07 June 2021 / Published in Ecommerce
eコマース業界では、現代の消費社会に大きなメリットをもたらす一方で、詐欺はすべての小売業者と顧客にとって最も複雑な問題の1つです。すべてのオンラインショップのオーナーは、オンラインショッピングの詐欺を効果的に防ぐための解決策を見つけるために時間と労力を費やしています。 この記事では、現代の企業が自社の店舗と顧客を守るために適用できるいくつかのヒントを紹介したいと思います。 1. PCIコンプライアンスの維持 クレジットカードでの支払いを受け付けるEコマース企業は、Payment Card Industry(PCI)の保護規定を遵守する必要があります。PCI基準は、クレジットカード決済の安全性を確保することを目的として、PCI Security Standards Councilによって作成・管理されています。 つまり、小売業者がこの基準に従えば、クレジットカードによる取引はより安全になります。そうでなければ、サイバー犯罪者がオンラインストアを攻撃し、販売プロセスからお金やデータを盗む機会が増えることになります。 2. 疑わしい行為をタイムリーに発見するための店舗調査 Eコマースストアのオーナーは、オンライン販売プロセスを定期的に監視して、請求先や配送先の情報に矛盾がないかどうかを確認する必要があります。また、顧客のIPアドレスを追跡する便利なツールを導入し、その地域に詐欺師が多い場合は警戒することもできます。 3. HTTPSの使用 HTTPSは、ウェブブラウザとオンラインストアの間でデータを暗号化するために使用される主要なプロトコルです。HTTPSを使用することで、オンラインビジネスでは、取引がブロードキャストされることを防ぐことができ、ハッカーが顧客情報を悪用する機会が増える可能性があります。 4. バックリストの作成 ブラックリストとは、「過去の経験が将来の不正を予測する」という考えに着目したデータベースです。違法行為が検出されると、関連する取引の詳細がブラックリストに追加されます。その後のすべての取引はそのリストと比較されます。その後、それらのデータを使って新たな注文がなされると、直ちに拒否されます。 5. 住所確認サービス(AVS)の利用について AVSは通常、疑わしいクレジットカード取引を検出して、不正行為をタイムリーに防止する目的で使用されます。具体的には、カード利用者の住所を確認し、発行銀行が記録したものと比較します。このプロセスは、オンラインストアがクレジットカード決済の承認を要求する際に発生します。もし、2つの住所が異なる場合、その取引要求は直ちに拒否されます。 6. 不正防止ソリューションの採用 最近では、eコマースビジネスでの不正行為の検出と防止をサポートするさまざまなソリューションが、さまざまな価格で提供されています。これらのソリューションは、オンラインストアに統合することができ、IPや電子メールアドレスなどを使用して不正な取引を特定することができます。疑わしい行為を報告すると、これらのソリューションは問題を慎重に検討し、必要に応じて取引を自動的に破棄します。 7. センシティブな情報を集めすぎない オンラインストアとお客様を守るためのもう一つの方法は、データウェアハウス内の顧客情報を最小限に抑えることです。店舗オーナーは、顧客の個人情報をできるだけ収集・保管しないようにすべきだ。そうすれば、ハッカーがお客様の重要な情報を入手して、間違った目的に使用することはありません。 8. ソーシャルメディアでのプライバシー保護 ソーシャルメディアサイトを含むインターネット上のすべてのウェブサイトには、プライバシーポリシーがあります。オンライン購入者は、アカウントを登録する前に、すべてのソーシャルメディアサイトのプライバシー規約を読み、検討することが不可欠です。 電子商取引の人気が高まるにつれ、サイバー攻撃の数もますます巧妙になっています。現代のオンラインストアのオーナーは、詐欺師がビジネスに大きな影響を与える可能性があることを心に留めておく必要があります。したがって、起こりうる不正行為とその解決策を理解することは、オンラインショッピングの詐欺を防ぎ、将来的にビジネスを発展させるための最も重要な要素の1つです。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
03 June 2021 / Published in Ecommerce
1. eコマース・オートメーションとは? 簡単に言えば、eコマースの自動化とは、ソフトウェアアプリケーションを使用してタスクを自動的に完了させることです。タスクが自動的に完了することで節約された時間とコストは、従業員が他のより重要な仕事に集中できるようになり、ビジネスにさらなる利益をもたらすことができます。 2. eコマースの自動化のメリット Eコマースの自動化は、社内のオペレーションからマーケティングやカスタマーサービスまで、ビジネスのほぼすべての側面に適用することができるため、お金や時間の節約にとどまらず、さまざまなメリットをもたらしてくれます。ここでは、Eコマースにおける自動化のメリットについて見ていきましょう。 時間の効率化 作業を自動化することで、最も明らかな変化は、時間の節約になることです。顧客データや注文データの入力など、繰り返し行う作業を自動で行うように設定できるようになりました。従業員は、このような反復的な作業を1つ1つ行う必要はありません。さらに、これらの作業に人が介入することが減れば、システムのヒューマンエラーも減ります。 コスト削減 高いデータ分析 Google Analytics、Kissmetrics、R、Python、Microsoft Power BI、…などの分析ツールの存在により、データ分析の作業は、以前よりも時間がかからず、ミスを防ぐことができるようになりました。また、これらのツールにより、企業は何千人もの顧客を抱えるグローバル市場の成長に合わせて、膨大な量のデータを分析することができます。 より良い顧客体験と高い満足度 eコマース・オートメーションの支援により、今日の企業は短時間で顧客にアプローチし、顧客の期待に応える、より質の高いサービスを提供することができます。 従業員のエンゲージメント向上 チームのメンバーは、自分のタスク、目標、将来の仕事の計画など、十分な情報を持っているため、より積極的に業務に取り組んでいます。自分の手に何があるのか、どの部分を改善すればより良い作業ができるのかが明確になっています。 安全な支払い 従来のように現金での支払いではなく、Paypal、Stripe、SecurePayなどのサービスを利用して、お客様に複数の支払い方法を提供できるようになりました。これらのゲートウェイは、企業と顧客の両方に簡単で安全な支払いを提供します。 3. ビジネスにeコマース・オートメーションを適用する ここまでは、eコマースの自動化がビジネスにもたらす多くのメリットについて述べてきましたが、ここからはeコマースの自動化がビジネスに与える影響について詳しく説明していきたいと思います。 事業運営 データ分析 自動化とパーソナライズされたマーケティング そして、お客様を惹きつけ、お客様と交流し、ブランドの認知度やイメージを高めるためのソーシャルメディア・プラットフォームがあります。これらすべての要素が、カスタマージャーニーを充実させることにつながり、良い体験を提供している企業は、そのお客様に再び会っていただける可能性が高いのです。 会計 支払い 安全性の高いゲートウェイにより、スムーズな支払いプロセスが可能になり、エラーの可能性を最小限に抑えることができます。決済後、お客様や企業はすぐに請求書を受け取ることができます。良いことに、お客様はオンラインでの支払いに慣れてきており、通常、問題を起こすことは少なくなっています。スムーズな取引は、お客様の信頼を得るために重要です。 顧客サービス 注文の自動化と配送     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
24 May 2021 / Published in Ecommerce
現在のコロナウイルスの流行状況の影響で、Eコマース事業者は悩んでいます。売り上げや収益が飛躍的に向上した企業もあれば、没落寸前の企業もあります。最も大きな影響を受けたのは中小企業でした。 パンデミックがEコマースの世界を襲う直前までは、最高の経済、最高の収益、そしてすべてが優れていました。このような状況の中で、企業が生き残りをかけて何をすべきかを考えるようになるとは、誰も考えていなかったでしょう。 Covid-19パンデミックの際、ビジネスを管理する最善の方法は何か?これは、すべてのE-コマース事業者の頭の中にある共通の疑問です。 パンデミック時にビジネスを維持するためには、Eコマース事業者は効果的なヒントに従う必要があります。社会的距離のガイドラインを維持するために、チームは遠隔地で作業しています。開発者や従業員は、目標を達成するために、自宅で仕事をしながら生産性を維持する必要があります。 しかし、コミュニケーション、財務管理、マーケティング、チーム管理などに利用できる無料のツールがいくつかあります。ここでは、COVID-19期間中にEコマースビジネスを管理するための無料ツールのトップ5について説明します。 1.COVID-19開催期間中にEコマースビジネスを管理する無料ツール コロナウイルスのヒットにより、企業は顧客を失い、人々は仕事を失っています。このような状況は、苛立たしく、恐ろしく、そして致命的なものとなっています。 しかし、起業家がビジネスを効率的に処理し、コントロールするのに役立つツールがいくつかあります。 1.1.Slack – オンラインコミュニケーションツール Eコマースビジネスの規模の大小に関わらず、ビジネスの成功にはチームのコミュニケーションが非常に重要です。 Slackは、メッセージの送信やグループの作成など、コミュニケーションのための強力なツールです。そのネイティブアプリは、Android、Windows、iOS、またはMacに対応しています。Slackは、チームコミュニケーション、ファイル共有、強力な検索、およびアーカイブのための最も広く使用されているプラットフォームの一つです。ソーシャルメディアへの投稿の埋め込み、画像のダウンロード、画像の保存などが可能で、設定も迅速に行えます。Google+、Asana、Hangout、Dropboxとの統合がサポートされています。 1.2.Zoho book – 財務ツール ビジネスを円滑に進め、時間を節約し、コストを削減するためには、財務ツールが必要です。 Zohoは、中小企業が従業員の経費を把握するために広く使われています。従業員にカンパニーカードを提供している中小企業では、Zoho Expenseを使用しています。Zoho Expenseは一般的なクレジットカード会社と連携しています。カードの所有者は、カードの日当を設定することもできる。また、カード所有者はカードの日当を設定することができ、従業員が指定された限度額を超えて使用しないようにすることができます。Zoho Mobile Appを使ってレシートをアップロードすることができます。あらゆる通貨の経費を自動的に換算することができます。 1.3.Trello – プロジェクト管理ツール プロジェクト管理ツールを使えば、バーチャルチームへの対応が容易になります。プロジェクト管理ツールは、仕事の生産性を高めるのに役立ちます。完了したタスクやかかった時間を追跡し、パフォーマンスを測定することができます。 Trelloはここ数年、無料のプロジェクト管理ツールとして人気を博しています。プロジェクトを管理し、共同作業を行い、生産性のピークを達成するために使用されています。 1.4.Hubspot – オンラインマーケティングツール 競争に勝つために、オンラインビジネスはビジネスを構築し、競争力を与えるのに役立つデジタルマーケティングツールを必要としています。 Hubspotは、販売、マーケティング、および顧客関係管理に関して、強力なオンラインマーケティングツールです。 それはデジタルマーケティングに関してはトッププレーヤーの1つです。 これは、ブログ、SEO、ソーシャルメディア、電子メール、および分析に役立つオールインワンのマーケティングツールです。 1.5.Asana – リモートチーム管理 パンデミックの影響で、企業は物理的に閉鎖せざるを得なくなり、チームは遠隔地で仕事をしています。リモートワークでは、従業員のタスクを管理し、その作業を追跡することが難しくなります。 Asanaは、タスクを管理するための洗練されたツールの一つです。チームリーダーは、タスクの割り当て、期限の設定、詳細の共有をすべて一箇所で行うことができます。チームは目標達成のために協力し合い、円滑に仕事を進めることができます。 2.結論 Covid-19は様々な形でビジネスに影響を与えています。好調を維持することは難しくなるので、変化に対応することが重要です。これらの無料ツールを使えば、Eコマースビジネスをかなりうまく管理することができます。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
20 May 2021 / Published in Ecommerce
ユーザーの期待とデジタルの発展により、デザインのトレンドは常に変化しています。 すぐに時代遅れになってしまうものもあれば、時間が経つにつれて改善されていくものもあります。デジタルエージェンシー(そして一般的なウェブサイトのオーナー)は、勢いのあるデザイントレンドに目を光らせておく必要があります。 お客さまは毎日たくさんのウェブサイトを訪れ、革新的で優れたデザインのプラットフォームを常に目にしています。より多くのオンラインビジネスがゲームを向上させている中、お客様の注目を集め、自社のプラットフォームを選んでもらうことがこれまで以上に重要になってきています。 そのためには、革新的でクリエイティブなウェブソリューションを構築することが重要です。ここでは、2021年に流行すると予想されるデザイントレンドをご紹介します。 1. ダークモード 2020年にはすでに大きなトレンドとなっていたダークモードは、来年もさらに人気を集めることでしょう。デザイナーがダークモードを好む主な理由は以下の通り: 超モダンな印象を与える Instagram、Twitter、Facebook、Appleなどの大手ブランドが、それぞれのプラットフォームで代替テーマを提供しています。 ダークモードでは、他のデザイン要素が強調され、より引き立ちます。 低照度下での眼精疲労を軽減します。私たちの多くは、夜寝る前に携帯電話をスクロールしています。 デバイスのバッテリーを節約することもできます。 多くのプラットフォームでは、ダークモードに切り替えるタイミングをユーザーが選択できるようになっています。アップル社のユーザーは、自動的にダークモードに切り替える時間を予約することもできます。 ここでは、DStudioで使用されているダークモードの素晴らしい例をご紹介します。 2. 変わった色の組み合わせ 2021年の最も顕著なウェブデザインのトレンドの一つは、ユーザーの目を引くような大胆な色や、互いに完璧に調和した珍しい色の組み合わせの使用です。 また、明るく飽和した色は、これまでのミニマルなデザインからブランドを際立たせるのに役立ちます。 このトレンドの導入を成功させるためには、新しいことに挑戦することを恐れてはいけません。光り輝く色合い、強烈な色、珍しい色の組み合わせは、間違いなくウェブサイトの訪問者の記憶に残ります。 ダークなチャコールカラーの中に、バイオレットや落ち着いたジェードグリーンが見え隠れするHAUSのデザイン。モダンでダイナミックな雰囲気の中にもエレガンスを求める方にぴったりの配色です。色の組み合わせは多彩で珍しいものです。 Samsyによるこのダークでミステリアスな色の組み合わせは、現在のウェブデザインのトレンドを利用したものです。最近のデザインでは、暗い背景に明るく大胆なアクセントカラーを使用することが人気となっています。 3. 3D要素 3Dデザイン要素は、何年も前からウェブサイトユーザーの興味を引いてきました。 ウェブテクノロジーの進化とウェブデザイナーの絶え間ない技術向上により、3D要素はますます使われるようになってきました。 このデザイントレンドは、VR/AR技術が勢いを増し、3D要素にさらなる美しさとインパクトを与えることで、さらに人気を集めることになるでしょう。 その結果、驚くほどの効果が期待できます。 ここでは、Tran Mau Tri Tam氏によるWebデザインに3D要素を使用した素晴らしい例をご紹介します。 3Dグラフィックを成功させるための最も重要な条件の一つは、ウェブサイトの高いパフォーマンスです。 プラットフォームは、読み込みが速く、最適化されていなければなりません。もしそうでなければ、サイトはそのような重いコンテンツをサポートできません。ウェブサイトは、遅くて反応が悪いなどと思われるかもしれません。 4. 左右非対称のレイアウト 長年にわたり、ウェブサイトはグリッドレイアウトを基本としてきました。グリッドレイアウトは、構造が整理され、重要な要素に集中できるため、昔から人気のあるアプローチです。 しかし、この方法では、デザインが特定のテンプレートに収まらなければならない場合、サイトを真にクリエイティブなものにすることができません。 これからのトレンドは、アシンメトリー(左右非対称)なデザインです。ブランドにとっては、伝統を無視してユニークで刺激的なデザインを探求する絶好の機会です。 注意しなければならないのは、やはりバランスが必要だということです。左右非対称のデザインであっても、どの部分も他の部分より重く見えてはいけません。 「Outcrowd」は、非対称なデザインの好例です。左右のオブジェクトが正確には対称ではないにもかかわらず、コンテンツは整理され、バランスが取れているように見えます。 5. 音声ユーザーインターフェース ユーザーが情報にアクセスする方法は刻々と変化しています。Googleに検索クエリを入力するのではなく、質問や要求をするようになりました。 つまり、ウェブデザインも、音声チャットボットやバーチャルアシスタントの出現に合わせて調整する必要があるのです。 このデザイントレンドは、まだ完全には浸透していませんが、近い将来、どこかに行ってしまうことはないでしょう。 従来のテキスト検索に加えて、音声検索を採用するウェブサイトが増えるのは時間の問題でしょう。 6. 写真とグラフィックの融合 2021年のもうひとつの大きなトレンドは、写真にグラフィックを重ねることです。高品質な写真は、それだけでも十分に美しいものですが、そこにクールなグラフィックを加えることで、あなたのクリエイティブなセンスが際立ちます。 ここでは、ウェブデザイナーが写真とグラフィックを組み合わせる理由をご紹介します: ウェブデザインに個性を持たせるには最適な方法です。 また、会社のブランディングを強化するもうひとつの方法でもあります。例えば、ロゴに使われている色や形を思い浮かべてみてください。 ウェブサイトに深みを与え、訪問者をコンテンツに引きつけます。 このトレンドを最大限に活用するには、グラフィックをブランドの個性に合わせて統一する必要があります。 MadeByStudioJQは、写真とグラフィックをミックスした完璧な例 7. ウェブサイトのロードタイム 成功するウェブデザインの最も重要な要素の一つは、超高速のロードタイムです。これは今に始まったことではなく、何年も前からUXやSEOに欠かせない要素となっています。 検索結果で上位に表示され、コンバージョンも向上させたいウェブサイトにとっては、最優先事項であり続けています。 調査によると、サイトの読み込みに2秒以上かかると、訪問者はほとんどの場合離脱してしまいます。そして、おそらく二度と戻ってこないでしょう。 8. スマートなコンテンツロード 多くのウェブサイトでは、グラフィカルな要素やサードパーティの統合機能を多用しており、これらがウェブサイトの速度を低下させています。 ありがたいことに、ユーザーが必要とするコンテンツだけをダウンロードするスマートなサイトを開発する方法はたくさんあります。 レイジーローディングは、近年すでに採用されているウェブデザインのスタンダードです。長い1ページのサイトでよく使われる方法です。 考えてみてください。多くのウェブサイトの訪問者は、ページの一番下までたどり着くことはありません。では、なぜそのコンテンツをロードして、サイトのロード時間を不必要に長くするのでしょうか?もっと良い方法は、ユーザーがページをスクロールし始めて、コンテンツに近づいたときにコンテンツを読み込むことです。 レイジーローディングでは、ユーザーが見ることのない画面外のコンテンツをロードするために貴重な時間とリソースを浪費することなく、画面上に表示する必要のあるコンテンツのみをウェブブラウザがダウンロードするようにします。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
20 May 2021 / Published in Ecommerce
インクルーシブ・マーケティングとは、伝統的に社会的弱者とされてきた多様なコミュニティを対象としたマーケティング・コンテンツを作成し、彼らがブランドを体験し、つながりを持てるようにするとともに、公共の場での彼らの声を高め、偏見や有害な固定観念を減らすことです。 インクルーシブ・マーケティングは、人のアイデンティティのすべての層を考慮します。人種、性別、性的指向、年齢、宗教、経歴、能力、体格などに関係なく、人々の心に響くブランドのメッセージを伝えることができます。また、複数のアイデンティティを持つ人がいることを認識し、彼らの声を尊重し、積極的に聞いたり見たりする必要があります。 インクルーシブ・マーケティング戦略の一つのポイントは、人間の特定の価値観や経験はすべての人に共通しており、ブランドメッセージはすべての人に語りかけるものでなければならないということです。すべての人間は同じような経験を共有しており、年齢を重ねるときやキャリアを変えるときに障害を乗り越えています。安全、友情、家族、より良い機会など、誰もが同じ感情や恐怖に対処しており、これこそがインクルーシブ・マーケティングの対処法なのです。 インクルーシブ・マーケティングでは、ブランドの製品やサービスが人々とより深いレベルでつながり、彼らが目に見える形で理解されていると感じられるようにします。 1.インクルーシブ・マーケティングが貴社のブランドにもたらすもの 世界は変わりました。Y世代やZ世代は、社会を反映していないイメージやメッセージでターゲットにされることに満足できなくなっています。過去の「クッキーカッター」のような考え方は、購買力が高まっている世代にはもはや響かないのです。 パーソナライゼーションが不可欠であること、そしてお客様が自分に語りかけてくるブランドとの対話を選ぶことを知っています。ターゲット層を特定することは今に始まったことではありませんが、今日では、ますます多様化する現代社会を反映し、促進するソーシャルプレゼンスが必要です。 このパラダイムシフトにより、ブランドは物語を変え、ネガティブなステレオタイプを永続させるのではなく、払拭する力を持っています。旧態依然とした慣習を捨て去ることは、企業の評判に深刻な影響を与え、オンラインプラットフォーム上で恥をさらすことになり、しばしば広報活動のダメージコントロールの危機に陥ります。 視聴者は、ブランドやコンテンツの中に自分自身を見出したいと思っています。もしそうでなければ、自分が含まれていると感じられ、代表されていると感じられる会社を探すでしょう。製品やサービスを使用している人に共感できる人は、コンテンツに関心を持ち、忠誠心を示してくれる可能性が高くなります。インクルーシブ・マーケティング戦略は、このアプローチを採用していない競合他社との競争力を高めることができます。 2.職場から始まるダイバーシティ 企業が包括性を推進する際に直面する課題の一つは、そのメッセージと価値観をチーム内で守ることです。リーダーシップにおける多様性の欠如は大きな話題となっており、企業は変化し続ける状況を反映し、より多様な労働力を確保するよう圧力をかけられています。 ダイバーシティとインクルージョンは同じものではありませんが、「誰一人取り残さない」という同じ最終目標を念頭に置いて、互いに絡み合っています。実際、多様なスタッフとリーダーシップは、対象となる人々とより深いレベルでつながるメッセージを生み出すのに役立ちます。 多様なコミュニティへの参加を推進していても、社内でそれを反映していない企業は、信頼性や誠実さに欠けると思われてしまいます。顧客は言葉をただ信じるのではなく、説 明したことを実行しているという証拠を求めています。 インクルーシブ・マーケティングを行っていながら、組織内に多様性を取り入れることができない企業は、自分たちが売っているものを完全には信じておらず、注目を集めるためにマーケティング・トレンドを利用しているだけだという印象を与えてしまいます。 3.固定観念を払拭し、思い込みを避けること コンテンツにはインクルージョンを反映させ、攻撃的、無神経と誤解されるような言葉を避けるようにしましょう。スラングやストリート用語は、有害な固定観念に由来している可能性があり、視聴者が誤って解釈する可能性があります。また、代名詞の使用についても注意が必要です。 聴衆の思い込みを避けるために、”they “のような性別を問わない代名詞をコンテンツで使用するべきです。 上記では、文章コンテンツでのインクルージョンについて述べましたが、ビジュアルメディアにも気を配り、さまざまな場面で多様性を盛り込むことが不可欠です。多種多様な人が集まった円卓会議のイメージは一般的であり、称賛に値しますが、本当の意味でのインクルーシブを実現するには、一般的なものを超えて、より深く掘り下げていく必要があります。上司の容姿、スポーツ選手、郊外の若い家族の表現方法など、固定観念に挑戦してみましょう。そうすることで、包括的であることの意味をより深く理解することができます。 4.レビュープロセスを設けること ソーシャルメディアが24時間365日稼働している現在、社会的な失態は危険であり、社会的信頼を回復するためには大規模なダメージコントロールが必要となります。最終的なコンテンツを公開する前に、必ず一歩下がって分析しましょう。流用や差別的な言葉が使われていないか、別の視点から見直し、多様なレビューパネルに意見や見解を求めましょう。繰り返しになりますが、さまざまな経験や視点を持った多様なチームを編成することの重要性を述べています。どんなに締め切りが迫っていても、コンテンツレビューのプロセスを省略してはいけません。その結果、広報活動に悪影響を及ぼす可能性があります。 5.今後のインクルーシブ・マーケティング インクルーシブ・マーケティングは、多くの人にとってまだ比較的新しい概念です。マーケティング担当者が、多様性のある社会の中でインクルーシブなブランドになるための最善の方法を理解しようとする中で、この概念はますます広がっていくことでしょう。インクルーシブ・マーケティングとは、企業がオーディエンスとオープンな対話を行い、他の方法では存在感が薄く、声が聞こえないと感じている人々を惹きつける機会です。インクルーシブ・マーケティングとは、あるグループを犠牲にして別のグループを作ることではなく、すべての人が積極的かつ敬意を持って見られ、聞かれるようにすることです。一朝一夕に成功するものではありませんが、狭い視野や偏見は今も昔も存在します。しかし、マーケターは包括性を例外ではなく標準にすることで、社会に変化をもたらすことができるのです。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
best-examples-of-pwa_skces
20 May 2021 / Published in Ecommerce
ウェブトラフィックの半分以上がモバイル機器からのものである現在、オンラインビジネスがモバイル機器でのユーザー体験をより良いものにする方法を模索しているのは当然のことです。 ユーザーの要求に応えるためには、オンラインビジネスは、オンラインでの購入を迅速、簡単、便利にするアクセス可能なインターフェイスを提供する必要があり、そうでなければ取り残されてしまう危険性があります。 そこで、(Progressive Web Apps)プログレッシブウェブアプリの出番です。 ここでは、PWAとは何か、PWAはどのように機能するのか、そして2021年に使用されるであろう最高のPWAの例をいくつか紹介します。 1. Progressive Web Appsとは? プログレッシブウェブアプリケーション(PWA)は、最新のテクノロジーを利用して、ウェブアプリとモバイルアプリの長所を組み合わせたもので、実際のネイティブアプリに匹敵する操作性と機能性を備えています。 最近の進歩により、ほとんどのウェブサイトをプログレッシブウェブアプリに変えることができるようになりました。つまり、開発に時間がかかる実際のアプリに比べて、PWAはかなり短期間で構築することができます。 さらに、PWAは、プッシュ通知やオフライン機能など、ネイティブアプリのすべての機能を提供します。PWAは、遅いネットワークや接続性の欠如など、さまざまな問題を解決することができます。 2. PWAとネイティブウェブアプリの違いは何ですか? AppleのApp StoreやGoogleのPlay Storeからダウンロードするようなネイティブアプリは、多くの場合、そのプラットフォームに特化したプログラミング言語で作られています。 iOSアプリであればSwift、AndroidアプリであればJavaとなります。そのような特定のプラットフォーム向けのアプリを作る場合、その言語を知っておく必要があります。 作ったアプリは、App StoreやPlay Storeで、それぞれのプラットフォームの基準に合っているかどうかを審査してもらう必要があります。このプロセスには数ヶ月かかることもあります。 プログレッシブウェブアプリは、このような長いプロセスを回避することができます。なぜなら、PWAは、新しいウェブ機能を備えたウェブサイトの延長にすぎないからです。 PWAはブラウザ上で動作し、ホーム画面に保存されるとネイティブアプリのように機能します。PWAの性能が高ければ、ユーザーはウェブアプリを使っているのか、ネイティブアプリを使っているのか分からなくなるでしょう。 もちろん、注意すべき点もあります。ブラウザはこのための技術をいち早く採用しましたが、いくつかの制限があります。 iOSでは、必要な技術がSafariで不安定に動作することがあります。Apple社はまだすべてをサポートしているわけではないので、どこでも同じ体験を実現するのは難しい課題です。 3. PWAの特徴 レスポンシブ どんな形にもフィットする能力 接続性の独立性 サービスの低下や接続性の欠如があっても、オフラインで動作する能力。 アプリのようなインターフェース アプリのようなインタラクションとナビゲーションを採用しています。 バックグラウンドアップデート セルフアップデートにより、PWAは常に最新の状態に保たれます。 発見可能 検索エンジンはPWAを見つけることができます。 4. レスポンシブWebサイトとネイティブアプリとPWAの比較 2021年にデジタルで優れたパフォーマンスを発揮し、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためには、プラットフォームが考慮すべきいくつかの要素があります。 モバイルフレンドリー、SEO最適化、オフラインモードなどは、2021年にプラットフォームが考慮すべき要素のほんの一部です。 ここでは、レスポンシブWebサイト、ネイティブアプリ、PWAをそれぞれ比較した表をご紹介します。 5. 2021年に使うプログレッシブWebアプリのベスト 1. ツイッター 2017年4月にTwitter社が初めて導入した「Twitter Lite」は、最新のWebサイトとネイティブアプリの両方の輝かしい機能を備えたプログレッシブWebアプリです。 Twitter Liteでは、ネイティブアプリを経由した以前の状態よりも80%近く多くのツイートが記録され、バウンス率も20%減少したとのことです。 2. ピンタレスト Pinterestは、クリエイティブなアイデアを探しているほとんどの人が利用しているウェブサイトです。 その人気にもかかわらず、Pinterestはモバイルユーザーのうち、サインアップ、ログイン、アプリのインストールに結びついたのはわずか1%であることがわかりました。これは、モバイルでのパフォーマンスの低さが原因でした。 PWA技術を導入すると、素晴らしい結果が得られました。モバイルウェブでの滞在時間は40%増加し、ユーザー生成広告収入は44%急増し、コアエンゲージメントは60%向上しました。 3. Lancôme 高級化粧品ブランドのLancômeは、トラフィックと売上を増加させるアプリのようなソリューションを必要としていました。2016年には15%しかなかったコンバージョン率を上げたいと考えていたのです。 2021年、LancômeのPWAは、お客様がインターネットの接続状態が悪くても商品を検索できるようにし、ユーザーを惹きつけるプッシュ通知を導入しました。 PWAを導入した後、Lancômeはコンバージョン数が17%増加し、iOSのモバイルセッションが53%増加しました。 PWAはLancômeにとって大きな成功であり、化粧品大手のLancômeがモバイルウェブで大きな進歩を遂げることに貢献している。 4. Uber Uberは、ネットワークの速度や場所に関係なく、すべてのユーザーが迅速に乗車を要請できるようにすれば、自社のビジネスの可能性に気付きました。 これを実現するために、Uber は低速ネットワークで動作する PWA を作成しました。 Uber PWAは、すべての最新ブラウザで利用可能なアプリのようなエクスペリエンスを実現することを目的としており、特にローエンドデバイスのユーザーに役立つものとなっています。 これも理にかなっています。慣れない場所でインターネットに接続できずに困ったことがある人は多いはずです。 Uberは、PWAの軽量化を実現しました。中心となるライドリクエストアプリケーションの容量は50kbで、低速のネットワークでも素早くアプリを読み込むことができます。 これは、Uberの戦略的な動きであり、顧客のユーザーエクスペリエンスを向上させるものであることは間違いありません。 5. Starbucks スターバックスのPWAは、2015年にモバイルアプリをローンチした後に開発されました。しかし、このアプリは、ネットワーク接続が遅く、パッチワークのような地方の市場には適していませんでした。 スターバックスは、オフラインでもメニューを閲覧したり、車に商品を追加したりしてもらいたいと考えていました。そのためには、PWAの開発が唯一の論理的な方法でした。 PWA自体は非常にユーザーフレンドリーで反応が良く、スターバックスは強力なインターネット接続を持たない顧客を引き付けることができました。 6. Spotify ストリーミングの巨人もPWA運用になりました。 PWAへの移行は、当初、AppleのApp Store手数料30%をめぐってSpotifyとAppleの間で意見の相違があったことから検討されました。Spotifyは、今こそ自社アプリのPWA版の開発を始めるべきだと考えました。 PWA版は、独自のUIでかなり高速化されています。唯一の欠点は、SpotifyのPWAはオフラインでは利用できないことです。 7. Trivago TrivagoはPWA技術を用いて、旅行者がホテルの価格を比較したり、レビューを読んだり、選択したホテルを予約したりするのに便利な研究所のインターフェースを提供しています。 また、ホテルオーナーの検索マーケティングの労力を最小限に抑えることにも貢献している。 PWA導入後、Trivagoのホテル検索エンジンは、ネイティブアプリよりもはるかに高いコンバージョン率を記録しました。また、ホテル予約のCTRも97%と飛躍的に向上しました。 8. Forbes Forbesは、モバイル体験のリブランディングを図るためにPWAを導入しました。現在のモバイルサイトよりも高速なソリューションを必要としていました。 現在、ForbesのPWAはユーザーにとって魅力的で、よりパーソナライズされたものになっています。デザインは新しいフォーマットで、Snapchatのストーリーズのフォーマットに似ています。 PWAを開始して以来、Forbesはユーザーあたりのセッション数が43%増加し、スクロール深度が3倍になったことを記録しています。 9. Tinder Tinderは、自社のモバイル体験が競合他社に比べて大きく遅れていることを知り、改善を求めていました。 Tinderは、顧客にスピードと利便性の向上を提示するためにPWAを開発し、より速く、よりスムーズに、より受容的な体験を提供できるようにした。 JavaScriptの使用により、直帰率は10.15%減少し、クリック率は11.3%増加しました。 10. Financial Times PWAを活用したもう1つのニュースの巨人! Financial Timesは、顧客により良い体験を提供する目的でPWA技術を採用しました。 このPWAはオフライン機能に焦点を当てており、記事の高速な読み込みと切り替えを可能にしています(オフラインモードであっても、最初に読み込まれ、ローカルに保存されます)。 Financial TimesのPWAは、モバイルでわずか1~2秒でアクセスできます。 6.
06 May 2021 / Published in Ecommerce
マーケターは、永続的な顧客関係を構築し、ポジティブなブランドイメージをキュレートし、製品/サービスを効果的に宣伝するための戦略を実装するという信じられないほどの挑戦に取り組みます。 重要性の低いプロセスを合理化し、最終的にはそれらを必要とするプロジェクトに集中する余地を与える方法を常に探しているのも不思議ではありません。 この目的のために、人工知能と自動化がマーケティングに導入されました。 AIと自動化は同じ意味で使用されることもありますが、マーケティングでいつどのように使用されるかに影響を与える複雑な違いがいくつかあります。 ただし、これらの違いがあっても、それらの利点を最大限に活用できるように、マーケティング戦略でこれらを組み合わせて使用することができ、また使用する必要があります。 1.人工知能 WGUは、人工知能を「通常は人間の知能を必要とするタスクや問題を解決することができるコンピュータプログラムの理論と開発」と定義しています。つまり、機械やソフトウェアは、高度なアルゴリズムで処理された一連のデータの中のパターンや特徴を学習することで、人間の行動や知能を模倣するように設計されています。最も注目されているAIの理論は以下の通りです。 深層学習(Deep Learning):機械学習の一分野で、より広範なデータセットから洞察力を引き出します。 機械学習:データからパターンやその他の洞察を見つけ出し、時間とともに知能を高めていきます。 コンピュータビジョン:画像やビデオの中の周囲の状況をリアルタイムで解釈します。 コグニティブ・コンピューティング:特定の状況下で人間がするように見て、聞いて、行動することで、人間のインタラクションを模倣することを期待します。 さらに、AIが世界中の経営者に愛されているのは、AIの技術が、年齢や能力の経年変化、データの見落としや報告のし忘れなどの人間のミスに影響されないからです。適切なメンテナンスとモニタリングを行うことで、これらのテクノロジーは、人間が言うこと、考えること、行うことをより高い知能で模倣することができます。人工知能の用途は以下の通りです。 自動運転車 オンラインショッピング スマートアシスタント チャットボット ストリーミングサービス 翻訳ツール ソーシャルメディアのタイムラインフィルタリング 健康管理 人間の行動を模倣しようとするAIは、常にパターンを探索し、経験から学習し、その経験に基づいて状況に応じた適切な対応を出力します。 2.オートメーション マーケティングオートメーションツールは、ワークフローやトリガー、プログラミングシナリオなどのセンサーを使って設定しなければ、効率的に動作しません。マーケティングオートメーションツールは、AIのように自分で命令することはできませんが、命令に従うことができるほど賢いのです。そのため、マーケティング担当者は、これらのツールから収集したデータを徹底的に分析し、より良い結果を得るために適切なソリューションを導入し、自動化されたシステムがあるべき姿で稼働していることを確認するために、常にコマンドを改善・調整する能力が必要となります。このような人間的なタッチにより、デバイスがマーケティング目標を最優先にして動作していることが保証されるのです。 自動化されたシステムで収集されたデータは、マーケティングキャンペーンを成功させるための調整を行う際に、将来の意思決定に役立つ重要なものです。これらのデータは、以下のような情報の宝庫です。 誰かがウェブサイトに最初にアクセスしたときの状況を把握します。 ソーシャルメディアのダイレクトメッセージに自動応答する方法を知っています。 お客様がどのようにして顧客になったのか、通常はカスタマージャーニーを使って追跡します。 訪問者がフォーム、チャットボット、またはサインアップにどの程度関与しているかを追跡します。 閲覧や消費行動に基づいて、訪問者に割引やクーポンを提供することができます。 営業担当者は、収集した個人情報をもとに、見込み客と有意義な会話をすることができます。 マーケティングオートメーションは、顧客が必要としている時に適切なメッセージを送ることを可能にします。また、顧客の個人情報を簡単に収集することができるので、そのメッセージをシームレスにカスタマイズすることができます。 3.マーケターがAIと自動化の両方を活用する方法 上記の例から、AIと自動化がそれぞれの利点のニュアンスを知らずに互換性があると思われていることがよくわかります。人工知能は、人間が行わなければならない特定の作業や問題の解決を機械で行います。一方、自動化は、ツールを使って、単調な作業を人間に代わって行い、人間が優先すべきプロジェクトに時間を割けるようにするものです。自動化と人工知能の目的は、人間の仕事をより効率的にすることに根ざしています。 増え続けるオーディエンスに製品/サービスを宣伝し、ブランドを成長させることは、AIや自動化を戦略的に利用しなければかなり困難です。例えば、一人の人間やチームが担当するのは次のようなことです。 何千人もの個人顧客のデータを収集すること。 集めたデータを徹底的に分析します。 マーケティングメッセージに影響を与えるパターンや一貫した行動を把握します。 お客様の名前、日付、有益なコンテンツなどをメールに記載します。 ウェブサイト上でのチャットにいつでも対応します。 訪問者の購買パターンや閲覧行動を学習し、データシートに反映させる。 これらのことを人間ができるだけ早くやろうとすると、きっと逆効果になるでしょう。 データはAIと自動化の両方を推進し、自動化戦略の多くは、人工知能から得られるデータに基づいて行うことができます。つまり、自動化によって、”…複数のチャネルを通じた顧客のターゲティング、A/Bテストの実行、ソーシャルメディアプロファイルへの一貫した投稿、リードの発見と育成、潜在的な顧客についての詳細を知るためのアナリティクスの利用を容易に行うことができます。” これらの作業を効果的に自動化するには、AIツールが以下のことを学習する際に、どれだけ正確で効率的であるかにかかっています。 お客様がどのようにコミュニケーションをとっているか。 どんなデバイスを使っているか。 何について学ぶのが好きなのか どのように学習したいのか(視覚、体験、聴覚) お客様の現在の課題は何か。 どのようなソーシャルメディアプラットフォームを利用しているか。 それらのプラットフォームでどのように交流しているか タスクを自動化することは、顧客が誰で何を必要としているかを完全に把握した上でタスクを実施する場合にのみ効果的です。すべてのマーケティングプロセスを自動化することはできませんが、自動化することで、クリエイティブな仕事により多くの時間を割くことができるようになります。 自動化ツールはデータを収集して組み合わせ、AIシステムはそれを理解する作業を行います。自動化とAIを併用することで、以下のことが可能になります。 一人ひとりのニーズに基づいて、よりパーソナライズされた体験を顧客に提供します。 視聴者や潜在的な顧客がどのようにウェブサイトを利用するのが最適かを判断することができます。 どのようにリードを収集し、追求するのが最適か、データを収集します。 最も適切なマーケティングメッセージを作成します。 文脈に沿った効率的なエクスペリエンスを構築する価値あるソーシャルメディアコンテンツを制作します。 パフォーマンスを向上させ、大幅な収益増を実現します。 従業員をクリエイティブな業務や戦略的な業務に集中させます。 人工知能を使って人間の意思決定や行動を模倣すると同時に、自動化を利用して反復的な作業を効率化するための方法をいくつか紹介します。 機械学習を利用して、訪問者がカスタマーサービスの問題をどのように知らせるかのパターンを特定します。そして、自動化を利用して対応時間を効率化します。例えば、お客様が問題解決のために主にInstagramで連絡してくる場合、ダイレクトメッセージにオートレスポンダーを使用することができます。お客様が受け取るメッセージは、メッセージの出し方に設定した基準によって決まります。メッセージは、”問題 “のようなキーワードや、”who can I contact for… “のようなフレーズで起動させることができます。 AIを使って、ウェブサイトで最もアクセスの多いページを知る。そして、これらのウェブページにチャットボットを設置することで、訪問者が必要なときに特別なサポートを提供することができます。チャットボットは、生身の人間が対応できるときのプロセスを早めるために、関連する質問に自動的に応答するように設定することができます。チャットボットは時にライブサポート担当者の役割を担い、よりエンゲージメントの高いプラットフォームでの顧客とのやり取りに集中することができます。 コースやバーチャル学習サービスを提供している場合は、AIツールを使ってターゲット層に最も関連する学習パターンを特定することができます。スマートアシスタントやアニメーションの教師を導入して、コースやレッスンで生徒を誘導することができます。コースやレッスンが完了したら、自動化ツールを使って、完了証明書や受講者がどこまで学習したかのリマインダーを自動でメール送信することができます。 4.結論 人工知能と自動化のルーツは似ていますが、目的は異なります。 自動化は日常業務の合理化に役立ち、AIは収集されたデータを通じて重要な情報を学習し、人間の介入なしにソリューションを実装するのに役立ちます。 マーケティング活動から最高の結果を得るために、それらを組み合わせて使用していることを確認してください。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
23 April 2021 / Published in Ecommerce
1.B2E ECommerceとは? B2Eとは、business-to-employeeの略で、事業者が消費者の利益に向かうのではなく、従業員の体制整備に注力する場合の運営戦略です。 B2Eのeコマースは、B2B、B2C、B2M、B2B2Cと同じ略語を使っていますが、この戦略はeコマースモデルではありません。 また、B2Eは販売モデルとも呼ばれません販売モデル。それでも、雇用者に社内のサポートシステムやリソース、ツールを提供することに重点を置いた戦略を定義するためによく使われます。 簡単に言えば、この戦略は、売上や収益性の問題とは全く関係なく、従業員の満足度に直接関係するものです。 B2E戦略は、従業員が必要とするすべての問題をカバーします。これらの問題には、従業員の採用、トレーニング、紹介から、仕事に不可欠なツールやソフトウェアなどのニーズへの対応が含まれます。 一般的に、企業は人材を集め、有能な従業員を維持したいと考えているため、フレンドリーでプロフェッショナルな職場環境を作るためには、上記の要件が必要となります。 B2Eのeコマースでは、従業員からの要望は主にデジタルデータに基づいています。仕事に必要なツールやソフトウェアは、B2Eポータルを通じてオンラインで処理されます。 2.B2Eポータルとは? B2E戦略では、企業内のすべての人のエンゲージメントと生産性を向上させる活動を推進します。フレックスタイム、ボーナス、独自の福利厚生などの採用戦略やインセンティブはその典型的な活動です。 しかし、これらの活動を一元化し、誰もがすぐにアクセスできるようにしたのがB2Eポータルです。 B2Eポータルは、企業内のイントラネットシステムとして定義されることが多いのですが、その意味はそれだけではありません。イントラネットが「組織」に焦点を当てているのに対し、B2Eポータルは「個人」に焦点を当てています。 B2Bポータルは通常、ビジネスのためのカスタムホームページやデスクトップとして機能していました。B2Eポータルシステムは、すべての従業員の欲求を満たす集中ハブとして設計されています。 従業員は、仕事に必要なデータ(注文詳細、連絡先リスト、カスタマーサポートのアンケート)を保存したり、調べたりすることができます。 従業員が興味のある情報を提供します(ニュース、ビデオチュートリアル、ライブラリ、辞書など)。 従業員が希望するエンターテインメントサービス(ゲーム、音楽など)を受けます。 B2Eポータルシステムの最終的な目的は、従業員の満足度を高め、会社の従業員にコミュニティ意識を持たせることで、効率と生産性を向上させることにあります。 B2Eポータルには、3つの明確な特徴があります。 各B2Eポータルは、企業内のすべての従業員にアクセスしてサービスを提供するために、固有のURLを持つだけです。 各B2Eポータルは、リーダーから従業員まで、会社のすべての雇用者にサービスを提供するための完全な機能を含んでいる必要があります。 各B2Eポータルは、各従業員に適した環境を提供するために、高度にカスタマイズされている必要があります。 B2E戦略を実施する企業は、自社でポータルを構築するか、サードパーティがプログラミングしたB2Eポータルをレンタルすることができます。 3.B2BのECサイトでB2Eポータルが重要な理由とは? B2Eポータルは、従業員の問題解決や仕事の効率化を支援するシステムです。そのため、B2Eポータルはビジネスの売上や利益に間接的な影響を与えます。 B2Bビジネスにとって、質の高いリードを見つけ、目標とする販売量を達成することからくるプレッシャーは計り知れないものがあります。B2Eポータルは、立ち寄り先として機能し、快適な環境を作ることでストレスを軽減し、従業員の活動を活性化します。 また、B2Eポータルは、業務に必要なデータや従業員のスキルアップに関連する文書の保管場所になるなど、コンテンツ面での発展も期待できます。 B2BでもB2Cでも、企業の成長にはB2Eポータルが欠かせません。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
23 April 2021 / Published in Ecommerce
2020年に消費者の買い物の仕方が変わったことは周知の事実です。世界中の多くの人々がロックダウンや限られた買い物方法に直面し、さらにはこれまでの買い物方法が廃れていくのを目の当たりにして、COVID-19は人間の商品購入方法に大きな影響を与えました。 2021年には、これらのトレンドにどのように対応するかによって、多くの企業の運命が決まるでしょう。これまで純粋な流通モデルに依存していた企業が注目すべきトレンドは、D2C eコマースへの移行です。 この記事では、流通からD2C(Direct-to-Consumer)への移行とはどのようなものか、移行する理由は何か、また、この分野で成功するために企業が避けなければならない潜在的なリスクや落とし穴について説明します。 1.流通からD2Cへ これまで、製品をお客様にお届けする際には、代理店や小売店に頼っていないか?「COVID」によって、店舗の閉鎖や店頭での買い物が減ったこともあり、パートナーである小売店での売上が激減したことでしょう。 場合によっては、流通や小売のパートナー企業の多くが倒産してしまうこともあるでしょう。その結果、これまで流通に頼っていた企業の多くが、D2Cでの販売を検討するようになりました。 このパンデミックは、10年間にわたる米国のEコマース普及の成長を3ヶ月に凝縮したもので、多くの企業のサプライチェーン、流通チェーン、そして販売を混乱させました。中には、より良い結果を出した企業もあります。一般的に良い結果を出した企業は、すでにD2CのEコマースチャネルを導入しており、そのチャネルに売上を移行することができました。 しかし、D2C eコマース・チャネルの構築が自社に適しているかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。結局のところ、これまで流通パートナーシップに依存していた企業にとって、D2C eコマースへの移行はリスクを伴うものです。そのため、まずは2020年からのD2Cのトレンドを踏まえて、企業が消費者向け直販への移行を検討すべき理由を探ります。 2.D2Cに移行する理由 流通のみのモデルからD2Cマーケティング戦略への移行は、戦略的かつインテリジェントに移行する企業にとって大きなメリットがあります。D2Cの販売は、小売店や流通業者を対象としたB2Bの販売で発生する可能性のある変動に左右されない、新たな収益源を提供することで、企業の多角化に役立ちます。また、この新しい販売戦略によって、顧客をよりよく知ることができるだけでなく、自社ブランドをよりコントロールできる可能性が生まれます。 2.1.依存関係の低減 消費者に直接届くデジタルEコマース戦略に移行することの大きなメリットは、販売代理店や小売店のパートナーへの依存度を減らすことです。2020年に学んだことは、他のビジネスへの依存度が低い方が良いということです。 パンデミックで対面式の買い物ができなくなったとき、多くの流通のみのビジネスが放棄されました。独立したD2C eコマース戦略を導入していなかったため、これらのビジネスは大きな打撃を受けました。 2.2.(Kyc) ノウハウ・ユア・カスタマー・データ ディストリビューターや小売店のパートナーを通してのみ製品を販売する場合、お客様との距離が少なくとも1段階は離れてしまうという欠点があります。 D2CのEコマースでは、お客様との距離を縮め、お客様の人となり、好み、購買行動やパターンなど、より多くのデータを収集することができます。 これにより、研究開発から将来の市場拡大に至るまで、よりインテリジェントな長期戦略を構築することができます。 2.3.ブランドの管理 自社の製品を他の企業に提供して販売するだけでは、自社のブランドを部分的にコントロールできません。eコマースの手法で消費者に直接販売する場合、お客様と直接コミュニケーションをとることで、自社ブランドの表現方法をコントロールできるようになります。 さらに、最適化されたカスタマーサービスによって、お客様とブランドの関係に影響を与えることができます。2021年の競争社会では、ブランドは大きな方法で目立つことが必要になります。そのためには、消費者との直接的な関係が重要になります。 2.4.テリトリー拡大 強力な製品とマーケティングプランがあれば、D2C販売は競合他社から市場シェアを奪い、急速な成長を促すことができます。ディストリビューション・ネットワークや小売センターは、ブランドの活動範囲を制限することがよくあります。 デジタル・コマースの世界では、小売店の場所という従来の制約を超えることができます。適切なフルフィルメントと配送戦略を導入すれば、国内だけでなく世界中の顧客にアプローチすることができます。 2.5.コスト削減 予算が逼迫し、消費者が未曾有の失業率に直面する中、企業はコスト削減の方法を検討する必要があります。D2C eコマースは、セルフサービスと自動化の促進により、コスト削減に貢献する方法です。 小売店ではこれまで、販売のために対面でのやり取りに頼ってきました。これにはコストがかかります。しかし、Eコマースがうまく機能すれば、セルフサービスと消費者への直接配送により、コストを大幅に削減しながら、対面式のタッチを維持することができます。消費者が “重い仕事 “をしてくれることで、ブランドは製品コストの削減に集中することができます。 3.D2Cへの移行に伴うリスク D2C戦略に移行するメリットは数多くありますが、D2C化に伴うリスクやコストも存在します。これまで流通モデルに依存していた企業は、消費者に直接販売することが思ったほど簡単ではないことに気づくかもしれません。 3.1.パートナー企業の喪失 これまで流通に頼っていたビジネスがD2C市場に移行した場合、すべてのパートナーがそれを評価してくれるとは限らないのが現実です。この動きは、これまでのパートナーシップから利益を奪おうとする攻撃的な試みと見られます。 その結果、販売代理店や小売店のパートナーが報復し、あなたの製品の流通を止めたり、棚からあなたの製品を撤去したりするかもしれません。これは、短期的には、特に収益が伸び悩んでいる年には不利になる可能性があります。D2Cと流通のハイブリッドモデルを採用している企業にとって、このようなパートナーシップをうまく利用することは非常に困難です。 3.2.eコマースの複雑さ 単にeコマースサイトを構築するだけではなく、この新しい販売チャネルをサポートするために、適切なパートナー、リソース、スキルセットに投資する必要があります。マーケティング、カスタマーエクスペリエンスの最適化、カスタマーサポート、そして多くの場合、新たなフルフィルメントや配送機能にも注力する必要があります。 ハーバード・ビジネス・レビューによると、46,000人の買い物客を対象にした調査では、73%の人が購買活動の際に複数のチャネルを利用すると回答しています。このため、さまざまな場所でお客様と出会う準備をしておく必要があります。そのためには、オムニチャネル戦略の構築が必須となります。消費者は、単にオンラインストアを閲覧して商品を購入するだけでは満足しなくなっています。消費者は、単にオンラインストアを閲覧して商品を購入するだけでは満足せず、様々なチャネルで調べたり、交流したり、連絡を受けたりすることを望んでいます。 3.3. 新たな水域への挑戦 資金やリソースの投資は惜しまないが、ディストリビューターや小売店のパートナーが怒ったり反発したりするのが心配だという方にも、選択肢はあります。このような新しい環境を乗り切るには、現実的な期待に裏打ちされた戦略的なアプローチが必要です。最初のステップは、D2Cチャネルが果たすべき役割を決めることです。D2Cの取り組みで何を達成したいのか?その答えは、消費者のインサイトを重視した場合と、販売を重視した場合とで、いくつかの選択肢があります。販売側に近づけば近づくほど、チャネル間の対立の可能性が高まります。 3.4.オンライン販売の導入 オンライン販売を始めたいと考えていて、すでに自社製品を掲載したウェブサイトを持っている場合は、訪問者が自社製品を購入できるオンライン小売店を表示することで、デジタルコマースの体験を容易にすることができます。 そうすることで、既存の販売店を疎外することなく、顧客との関係をゆっくりと構築することができます。ソーシャルメディアは、お客様との会話を始め、ロイヤリティの醸成を助け、これまで棚上げされていたブランドをパーソナライズするための優れたアウトレットです。 3.5.セレクト・プロダクト まずは商品の数を減らして販売することから始めましょう。人気のない商品や限定発売の商品を中心に販売することで、Eコマースをスタートさせることを考えてみましょう。また、Eコマース専用の製品を作ることもできます。 これにより、オムニチャネル戦略を構築している間も、販売代理店や小売店のパートナーに人気の高い大量の商品を販売してもらうことができます。また、従来の小売店が仕入れるのをためらうような製品をテストする機会も得られます。 3.6.レベニューシェアプログラムの検討 ディストリビューターとの間でレベニューシェアプログラムを導入しましょう。例えば、小規模な顧客や収益性の低い顧客を、セルフサービスのために自社のEコマースサイトに紹介してくれた場合に、キックバックを提供することができます。 このようなアプローチは、短期的にはD2Cチャネルから多くの収益を上げられないかもしれませんが、D2C eコマースのコンピテンシーと能力の構築に着手することができます。また、お客様についての知識を深め、お客様がどのようにオンラインで交流したいと考えているかを知ることもできます。これは、D2C モデルへの移行に向けた戦略的な計画を立てる上で、非常に有益なことです。     ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
23 April 2021 / Published in Ecommerce
D2C(Direct-to-Consumer)のEコマースは増加の一途をたどっています。最近のデータによると、ミレニアル世代では従来の小売業者よりもD2Cブランドを好む人はわずか4%ですが、Z世代ではなんと40%から45%にまで増加しています。 このような変化と、買い物の習慣のデジタル化が、D2C市場のブームを引き起こしています。パンデミック後の世界では、消費者の行動はオンラインに傾いており、1年間で12,200店の小売店が閉鎖されたという記録があるため、これまで伝統的な小売方法で商品を販売していたブランドは注意を払う必要があります。 このガイドでは、D2C販売の基礎知識、詳細なビジネスモデル、独自の課題とメリットについて説明します。このガイドは、インテリジェントなD2C eコマース戦略によって利益を増加させるためのビジネスの準備に役立ちます。 1. D2C基礎 D2Cとは、メーカーが代理店や小売店を通さずに、直接消費者に商品を販売することです。 D2Cは、市場への参入を迅速かつ低コストで実現したいブランドに人気のある選択肢です。Eコマースの台頭により、中間業者を排除して消費者に直接販売する機会を得た企業が増えています。 Dollar Shave Clubのように、D2Cのみでブランドが誕生する場合もあります。また、PepsiCoのように、既存のブランドが後からD2C市場に参入し、市場シェアを拡大するケースもあります。また、「BarkBox」のように、D2Cとして誕生した後に、小売店を通じて商品を販売するケースもあります。 D2Cのビジネスモデルは、ストレートなものであれ、ハイブリッドなものであれ、D2Cの核心は、消費者が商品に直接アクセスすることにあります。 2. D2Cのマーケットのプライム 最近の研究によると、COVID-19はeコマースを5年先に進め、その後、多くのブランドがD2Cモデルの採用を急ぐ原因となりました。2021年には、オンラインで買い物をするアメリカ人は2億3,050万人になると推定されています。 インターネットを利用して買い物をする消費者が増えており、D2Cブランドが参入するには絶好の市場といえます。 D2C戦略は、新しいブランドを立ち上げるのに手頃で簡単な方法です。企業は、従来の小売業のサプライチェーンに投資する前に、オンラインストアとしてスタートし、製品ラインを販売する能力を試すことができます。 3. D2Cのメリットは何か? 流通のみのモデルからD2Cマーケティング戦略への移行は、多くの企業にとって有益な動きです。小売店が閉店し、買い物客がインターネットで商品を購入するようになると、消費者に直接商品を販売することで、ビジネスが多様化し、まったく新しい収益源が生まれます。この収益は、もはや小売業者や流通業者の盛衰とは関係なく、あなたとあなたのマーケティング戦略の効果だけで左右されます。 3.1. オムニチャネル・エクスペリエンスを導入すること オムニチャネル体験は、この1年よりもずっと前から存在していましたが、2020年にはその必要性が加速しました。 店舗の閉鎖を余儀なくされた企業は、デジタルチャネルへの投資をしなければ、時代に取り残されてしまいます。その結果、顧客は複数のチャネルを通じてブランドに連絡を取り、商品を注文できることを期待するようになりました。 D2Cは、包括的なオムニチャネル体験の一部に過ぎません。 例えば、パンデミック前のマットは、毎週末に食料品店に行ってスナックを買い込むことに慣れていました。しかし、COVID-19が猛威を振るう中、マットは店頭でのやり取りを減らすことにしました。PepsiCoがオンラインでパントリーショップを提供していることを知り、マットはスナックをPepsiCoから直接購入し、家にいながらにしてキャビネットの在庫を確保することにしました。 店頭での買い物に戻る機会は再び増えているが、マットは、あらかじめ計画されたパントリーボックスをペプシコに直接注文するだけで、自分の好きなチャネルからブランドに接することができるので、より便利だと感じています。 3.2. お客様をよりよく知ることができること D2CのEコマース戦略に切り替える最大のメリットは、お客様のことをよりよく知ることができるということです。従来の小売モデルでは、お客様とは常に一歩離れたところにいます。 D2C戦略を導入することで、消費者のデータを収集し、彼らがどんな人で何を好んでいるのかを知ることができます。これは、現在のマーケティング活動に役立つだけでなく、将来の製品リリースについても戦略的に考えることができます。 さらに、D2C販売では、顧客データを最適な方法で管理することができます。プライバシーやセキュリティへの関心が高まる中、顧客データをしっかりと管理することは、長期的なブランドの信頼を築くための鍵となります。 3.3. 市場投入までの時間短縮 従来、製品を発売するには、その製品を置いてくれる販売店や小売店を探す必要がありました。これでは、市場に出るまでのプロセスが煩雑になり、障害も多くなってしまいます。 D2Cでは、製品を市場に投入する際に、他者への依存を排除することができます。多くの既存ブランドは、小売店とのパートナーシップを危険にさらすことなく、実験的な製品を市場に投入するためにD2Cを利用しています。D2Cでは、試供品のために棚のスペースを確保するのではなく、限定された製品を長期的に実行可能かどうかをテストすることができます。 3.4. ブランドと製品の管理強化 製品を他の企業に渡して販売する場合、ブランドイメージに関する多くのコントロールを放棄することになります。どこに製品を置くのか?ブランドの基準を守ってくれるのか?販売員はあなたのブランドについて何と言うでしょうか? D2C eコマース戦略を導入すれば、製品のプレゼンテーション、ブランディング、そして顧客へのブランドに関するコミュニケーションのコントロールを取り戻すことができます。 また、優れたカスタマーサービスを提供することで、消費者のブランド・ロイヤルティを高めることができます。 3.5. テリトリーの拡大 小売店のセンターや流通ネットワークは、しばしばテリトリーの拡大を制限します。このような制約があると、競合他社から市場シェアを奪い、成長を促すことが難しくなります。 このアプローチを導入することで、小売に依存したビジネスモデルの従来の制約を超えることができます。 お客様は国内だけでなく、世界中のどこにいても構いません。適切なフルフィルメントとデリバリー戦略に支えられ、一晩で販売地域を拡大することができます。 3.6. コストと依存度の低減 2020年4月には、失業率が歴史的な高水準に達し、米国では2,300万人以上が職を失った。その結果、消費者は予算の引き締めを余儀なくされ、企業はコスト削減の方法を模索しなければならなくなりました。 D2Cは、セルフサービスと自動化を進めることでコストを下げることができるそのような方法の一つです。小売業者は伝統的に対面販売に依存してきましたが、Eコマースは消費者の自動化に風穴を開けました。 例えば、PepsiCo社がオンラインのPantryShopでチップスの箱をMatt氏に販売する場合、人件費やサプライチェーンのコストを大幅に削減しています。ボタンを数回クリックするだけで、マットはポテトチップスを購入し、配送状況を確認しながら、ほとんど人手を介さずに彼の家の玄関まで届けることができます。 4. D2Cの課題は何か? D2Cは、多くのブランドにとってさまざまなメリットがあります。しかし、D2C戦略への移行にはリスクも伴います。特に、D2Cと従来の小売モデルとのハイブリッドなアプローチを導入しようとしているブランドにとっては、その傾向が顕著です。 4.1.小売店や流通業者との競合 PepsiCoのようなブランドが、自社製品にD2Cのオプションを追加すると、ある意味、小売店や流通業者と競合することになります。 これにより、長期的なパートナーとの関係が複雑になる可能性があります。すべての小売業者が、自社ブランドがバーチャルショップを立ち上げたことを喜んでくれるとは限りません。 これを乗り越えるには、外交と戦略が必要です。例えば、ブランドによっては、小売店との関係を守るために、D2Cチャネルでは限定品や試験的な製品のみを発売することを選択する場合があります。これにより、ブランドとその流通業者との間に直接的な競争が生じないようにすることができます。 いずれにしても、ブランドは、D2Cへの進出が既存の関係に与える影響を考慮しなければなりません。 4.2.注文の履行 従来の流通・小売モデルに依存してきた多くのブランドにとって、D2Cに移行すると、注文をスムーズに処理することが難しくなります。 現在の消費者は、オーダーフルフィルメントに大きな期待を寄せています。実際、OSM社が世界各地で実施した調査によると、オンラインショッピング利用者の55%は、注文状況の更新が数時間前の最新のものか、さらにタイムリーなものであることを期待しており、オンラインショッピング利用者の40%は、商品の注文状況を1日に1回以上確認すると回答しています。 このことから、D2CのEコマース戦略を検討している企業は、ブランドイメージの低下を防ぐために、フルフィルメントプロセスに対応する準備をしておく必要があります。 5.どこから始めるべきか? D2C市場への参入には様々なリスクや課題が伴いますが、上手に活用することで、将来的に成功を収めることができます。若い世代がD2Cブランドに集まる中、企業は今からD2C戦略の枠組みを構築する必要があります。 5.1. カスタマー・エクスペリエンス すべての企業は、顧客サービスを提供する企業であり、D2Cを行う際には、このカスタマー・エクスペリエンスが非常に重要となります。 ウォーレン・バフェットは「評判を築くのは20年かかるがそれを台無しにするのは5分かかる。」といいました。 製品を市場に投入して消費者に直接販売する前に、カスタマー・エクスペリエンスについて考えてみましょう。時間をかけてカスタマージャーニーを分析し、客観的なデータをもとに、どこを改善すべきかを判断しましょう。 5.2. 販売 D2Cとリテールの両方を提供しているブランドでは、チャネル間のギャップを把握することから始めましょう。目標は、提供する体験がオンラインとオフラインの両方で一貫していることを確認することです。 さらに、D2C販売を受け入れる文化を醸成する必要もあります。営業チームとマーケティングチームが協力しなければ、D2C戦略は成功しません。 そのためには、現地の店舗に商品の在庫がない場合に、店舗チームがD2C販売を支援するインセンティブを設けたり、マーケティングチームがD2C販売に関する新たなKPIを設定したりする必要があります。 5.4. テクノロジー D2C戦略で最も見落とされがちでありながら重要な要素の一つが、高品質でスケーラブルなEコマース・プラットフォームです。D2C計画を長期的に成功させるためには、適切なテクノロジーが必要です。 必要な時間をかけてテクノロジー・ソリューションを吟味し、すべてのチームが協力的かつ効率的に作業できるソリューションのみを選択してください。 5.5. マーケッティング D2Cの魅力は、視野を広げて、まったく新しいマーケットシェアを開拓できることです。しかし、D2C販売のマーケティング戦略を成功させるためには、パフォーマンスに焦点を当てる必要があります。 コンバージョン率の最適化を常に評価し、時間をかけてカスタマージャーニーを改善する方法を模索しましょう。そのためには、A/Bテスト、データ分析、既成概念にとらわれないマーケティングアイデアが必要です。 6. 注目すべきD2Cのトレンド より多くの人々が日々の欲求を満たすためにオンラインショッピングを利用するようになった今、トレンドに目を向けることが重要です。 6.1. パーソナライズされた体験 D2Cの魅力の大部分は、消費者がブランドと直接対話できることです。 このインタラクションには、しばしば感情的な要素が含まれます。 そのため、パーソナライズされた体験は、顧客のロイヤルティ維持に大きな役割を果たすことが期待されています。また、パーソナライズされた体験は、D2Cサイトで提供される利便性をさらに高めます。 6.2. 海外展開 D2C は、ブランドが国際市場に迅速に進出することを可能にします。 Magento Commerce のようなスケーラブルな eCommerce ソリューションを使用すれば、世界中の新しい顧客に、異なる通貨や言語で簡単に商品を提供することができます。テクノロジーソリューションを選択する際には、いつか国際的に展開する可能性を重視するようにしましょう。 6.3. シームレスな期待 お客様は、最初のリサーチ段階から最終的な購入に至るまで、複数のチャネルで企業と対話することに慣れています。 しかし、お客様は、企業とのコミュニケーションがシームレスではないと感じていることが多々あります。ある部署から別の部署へと引き継がれると、ブランドがカスタマージャーニーに対応できていないとお客様に伝わってしまいます。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus,