Facebookマーケティングの4つのヒント
02 July 2021 / Published in Ecommerce
世界で最も普及しているソーシャルメディアであるFacebookは、企業にとってマーケティングのための強力なツールであると考えられています。しかし、Facebookを利用する競合が増えている中で、Facebookでのマーケティング活動を効果的に最適化するにはどうしたらよいでしょうか。この記事では、オンラインの見込み客との交流や自己宣伝を強化するための、Facebookマーケティングのヒントをご紹介します。 1. なぜ現代の企業はFacebookでマーケティングを行うべきなのか? Facebookは世界中の人々を魅了しています。全世界で14億9,000万人の会員がおり、年間220億回の広告クリックを行っていると言われています。Statistaによると、Facebookのユーザーは13歳から65歳以上まで様々で、最も多いのは18歳から35歳までの人で62%を占めています。さらに、Facebookのユーザー数は年々大幅に増加しており、今後もソーシャルメディア市場をリードしていくと予測されています。このような理由から、Facebookは現代のビジネスに最大の広告機会を提供しています。 2. Facebookマーケティングのヒント Facebookキャンプで商品やサービスの広告を出そうと思ったら、事前にプラットフォーム内での効果的なマーケティング方法を理解しておくことが不可欠です。 2.1 Facebookのオーディエンスを知る 特にマーケティングのような現代のビジネスの重要な側面に関しては、何かプロジェクトに着手する前に、必ずリサーチを行うことが一番のステップです。Facebookでターゲットとしているオーディエンスは誰か?彼らはFacebookのプロモーションに何を求めているのか?このような質問は、Facebookマーケティング戦略を決定する上で重要な役割を果たします。 企業が市場をよりよく理解するための技術的なソリューションが数多く存在するため、もはや困難な作業ではありません。Facebookのユーザーレポートやデモグラフィックを評価して、ターゲットとなる顧客プロファイルを作成することができます。 Facebookユーザーの統計 2.2 最も利用されている時間帯にFacebookでコンテンツを定期的に作成する Facebookでは、利用率の高い時間帯に投稿を行うことで、キャンペーンをプラットフォーム上で際立たせ、より多くのオーディエンスに届けることができます。実際のところ、すべての人に推奨される投稿時間というものはありません。何のために、誰のためにマーケティング活動を行うのかによって、投稿時間は変わってきます。ターゲットとなるオーディエンスのプロフィールに基づいて、最も効果的な投稿時間を把握することができるかもしれません。 2.3 Facebook広告キャンペーンの作成 Facebook広告は、マーケティング担当者が広告キャンペーンのためにキャンペーンの認知度を高めるためのツールです。通常、Facebookサイトのサイドカラムに、興味深いコンテンツや人目を引く画像を含めて表示されます。Facebookの広告キャンペーンでは、ブランドは積極的に顧客にアプローチすることができます。Facebookユーザーは、これらの広告をクリックしたり、広告からの質問に答えたり、シェアしたりすることで、ブランドと関わりを持つことができます。また、これらの広告は、企業がサービスを提供し、より多くの売上につながる機会を生み出します。 2.4 Facebookでのインフルエンサーとの連携 インフルエンサー・マーケティングは、現在注目されている強力なマーケティング・トレンドです。Facebook上には、企業が自社のブランドや製品をターゲットとなる顧客に近づける手助けをしてくれるインフルエンサーが増えています。同様に、現代の多くの企業は、マーケティングの成功を決定づける要因として、この方法をマーケティング戦略に採用することを計画しています。 例えば、インフルエンサーが自分のフォロワーに商品やサービスを勧めてくれたとします。これらの人々は、その推薦を信頼し、あなたの製品を購入することを選ぶ傾向があります。このような消費者は、後に友人や家族にも貴社の製品を勧め、貴社のビジネスに大きな貢献をすることになります。 最後 Covid 19のパンデミックが世界を襲う前、人々がFacebookに費やす平均時間は1日あたり58,5分でした。しかし、この数字はロックダウン中に劇的に増加しました。だからこそ、Facebookをマーケティング戦略に活用して、より多くの取引を成立させる絶好の機会だと思います。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace