには、次のコマンドを実行します。 変更から になる: その後、apacheを再起動します。 また 問題3:ページ 403 Forbidden エラー Magentoストアへのアクセス時に403 Forbiddenエラーが発生する場合は、Apacheの設定を更新して、訪問者がサイトにアクセスできるようにする必要があります。 解決: apache2.confファイルを開く Ubuntuでは、/etc/apache2/apache2.confファイルを使用します。このファイルを編集するには、次のコマンドを実行します。 こんな感じで更新します: 問題点4:ページが汚い、スタイルがない 以下の2つのケースが考えられます: サーバーがリライトモードを有効にしていない場合、ステップ2を戻してくだいさい。 静的コンテンツの導入:以下の方法をお試しください。 解決方法 静的コンテンツがpub/フォルダに生成されていないことが原因です。以下のコマンドを実行して、静的コンテンツを配置してみてください。以下のコマンドを実行してみてください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
create-admin-menu-magento-2
27 April 2021 / Published in TechBlogs
この記事では、Magento 2のAdmin Menuページの左サイトに表示されている、Magento 2 Admin Menuにリンクを追加する方法を紹介します。 まず、管理メニューの構造と、それぞれのメニューでのアクションを確認します。メニューの構造はレベルごとに分かれています。左のバーにはレベル0が表示されていて、レベル0のメニューをクリックすると上位のレベルがグループ化されて表示されます。例えば、この画像は「店舗」のメニューです。店舗」はレベル0で、左のバーに表示されているのがわかります。このメニューをクリックすると、以下のようなサブメニューが表示されます。また、そのサブメニューにもいくつかのサブメニューがあります(設定には全店舗、設定、利用規約、注文状況があります)。 フロントエンドでは、{router_name}{controller_folder}{action_name}というフォーマットになります。しかし、管理者メニューでは、管理者のルータ名(これはカスタマイズできます)が表示され、Magentoにバックエンドエリアであることを認識させます。 では、このメニューはどのようにして作られるのでしょうか?前のトピックで作成したシンプルなモジュール「Hello World」を使ってメニューを作成します。 Magento 2では、menu.xmlを使ってメニューを追加します。早速作ってみましょう。 Magento 2で管理者メニューを作成するには ステップ1:menu.xmlの作成 管理者用メニューファイルの作成:menu.xmlファイル といった内容で: ステップ2: 管理メニューの追加 この例では、”Hello World “というレベル0のメニューと、”Manage Posts “と “Configuration “という2つのサブメニューを作成します。menu.xmlファイルには、Magentoのバックエンドにメニューアイテムを追加する’add’ノートのコレクションが定義されています。その構造を見てみましょう。 属性について説明しましょう。 id属性は、このノートの識別子です。一意の文字列で、以下のような形式になります。Vendor_ModuleName}::{menu_description}. title 属性は、メニューバーに表示されるテキストです。 module属性は、このメニューが属するモジュールを定義します。 sortOrder属性は、メニューの位置を定義します。値が小さいほどメニューの上に表示されます。 parent 属性は、他のメニューノードの ID です。この属性は、このメニューが他のメニューの子であることをMagentoに伝えます。この例では parent=”Mageplaza_HelloWorld::helloworld” となっているので、このメニュー “Manage Posts” は “Hello World” メニューの子であり、Hello World メニューの中に表示されることがわかります。 action属性は、このメニューがリンクするページのURLを定義します。前述の通り、URLは{ルーター名}{controller_folder}{アクション名}という形式で指定します。- この例では、このメニューはモジュールHelloWorld、コントローラPost、アクションIndexにリンクします。 resource 属性は、admin ユーザーがこのメニューを見たりアクセスしたりするために必要な ACL ルールを定義するために使用されます。ACL についての詳細は別のトピックで説明します。 さらに子メニューを作ることもでき、上のストアメニューのように表示されます。 今回は、トップメニューレベルのアイコンについてお話したいと思います。レベル0のメニュータイトルの上に表示されています。このアイコンはMagentoの’Admin Icons’フォントで生成されています。 ステップ3:Magentoのキャッシュをフラッシュ 以下のコマンドラインを実行します さて、Magento 2 Adminに行って、結果を見てみましょう。 「404 Not Found」のメッセージが表示されることがありますが、トラブルシューティングはこちらのチュートリアルに従ってください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
A-Guide-To-Magento-Command-Line-Interface
27 April 2021 / Published in TechBlogs
このチュートリアルでは、Magento 2 のコマンドラインインターフェース (CLI) について説明します。 ご存知のように、Magento 2 では bin/magento に多くのコマンドが追加されました。これを理解するのは難しいかもしれませんが、このチュートリアルで詳しく説明しましょう。 ターミナルでコマンドを実行すると また Magento 2で利用可能なコマンドラインのリストが表示され、このリストにはカスタムコマンドラインも含まれます。 コマンドラインカテゴリー 以下のように分けられます: キャッシュ インデクサー クロンジョブ コードコンパイラ Magentoモードの設定 国際化のための翻訳 ユニットテストの実行 メンテナンス モジュール管理 セットアップ インストール、アップグレード、アンインストール、バックアップ、ロールバック テーマ デプロイメント キャッシュのコマンドライン キャッシュタイプの状態を確認する方法 結果 キャッシュタイプの削除方法 結果 キャッシュタイプの洗い出し方法 キャッシュタイプの有効・無効の確認方法 アドバンストコマンドを使用します。 例:フルページキャッシュの無効化 インデクサーのコマンドライン 以下のコマンドでインデクサーの状態を確認します: 結果を出します: データの再インデックス化の方法 インデクサーのステータスを無効に戻す方法 インデックスモードの表示方法 結果 インデックスモードタイプの設定方法 例: デプロイメントコマンドライン コマンドの構文 スタティックコンテンツのデプロイを実行する方法 以下のように表示されます: デフォルトでは、デフォルトの言語であるen_ENのスタティックコンテンツのデプロイを行います。 pt_BRなど、他の言語のスタティック・コンテンツを配置したい場合は 実行 そして、結果を得る: コマンドラインで管理者のパスを取得する方法 ご存知ですか?etc/env.phpファイルにアクセスしなくても、管理者のパスを取得できます。 実行 結果 これでパスは/adminとなり、ブラウザでdomain.com/adminに移動してMagento 2のバックエンドにアクセスします。 コマンドラインでメンテナンスモードを有効にする方法 メンテナンスモードの有効化 結果 メンテナンスモードの無効化 IPによるストアへのアクセスを許可する メンテナンスモード対象外IPの設定 例: Magentoの開発者モードや製品モードを設定する方法 現在のMagento 2モードを表示 結果 現在、デフォルトモードになっていますが、開発者モードに切り替えましょう。 結果 おめでとうございます。これであなたのストアは開発者モードで動作しています。コーディングを楽しんでください ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace