02 August 2021 / Published in Ecommerce
小売業において在庫管理は常に重要な役割を担っています。従来、小売業のオーナーは、商品を保管・保存するための倉庫やその他の設備の建設に多額の費用をかけていました。しかし最近では、小売店の在庫管理能力を向上させるために、様々な在庫管理方法が開発されています。ドロップシッピングは、そのような新しい在庫管理手法のひとつです。しかし、この方法が小売店をどのようにサポートするのか、すべての企業が完全に理解しているわけではありません。今日の記事では、このトピックについてさらに検討してみましょう。 1. ドロップシッピングの考え方 ドロップシッピングは、小売店の在庫管理の負担を軽減するための新しい注文方法です。具体的には、小売店が新たな注文を受けると、すべての注文情報がサプライヤーに直接送信されます。その後、サプライヤーが注文に対応し、サプライヤーの倉庫から商品を出荷します。 このように、小売店は設備投資を削減できる代わりに、注文ごとに必要な在庫を第三者から購入することになります。 2.ドロップシッピングのメリット ドロップシッピングの主な利点は、小売企業が倉庫の維持や顧客への商品発送などの標準的な在庫処理を行うための財務上の問題を解決できることです。 さらに、ドロップシッピングは、小売業者が店舗の所在地に関わらず、どこからの注文にもタイムリーに対応することを可能にします。その理由は、小売企業が異なる地域の異なるサプライヤーと接続することを選択し、大規模な小売ネットワークを構築することができるからです。 また、ドロップシッピングを採用することで、販売店は売上の拡大と顧客サービスの向上に専念することができ、その過程を第三者がサポートしてくれます。 3. ドロップシッピングのデメリット ドロップシッピングは、設備投資の面では問題を解決することができますが、小売店のオーナーは、第三者からの在庫サービスの料金を支払わなければなりません。これらのサービスの料金は、ビジネスが受け取る総売上高を減少させます。 また、小売企業が1社の卸業者としか取引しないことはほとんどありません。しかし、関係者が増えると、小売のプロセスは非常に複雑になります。その結果、小売業者がビジネスを綿密にモニターできなければ、小売プロセス全体を壊すような在庫問題に次々と遭遇する可能性があります。 4. ドロップシッピングを効果的に始めるためのヒント 1. 適切な市場を選ぶ ドロップシッピングの手法は、特定の在庫グループにしか適用できないことを念頭に置くことが重要です。例えば、メンテナンス性の高い商品など、ドロップシッピングと相性の良いニッチな商品を選ぶことを慎重に検討する必要があります。 2. 信頼できるサプライヤーとの連携 ドロップシッピングを導入すると、小売業者は商品の品質だけでなく、注文の履行についてもサプライヤーと密接に連携しなければなりません。もしサプライヤーがこの2つの重要な要素のいずれかを保証できなければ、企業の評判や顧客サービスに悪影響を及ぼす可能性があります。 3. 新規注文の獲得に注力する ドロップシッピングを利用することで、小売企業は在庫管理を第三者に任せることができ、時間とお金のすべてを売上のために使うことができます。ビジネスを推進し、より多くの顧客を獲得するためには、小売業者が複数のタッチポイントで人々と関わることができることが不可欠です。 現代では、あらゆるチャネルで顧客体験を提供するオムニチャネル・ビジネスが一般的なビジネスモデルとなっています。また、このビジネスモデルを実現するために、ConnectPOSのような費用対効果の高い様々なテクノロジーが小売業者をサポートしています。 5. 結論 ドロップシッピングは、このような競争の激しい小売市場において、小売店に大きな利益をもたらす可能性のある、新しいビジネスモデルです。しかし、この旅ではいくつかの課題に遭遇する可能性があります。どんなシナリオにも対応できるように、事前に準備しておくことが大切です。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace